ツイステ 組み分け。 「ハリー・ポッター」コラボの「UNO」が3月末に発売へ。この商品だけのスペシャルルール「ワイルド組分け帽子」4枚入り

転生したら勘違いされた(ツイステ) (ページ50)

ツイステ 組み分け

偽王子様、狩る。 「ーー怪物チームは農民チームに竪琴を奪われれば負け。 逆に農民チームは制限時間内に竪琴を奪取できなければ負けとなる。 農民チームは怪物チームに捕縛されれば失格。 怪物チームは農民チームに豆を当てられると失格だ」 ルールは去年と変わらない、単純明快。 まあでも今回は普段の雪辱を晴らす為にも、ヴィル先輩を狩りに行くけど。 「試合のフィールドは学園全体。 両チーム共に補給ポイントが用意されている。 箱の中のものは手に入れた者が有意義に使うように!」 怪物チームは……魔法の迷彩ジャケット、捕縛網、フィールドスキャナー、捕縛アームが主か。 欲しいのは魔法の迷彩ジャケットと捕縛網だな。 捕縛アームは上手く扱える気がしねーし。 「今から全員に補給ポイントが記されたフィールドマップと……農民チームには豆10粒、怪物チームには走行速度を補助するブーツを配る。 受け取った者から各自指示されたスタート地点へ向かえ。 試合開始は午前9時だ。 生徒諸君、健闘を祈る!」 配られた物を大人しく受け取り、学園裏の森へと歩いて行く。 「Aくん、スタート地点はどこだい?」 「Aー2だから……学園裏の森ですね」 「おや、私とは離れているようだ。 残念だよ」 「あはは」 乾いた笑みを零しながらフィールドマップ片手に歩く。 今回は随分と組み分けが平等じゃない。 俺が所属する怪物チームに寮長は1人、それに比べて農民チームは6人。 その代わりにこっちには副寮長が居るんだけど。 魔法が使用禁止なのは正直助かった。 これだと確実にこっちが不利だからな。 「さて、と……」 まずは誰を狩る? 寮長を狙うのは辞めよう、無難なのは初参加の1年生だな。 サバナクロー寮生とポムフィオーレ寮生以外の1年生が狙い所か。 「A、お主もここだったか」 「リリア先輩、おはようございます。 今日は同じチームですし頑張りましょう」 「意外じゃのう、こういった行事ごとは苦手だと思っておったが」 今朝、自分で整えた髪の先に触れて森の奥を見つめて目を細める。 「僕、こういう行事は大好きなんです。 楽しいですから」 「……ところで、A。 お主は誰を狙うつもりじゃ?」 「人望が厚い人は早めに退場して頂きたいところですよね」 そう言ったところで試合開始の合図が遠くで聞こえた。 無事に天に昇れましたわ。。。

次の

【ハリポタ】黒の寮【男主】

ツイステ 組み分け

棲み分け(住み分け)とは• 生活様式のほぼ等しいの生物群が、生活空間や生活・を分け、を回避しながらする。 がに、がにすむ例など。 と、ととのようににあるが、それぞれのを生かすことでしている。 したものがうまく共存すること。 相いれないの持ち主同士が、互いを不快にさせないために、自分たちのが相手の目に入らないように努める事。 本頁で解説。 同人用語としての「棲み分け」 主に上で用いられる用語で、のこと。 ・・の違う者同士が、お互いのに当たるなどを踏んでな思いをしないよう、活動の場を明確に分けたり隔てたりすることである。 の人々は「」どころかの存在自体を知らず、などの検索結果でpixivに投稿されたを直接見てしまうようなパターンも多い。 そのため、や、のようなにあたる投稿者が、こうしたのの目に止まらないよう、 自主的に棲み分けを行うことが望まれる。 しかしながら、棲み分けを全く意識しない、あるいはして活動している人も多く、 完全に棲み分ける方法は存在しないのが現状である。 考え方も一枚岩ではなく、例えばpixivでは、「」をしたい人と「マイナス検索」をしたい人の利害が衝突することもある。 (両者とも自分の望みを「棲み分け」と呼ぶからややこしい) pixivの場合 閲覧制限を棲み分けと定義した場合、 ・ の設定がある。 設定された作品は、18歳未満、またはR-18・R-18G非表示設定をしているユーザーから見えない。 pixivのシステムに組み込まれている強力な手法。 性的あるいは暴力的・刺激的な要素が強い"属性"では棲み分け手段として有効になる。 もっとも、これは棲み分けというよりも利用規約に基づくことである。 その他には、やなどの公開方法がある。 作品のを隠すことを棲み分けと定義した場合、pixiv内ではを使える場合もある。 タグによる棲み分けは「」を参照。

次の

【ハリポタ】黒の寮【男主】

ツイステ 組み分け

偽王子様、狩る。 「ーー怪物チームは農民チームに竪琴を奪われれば負け。 逆に農民チームは制限時間内に竪琴を奪取できなければ負けとなる。 農民チームは怪物チームに捕縛されれば失格。 怪物チームは農民チームに豆を当てられると失格だ」 ルールは去年と変わらない、単純明快。 まあでも今回は普段の雪辱を晴らす為にも、ヴィル先輩を狩りに行くけど。 「試合のフィールドは学園全体。 両チーム共に補給ポイントが用意されている。 箱の中のものは手に入れた者が有意義に使うように!」 怪物チームは……魔法の迷彩ジャケット、捕縛網、フィールドスキャナー、捕縛アームが主か。 欲しいのは魔法の迷彩ジャケットと捕縛網だな。 捕縛アームは上手く扱える気がしねーし。 「今から全員に補給ポイントが記されたフィールドマップと……農民チームには豆10粒、怪物チームには走行速度を補助するブーツを配る。 受け取った者から各自指示されたスタート地点へ向かえ。 試合開始は午前9時だ。 生徒諸君、健闘を祈る!」 配られた物を大人しく受け取り、学園裏の森へと歩いて行く。 「Aくん、スタート地点はどこだい?」 「Aー2だから……学園裏の森ですね」 「おや、私とは離れているようだ。 残念だよ」 「あはは」 乾いた笑みを零しながらフィールドマップ片手に歩く。 今回は随分と組み分けが平等じゃない。 俺が所属する怪物チームに寮長は1人、それに比べて農民チームは6人。 その代わりにこっちには副寮長が居るんだけど。 魔法が使用禁止なのは正直助かった。 これだと確実にこっちが不利だからな。 「さて、と……」 まずは誰を狩る? 寮長を狙うのは辞めよう、無難なのは初参加の1年生だな。 サバナクロー寮生とポムフィオーレ寮生以外の1年生が狙い所か。 「A、お主もここだったか」 「リリア先輩、おはようございます。 今日は同じチームですし頑張りましょう」 「意外じゃのう、こういった行事ごとは苦手だと思っておったが」 今朝、自分で整えた髪の先に触れて森の奥を見つめて目を細める。 「僕、こういう行事は大好きなんです。 楽しいですから」 「……ところで、A。 お主は誰を狙うつもりじゃ?」 「人望が厚い人は早めに退場して頂きたいところですよね」 そう言ったところで試合開始の合図が遠くで聞こえた。 無事に天に昇れましたわ。。。

次の