豚 ひき肉 レシピ 人気 丼。 豚丼 レシピ クックパッドで人気 !つくれぽ1 位は?

「豚ひき肉 そぼろ丼 」レシピ公開!人気の甘辛味で!/ケンタロウさん

豚 ひき肉 レシピ 人気 丼

ポロポロの食感がうれしい甘辛そぼろは、汁気を少し残して仕上げるのがポイント。 多少汁気があったほうが食べやすいです。 材料・4人分• 〈豚そぼろ〉• 豚ひき肉400g• みりん大さじ3• 〈卵そぼろ〉• 卵3個• A(水大さじ3 砂糖大さじ1 塩2つまみ ごま油ほんの少々)• さやいんげん1パック• 塩少々• 紅しょうが適宜• 温かいごはん4人分 作り方• 豚そぼろを作る。 鍋に水とすべての調味料、ひき肉を加えて混ぜる(火にかける前に調味料とひき肉を混ぜておくことで、ポロポロのそぼろになる)。 中火にかけ、菜箸でよく混ぜながら加熱する。 あれば菜箸を6本ほど一緒に持って混ぜる。 そぼろ状になって汁気が少なくなってきたら完成。 水分を完全に飛ばしてしまうと食べにくいので、少し汁気を残す。 卵そぼろを作る。 鍋に卵を溶き入れ、Aを加えて混ぜる。 中火にかけ、豚そぼろと同様にあれば菜箸を6本ほど一緒に持ってよく混ぜながら加熱する。 そぼろ状になってきたら火を止める。 さやいんげんは塩を加えた熱湯でさっとゆで、小口切りにする。

次の

夜ごはんにオススメのひき肉を使った人気レシピ10選

豚 ひき肉 レシピ 人気 丼

ひき肉は肉を細かくミンチにした食材です。 鶏肉、豚肉、牛肉、合挽き肉などの種類があり、スーパーなどでいつでも手に入ります。 高い牛肉も、ひき肉だと安く買えるのでお財布にも優しいですよ。 ひき肉は他の具材と一緒にそのまま炒めてそぼろ、キーマカレーなどに使われます。 ひき肉をこねて成形すると、つくねやハンバーグになります。 ひき肉は調理方法だけでなく、使う肉の種類によっても味わいが変わります。 鶏ひき肉はヘルシーであっさりとした味や、和風料理によく合います。 豚ひき肉は中華、牛肉は洋食料理など、それぞれ得意な分野が分かれています。 料理のアレンジも自由自在なひき肉で、美味しい料理をたくさん作ってくださいね。 この記事では、「ひき肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 子供も食べやすい、合ひき肉のサイコロステーキのレシピです。 給食でも人気のサイコロステーキは、子供たちに喜ばれるメニューです。 サイコロステーキは一口で食べやすいサイズも魅力的ですよね。 ひき肉がふっくらと柔らかく、肉汁が口の中にじゅわっとあふれます。 晩ごはんのメインのおかずにいかがですか?安いひき肉で作れるので、市販のものを買うよりも家計に優しいですよ。 ひき肉入りケチャップライスでうまみとボリュームアップ!みんなが大好きなオムライスのレシピです。 薄い卵でケチャップライスを包むのって難しいですよね。 こちらのレシピではオムライスの包み方をていねいに写真付きで工程ごとに解説してくれています。 卵が滑りやすいように、しっかり油をしいてテフロン加工のフライパンを使うことがオススメですよ。 ささっと作れる中華のおかず、カリフラワーとひき肉の香味炒めのレシピです。 カリフラワーのサクサクとした歯触りのよい食感が楽しめる一品です。 シンプルな味わいのカリフラワーにひき肉でうまみをプラスしました。 唐辛子やにんにくでピリッと辛く、パンチを効かせた味付けに仕上げています。 優しい味のカリフラワーとの相性も抜群です。 緑色のピーマンで彩りを加えました。 レタスがモリモリ食べられる、豚ひき肉のレタス包みのレシピです。 中華風に味付けしたひき肉をシャキシャキのレタスに巻いていただく一品です。 レタスのみずみずしさと、ひき肉のうまみがよく合います。 ひき肉を炒める時に肉をほぐしすぎず、肉感を残すように炒めるのがポイントです。 あっさりとした野菜で巻くので、味付けは濃いめです。 お家で手軽にタイ料理が楽しめる、ガパオライスのレシピです。 ガパオライスとは、目玉焼きが乗った、バジルと鶏ひき肉炒めご飯のことです。 目玉焼きとフレッシュバジルを飾るだけで見た目も華やかに仕上がります。 ピリ辛に味付けしたひき肉でご飯がモリモリすすみます。 難しそうなエスニック料理も、ナンプラーがあれば簡単に味が決まります。 レタスやミニトマトで見た目も華やかなので、パーティーやおもてなし料理にも喜ばれますよ。 ひき肉の旨味がご飯やレタスによく合います。 具材の鮮やかさが夏らしい、タコライスのレシピです。 タコライスとは、タコスの具材をご飯に乗せた沖縄の料理です。 ひき肉はたくさん作って冷凍保存もできるので、いつでも食べたい時にすぐ食べられますよ。

