年末 ジャンボ。 年末ジャンボミニ宝くじ2019当選番号 第819回 結果発表

年末ジャンボ初めての買い方。枚数、連番、確率、還元率など超入門編

年末 ジャンボ

初めてジャンボを買う時だと、この数字は何の意味があるの?と思ったり、この番号も当選に必要?と感じてしまう人もいるかもしれません。 これは宝くじの「ユニット性」とう制度に由来している目印の番号です。 ユニットとは「塊」に事で、宝くじを販売する「塊」をグループ分けしています。 組数の話と関連づけると、こちらのユニットも伝統的に 1ユニットが1000万枚となっていました。 組数が100組の場合だと。 100,000番〜199,999番までの10万通りの番号がある。 10万通りが全部で100組ある。 つまり 1ユニットが1,000万枚。 こんな感じの計算です。 1等の当選数が1つだけの場合は、1ユニット(1,000万枚)で1位は1本だけ。 これが例えば5ユニットになると、1ユニットあたりで1つの1等があるので、1位は5本出るとう計算になります。 仮に、ジャンボの当選番号が「77組の0777777番」で、5ユニット販売されていたとすると、「77組の0777777番」で当選する人が5人いるというわけです。 なので、ユニット番号はあくまでも整理番号であって、当選番号とは無関係。 ちょうど、本の重版と似ていて、宝くじの売れ行きがいい時に、ユニット数を増やす事で1等当選があるグループをさらに増やす事ができます。 takarakuji-official. html こちら、宝くじ公式サイトで紹介されている、2018年のジャンボ当選金と本数の表です。 ここに 「何組まであるか?」は書かれていませんが、ユニットと組数の関係が分かっていると、 逆算で計算できます。 右上の部分に1ユニットは2,000万枚と書かれています。 抽選番号は100,000番〜199,999番までの10万通りあるので、ユニット数の合計を抽選番号の合計で割ったものが組数という事になります。

