ソフトバンク 機種変更 解約金。 ソフトバンクで機種変更するタイミングは?|2年縛り?違約金が必要?締め日に注意?

【ソフトバンクの料金プラン変更時の違約金(契約解除料)を解説】違約金(契約解除料)を発生させない方法も紹介!

ソフトバンク 機種変更 解約金

サービス・契約・料金 2020. 21 スマホサポートライン編集部 よくある勘違い!機種変更は、2年以内でも違約金はかからない!? スマホを購入してから2年経っていないけれど、新しい機種が発売したから機種変更したくなった。 でも、2年契約になっているはずだし、違約金がかかると思っている方もいるのではないでしょうか? 違約金が発生するケース、しないケースと、手続きパターンにより異なりますが、機種変更をするだけでは、発生しないのがほとんどです。 機種変更を考えている方は、内容をよく理解した上で手続きをするようにしましょう。 それでは本記事では、2年以内の機種変更で違約金が発生するのか、機種変更する場合の注意点について解説していきます。 機種変更を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。 違約金は機種変更で発生するのか? 今の機種を使い始めてから2年経っていないから違約金がかかるので、機種変更できないと考えられている方がよくいらっしゃいます。 割引や機種代金の分割の関係で、2年間使ってから機種変更した方が良いというケースはありますが、そうとも限りません。 基本的には、2年契約をしたから機種変更すると違約金が発生するというわけではありません。 定期契約と違約金 2年契約などの一定期間を利用する事を条件とした、定期契約には違約金が発生しない期間が設けられています。 俗にいう「2年契約(2年縛り)」が該当するのですが、これは現在契約しているキャリア(ドコモ、auなど)を解約すると、解約料(違約金)が発生するというものです。 つまり、他社へ乗り換えたり、現在契約しているキャリアを解約した時に発生します。 なので、 2年以内に現在契約しているキャリアで機種変更したからと言って、 2年契約に対する違約金は発生しません。 ちなみに、2020年5月現在、ドコモやauで2年契約をしても違約金は1000円の契約が提供されています。 また、ソフトバンクや楽天モバイルは2年契約なしのプランが提供されています。 過去に契約した分については違約金として9500円などが発生する場合があります 注意点:定期契約の他に特別な契約をしている場合 注意しておきたいのは、2年契約以外に特別な条件で現在の機種を購入している場合です。 例えば、機種代金の割引などを行う代わりに、一定期間は現在の機種を使うという事が条件となっている場合があります。 言い換えれば「機種を安くするけれど、1年間は使ってね。 1年以内に機種変更や解約をすると違約金がかかるよ」というものです。 通常、携帯ショップで機種変更するとなると、店舗スタッフから違約金がかかる場合、事前に案内してもらえるので突然かかるといったことはありません。 オンラインショップで手続きする場合や気になる場合は、念のため、コールセンターや携帯ショップに来店して確認しておくことをおすすめします。 2019年11月現在、電気通信事業法の改正により、機種代金の大幅な割引が制限されました。 端末を割引する以前のような大幅な割引サービスはなくなっています。 2年以内に機種変更する時に知っておきたい事 2年以内に機種変更するにあたって、違約金がかからない事がわかってすぐ機種変更してしまうと、損してしまう事があります。 分割代金が2台分になる 機種を分割購入している場合です。 2年以内に機種変更すると、分割代金の支払いが終了していない状態で、次の機種も分割を組むと、当然ですが2台分の支払いが必要になります。 そうなると、1か月あたりの支払い額は上がります。 とは言え、元々払う必要のあるお金(2年使ったとしても支払う)です。 分割代が終わってから機種変更するかしないかの違いなので損得には影響しません。 もちろん、機種を長く使えば節約には繋がります。 割引サービスが終了するかも 重要なのは、現在の機種を使用していることで適用されている割引サービスです。 機種を変えると割引が消滅するサービスがある場合、割引額によっては、かなり損してしまう可能性があります。 今、どのような割引が適用されているかは、契約内容によって違いますので、携帯ショップやお客様センターで確認してもらうことをおすすめします。 2019年11月現在、月々サポートなどの端末購入割引の提供は終了しましたが、過去に多くの方が適用していた割引で機種変更すると消えるものには、月々サポート(ドコモ)、毎月割(au)、月月割(ソフトバンク)などがありました。 2020年5月現在、適用中の方もいます。 割引を消滅させない方法 2年以内に機種変更すると、割引が消滅し数万円分の割引がなくなってしまう。 という場合は、SIMフリー版の新しい端末を購入して、SIMカードを差し替えて使用するという方法もあります。 例えば、今auでiPhone8を契約しているが、iPhone Xが欲しくなった。 機種変更すると、毎月割が消えてしまう。 Apple StoreでSIMフリー版のiPhone Xを購入し、現在iPhone8に入れているSIMカードをiPhone Xに差し替えれば、iPhone8に適用されている割引をそのまま継続され、iPhone Xを使うことができる。 一例ですのでご参考程度にして頂ければ幸いです。 必ずこの方法が良いというわけではありません。 機種変更を早くしたい、安く買い替えたい場合に 短期間で機種変更すると、余分にお金がかかってしまいます。 機種変更前の機種が不要であれば、下取りプログラムを使用して、少しでも次の機種代金にあてるのもおすすめです。 少しでも高く売りたい場合は、キャリアよりもYahooオークションなどに出品するのが良いと思います。 また、機種を頻繁に変えたい場合は、キャリアで機種変更するだけでなく、中古販売店で購入したり、ヤフオクで落札したり、他社に乗り換えたり、と購入する方法も検討して見て下さい。 お得に購入する方法が見つかるかもしれません。

