末期 癌 完全 放置 ブログ。 大腸がん末期

完全放置すれば末期癌さえ苦しまない!

末期 癌 完全 放置 ブログ

そんなことはありません。 がんは組織を傷害しますから、普通に痛みが出ます。 抗がん剤が効いてがんが小さくなればそれで痛みが軽くなることが多く認められます。 例えば、進行胃がんの比較試験において抗がん剤を使用したほうが「症状がない時間が長い」「症状が改善した」というエビデンス(科学的根拠)もあります(Glimelius ら=1997年)。 近藤誠さんの『医者に殺されない47の心得』(アスコム)から引用し、緩和医療の一専門家として、症状緩和にまつわる記載についてみてみましょう。 モルヒネ・放射線治療にも限界 「放置すれば痛まないがんは、胃がん、食道がん、肝臓がん、子宮がんなど少なくありません。 もし痛んでも、モルヒネで完璧にコントロールできます」(p83) これは間違いです。 肝臓がんは肝被膜という肝臓の外側の膜まで腫瘍が進展しないとしばしば痛みを感じないのですが、胃がんや食道がん、子宮がんは放置すると痛みます。 私はいずれのがんの放置例も診たことがありますが、患者さんは痛みを訴えておられました。 組織をがんが傷つけるのですから当然です。 間違いはもう1つあります。 「モルヒネで完璧にコントロールできます」と書いてありますが、そんな安請け合いはできません。 モルヒネなどの医療用麻薬は、基本的に内臓の痛みにはよく効きますが、胃がんが進行してお 腹 ( なか )の神経が集まっている所( 腹腔 〈 ふくくう 〉神経 叢 〈 そう 〉)を侵したり、あるいは子宮がんが進行して骨盤の中の神経が集まっている所(骨盤内神経叢)を侵したりすると「神経の痛み」が出ます。 これはモルヒネで完璧にコントロールすることは、しばしば困難です。 以前の連載で述べた通りです。 他にも気になる記載があります。 「骨転移で痛む場所が1か所の場合は、放射線治療で劇的に痛みを軽くすることができます」(p91) これもがんによって効く可能性が異なると言われており、前立腺がんや乳がんでは80%以上ですが、肺がんでは60%、腎臓がんでは48%程度とされています(緩和ケア継続教育プログラムより)。 効く場合でも、全てが著効するわけではありません。 劇的に痛みが軽くなる場合もあるが、そうではない場合もあるということです。 鎮痛薬が要らなくなるのは30~50%程度(同上)とされており、放射線治療をしても鎮痛薬の継続が必要になることは少なくありません。 苦痛は必ず出現、緩和医療の併用を 放置しても大丈夫だよと伝えたいがゆえに、これらのオーバーな表現が散見されるのですが、中でも顕著なのは「がんで苦しみ抜いて死ななければならないのは、がんのせいではなく、『がんの治療のせい』」(p14)という説です。 抗がん剤で症状緩和が 為 ( な )される場合もあることは先に述べました。 それでは、がんに対する治療を全くしなかった場合はどうでしょうか? 本当に苦痛はないのでしょうか? 私は最初から最後まで一切、がんに対する治療をしなかった方も診療した経験がありますが、それでも痛みが出ますし、余命が数日ともなれば「身の置き所のなさ」が出ました。 放置療法を選択されていた患者さんのご家族から相談が来たことがありますが、余命数日の「身の置き所のなさ」が出ていたにもかかわらず、何の指示も出ていないようでした。 苦しかったようです。 これが放置することの実態です。 「鎮静」が必要な状態だったと判断されました。 緩和医療はモルヒネばかりではなく他の医療用麻薬や鎮痛薬を使いこなし、また鎮静も扱って患者さんが最初から最後まで苦痛がないように努めます。 本当の放置、あるいはモルヒネと放射線療法が中心で経過観察、というのは苦痛緩和に不十分で、標準的なレベルの緩和医療ではありません。 がんを放置しようがしまいが、がんそのものによる苦痛は必ず出現します。 苦痛は痛みばかりではありませんし、死期が迫れば相応の苦しさが出ます。 だからこそ、本当のがんの専門家はきちんと緩和医療医と協働し、苦痛緩和の専門家である同医師のもとできめ細やかに最新の緩和医療を併用し、どんな場合においても最高の苦痛緩和ができるように努めるものなのです。 大津 秀一(おおつ しゅういち) 緩和医療医。 東邦大学医療センター大森病院緩和ケアセンター長。 茨城県生まれ。 岐阜大学医学部卒業。 日本緩和医療学会緩和医療専門医、がん治療認定医、老年病専門医、日本消化器病学会専門医、日本内科学会認定内科医、2006年度笹川医学医療研究財団ホスピス緩和ケアドクター養成コース修了。 内科医としての経験の後、ホスピス、在宅療養支援診療所、大学病院に勤務し緩和医療、在宅緩和ケアを実践。 著書に『死ぬときに後悔すること25』『人生の〆方』(新潮文庫)、『どんな病気でも後悔しない死に方』(KADOKAWA)、『大切な人を看取る作法』『傾聴力』(大和書房)、『「いい人生だった」と言える10の習慣』(青春出版社)、『死ぬときに人はどうなる』(致知出版社)などがある。