次の

年末ジャンボ宝くじ 詳細と当選確率【2019年】

年末 ジャンボ

2019年の年末ジャンボ宝くじで1等賞金額や本数、その前後賞や組違い賞の当選金については最も気になる部分だと思います。 いったい今年の1等賞金はいくらなのか!? どのくらいの本数が用意されているのかをまとめています。 すると 昨年と比較でハッキリとした傾向が出ており、各等で賞金額や本数に変化があるんですね。 そんな 2019年度の年末ジャンボの各等級の当選金や本数、 当選確率を一覧表にまとめ、その傾向の流れについてまとめました。 そして、各都道府県で1等をはじめ高額当選の出やすい売り場も含め、あなたが狙うべき宝くじは、年末ジャンボなのか!? それとも年末ジャンボミニやプチなのかをハッキリさせていくので、ぜひ最後までご覧ください。 もくじ• 年末ジャンボ一等賞金額と本数 例年と同じく、2019年の年末ジャンボ宝くじもビッグな 1等賞金額が用意されています。 今年の 1等は7億円という賞金額で、 前後賞は1億5000万円となり 合計10億円で決定しました。 *これは昨年の1等賞金額と同じです。 そして今年は1ユニット2000万枚のセットが23ユニット用意されるので、1等賞金を手にできる本数は23本になります。 本数に関しても例年と同じ数なので、当選確率も近年の流れを引き継いでいます。 スポンサードリンク 年末ジャンボの各等級の当選金や本数 2019年の年末ジャンボ宝くじには1等7億円を始め、前後賞や組違い賞、2等3等と続いていきます。 2019年の2等は1000万円ありますが、1ユニット内に3本しかありません。 2017年は20本ありましたが、2018年から3本まで大幅に減少しました。 8倍となったのですが、2019年は半分の2000本に調整されてしまいました。 このように様変わりしている等級も含め、各等級の 賞金額や本数、 確率など一覧にしてまとめたのが次の表です。 年末ジャンボの各等級一覧表 では、2019年の年末ジャンボ当選確率を表にしてまとめます。 年末ジャンボミニも2019年は1等の本数が減ったり、1000万円の等級や年末ラッキー賞が消滅してしまいました。 しかし、代わりに 4等1万円の本数が2018年の3倍になって当選確率が上がっています。 年末ジャンボミニについては、小当たりを狙うならかなり確率は高いです。 年末ジャンボプチの1等賞金や本数は? では、年末ジャンボプチの当選確率はどうなっているのか?というと、実は2019年に年末ジャンボプチの販売予定はありません。 だから今年は ピンポイントで1000万円付近を狙う宝くじは無くなってしまったので残念です。 ちなみに2018年度版ですが一覧表にまとめてます。 その分、他の等級が割を喰ってる感じです。 年末ジャンボの1等が当たりやすい売り場は? 年末ジャンボ宝くじの1等本数は23本しかなく、全国には宝くじ売り場がかなりあるので、すべての店に1等当たりクジが入っているわけではありません。 当たりクジのない売り場でいくら買おうが、絶対に当たることはないですよね。 だから年末ジャンボを購入するときは、当たりクジの存在する売り場で購入するのが必要なのですが、そんなことがわかるのか? 実際、これは誰にも分らないことですが、単純に1ユニットに1本当たりが入っているので、1ユニット以上売れるような場所で購入すれば1等当たりクジが入っている可能性が高くなります。 そんなよく売れる宝くじ売り場で有名な店が「西銀座チャンスセンター」です。 ここは毎年高額当選者が現れ、購入する人の数も半端ではない日本一の売り場です。 年末ジャンボ初日などはテレビ中継が入ったり、何時間も並ぶような行列ができたりなどしてものすごい盛況ぶりとなります。 実績としても申し分なく、1989年(平成元年)に1等前後賞合わせて1億円になってから2017年(平成29年)まで、29年連続1等当せんしている売場です。 このようによく売れる場所は回転が速いので、自然と1等当たりクジも入っている可能性が高いのです。 だから、1等があるかないかわからないような売り場で買うよりは、年末ジャンボの1等も当たりやすい売り場なんですね。 また、各地方の売り場でもよく当たると有名な店は、なぜか何度も高額当選者が出るような運のいい売り場もあります。 スポンサードリンク 1等をはじめ高額当選が出た売り場• 広面チャンスセンター 秋田県秋田市• 堂前宝くじ店 北海道旭川市• 古川イオンチャンスセンター(宮城県大崎市)• 新宿チャンスセンター(東京都新宿区)• 立川ルミネチャンスセンター 東京都立川市• JR有楽町駅中央口宝くじ売り場 東京都千代田区• 大宮西口DOMチャンスセンター 埼玉県さいたま市• 千葉駅前宝くじロトハウス 千葉県千葉市• フーズボックス岩下チャンスセンター 山梨県甲斐市• 松任アピタチャンスセンター 石川県白山市• 福井ワイプラザチャンスセンター 福井県福井市• 太郎丸チャンスセンター 富山県富山市• 名駅前チャンスセンター 愛知県名古屋市• 名鉄観光名駅地下支店宝くじセンター(愛知県名古屋市)• 宝くじのマスミ 静岡県浜松市• 大阪駅前第4ビル特設売場 大阪市北区梅田• 布施ポッポアベニューチャンスセンター 大阪府東大阪市• 八尾イズミヤチャンスセンター 大阪府八尾市• 竹村商店 愛媛県松山市• イオンモール新居浜 愛媛県新居浜市• まつちかチャンスセンター 愛媛県松山市• 冨田園茶舗 佐賀県伊万里市• 天文館チャンスセンター 鹿児島県鹿児島市• 新栄サンキューチャンスセンター 鹿児島県鹿児島市 こういった場所も人気で、自然と人が集まり売れ行きもいいので、宝くじで1等など高額当選が出たという場所で購入すれば、そこから再び高額当選者が現れるかもしれません。 もちろん他にも1等をはじめ高額当選が出た売り場はあります。 近くに高額当選が出た売り場があれば、積極的にそちらで購入してみてはどうでしょうか。 あとがき 2019年の年末ジャンボ宝くじの1等賞金額や本数は最も気になるところですが、前後賞含め昨年と変わりはありません。 一方で大きく賞金額や本数が変わった等級もあるので、しっかりチェックしておいてください。 そして、自分が狙いたい賞金額をしっかりと決めてから購入するようにしましょう。 数千万円を狙うのであれば、年末ジャンボは買わず年末ジャンボミニで勝負するのも良いと思います。