次の

【2019年10月~】SoftBank解約の各手数料と、乗り換えでかかる諸費用の見積もり方

ソフトバンク 機種変更 解約金

契約更新月じゃないんだけど、それでも機種変更する際には違約金 契約解除料 は発生しないの? と気になっている方もいるでしょう。 結論から言うと、 ソフトバンクで2年以内の機種変更、契約更新月以外での機種変更、どちらの場合であっても機種変更の際には、違約金 契約解除料 は発生しません。 違約金 契約解除料 とは、ソフトバンクで2年縛りなど契約期間が決められている料金プランを利用していて、契約更新月以外で料金プランを変更・解約した場合に発生する費用です。 そのため、ソフトバンクで機種変更をする場合には、違約金 契約解除料 は関係ありません。 つまり、前回の機種変更から2年経っていない場合の機種変更であっても、契約更新月以外での機種変更であっても、ソフトバンクで機種変更する場合には違約金 契約解除料 は発生しません。 ソフトバンクで機種変更する際に違約金 契約解除料 が発生する場合 ソフトバンクで機種変更する場合、基本的には違約金 契約解除料 は発生しません。 しかし、 ソフトバンクで機種変更を行う際に、料金プランを変更すると 違約金 契約解除料 が発生することもあるので注意が必要です。 例えば、2年契約ありの料金プランを利用している場合、機種変更手続きの際に料金プランを変更しなければ、違約金 契約解除料 が発生することはありません。 ですが、2年契約ありの料金プランを利用していて、契約更新月でないのにもかかわらず、機種変更手続き時に料金プランを2年契約なしの料金プランに変更すると、違約金 契約解除料 が発生してしまいます。 そのため、 ソフトバンクで機種変更を行う際に、違約金 契約解除料 がかからないようにしたい と思っているのであれば、機種変更手続き時には料金プランを変更しないほうがいいでしょう。 また、機種変更手続き時に料金プランを変更すると必ず違約金 契約解除料 が発生するわけではなく、 違約金 契約解除料 が発生しない場合 変更前 変更後 2年契約ありの料金プラン 2年契約ありの料金プラン 上記のように、機種変更の際に料金プランを変更しても、違約金 契約解除料 が発生しない場合もあります。 どういった場合に、違約金 契約解除料 が発生するのかについては、下記のサイトで紹介されているのでそちらをご覧ください。 関連サイト: ソフトバンクオンラインショップで機種変更する方法 ここまで、ソフトバンクの機種変更時の違約金 契約解除料 について解説してきましたが、 ソフトバンクで機種変更する際には、違約金はかからないのか。 だったら、機種変更しよう。 と思っている方もいるでしょう。 ソフトバンクを利用していて機種変更する場合、ソフトバンクショップなど店頭で手続きをするよりも、ソフトバンクオンラインショップで機種変更手続きを行ったほうがお得です。 ソフトバンクオンラインショップで機種変更する方法・手順については、下記の記事で詳しく解説しているので、そちらを参考に手続きを進めてみてください。 関連記事: ソフトバンクで機種変更する場合違約金 契約解除料 は発生するのか・まとめ• ソフトバンクでは機種変更の際に違約金 契約解除料 が発生する場合としない場合がある• ソフトバンクでは基本的に機種変更時には違約金 契約解除料 は発生しない• 2年以内の機種変更・契約更新月以外の機種変更でも違約金 契約解除料 は発生しない• 機種変更の際に料金プランを変更すると違約金 契約解除料 が発生する可能性がある• 違約金 契約解除料 が心配なら機種変更時に料金プランを変更しないこと 関連サイト:.