次の

前立腺がんは放置しよう!!近藤誠理論は大正解??ってワケないぞ!!|五本木クリニック院長ブログ

末期 癌 完全 放置 ブログ

がん闘病記ブログ一覧• 小児がんの闘病ブログ 小児がんは、乳幼児から小児期(0歳~15歳)、思春期(16歳~19歳)、若年成人(20歳以上)の悪性腫瘍を指します。 小児がんは患者が成人していないので、心のケアも大切ですし、通学が困難になるため教育の問題もあります。 成人のがんにはない、さまざまな問題に向き合わなくてはいけません。 乳がんの闘病ブログ 乳がんは、女性がかかる癌の中で最も多いがんです。 国も定期的な検診をすすめていますし、認定NPO法人であるJ. POSHは自己検診をすすめ早期発見・治療を目指して、ピンクリボン運動を行なっています。 ステージ1では乳房の温存も可能なことが多いですが、発見が遅れ乳房の全摘出となった場合は、精神的なショックが大きく、心身ともに不安定になることもあります。 乳がん検診は定期的に受けるようにしましょう。 胃がんの闘病ブログ doodling• 傷病名/胃がん• 組織型/スキルス胃がん• ステージ/IIIC期• 治療法/胃全摘・化学療法は拒否 39歳、デザイナーのmominekoさんのブログです。 2013年8月に「スキルス性胃がん」が発覚。 胃の全摘手術を受け、今5年生存にむけて闘病中。 「スキルス性胃がん」とは胃粘膜表面には病変がおこらず、内視鏡やレントゲンでは発見されにくい胃がんで、雨上がり決死隊の宮迫さんもスキルス性胃がんを発症し、一時治療のために芸能活動を中止して注目を集めたタイプです。 「抗がん剤」や「免疫療法」が効果的とされていますが、mominekoさんは抗がん剤治療は拒否。 現在食事療法をメインに闘病の日々です。 「スキルス性胃がん」についてわかりやすくまとめられていて、普通の胃がんとの違いや術後の食事についてなど細かに記載されていて、「闘病日記」としても「スキルス性胃がん」の解説としてもとても参考になります。 卵巣がんの闘病ブログ 卵巣がんは自覚症状が少なく発見がおくれることがある癌のひとつです。 ですが良性腫瘍の場合も多く、その割合は良性が15%、悪性が85%となっています。 またその中間の性質をもつものは、境界悪性腫瘍と呼ばれています。 卵巣がんんは手術だけでの完治は難しく、抗がん剤治療は早期発見であっても、ステージに関係なく必要となります。 女性にとって、抗がん剤治療の副作用である、頭髪の脱毛は精神的な負担になります。 同じ病気と闘う方の闘病ブログはそのような点においても励みになりますよ。 大腸がんの闘病ブログ 男性が患うことが多い大腸がん、その比率は女性の約2倍と言われています。 早期発見であればその治癒率はとても高いですが、ほぼ自覚症状がないため早期発見が困難ながんになります。 男性の方が多い言われる大腸がんですが、闘病ブログは意外と女性の方も多い印象です。 治療のことや、がんを患ってからの生活のこと、そういったことの参考になるブログをまとめています。 子宮頚がんの闘病ブログ 子宮頸がんの発症にはヒトパピローマウイルスの感染が関連しています。 ただ多くの場合は感染しても、自然に排除されるのが一般的です。 ですが、何らかの理由で排除されず感染がつづくと、子宮頸がんの発生リスクになるといわれています。 近年では若い女性の罹患率が高くなっており、死亡にいたるケースも若い方のほうが多いといわれています。 進行すると治療も困難を極めるため、定期健診による早期発見が重要となっています。 肺がんの闘病ブログ cancer life• 傷病名/肺がん• 組織型/肺腺癌• ステージ/IV期 (頭部転移あり)• 治療法/放射線治療+化学療法(抗がん剤) 「肺がん」はここ数年患者数と死亡率が増加している要注意「がん」の一つです。 肺がんの発症リスクとしては「喫煙」が最も多いとされていますが、「肺がん」増加の原因の一つが「高齢化」にあると指摘されています。 オーナーのhiroさん、病気が判明するまでの経緯は不明ですが、ブログをスタートしてからの化学療法についてや入院闘病については詳細に記載されており、どのような治療効果が上がり、また副作用等気になる点についても実感を込め、努めて明るく記載されているのがとても印象的です。 