次の

年末ジャンボ宝くじ10億円 高額当選したら税務署が一生チェック 宝くじと税金

年末 ジャンボ

2019年に発売された『 第818回年末ジャンボ宝くじ当選番号』の抽選発表は、大晦日の12月31日に行われます。 では、今年の当選結果はどのようになったのか見ていきましょう! 等級 金額 組 番号 1等 7億円 39組 153893番 1等 前後賞 1億5千万円 1等前後の 番号 1等組 違い賞 10万円 1等組違い 同番号 2等 1000万円 127組 153771番 2等 1000万円 112組 160975番 2等 1000万円 11組 141070番 3等 100万円 組下1ケタ6組 180568番 3等 100万円 組下1ケタ9組 191832番 3等 100万円 組下1ケタ6組 173801番 3等 100万円 組下1ケタ0組 151057番 3等 100万円 組下1ケタ4組 158441番 4等 10万円 下4ケタ 5223番 5等 1万円 下3ケタ 214番 5等 1万円 下3ケタ 728番 6等 3,000円 下2ケタ 11番 7等 300円 下1ケタ 7番 年末ラッキー賞 2万円 下4ケタ 1960番 抽選日:2019年12月31日 火 大晦日 支払期間:2020年1月7日 火 ~2021年1月6日 火 同時に年末ジャンボミニも当選番号の発表があります。 購入された方はあわせて当選結果の確認をお願いします。 また抽選日は大晦日の12月31日ですが、払い戻しがすぐにできるわけではありません。 年明けでしばらくたってからでないと無理なので、宝くじの表面にも支払期間として書かれています。 *これは2019年度の年末ジャンボ宝くじの支払期間です。 払い戻し期限がいつまでなのかしっかり確認しておきましょう! また、これらの抽選結果はみずほ銀行のジャンボ宝くじ当選結果のページでも確認ができます。 年末ジャンボ宝くじの換金方法について 宝くじに当選したら支払期間中に換金をするのですが、どうやって換金すればいいのかご存知ですか? 初めての人はどうすればいいのか迷ってしまいますが、換金の仕方は簡単です。 一般的には、年末ジャンボの当選番号と手持ちの番号を見比べて、当選した宝くじを 『宝くじ売り場』に持っていきます。 これは自分が購入したところでもいいし、別の場所でも構いません。 このとき、1枚の当選金が1万円までならどこでも換金できますが、1枚の当選金が5万円を超える場合は「5万円マーク」のある宝くじ売り場でしか換金できないのでチェックしておきましょう! お店のわかりやすい所にあるので、すぐ確認できると思います。 そしてもし5万円を超える当選がある場合は、みずほ銀行での換金になります。 さらに10万円、50万円、100万円と当選金額が上がるにつれて少し手続きも変わってくるので、こちらのページで確認してください。 スポンサードリンク 過去の年末ジャンボ1等当選番号 狙って購入できるなら当たる確率も上がるかもしれませんが、そのような傾向はあるのか? 2000年以降のデータですが、1等の当選組と番号をまとめて表にしてみました。 年度 組 番号 2019 39 153893 2018 96 122234 2017 165 186859 2016 104 167038 2015 86 106608 2014 92 169296 2013 23 130916 2012 61 195280 2011 52 42 124980 163770 2010 84 142297 2009 32 138339 2008 13 191717 2007 83 136917 2006 96 142573 2005 24 158537 2004 43 181793 2003 40 160793 2002 12 108708 2001 29 134687 2000 55 173389 *2011年度は1等番号が2つあります。 2015年から1ユニットが1000万枚から2000万枚へと変更になり、組数も200組まで増えました。 やはり2015年から 1ユニット数が倍になったことで、組数も倍になりさらに1等が当たりにくくなったことが挙げられます。 スポンサードリンク 年末ジャンボがハズレてもちょっと待って! 年末ジャンボ宝くじの抽選結果と、手持ちの券を見比べて見事当選していれば換金することができます。 ただ、当選券よりもハズレ券の方が多くなってしまう人がほとんどじゃないでしょうか? そんなハズレ券は「もう持っていても意味がないから捨ててしまおう…。 」って人が多いと思いますが、ちょっと待ってください! 実はその ハズレ券で豪華賞品が当たるかもしれません。 実は、毎年9月2日(クジの日)に「宝くじの日お楽しみ抽選」というイベントがあり、ハズレ券を対象に豪華賞品が当たる抽選が行われます。 いわゆる敗者復活的なイベントで、• 燕人の匠[プライム]ステンレスタンブラー300ml• 竹炭入り蒸炊鍋(ジョウスイカ)• 今治ブランド フェイスタオル2枚セット• 耐熱ガラス製保存容器 丸3個セット• 雪蔵仕込み氷温熟成R新潟産こしひかり2㎏ こういった賞品がもらえる可能性があるのです。 (*賞品は毎年変わります) はずれた年末ジャンボにも、まだこういうチャンスがあるので、ぜひこちらにもチャレンジして下さい。

次の