次の

ドコモ・au・ソフトバンク解約にかかる費用は?|新料金プラン適用後の最新情報

ソフトバンク 機種変更 解約金

ソフトバンクで新しいスマホへ機種変更するときに違約金や解約金は発生するのか?というのは気になるところです。 実際に私の周りでも、「機種変更したら負担金がかかった」という方がいる一方、「負担金は支払わずに機種変更できた」という声もあります。 人によって、負担金がかかる・かからないという声が分かれるため、何が正しい情報なのか?私が機種変更したらどうなるのか?という点はわかりにくく混乱しやすいところです。 実際のところ、ソフトバンクユーザーがソフトバンクで機種変更する場合、ほとんどのケースで解約金は発生しませんが、 一部例外的に、 プログラム解除料や割引の途中終了などで 損をしてしまう可能性があるのが事実です。 もし、解除料が割引が途中終了するとなれば、それだけで機種変更を躊躇してしまいますよね。 しかし、それ「だけ」で終わってしまうと、非常にもったいないです。 機種変更時は解除料や割引終了などの「 負担金」に着目するだけではなく、現在提供中のキャンペーンやオンラインショップ活用などといった「 お得な面」にも注目して、総合的に判断する 広い視点を持っておきたいものです。 本記事では、ソフトバンク機種変更時の違約金・解約金など負担金の仕組みと、キャンペーンをふまえたおすすめの買い替えタイミングを解説します! 目次• ソフトバンクで機種変更したら違約金・解約金は発生するのか? さて、ソフトバンクで機種変更したら違約金や解約金は発生するのか?という点ですが、 結論からお伝えすると、 基本的にソフトバンクユーザーがソフトバンクで機種変更しても、違約金や解約金をとられることはありません。 が、 現在の契約内容によってはプログラム解除料または割引が途中終了する場合がある、というのが正解です。 そもそも、 違約金や 解約金という言葉は、主に 2年契約プランによる解約時の負担金のことを指す意味合いが強いです。 ソフトバンクで機種変更することは「継続してソフトバンクを利用する」ということでもありますので、ソフトバンクを解約することによる違約金や解約金は発生しません。 ちなみに、2019年9月13日以降、ソフトバンクの料金プランでは2年契約の仕組みを完全に撤廃した「定期契約なしプラン」が提供開始となりました。 これにより、2年契約ありの旧料金プランを契約中のユーザーでも、解約金や違約金が一切発生しない「定期契約なし」の新料金プランへ切り替えることができます。 なお、2年契約ありの旧プランから現在提供中の料金プラン(基本プラン)へ変更しても、違約金や解約金などの契約解除料は発生しません。 しかしながら、「機種購入サポート」や「月月割」などの 特殊な割引適用中に機種変更すると、 プログラム解除料または割引が途中終了してしまうことにより「損」が発生する可能性があります。 実は、この「損」してしまうパターンのことを" 違約金・解約金が発生する"と捉えてしまっているケースがよくあります。 違約金・解約金と、その他プログラム解除料や割引終了は、「ユーザー負担が発生する」という意味で似ており、混乱しやすいところですが、 負担の性質が異なるという点を少し意識しておきましょう。 機種購入サポートと、月月割の詳細は次の章で解説します。 契約途中で機種変更するときに「損する可能性」があるパターン ソフトバンクで機種変更する際は、基本的に違約金/解約金などは発生しませんが、一部例外的に「 損」をしてしまうパターンがあります。 機種購入サポート適用中の機種変更はプログラム解除料発生の可能性あり! 機種購入サポートとは、2019年7月17日(水)から2019年9月12日(木)までの期間に提供されていた端末割引キャンペーンです。 しかし、 対象機種購入から12ヶ月以内に機種変更するとプログラム解除料(5,000円)を請求される可能性がある点に注意が必要です。 