我々 だ 小説。 悪役令嬢?クソくらえ!!【我々だ!】

私の好きな我々だ

我々 だ 小説

注意!!! 実況者様のお名前をお借りした二次創作物となります。 実際の本人とは全く関係がありません。 がっつりフィクションなので注意してください!! コピペネタです!!!! キャラ違くても許してください! LINE形式な感じで進みます! それでも大丈夫な人はどうぞ!!! [newpage] トントン:昨日の昼にコネシマとシャオロンと3人でファミレス行ったんやけど、結構混んでて名前書いてもらって待っててん。 しばらくして「三名でお待ちのフ、フリーザ様~」って呼ばれて「こういうの書くやつ必ずおるよなw」ってシャオロンが言ったらコネシマがいきなり「さぁ!行くで!ザーボンさん!!ドドリアさん!!」って立ち上がった。 鬱:粛清待ったなし シャオロン:俺とトントンどんだけ恥ずかしかったかお前に分かるか? コネシマ:1回やってみたかってん [newpage] グルッペン:トントン君は1個70円のリンゴと1個30円のみかんを握り潰してこう言いました。 「次はお前がこうなる番や」 鬱:ヒィッ コネシマ:ヒィッ ゾム:納期守らなくてサーセンした オスマン:サーセン トントン:グルさんあんたもやで [newpage] ゾム:暇やし怖い話でもしよーや 鬱:えー、俺怖いの苦手なんやけど... コネシマ:そういう奴がおると盛り上がるからええやん!! オスマン:せやな ゾム:じゃあオスマンから怖い話はじめよ オスマン:お、トップバッターか オスマン:実はこの中に好きな人がいます。 コネシマ:!? 鬱:寒気した ゾム:オスマン優勝で [newpage] コネシマ:しりとりしよーぜ!! 鬱:絶対いやだ コネシマ:ダメなん?なんでよ 鬱:弱いもんお前 コネシマ:えー?そんなことないって!やろうよ 鬱:弱いってば コネシマ:馬鹿にすんなよ... ! 鬱:弱いものは弱いんだよ コネシマ:容赦ないね 鬱:ねぇ一つ聞いていい? コネシマ:いいですとも 鬱:もしかして既にしりとりはじまってる? [newpage] シャオロン:中学の避難訓練の時、ロボロ人の波に巻き込まれて行方不明になったっていうことあったよな コネシマ:小さいからか...... シャオロン:ホビットやからしゃあない...... ロボロ:やかましいねんww トントン:懐かしいなぁ... みんなアレ覚えてるか?「お・は・し」ってやつ コネシマ:「お前を はなさない しなせない」やろ? ロボロ:イケメンwwww シャオロン:イケシマァ... トントン:基本が分かってない時点でお前が先に死ぬで [newpage] コネシマ:最近シャオさん元気ないやんどうしたん? シャオロン:ちょっと悩み事や。 ほっといてくれ コネシマ:ふーん、話変わるけどさぁ。 この間の人気投票またシャオロン低くなっとったな シャオロン:話変わってねーよ [newpage] コネシマ:とっとこォォォォォォッ!!!!走るよッハム太郎ォォォォォォォォォォォォッ!!!! 鬱:だァァァァイすっきなのはァァァァッァ!!!! コネシマ:酒とっ!!! 鬱:女ぁ!!!! コネシマ:あと金ぇぇぇ!!! 鬱:タバコもぉぉぉ!!!! [newpage] トントン:この前甥っ子がブロック口にくわえて大変やってん。 コネシマ:こどもってほんまなんでも口に入れるよな 鬱:ひらめいた トントン:通報した [newpage] 鬱:どうでもいい話なんやけど、昨日、美容院でシャンプーしてる時に 店員「凄く綺麗な顔してますよね、彼女いるんですか?」 