ワールドプレゼント anaマイル ルート。 三井住友カードのポイントが「Vポイント」にリニューアル!変更点とメリット、デメリットを解説!

【TOKYUルートとは】ANAマイル交換レート75%で陸マイラーには必須で超重要!!

ワールドプレゼント anaマイル ルート

この記事の目次• ですが、LINEポイントからメトロポイントへの交換が2019年12月27日に廃止となることが決定しました。 ですので、次の方法を多くの陸マイラーは考える必要があるかと思います。 ただ、まだ、廃止になったわけではないので、今のうちに、交換できるものは、何とか、メトロポイントまで交換しておくのが、今のベストだと思います。 今回は、主に、ワールドポイントからGポイントへの移行方法を解説します。 ワールドプレゼントのボーナスポイントをGポイントに移行する 今回は、ワールドプレゼントのボーナスポイントを交換する方法として紹介していますが、通常のワールドプレゼントのポイントも同じ手順で交換することができます。 この記事で、ボーナスポイントに限定しているのは 三井住友カードのANAカードを対象にしているからです。 三井住友カードから発行されるANAカードは、通常のワールドプレゼントの獲得ポイントは、1ポイント5マイル~15マイルで交換できるサービスを行っているからです。 ANAカード以外で貯めたワールドプレゼントの通常ポイントとボーナスポイントはそれぞれ1ポイントは3マイルにしか交換することができません。 また、ANAカードで貯めたワールドプレゼントのボーナスポイントも1ポイントは3マイルにしか交換することができません。 今回は、この、1ポイント3マイルにしかならなかったものを高い還元率でマイルに移行する方法になります。 05ポイントまで上げることができます。 この高い交換率のうちに交換してしまおうという作戦です。 移行手順は、次の図の矢印の通りで、ワールドプレゼントをGポイントに交換し、その後LINEポイント、メトロポイントに交換し、最終的にANAマイルに交換します。 まずはじめに、ワールドプレゼントからGポイントに移行するのですが、Gポイント側での設定が必要です。 また、登録がお済出ない方は、下記のリンクより登録することができます。 登録することで50ポイント(50円相当)初回特典としてもらえます。 Gポイントにログインをすると右上のメニューから「つかう」から「ポイント交換」をクリックします。 すると、Gポイントのポイント交換の連携サイトの一覧が出てくるので、「ポイントをためる」の「ワールドプレゼント」をクリックします。 すると、下のような画面が出てくるので、「Gポイントに交換する」をクリックします。 連携が完了したら、三井住友カードのVpassにログインをして交換を行なっていきます。 ここで、注意が必要なのですが、現在、自分がどれくらいのポイントを持っているかを確認します。 ポイントサービスから、現在のポイントを確認することができます。 私の場合は、633ポイントが、クレジットカードの通常獲得ポイントで、1487ポイントが、ボーナスポイントになります。 今回は、このボーナスポイントだけは私は移行したいこと言うことになります。 ボーナスポイントと、通常の獲得ポイントは、減算の計算の優先順位があります。 詳しくは公式のサイトをチェックしていただきたいのですが、私が確認した時点では、ボーナスポイントが先に消費されるようです。 外部リンク あとは、手順通りに移行するのですが、下記のように移行可能ポイントが表示されます。 100ポイント単位での交換になるので、通常ポイントとボーナスポイントの合算ポイント数での表示になります。 私は、2100ポイントの内1487ポイントがボーナスポイントになるので、ボーナスポイント以上の消費をしないように1400にしました。 あとは、対応のクレジットカードの情報を入力することで、ポイントの移行申し込みが可能です。 ワールドプレゼントのポイントを確認してみると、ボーナスポイントだけ移行できていることがわかります。 あとは、Gポイントのサイトにアクセスし、移行されていることを確認しましょう。 (もともと、50ポイントは持っていました) これで、Gポイントへの移行が完了です。 あとは、同様に、Gポイントのポイント交換からLINEポイントに交換手続きをすればLINEポイントに移行することができます。 一点、注意が必要なのですが、Gポイントでは、交換手数料が発生する場合があります。 ただ、この手数料は、Gポイントのサービス利用状況によって、還元することなどができます。

次の

三井住友カードのポイントが「Vポイント」にリニューアル!変更点とメリット、デメリットを解説!

