小泉道子。 小泉 道子(家族のためのADRセンター) |法律にかかわる様々なトラブルの相談・話し合いによる解決のサポートのかいけつサポート

小泉純一郎元総理の恋人熱愛発覚に息子の孝太郎や進次郎の思いは?

小泉道子

滝川クリステルさんと結婚し、第一子の男の子が1月17日に誕生した小泉進次郎環境大臣ですが、気になる長男のお名前は 「道之助」と名付けた事が報じられました。 【進次郎氏 長男は「道之助」】 小泉進次郎環境相と滝川クリステルさん夫妻が、長男に「道之助」君と名付けたことが判明。 小泉氏によると、「道」の字は、自らの父、純一郎元首相の姉で、育ての親である故・小泉道子さんにちなんだという。 — Yahoo! どうやら名前の由来は小泉新次郎氏や兄の孝太郎氏の育ての親である、叔母の 「小泉道子」さんにちなんだとの事です。 という事で今回は、「道之助」君の名前の由来となった叔母の 「小泉道子」 さんがどの様な人物かについて掘り下げて行きたいと思います! 今まで知られざる小泉家の家系にも迫る事が出来るので、是非読んでくださいね! 目次• 小泉純一郎氏は実は離婚しており、孝太郎、進次郎に寂しい思いをさせてはいけないと思い、小泉進次郎氏、孝太郎氏二人の母親代わりとなったのが小泉道子氏でした。 小泉純一郎氏が離婚した時、小泉孝太郎氏は4歳、進次郎氏は1歳とまだ幼い事から純一郎氏は二人に道子氏を「ママ」と呼ばせていたそうで、1歳と幼かった進次郎氏は道子氏を本当の母親だと信じ切っていたそうです。 しかし進次郎氏は 『ボクにとっては本当の母親だ』と言い、道子氏に対する深い愛情を持っていた事が伺えます。 ファ?小泉純一郎って離婚してて新次郎はそん時の子供で、母親と思っていた人は実は純一郎の姉だったの???? — 陸将 3浪確定 GeeGaku 小泉道子氏の葬儀での「小泉純一郎の弔辞」が泣ける! 小泉道子氏ですが、実は2016年8月20日に亡くなられています。 その際に行われた小泉道子氏のお別れ会で、喪主となった小泉純一郎氏の弔辞が泣けると話題になりましたので、一部抜粋してご紹介したいと思います。 (号泣) 『いや本当だ。 孝太郎、知っているか』と聞くと、『知っていた』。 『進次郎に言わなかったのか』『言わなかった』。 ああ、そうか。 高校2年生だけど、言ったほうがいいこと、言わないほうがいいこと、わかっていたんだ。 いい子に育ってくれたなと思いました。 『進次郎、ママは母親じゃないんだよ』と言うと、『ボクにとっては本当の母親だよ』とはっきり言いました。 道子は母親代わりじゃない。 実の母親として、孝太郎、進次郎を育ててくれたんだなと。 改めて感謝しています。 晩年になって、もう手をかけなくていい。 放っておいても大丈夫だと思っているようでしたけれど、故人にとっては孝太郎、進次郎が健やかに成長しているのが何よりの生きがいだったと思います。 我々は留守しがちですが、その中でいつも、帰ってくれば道子がいる。 我々の帰りを待って、毎日家におりました。 晩年は孝太郎、進次郎が社会に出て、テレビや新聞で活躍しているのを、大変楽しみにしていたようです。 休みのときに出掛けるときは、いつも一緒。 孝太郎、進次郎は6人の中で元気に育ってくれた。 その中心的支えをしてくれたのが、故人、道子でありました。 もちろん近所の方々、お茶をたしなんでいる方々、そして、小泉家に携わる多くの皆さまの温かいご支援があったからこそ、最後まで、死ぬ直前まで、意識がはっきりと、安らかに永遠の眠りについた。 大変代えがたいことだと思っております。 今日もこうして皆さんにお越しいただき、ありがとうございます。 泉下で故人も手を合わせて感謝していると思います。 皆さまのご温情に厚く御礼申して、喪主のあいさつに代えます、皆さま、本当にありがとうございました」 引用元: 私はこの弔辞を読んだ時、とても感動してしまいました。 小泉道子氏は、甥っ子とはいえ実子ではない小泉孝太郎氏、進次郎氏を実の我が子の様に育て、小泉進次郎氏も道子氏が実の母親では無いと分かった後も道子氏を自分の本当の母親だと言ったことに、家族の絆を感じました! 小泉進次郎の伯母 小泉道子氏 終わりに 小泉進次郎環境大臣の第一子である長男「道之助」くんの名前の由来を調べたら、小泉進次郎環境大臣の伯母であり育ての母である「小泉道子」氏の愛情の深さを知る事が出来ました。 いや、小泉進次郎環境大臣にとっては小泉道子氏は育ての親ではなく「本当の親」に違いありません。 道之助くんですが、道子氏からたっぷり愛情を受けた進次郎氏から、同じく愛情をたっぷり受けて育つ事でしょう。 最後まで読んで頂き、誠に有難うございました。