って言われたから 僕「いないですよぉ~」 僕「彼女募集中ですねw」 って答えたんやけどそれっきり反応がなくて 洗い終わって頭上げたら、隣のイス担当の店員の声やった。 ゾム:ブッフォwwwwwwwwww コネシマ:何w故w自w分wだwとw思wっwたw シャオロン:今すぐ鏡見てこいwwwww 鬱:もうあの美容院行けない [newpage] コネシマ:だ~らだ~らで~れだ~りらん チャカチャカチャカチャカチャカ だ~らた~らで~れだ~りらん チャカチャカチャカチャカチャカ で~れで~れだ~らだ~ららん チャカチャカチャカチャカチャカ で~れで~れだ~らだ~らだん チャカチャカチャカチャカチャカ チャララ チャララ チャララ チャララ チャララ チャララ んばーばっ チャララ チャララ チャララ チャララ チャララ チャララ んばーばっ チャリラリチャリラリチャリラリチャリラリ ジャラララララララ どんどんどん ピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキ んぱーぱっ ピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキ んぱーぱっ 多分オーケストラやと思うんやけど。 昔ラジオで聴いてから頭から離れへんねん。 わかるやつおらへん? エーミール:ブラームスのハンガリー舞曲第1番だと思いますよ エーミール:ヴァイオリン協奏曲もオススメです コネシマ:おぉそれやそれ!ありがとな! エーミール:いえいえ 鬱:何この会話こわい シャオロン:エーミール何者やねん [newpage] 鬱:また美容院行ってきたんやけど、 美容師「シャンプー失礼します。 痒い所ございますかー?」 僕「今こうして僕の身嗜みを整えるために使われてる金や水。 それを上手く使えば、どこかで苦しんでいる誰かを救えたかもしれない。 それを分かっていながら何も出来ずにいる自分が、歯痒いです……」 美容師「流しますねー」 僕「あ、は い」 し に た い ゾム:何してんねんwwwwww コネシマ:普通に髪洗われることもできへんのかお前は!!!! シャオロン:今度こそもうそこの美容院行けへんなwwwww 鬱:なんであんな冷たいの?僕泣いちゃう トントン:大先生はしばらく美容院禁止な [newpage] 鬱:誰かお金貸してください... コネシマ:ダメや!もっとアピールせな!!!思いを伝えるんや!!! 鬱:お金貸してください!!!!! コネシマ:もっと大声出して !!!!!!! 鬱:お金貸してくださいぃぃぃぃ!!!!!! コネシマ:貸さない!!!!!!! コネシマ:てか返せ!!!!!!!! ゾム:シッマ鬼畜wwww トントン:おん大先生、この前貸したお金いつ返してくれんねん シャオロン:あ、大先生確か俺も貸してたよな? 鬱が退会しました。 コネシマ:逃げたぞあいつ [newpage] コネシマ:俺ずっとカイロに書いてある低温やけどって関西限定の注意書きやと思ってた シャオロン:低温やけどwwwww関西弁の注意書きなんてあるかwwww ゾム:低温火傷やろwwwwなんでそんな親しげやねんwww ひとらん:俺の地域でもそう書かれてたよww [newpage] 鬱:僕「福山雅治みたいにカットしてください」 美容師「わかりました」 僕「ふぅ…」 美容師「あんちゅぁ~んあんちゅぁ~ん」チョキチョキチョキ 呼吸困難になるぐらい笑った。 トントン:あんだけ美容院に行くなと言ったのに!!!!! コネシマ:ちょwwその美容院教えてwww ゾム:おれも行きたいwwwwwww シャオロン:大先生ごときが福山雅治みたいになろうなんて福山雅治に失礼やぞ謝れ 鬱:ごめん雅治 トントン:友達かよ.