「がん」治療に臨む際、がん細胞や副作用の強い化学療法に負けないためにも、気持ちを前向きにして免疫力を向上させるということがとても重要だとされています。 多くのがん闘病患者さんが綴るブログ同様、hiroさんの日常からも日々明るく前向きに!という姿勢が伝わってきます。 骨肉腫の闘病ブログ 骨肉腫は、原発性悪性骨腫瘍の中に分類される癌のひとつです。 他にも軟骨肉腫、ユーイング肉腫、悪性線維性組織球腫、線維肉腫などがあります。 治療法の基本は原発の腫瘍を完全にコントロールすることです。 それには、安全な切除縁での腫瘍切除手術が最も重要です。 安全な切除縁が確保できれば手足の切断を行う必要はありません。 出典: このように骨肉腫の治療において、手術において手足の切断を行う必要がない場合もあります。 このがんにおいてはその部分が非常にナイーブな問題になるので、患者側も状況に応じて判断しなれければなりません。 前立腺がんの闘病ブログ 前立腺がん病状経過• 傷病名/前立腺がん• 組織型/不明• ステージ/D2期• 治療法/食事療法 「前立腺がん」は中年期の男性に多い「がん」と言われています。 オーナーのusa123さんは2007年に末期の前立腺がんと診断されました。 今は化学療法を行わずに食事療法だけで闘病中とのことですが、今年(2015年)も元気に地元のお祭りに参加されるなど、経過は良いようです。 (2015年4月までは化学療法を継続) 闘病のかたわら、はまっているのが無農薬による「西洋芝」と「家庭菜園」。 ブログ内で拝見されるご自宅の庭と思しき土地には見事なまでに青々と茂った西洋芝が見られます。 実は「趣味を楽しむ」のもがん治療にはプラスの効果があるということが判明しています。 趣味を楽しむことには適度に精神的なストレスを和らげ、免疫力を向上させるという作用があるからです。 「がん」はとても怖い病気ですが、とても身近な存在です。 傷病名/中咽頭がん• 組織型/扁平上皮癌• ステージ/IV期• 治療法/放射線治療・化学療法 抗がん剤) オーナーのSmiling foreverさんは52歳、女性。 2014年に中咽頭がんの存在を告知され、現在は化学療法を中心に闘病中です。 このブログではSmiling foreverさんの優しい人柄と共に、がん治療における「セカンドオピニオン」の重要性に気づくことでしょう。 「セカンドオピニオン」とは主治医とは別の医療機関を受診することで、主治医とは別の目線で、治療方針や治療経過について説明を受け、多彩ながん治療のなかでどのような治療プランを模索し、また多様な価値観で治療経過を評価するための方法です。 すでに欧米ではセカンドオピニオンを持つことががん治療の一つのセオリーになっていますが、日本では主治医に全てを任せる傾向が強く残っています。 しかし、治療の途中で不安を感じ、結局違う医療機関に相談するケースも多いので、「がん」の告知を受けたら最初からセカンドオピニオンを持ち、多角的にがんの治療を評価するということでより確実に治療効果を上るというのも重要であるという事を知ることができるブログです。 腎臓がんの闘病ブログ 腎臓がんといろいろ日記• 傷病名/腎がん• 組織型/淡明細胞がん• ステージ/G2期• 腎臓は血液から不純物をろ過し、尿を作るためのとても重要な臓器です。 そのため、腎臓がんは予後が悪く、治療が難しいがんの一種とされています。 下腹部にある腎臓のがんなのに胸痛?と不思議に思う方もいるかもしれません。 ですが、腎臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるほど自覚症状が出にくい臓器で、腎臓の機能低下による悪影響がまずは呼吸器に出てしまったのではないかと思われます。 腎臓は重要な臓器ですが2つあるので、がんを発症している片方を手術で摘出することになりました。 しかし、術後も療法食以外の食事を摂ると下痢や腹痛などの消化器症状が起こるそうです。 腎臓がいかに重要な臓器であるかがわかりますね。 膀胱癌の闘病ブログ ある日突然膀胱癌(膀胱がん)。 傷病名/膀胱がん• 組織型/尿路上皮癌• ステージ/T3a期• 治療経過は「膀胱全摘出+新膀胱造設手術」を2008年の12月に受け、2009年には化学療法を2クール受けた段階で症状は寛解(小康状態)を維持。 