ワールドプレゼント anaマイル ルート

「PeX」は、陸マイラーにとって重要なポイント経由地サイトです。 ソラチカルート、LINEルートの経由地としてもおなじみだったので、利用したことがある方も多いのではないでしょうか?。 このため、何となく「 当然、ANAマイルに交換できるよね」的に考えている方も多いのではないかと思います。 しかしながら、2020年現在、PeXからANAマイルへの交換方法って 結構難解になっているんですよね。 中には、PeXに交換したはいいけど「あれ、 ANAマイルってここからどうやって交換すればいいんだっけ?」と悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 2020年最新のPeXからANAマイルへの交換方法を、お得度順に徹底解説します。 スポンサーリンク 交換ルートと交換率 ルート名称 交換率 みずほルート 0. 7倍 ニモカルート 0. 7倍 ワールドプレゼントルート 0. 6倍 Tポイントルート 0. 5倍 直接交換 0. それが、PeXからは TOKYUルートでのANAマイルへの交換はできないということです。 TOKYUルートを利用するためには、TOKYUポイントへポイント交換可能な「ドットマネー」へ交換する必要がありますが、PeXからドットマネーへの交換は2020年現在「できません」。 ただ実は、PeX経由TOKYUルートが利用できるかもしれない!という ちょっとだけ希望の光が見え隠れするのですが、その「希望の光」についてはこの記事の末尾で少しだけご紹介します。 少なくとも現時点ではTOKYUルートは使えませんので、 TOKYUルート以外の交換方法について解説していきます。 スポンサーリンク みずほルート:交換率0. 7倍 まず、交換倍率がニモカルートと同率、実質No1となる0. 7倍でANAマイルに交換できる方法がこちらですね。 三井住友カード「ワールドプレゼント」、Gポイント、JRキューポ、永久不滅ポイント経由でANAマイルへと至る、いわば「 変則みずほルート」です。 デメリット• 「JQカードセゾン」「みずほマイレージクラブカード/ANA」の2枚のカードが必要• ポイント交換に手間と時間が超かかる 一方で、デメリットがこちらですね。 なんといっても「JQカードセゾン」と「みずほマイレージクラブカード/ANA」の特定の2枚のカードが必要!というのが 致命的なデメリットでしょうか。 多分、普通は「そんなカードは持ってない」と思いますので、その場合この2枚のカードを発券するか、以降で紹介する交換ルートを利用するほかありません。 また、旧ソラチカ(LINE)ルートをご存知の方はお分かりのとおり、PeXからワールドプレゼントへの交換って1か月掛かるので、 交換に結構手間と時間が掛かってしまうのもデメリットですかね。 スポンサーリンク ワールドプレゼントルート:0. 6倍 次にご紹介する交換ルートがこちらですね。 三井住友カード 「ワールドプレゼント」を経由し、そのままANAマイルに交換するルートです。 この交換方法により、0. 6倍でANAマイルに交換ができます。 PeXからANAマイルへの交換方法としては、正直 この方法が最も現実的といえるのではないでしょうか。 三井住友カードには 年会費永久無料!というカードもありますし、ANAVISAワイドゴールドカードなどをお持ちの方もいらっしゃると思いますので、ポイントプログラム「ワールドプレゼント」は、多くの方が利用できるのではないかと思います。 そして、ワールドプレゼントの「ボーナスポイント」は、0. 6倍でANAマイルに交換ができます。 スポンサーリンク Tポイントルート:0. 5倍 次にご紹介するのがこちら。 実質0. 5倍でANAマイルに交換できる「Tポイントルート」です。 交換方法も超簡単で、PeXからTポイントに交換しANAマイルに交換するだけです。 特に特定のクレジットカードが必要なわけではないので、三井住友カードを持っていない!って方には、この方法が最もお得かつお手軽です。 