次の

悪役令嬢?クソくらえ!!【我々だ!】

我々 だ 小説

注意!!! 実況者様のお名前をお借りした二次創作物となります。 実際の本人とは全く関係がありません。 がっつりフィクションなので注意してください!! コピペネタです!!!! キャラ違くても許してください! LINE形式な感じで進みます! それでも大丈夫な人はどうぞ!!! [newpage] トントン:昨日の昼にコネシマとシャオロンと3人でファミレス行ったんやけど、結構混んでて名前書いてもらって待っててん。 しばらくして「三名でお待ちのフ、フリーザ様~」って呼ばれて「こういうの書くやつ必ずおるよなw」ってシャオロンが言ったらコネシマがいきなり「さぁ!行くで!ザーボンさん!!ドドリアさん!!」って立ち上がった。 鬱:粛清待ったなし シャオロン:俺とトントンどんだけ恥ずかしかったかお前に分かるか? コネシマ:1回やってみたかってん [newpage] グルッペン:トントン君は1個70円のリンゴと1個30円のみかんを握り潰してこう言いました。 「次はお前がこうなる番や」 鬱:ヒィッ コネシマ:ヒィッ ゾム:納期守らなくてサーセンした オスマン:サーセン トントン:グルさんあんたもやで [newpage] ゾム:暇やし怖い話でもしよーや 鬱:えー、俺怖いの苦手なんやけど... コネシマ:そういう奴がおると盛り上がるからええやん!! オスマン:せやな ゾム:じゃあオスマンから怖い話はじめよ オスマン:お、トップバッターか オスマン:実はこの中に好きな人がいます。 コネシマ:!? 鬱:寒気した ゾム:オスマン優勝で [newpage] コネシマ:しりとりしよーぜ!! 鬱:絶対いやだ コネシマ:ダメなん?なんでよ 鬱:弱いもんお前 コネシマ:えー?そんなことないって!やろうよ 鬱:弱いってば コネシマ:馬鹿にすんなよ... ! 鬱:弱いものは弱いんだよ コネシマ:容赦ないね 鬱:ねぇ一つ聞いていい? コネシマ:いいですとも 鬱:もしかして既にしりとりはじまってる? [newpage] シャオロン:中学の避難訓練の時、ロボロ人の波に巻き込まれて行方不明になったっていうことあったよな コネシマ:小さいからか...... シャオロン:ホビットやからしゃあない...... ロボロ:やかましいねんww トントン:懐かしいなぁ... みんなアレ覚えてるか?「お・は・し」ってやつ コネシマ:「お前を はなさない しなせない」やろ? ロボロ:イケメンwwww シャオロン:イケシマァ... トントン:基本が分かってない時点でお前が先に死ぬで [newpage] コネシマ:最近シャオさん元気ないやんどうしたん? シャオロン:ちょっと悩み事や。 ほっといてくれ コネシマ:ふーん、話変わるけどさぁ。 この間の人気投票またシャオロン低くなっとったな シャオロン:話変わってねーよ [newpage] コネシマ:とっとこォォォォォォッ!!!!走るよッハム太郎ォォォォォォォォォォォォッ!!!! 鬱:だァァァァイすっきなのはァァァァッァ!!!! コネシマ:酒とっ!!! 鬱:女ぁ!!!! コネシマ:あと金ぇぇぇ!!! 鬱:タバコもぉぉぉ!!!! [newpage] トントン:この前甥っ子がブロック口にくわえて大変やってん。 コネシマ:こどもってほんまなんでも口に入れるよな 鬱:ひらめいた トントン:通報した [newpage] 鬱:どうでもいい話なんやけど、昨日、美容院でシャンプーしてる時に 店員「凄く綺麗な顔してますよね、彼女いるんですか?」 って言われたから 僕「いないですよぉ~」 僕「彼女募集中ですねw」 って答えたんやけどそれっきり反応がなくて 洗い終わって頭上げたら、隣のイス担当の店員の声やった。 