現在は経過観察中で半年に一回のペースで定期検診を受けているとのこと。 膀胱は尿を貯めておくための重要な器官で、人口膀胱では「尿意」を感じにくいため、排尿リハビリで自力で排尿するための訓練を受けます。 また尿漏れするケースも多いので、発病前の日常生活に戻ることは困難となり、障害者認定を受ける事案となります。 甲状腺がんの闘病ブログ ナミヘイの笑って笑って良かった探しブログ 甲状腺未分化癌• 傷病名/甲状腺がん• 組織型/未分化がん• ステージ/S4期• 治療法/甲状腺摘出術+放射線治療・化学療法 抗がん剤) 甲状腺がんの中でも「未分化がん」は原発巣が特定しにくく、もともと代謝ホルモンを分泌するための甲状腺はリンパ管を通して色々な臓器と接続しているため、転移するスピードも早く、非常に治療の難しいがんとされています。 肝臓がんの闘病ブログ 肝臓がん末期 余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記• 傷病名/肝臓がん• 組織型/胆管細胞癌• ステージ/末期• 治療法/ステント留置術+化学療法(抗がん剤) 2003年に体調の異変を感じ、病院で検査を受けた結果、すでに末期の肝臓がんと診断され余命3ヶ月と告知、手術(ステント留置術)+化学療法で約1年半の治療を実施。 現在では末期がんはおろか、原発がんは消失し、転移も見られないということで、奇跡的に末期がんを克服された方のブログです。 予後には健康食品を取り入れた治療を開始。 がん克服の詳細は不明ですが、ご本人曰く、この健康食品が功を奏したのではないかとのことでした。 健康食品や漢方薬などの「補完医療」が万人に対して効果があるかどうかは医学的に立証されていませんが、適切な治療を受け、生活習慣を見直せば末期がんからも生還できるという稀有な例として一見の価値のあるブログです。 メラノーマの闘病ブログ 30歳での悪性黒色腫(メラノーマ)闘病記• 傷病名/皮膚がん• 組織型/メラノーマ• ステージ/不明• 治療法/外科手術+化学療法 抗がん剤) 皮膚がんも治療の困難ながんの一種とされています。 その後外科手術+化学療法 抗がん剤)を受け、5年生存を果たし、2011年には結婚を経て現在元気に育児中とのこと。 通常メラノーマは若くして発症すると進行が早まる進行性のがんとされています。 30歳の若さで発症後に病気克服の一つの目安とされる5年生存を果たせたのでしょうか? やはり、病気に対して前向きな姿勢で治療にあたることで免疫力を維持するということが「がん」治療ではとても重要なことであるということがオーナーさんの綴る文章から見て取ることができます。 「笑顔と感謝」これは「がん」克服のためのキーワードなのかもしれません。 膵臓がんの闘病ブログ インミンの「すい臓がん」やて!? どないすんねん?• 傷病名/膵臓がん• 組織型/浸潤性膵管癌• ステージ/IV期• 膵臓は血液中のブドウ糖をエネルギーに変えて、すべての細胞に対し、代謝を行うためのエネルギー源として供給する「インスリン」という重要な代謝ホルモンを分泌する臓器です。 糖尿病も膵臓の機能不全で起こる病気ですから、末期の糖尿病と膵臓がんはとてもよく似た経緯を辿ります。 また、膵臓がんは予防がとても大切な病気で、このブログでもそのことについて啓発されているので、とても参考になります。 まとめ 「がん」にはいろいろな種類がありますが、共通して言えることは「早期発見」・「早期治療」を受けることができれば、かなりの確率で治療効果を上げることが可能であり、場合によっては完治が見込まれる病気です。 そのため、「がん」の早期発見のためにも毎年職場や自治体が行っている「定期検診」や「がん検診」は必ず受けるようにしましょう。 特に50代以降の場合女性は「乳がん」、男性は「前立腺がん」には注意が必要とされています。 「がん」は生活習慣病の一つであり、日頃の不摂生やストレスはがんの発症リスクを上げるということが指摘されています。 抗がん剤や免疫療法、再生医療など「がん」を取り巻く医療技術は日進月歩で進化しています。 もしかしたら近い将来「がん」は死の病ではなくなるかもしれません。 いつかそんな日が訪れる日がくるまで、「がん」と戦う患者さんとそのご家族、そして医療従事者たちの「記録」は「がん」を身近に感じる今を生きる人のバイブルとなることでしょう。