ただ、1点だけ注意点があるとすれば、PeXからTポイントへの交換は、通常交換だと交換手数料を取られてしまいます。 しかしながら、現在期間限定で 交換手数料無料キャンペーンを実施中なので、 キャンペーンを利用することが条件で、実質等倍で交換ができるんですよね。 5倍で交換するには、交換手数料無料キャンペーンの利用( =ポイントサイト「ECナビ」の利用) が必須!であることだけ、忘れないようにしてください。 また、このキャンペーンは期間限定ですので、途中終了する可能性は当然あります。 交換手数料無料キャンペーンの詳細は、 のPeX公式サイトから確認ができます。 スポンサーリンク 直接交換:0. 45倍(期間限定) そして、最後にご紹介する交換方法がPeXからANAマイルへの 直接交換です。 通常、PeXからANAマイルへの交換は1円=0. 3ANAマイル、つまり0. 3倍なのですが、2020年3月31日までの期間限定で、50%レートアップ! となる、0. 45倍でANAマイルに交換ができます。 ただ・・これなら正直上記0. 6倍でANAマイルに交換ができる 「ワールドプレゼント」ルートを利用した方がお得ですよね。 「ワールドプレゼント」が利用できる 三井住友カードを持っていない!って方はこの方法もありかと思いますが・・だったらこの前にご紹介した Tポイントに交換して0. 5倍でANAマイルに交換した方がお得です。 直接交換はあまり意味がない、と思っておいた方が良さそうです。 スポンサーリンク PeX経由「TOKYUルート」は実現するか? ここまで、PeXポイントをできる限りお得にANAマイルに交換する方法をご紹介してきました。 そして、実は冒頭にも少し書いたのですが・・ PeX経由でのTOKYUルートって本当に利用できないのか、気になりませんか?実は、既に ある一点のポイント交換ルートが開通すると、これ、実現できる状況になっているんです。 具体的には、この交換ルートですね。 PeXから三井住友ワールドプレゼントを経由し、ポイントタウン、ドットマネー、東急ポイント、ANAマイルへと交換するルートです。 いわゆる「TOKYUルート」ですので、当然ながらPeXポイントを0. 75倍でANAマイルへの交換が可能です。 この交換ルート、実はほぼ全てが開通しているんですが、実は1点だけ、 三井住友カード「ワールドプレゼント」からポイントタウンへの交換のみ、 2018年9月からずっと「メンテナンス中」「交換休止中」状態なんです。 ここが交換を再開すれば、PeXからTOKYUルート経由でのANAマイルへの交換が可能になるので、かなり注目しているんですよね。 そして、2020年2月12日に動きがあり、三井住友カードのHP「VPass」上の表記から「ポイントタウンポイントへの交換は休止中」の表記が削除されました。 さらに、ポイントタウンからワールドプレゼントへの交換も、2020年6月に予定されているワールドプレゼントのリニューアルまで「交換中止」となることが発表されています。 ワールドプレゼントのリニューアルに併せ、PeX-TOKYUルートが開通するのか?はたまたお蔵入りか?この状況はかなり注視していきたいと思っています。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしょうか? PeXポイントをANAマイルに交換する方法を、お得度(=交換倍率)順にご紹介しました。 個人的におすすめの交換方法は、上記 「ワールドプレゼント」ルートですね。 ワールドプレゼントが利用可能な三井住友カードを持っていれば利用可能ですし、倍率としても0. 6倍と そこそこ納得できる水準ですので、とりあえずの緊急避難的な交換ルートとしては、上記の交換ルートがおススメです。 また、個人的には開通は望み薄かな・・とも思ってはいますが、今後PeX-TOKYUルートが開通するのか?の結論がでると思われる 2020年6月まで交換を待つ、というのも一つの考え方かもしれません。

次の

三井住友VISAカードのワールドプレゼントをANAマイルに交換するのは損なのか?