ゾム:ブッフォwwwwwwwwww コネシマ:何w故w自w分wだwとw思wっwたw シャオロン:今すぐ鏡見てこいwwwww 鬱:もうあの美容院行けない [newpage] コネシマ:だ~らだ~らで~れだ~りらん チャカチャカチャカチャカチャカ だ~らた~らで~れだ~りらん チャカチャカチャカチャカチャカ で~れで~れだ~らだ~ららん チャカチャカチャカチャカチャカ で~れで~れだ~らだ~らだん チャカチャカチャカチャカチャカ チャララ チャララ チャララ チャララ チャララ チャララ んばーばっ チャララ チャララ チャララ チャララ チャララ チャララ んばーばっ チャリラリチャリラリチャリラリチャリラリ ジャラララララララ どんどんどん ピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキ んぱーぱっ ピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキピキ んぱーぱっ 多分オーケストラやと思うんやけど。 昔ラジオで聴いてから頭から離れへんねん。 わかるやつおらへん? エーミール:ブラームスのハンガリー舞曲第1番だと思いますよ エーミール:ヴァイオリン協奏曲もオススメです コネシマ:おぉそれやそれ!ありがとな! エーミール:いえいえ 鬱:何この会話こわい シャオロン:エーミール何者やねん [newpage] 鬱:また美容院行ってきたんやけど、 美容師「シャンプー失礼します。 痒い所ございますかー?」 僕「今こうして僕の身嗜みを整えるために使われてる金や水。 それを上手く使えば、どこかで苦しんでいる誰かを救えたかもしれない。 それを分かっていながら何も出来ずにいる自分が、歯痒いです……」 美容師「流しますねー」 僕「あ、は い」 し に た い ゾム:何してんねんwwwwww コネシマ:普通に髪洗われることもできへんのかお前は!!!! シャオロン:今度こそもうそこの美容院行けへんなwwwww 鬱:なんであんな冷たいの?僕泣いちゃう トントン:大先生はしばらく美容院禁止な [newpage] 鬱:誰かお金貸してください... コネシマ:ダメや!もっとアピールせな!!!思いを伝えるんや!!! 鬱:お金貸してください!!!!! コネシマ:もっと大声出して !!!!!!! 鬱:お金貸してくださいぃぃぃぃ!!!!!! コネシマ:貸さない!!!!!!! コネシマ:てか返せ!!!!!!!! ゾム:シッマ鬼畜wwww トントン:おん大先生、この前貸したお金いつ返してくれんねん シャオロン:あ、大先生確か俺も貸してたよな? 鬱が退会しました。 コネシマ:逃げたぞあいつ [newpage] コネシマ:俺ずっとカイロに書いてある低温やけどって関西限定の注意書きやと思ってた シャオロン:低温やけどwwwww関西弁の注意書きなんてあるかwwww ゾム:低温火傷やろwwwwなんでそんな親しげやねんwww ひとらん:俺の地域でもそう書かれてたよww [newpage] 鬱:僕「福山雅治みたいにカットしてください」 美容師「わかりました」 僕「ふぅ…」 美容師「あんちゅぁ~んあんちゅぁ~ん」チョキチョキチョキ 呼吸困難になるぐらい笑った。 トントン:あんだけ美容院に行くなと言ったのに!!!!! コネシマ:ちょwwその美容院教えてwww ゾム:おれも行きたいwwwwwww シャオロン:大先生ごときが福山雅治みたいになろうなんて福山雅治に失礼やぞ謝れ 鬱:ごめん雅治 トントン:友達かよ.

次の

私の好きな我々だ

我々 だ 小説

WEBアンソロジー 【参加サイト一覧】• 「「I feel... 」」 有沙さん• 「empty song」 硝子さん• 「きくるの森」 椎名憂希さん• 「戯言」 逢沢吉良さん• 「蝶の檻」 沙耶さん• 「Tears Virsin」 ゆこまむさん• 「天空の その上で…」 高村恵美さん• 「天使のザレゴト」 和泉かづささん• 「Heartful Days」 瀬奈みらくさん• 「rawra」 レイカさん• 「ラブノット」 まどかさん• 「ROOM BECAUSE OF BECOMING SALACIOUSLY」 高羽紅さん•

次の