次の

元調理師が選んだ!丼ぶりもの人気レシピ42選

豚 ひき肉 レシピ 人気 丼

ハンバーグやミートソース、コロッケなどに使われるひき肉。 牛ひき肉、豚ひき肉、鶏ひき肉のほか、牛ひき肉と豚ひき肉を混ぜ合わせた合いびき肉があります。 ミンチ、ミンチ肉とも呼ばれますが、英語では「minced meat」よりも「ground meat」のほうが一般的とされています。 ひき肉の主な栄養素は、牛、豚、鶏いずれにおいてもたんぱく質です。 たんぱく質は三大栄養素の1つで、筋肉や臓器などを作るために欠かせない栄養素で、酵素やホルモンなどの機能を調整する役割もあります。 たんぱく質不足になると筋力や免疫力が低下し、病気にかかりやすくなったり、疲れやすくなったりすることもあります。 この記事では、「ひき肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 もやしやニラを使ったひき肉の昼ごはんレシピ。 少ない調味料で手軽に作れる昼ごはんレシピです。 作り方は、ニラともやしをレンジにかけ、水気を切って塩昆布とごま油で和えます。 みじん切りにしたにんにく、ひき肉を炒め、焼肉のタレやコチュジャンで調味しましょう。 ご飯にキムチやひき肉、野菜を盛り付け、温泉卵を乗せたら完成。 がっつり食べたい時にぴったりの昼ごはんレシピです。 中華麺とひき肉を組み合わせた昼ごはんレシピ。 ボリュームのある汁なし麺の昼ごはんレシピで、満足感があります。 作り方は、サラダ油でひき肉を炒め、トウバンジャンを加えて炒めます。 しょうゆや鶏ガラスープの素などを合わせた調味料を加えて炒めましょう。 中華麺をほぐしてごま油を絡めて皿に盛り付け、肉みそと粉さんしょうを振りかけてできあがりです。 ひき肉は手軽に料理に使える食材として人気です。 鶏肉・豚肉・牛肉・合いびき肉など、種類によって風味が異なり違う料理を作ることができるのが便利です。 ひき肉をそのまま炒めたり、丸めてハンバーグやミートボールにしたりとアレンジが効くのも魅力です。 挽肉は柔らかいのでお子さまも食べやすく、子どもが好きなメニューに取り入れやすいので助かりますよね。 そんなひき肉を使った調理法の中でも、一番人気なのが焼くレシピです。 他の材料と合わせてボリュームアップしたり、おしゃれに仕上げたりと焼くレシピにもたくさんの種類があります。 この記事では、「ひき肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ひき肉はスーパーでもお手頃な価格で販売されているので家計にも優しいです。 種類は豚ひき肉、牛ひき肉、鶏ひき肉などがあります。 また牛肉と豚肉が混ざった合いびき肉があります。 和風料理には鶏ひき肉、中華料理には豚ひき肉、洋風料理には牛ひき肉や合いびき肉が使われています。 栄養についてですが、どのひき肉にもタンパク質が豊富に含まれています。 ひき肉は色が鮮やかなものを選ぶと良いです。 冷凍保存が可能ですがなるべく早く使い切りましょう。 そのまま炒め物に使ったり、丸めて成形をして煮物に入れたりなど使い勝手も良く幅広いレシピに使われている食材です。 この記事では、「ひき肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ひき肉には牛ひき肉、豚ひき肉、鶏ひき肉、合いびき肉があります。 ひき肉はたんぱく質、脂質、ビタミンが豊富に含まれています。 スーパーで選ぶ際はツヤがあるものを選び、ドリップが出ているものは時間がたって鮮度が落ちていますのでドリップが出ていないものを選びます。 空気に触れる面積が多いひき肉は傷みやすい食材のため、なるべく空気に触れさせないようラップでぴっちり包むなど工夫が必要です。 他の食材との相性も良く様々な料理に活用することができます。 ひき肉は料理によって使い分けると、よりお肉の旨味をたのしむことができます。 この記事では、「ひき肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 様々な料理に使えて、お財布にも優しいひき肉。 ひき肉には「牛」・「豚」・「鶏」と牛と豚を合わせた「合挽き肉」がありますが、それぞれの特徴を生かして料理に使うことで美味しく調理できます。 牛ひき肉は独特の旨味が濃く、ハンバーグやミートソースなど洋風料理に向いています。 豚ひき肉はコクのある味わいと口当たりの良さが特徴で、どんな料理にも相性が良いんです。 鶏ひき肉は脂質が少なくヘルシーで、消化吸収も良く離乳食や高齢者にも最適です。 淡白な味なので、あんかけをかけた料理など和風料理に合いますよ。 合挽き肉は牛肉の旨味に豚肉の柔らかさが加わり、ハンバーグや肉団子に使うとふんわりとした食感に仕上がります。 この記事では、「ひき肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ひき肉は主に牛・豚・鶏肉・豚と牛を混ぜた合いびき肉があります。 肉をミンサーという機械で細かくすり潰したもので、さまざまな料理に使われます。 そのまま野菜などの食材と一緒に炒めたり、丸めてハンバーグやミートボールにするなどアレンジが効くのも魅力です。 ひき肉を使った代表的な料理は、ハンバーグ・メンチカツ・つくね・ハンバーガーなどがあります。 ミートソースにしてパスタにかけたり、カレーに入れてご飯にかけたりと、和食から洋食まで幅広い料理に使える便利な食材です。 どの種類のひき肉もたんぱく質が豊富で、牛ひき肉は鉄分、豚ひき肉はビタミンB1、鶏ひき肉にはビタミンAを含んでいます。 この記事では、「ひき肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の