ワールドプレゼント anaマイル ルート

この記事の目次• ですが、LINEポイントからメトロポイントへの交換が2019年12月27日に廃止となることが決定しました。 ですので、次の方法を多くの陸マイラーは考える必要があるかと思います。 ただ、まだ、廃止になったわけではないので、今のうちに、交換できるものは、何とか、メトロポイントまで交換しておくのが、今のベストだと思います。 今回は、主に、ワールドポイントからGポイントへの移行方法を解説します。 ワールドプレゼントのボーナスポイントをGポイントに移行する 今回は、ワールドプレゼントのボーナスポイントを交換する方法として紹介していますが、通常のワールドプレゼントのポイントも同じ手順で交換することができます。 この記事で、ボーナスポイントに限定しているのは 三井住友カードのANAカードを対象にしているからです。 三井住友カードから発行されるANAカードは、通常のワールドプレゼントの獲得ポイントは、1ポイント5マイル~15マイルで交換できるサービスを行っているからです。 ANAカード以外で貯めたワールドプレゼントの通常ポイントとボーナスポイントはそれぞれ1ポイントは3マイルにしか交換することができません。 また、ANAカードで貯めたワールドプレゼントのボーナスポイントも1ポイントは3マイルにしか交換することができません。 今回は、この、1ポイント3マイルにしかならなかったものを高い還元率でマイルに移行する方法になります。 05ポイントまで上げることができます。 この高い交換率のうちに交換してしまおうという作戦です。 移行手順は、次の図の矢印の通りで、ワールドプレゼントをGポイントに交換し、その後LINEポイント、メトロポイントに交換し、最終的にANAマイルに交換します。 まずはじめに、ワールドプレゼントからGポイントに移行するのですが、Gポイント側での設定が必要です。 また、登録がお済出ない方は、下記のリンクより登録することができます。 登録することで50ポイント(50円相当)初回特典としてもらえます。 Gポイントにログインをすると右上のメニューから「つかう」から「ポイント交換」をクリックします。 すると、Gポイントのポイント交換の連携サイトの一覧が出てくるので、「ポイントをためる」の「ワールドプレゼント」をクリックします。 すると、下のような画面が出てくるので、「Gポイントに交換する」をクリックします。 連携が完了したら、三井住友カードのVpassにログインをして交換を行なっていきます。 ここで、注意が必要なのですが、現在、自分がどれくらいのポイントを持っているかを確認します。 ポイントサービスから、現在のポイントを確認することができます。 私の場合は、633ポイントが、クレジットカードの通常獲得ポイントで、1487ポイントが、ボーナスポイントになります。 今回は、このボーナスポイントだけは私は移行したいこと言うことになります。 ボーナスポイントと、通常の獲得ポイントは、減算の計算の優先順位があります。 詳しくは公式のサイトをチェックしていただきたいのですが、私が確認した時点では、ボーナスポイントが先に消費されるようです。 外部リンク あとは、手順通りに移行するのですが、下記のように移行可能ポイントが表示されます。 100ポイント単位での交換になるので、通常ポイントとボーナスポイントの合算ポイント数での表示になります。 私は、2100ポイントの内1487ポイントがボーナスポイントになるので、ボーナスポイント以上の消費をしないように1400にしました。 あとは、対応のクレジットカードの情報を入力することで、ポイントの移行申し込みが可能です。 ワールドプレゼントのポイントを確認してみると、ボーナスポイントだけ移行できていることがわかります。 あとは、Gポイントのサイトにアクセスし、移行されていることを確認しましょう。 (もともと、50ポイントは持っていました) これで、Gポイントへの移行が完了です。 あとは、同様に、Gポイントのポイント交換からLINEポイントに交換手続きをすればLINEポイントに移行することができます。 一点、注意が必要なのですが、Gポイントでは、交換手数料が発生する場合があります。 ただ、この手数料は、Gポイントのサービス利用状況によって、還元することなどができます。

次の