次の

完全放置すれば末期癌さえ苦しまない!

末期 癌 完全 放置 ブログ

その変なもん、これ以上近づけたら、温厚なわしも怒るで。 『手遅れの幸せ』とは、私のことですね。 またまた、幻冬舎さん 笑 、見事なネーミングですね。 近藤誠医師と意気投合しているからには、この方も『がん放置療法』に賛同しているのでしょうが、近藤誠医師があまりにも「過激」だったので、別の視点からも見てみたい、と思いました。 中村仁一医師は、 中村 仁一(なかむら じんいち、 1940年 — )は、日本の医師、医療評論家。 長野県更埴市(現 千曲市)生まれ。 京都大学 医学部卒業。 財団法人 高雄病院院長、理事長を経て、2000年より社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長、医師。 1996年より、市民グループ「自分の死を考える集い」を主宰。 医師による延命治療の拒否を唱えている。 医学博士号は持たない。 wikipedia. 最後の一文『 医学博士号は持たない。 』というのは、医者ではないということではなく、「博士号」はお飾りだからいらない、と著書の中で言われてました。 経歴として、京都大学の医学部を出ながら、定年後、老人ホーム付属の診療所の「配置医師」をされている時点で、「変わり者」の臭いがしますが、著書の中で、自らを「ホームレスレベル」の医者だと言うあたり、相当な方です。 笑 「ホームレスレベル」という理由は2つあり、医者の世界の認識として、老人ホームの「配置医師」は、「いくら何でも、そこまで身を落としたくない」というポジションであることと、世間の認識する医者の序列として、 『つまり、大学病院の医者が頂点で、旧国立病院や日赤、済生会、県立、市立などの税立病院と続き、次が民間の大病院、中小の病院の医者で、一番下が町医者と言われる開業医です。 老人ホームの医者はさらにその下ですから、いわばホームレスレベルなのです。 「のら牛=のら癌患者」を自称している私と、気が合いそうな方ですね。 近藤誠医師は、乳癌の専門医ですが、中村仁一医師は、癌の専門医ではなく、病院に勤務されていた頃は「がんは、最期は絶対に痛むもの」と思っていたものが、老人ホームに勤務すると、 『入所者はみんな高齢で平均85歳から90歳。 多かれ少なかれボケ症状が出ていて、家族からはたいてい「できたらホームで看取ってほしい」と言われます。 最初のうちは「末期のがん患者に、痛みでのたうちまわられたらどう対処しよう。 とても手に負えないから、その時は病院にかつぎこむしかないか」とおっかなびっくり1例2例、3例、5例と見ていきました。 すると前に話したように例外なく、痛まずに死んでいくんです。 治療で痛む】ことを確信したと言われています。 中村仁一医師の場合は、「看取る」患者が老人ですので、ある年齢に達して以降の癌患者の死を「天寿がん」という言葉を使い、「無治療」の場合は、必ず穏やかな「老衰死」を迎えられると言われます。 (中村仁一医師の提唱される「無治療」は、おもに老人に対しての提言であることを申し添えておきます。 ) そのような中村仁一医師の著書の中で、何度も言われる言葉が、 『「早期発見の不幸」「手遅れの幸せ」』 です。 『早期発見の不幸』については、「だから、がん検診なんか受けなくていい」とまで言われていますが、私自身が経験したことの中に含まれていませんし、近藤誠医師の『がん放置療法』と同様に、私の知識では、判断がつかず「保留」とします。 