つまり、機種購入サポートを適用して他社からソフトバンクへ乗り換えされたユーザーは、 乗り換えから1年以内に機種変更してしまうとプログラム解除料が発生するリスクがあるということです。 プログラム解除料の支払いを回避するためには、乗り換えから12ヶ月以上経過した後に新しい端末へ機種変更したほうが良いでしょう。 月月割が消滅する可能性には注意! 月月割は2019年9月12日(木)まで提供されていた割引サービスです。 実質値引きの規制が入る以前までは、月月割が盛んにプッシュされており、新機種を 実質価格で安く購入できる割引として多くのユーザーが恩恵を受けていたことと思います。 月月割の内容は、対象機種購入後、毎月の利用料金から一定額を割引するサービスで、最大24回(場合によっては12回、36回、48回)基本使用料などから割引されるサービスでした。 しかし、注意したいのは、 月月割適用途中に機種変更すると、将来受けられるはずの月月割が新たな機種へ変更した時点で終了するという点です。 つまり、月月割の新規提供は終了したものの、現時点において過去の月月割が適用途中の回線で機種変更すると、 月月割が途中で終了してしまい、本来受けられるはずの割引チャンスをロスしてしまう可能性があります。 もしかしたら月月割適用途中かもしれない、という方は、機種変更する前に My SoftBankなどで請求料金の内訳や契約状況をみて、残り割引額を確認したうえで新機種の購入を検討したほうが良さそうです。 もし違約金/解約金が発生しても、それ以上の割引キャンペーンがあるなら機種変更検討の余地あり! ソフトバンクユーザーがソフトバンクで機種変更する際は、基本的に負担金は発生しないケースがほとんどではあるものの、やはり購入サポートの解除料や月月割の終了には気を付けたいものです。 ただ、これらの割引が途中終了しても、それ以上の価値が生まれるのであれば 思い切って機種変更するという選択肢もありだと思います。 例えば、現在利用中の機種で不便に感じていることが新しいスマホにかえることで改善される、もしくは、プラン変更やキャンペーン適用によってプログラム解除料や月月割の消滅以上にお得になる場合など、決して「 待つ」だけが最善の方法とは限りません。 負担金以上の大きな価値が生まれるのであれば、時期を待たずして機種変更するのも「 得」になりえるケースもあります。 とはいえ、機種変更するには必ず「 費用」が発生します。 キャンペーンや新しい料金プランなどの最新情報を常に入手しつつ、総合的に判断して買換えどきを見極める力をつけていきたいものです。 関連記事:「」 ソフトバンクで機種変更するおすすめの時期は? ソフトバンクの機種購入に関する割引キャンペーンは、年間を通して手厚い時期と、逆に割引がほとんど存在しない時期があります。 キャンペーンが手厚いタイミングとしては、 人の動きが大きい3月、そして iPhoneが発売される秋頃が最も大きく、その他は新機種の発売に合わせてだったり、クリスマスや年末年始、ボーナス時期などそれぞれです。 昨今はそれ以外に、キャッシュレス決済市場の盛り上がりにより、PayPayを利用することでキャンペーン期間ごとに大きな還元を受けることができます。 さらに、機種変更する際は ソフトバンクオンラインショップを活用するというのも忘れてはいけません。 ソフトバンクでは、24時間いつでもオンラインで機種変更ができ、さらに頭金不要で確実にお得に購入できて、なお全国送料無料で受け取ることができます。 もちろんソフトバンクの公式キャンペーンとソフトバンクオンラインショップの活用は併用できますので、うまく利用すれば大きな得を生む可能性があります。 ソフトバンクで機種変更する際は、解約金や負担金などの費用発生をいかに抑えるかという「 守り」の視点と、キャンペーンやソフトバンクオンラインショップをフル活用した「 攻め」の視点を両方意識した、お得な買い方を実践していきたいところです。 関連記事:「」.

次の