みや ぞ ん 骨折。 圧迫骨折と椎体骨折ってどう違うんですか?

「骨折」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

みや ぞ ん 骨折

外傷(骨折、脱臼、打撲、捻挫、きずなど) ひざの痛み、はれ・変形 肩の痛み、肩こり、首の痛み 背中・腰の痛み、ギックリ腰、坐骨神経痛 手足の痛み、しびれ、こわばり 長い距離を歩けない 骨粗鬆症、痛風 外反母趾 交通事故によるケガ 労働災害 小児整形 運動器リハビリを行います。 マイクロ波、干渉波、牽引装置、ウォーターベット型マッサージ器などを用い、痛みや運動制限に対しての治療を行います。 最新リハビリテーション、リラクゼーション機器を備えております。 西洋医学、東洋医学、リハビリを組み合わせ、満足して頂ける治療を行っていきたいと考えております。 当院で行える東洋医学は鍼灸です。 スポーツ整形外科は転倒や接触プレーなど大きな外力で生じる外傷(靭帯損傷、半月板損傷、脱臼・骨折等など)、と使いすぎによる慢性スポーツ障害(疲労骨折、投球障害肩・肘障害 シンスプリント等)に分けられます。 近年ではスポーツ人口は急増しており、それに伴い、発生するスポーツ外傷、スポーツ障害も激増しているのが現状です。 骨折や脱臼、靭帯損傷、筋肉損傷などのスポーツ外傷や様々な痛みは、できるだけ早期に的確な診断のもと痛みの原因を取り除かなければスポーツが困難になり、長期的に見ると日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。 当院ではこのような外傷、障害に対して原因の検索・改善(リハビリテーション)・予防の指導を行います。 手術が必要な患者様に対しては、しかるべき専門病院(村上記念病院、三菱名古屋病院、名大病院、上飯田第一病院など)を御紹介いたします。

次の

「骨折」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

みや ぞ ん 骨折

概要 眼窩底骨折とは、眼球が位置する「眼窩」と呼ばれる空間の床に当たる「眼窩底」がした状態を指します。 眼窩底を構成する骨は眼窩のなかでも薄いため、眼球や周辺部位のにより骨折を来しやすいです。 交通外傷や転倒などに加えて、ラグビーやサッカー、ボクシングなどの肉体的なコンタクトが多いスポーツに関連して発症することもあります。 眼窩底骨折では、目を支配する神経、血管、筋肉などが同時に障害を受けることがあります。 その結果、ものが二重に見える、目を上に上げることができない、血のまじった鼻水が出る、眼球が眼窩の中に落ち込む、などの症状を呈することになります。 眼窩底骨折では保存的な治療方法が取られることもあれば、手術が行われることもあります。 同時に合併する可能性のある骨折の状況、神経症状、保存的治療による経過などを総合的に判断し、手術療法のタイミングを決定することになります。 原因 眼窩は前方は開けた空間で、眼窩の床、両側の壁、天井はそれぞれ骨で囲まれています。 なかでも眼窩の床を構成する骨の薄さは薄く、外部からのをきっかけにを起こしやすいです。 顔の正面に前方からの外力が加わると、力は眼窩全体に対してかかるようになります。 外圧は物理的な力に対して最も脆弱である眼窩底を介して上顎洞に向けて逃れ、これをきっかけとして眼窩底骨折を起こすことがあります。 こうした外力の伝わり方で発症する眼窩底骨折を、吹き抜け骨折(blowout fracture)といいます。 また眼球に対する間接的な外力で眼窩底骨折を発症することがあります。 たとえばボクシングなどで頬にパンチを受けた際、頬の骨を介して外力が周囲に伝播し、脆弱な眼窩底が骨折することがあります。 治療 眼窩底骨折を発症すると、複視などの症状が生じますが、時間経過とともに徐々に改善することも多いです。 しかし、数週間以上経過しても諸症状が改善されない、もしくは発症時から強い複視があり日常生活に支障がある、完全に上方に眼球を動かすことができない、目の動きに関連した痛みが非常に強いなど症状が強い場合には、手術による治療介入が行われます。 眼球陥没に対しての手術が行われることもありますが、経過の予想が難しく治療介入のタイミングがより困難を極めることもあります。 眼窩底骨折では骨が欠損していることが多く、眼球の位置をしっかりと固定するために医療材料で欠損を補填する必要があります。 使用される材料としては、自身の肋軟骨や硬膜、チタンメッシュ、テフロン、ポリエチレンなどがあります。 眼窩底骨折では、保存的な経過で症状が改善することも充分期待できるものである一方、適切なタイミングでの治療介入を行うことが重要です。

次の

骨折の治療法

みや ぞ ん 骨折

<目次>• 圧迫骨折の原因・年齢・性差・部位 中高年に多い骨折で、特に閉経後の女性、骨粗鬆症に伴う場合が大部分を占めます。 しかしながら転落事故など外力が大きい場合、若年者でも発生します。 脊椎の頻度が高いです。 圧迫骨折の症状 骨折した部位の腫脹と疼痛です。 通常初期から激痛となることが多く、救急車で病院に搬送されることも多いです。 骨折による脊髄の圧迫のため、筋力低下、知覚麻痺、直腸膀胱症状(便、尿の失禁など)などが発生することがあります。 その場で撮影も終了し当日説明をうけられるので、整形外科では必ず施行します。 MRI画像。 腫瘍の内部の構造、周辺の組織との位置関係がより鮮明にわかります 圧迫骨折の治療法……安静治療か手術治療 現時点で圧迫骨折の治療として安静療法、手術療法の2つの治療法があります。 この両者を厳密に比較した試験がないので、どちらの治療法が優れているのか判断はできません。 軟性コルセット、硬性コルセットなどで脊椎の安定性を確保して、時間をかけて骨折した部位の安定化を計ります。 <鎮痛薬> ボルタレン、ロキソニンなど非ステロイド消炎鎮痛薬(NSAIDと省略されます)を用います。 ・ボルタレン…1錠15. 3円で1日3回食後に服用。 副作用は胃部不快感、浮腫、発疹、ショック、消化管潰瘍、再生不良性貧血、皮膚粘膜眼症候群、急性腎不全、ネフローゼ、重症喘息発作(アスピリン喘息)、間質性肺炎、うっ血性心不全、心筋梗塞、無菌性髄膜炎、肝障害、ライ症候群など重症な脳障害、横紋筋融解症、脳血管障害胃炎。 ・ロキソニン…1錠22. 3円で1日3回食後に服用。 副作用はボルタレンと同様。 どちらの薬でも胃潰瘍を合併することがありますので、胃薬、抗潰瘍薬などと一緒に処方されます。 5年間、10年間の長期服用で腎機能低下などの副作用がありますので、注意が必要。 まれに血液透析が必要となる場合もあるので、漫然と長期投与を受けることはできる限り避けて下さい。 全身麻酔と入院での治療が必要です。 手術時間は比較的短いのですが、周辺の骨や支持組織が弱いため強固な固定を得るのが難しい場合があります。 合併症も発生することがあります。 長い入院が必要な場合があります。

次の