『手遅れの幸せ』については、「今の私そのもの」ですので、大いに賛同します。 少し長いですが、中村仁一医師の言葉を引用します。 『一方、「がん検診」や「人間ドック」に近寄らなかった場合はどうでしょう。 がんは痛むといいますが、それならどうしてもっと早く見つからないのでしょう。 不思議でなりません。 症状のないまま、ふつうの生活をしていたら食が細り、やせてきて顔色も悪いので、周囲が心配して無理に検査を受けさせたら、手遅れのがんだった、そんな話をよく耳にします。 繰り返しになりますが、なぜ、そんなに進行するまで病院にいかないのでしょうか。 痛まないからというのが、その答えとしかいいようがありません。 一見、手遅れの発見は不幸の極みのようにうつります。 しかし、考えてみてください。 それまで何の屈託もなく、自由に充実した毎日が送られていたわけです。 痛みが出なければ、今後も体力が落ちて自由に動くのがむずかしくなるまで、ふつうの生活をすればいいのです。 長生きも結構ですが、ただ長生きすればいいというものでもないでしょう。 どういう状態で生きるかが重要だと思うのです。 ・・・人生の幕引きを思い通りにできるかもしれない「がん死」は最高だと思います。 これを「手遅れの幸せ」といいます。 ただし私の場合、「ホルモン療法」と「ゾメタの点滴」という治療をしていますので、中村仁一医師のいう「無治療」ではありません。 【乳癌ステージ4】と診断を受ける前の私は、末期がんの身体で、自由に充実した毎日を送っていましたし、【乳癌ステージ4】と診断を受けた後の私も、「手遅れ」故に、手術なし、抗がん剤なし、末期がんの身体で、自由に充実した毎日を送っています。 私が乳癌だと知ると、周囲の人が「さぞや嘆き悲しんでいることでしょう」的な同情の目で私を見ることに「違和感」を覚えていました。 自分が「乳癌」だと知った直後と、【乳癌ステージ4】だと知った直後、確かに涙を流したのですが、その後も「泣き暮らした」かというと、全然そうではないのです。 自分でも「無理をして感情を抑えてるんじゃないか」と、自分を疑った時期もあったのですが、やせ我慢ではなく「悲しんでいない」自分を発見しました。 なぜ、「自分は悲しくないんだろう」と自問した結果、どうやら私は、「人生の長短は、人知を越えたところで決まるもの」だから、私の人生があと数年で終わるなら「良く生きて、よく死ぬまで」と、「色即是空」の仏教徒らしく「得心」しているようなのです。 わたしが独身であり、「身軽」であることも、「受け入れやすかった」要因だと思います。 自分が【乳癌ステージ4】だと知っても、自分が「不幸」だと思ってはいなかったのですが、中村仁一医師の文章に出会い、自分が「幸運」だと知りました。 「手遅れ」だから、結果として、手術の痛みや抗がん剤の副作用に苦しまず、穏やかな時間を赦されています。 「手遅れ」だから、病院や病気にほとんど拘束されず、自由に充実した毎日を送れています。 この先、ホルモン剤の薬効が切れて、今は抑制出来ている乳癌が再び進行に転じ、結果として短命に終わったとしても、今、こうして与えられている時間の猶予を、穏やかに過ごせていることが本当にありがたいと思うのです。 「そうか、私って幸せだったんだ」と教えてくれた中村仁一医師、ありがとうございました。

次の