次の

小泉 道子

小泉道子

では、弟の小泉進次郎の学歴はどうなのかというと・・・ 実は兄・小泉孝太郎と似たような学歴となっています。 高校までは兄と同じく関東学院の系列校で過ごし、大学は関東学院大学に進学しています。 小泉孝太郎同様、野球に夢中であったと言われており、兄のかわりにプロ野球選手を目指していたのかもしれません。 しかし、小泉進次郎もプロ野球選手になることはできず、2007年から父・小泉純一郎の秘書として働いていました。 兄弟揃って野球に興味をもち、関東学院高校で頑張っていたようですが、二人ともプロ野球選手の道を断念していたのですね。 とはいえ、小泉孝太郎は俳優として、小泉進次郎は政治家として大成功をおさめていますから、結果的に現在の進路で正解だったといえるのではないでしょうか。 ところで、父親の小泉純一郎がよく話題にのぼる一方で、母親の話はあまり聞かない気がしますよね。 そのため、すでに死去しているという噂があるようなのですが、そもそも小泉孝太郎の母親はどんな人なのでしょうか。 <小泉孝太郎の母親> 名前:宮本佳代子(みやもとかよこ) 生年月日:1957年生まれ 最終学歴:青山学院大学 家族:祖父はエスエス製薬の元会長・泰道照山 小泉純一郎と佳代子さんはお見合い結婚です。 お見合い当日に小泉純一郎からプロポーズするほどの熱愛ぶりだったのですが、当時、佳代子さんは青山学院の大学生。 一方の小泉純一郎はすでに30代ということで、かなりの年の差がありました。 そのせいか、佳代子さんの祖父・泰道照山は結婚に猛反対したそうです。 そんな泰道照山の予感があたったのか、小泉純一郎と佳代子さんはわずか5年で離婚しています。 離婚後、幼い小泉孝太郎と小泉進次郎を育てたのは、小泉純一郎の姉である小泉道子さんでした。 その小泉道子さんは、2016年8月に死去しています。 実母である宮本佳代子さんは存命ですが、育ての親ともいえる小泉道子さんが死去したことで、宮本佳代子さんが死去したと勘違いしている人も多いようです。

次の

小泉 道子

小泉道子

小泉信子の正体と現在の写真 画像 を調査 小泉進次郎さんの結婚相手である滝川クリステルさんと、純一郎氏の実の姉、小泉信子さんとの関係についてフライデーが報じました。 以下、少し長いですが2019年8月15日付けのフライデーの記事の引用になります。 8月8日、神奈川県横須賀市役所に婚姻届を出した自民党の小泉進次郎衆院議員(38)とフリアナウンサーの滝川クリステル(41)。 政治家の妻というと、夫の選挙区に住み、留守がちな夫に代わって地元を守るイメージが強い。 ところが、滝川は7日付のインスタグラムで「『政治家の妻はこうあるべき』という形にとらわれず、私らしく、ありのままの生き方、スタイルを尊重してくれることを話し合う中で感じることができた」と投稿。 選挙区である横須賀に「定住」せず、進次郎が暮らす東京の議員宿舎で同居することを示唆した。 「滝川さんは選挙のことを一切手伝わないと言ったわけではありません。 たまに横須賀に戻って地元有権者と接していくつもりかもしれません。 若くして離婚した小泉元首相を時に妻のようにサポートし、30年以上にわたって小泉の秘書を務めたことから「女帝」や「影の総理」などと呼ばれた。 出典: 報道にもある通り、滝川クリステルさんは政治家の妻として、型にはまったスタイルではなく、自分らしい生き方をしていくと宣言。 そんな彼女の堂々とした発言を、影の実力者である小泉信子さんがよく許したという記事です。 小泉信子さんの経歴を少し見てみましょう。 彼女は、小泉家の5人兄弟の三女として生まれ、小泉純一郎元首相の姉です。 純一郎氏には2人の姉がいて、もうひとりの姉である道子さんは既に亡くなっています。 純一郎氏の父は衆議院議員であり、一時期防衛庁長官なども務めた小泉純也氏。 そんな純也氏の秘書を務めていたのが、小泉信子さんでした。 父・純也氏が1969年に亡くなると、その後は弟の純一郎氏の秘書として政界に関わり続けました。 彼女が政界に力を持っていたという事実は、自民党の派閥『清和会』の副会長を歴任していたことからもわかります。 そんな長らく小泉家に力を及ぼしてきた信子氏の力に屈しない滝川クリステルさん。 結婚はされていたと思いますが、いつ誰と結婚したのか?ということまでは調べても分かりませんでした。 そして、一部では離婚をされており、現在は独身という噂があるものの、こちらも明確なソースは不明です。 自民党の派閥や政治団体、その他の政治関連の場に、小泉信子氏の名前が以前よりも出てこなくなったということで、死去説なども囁かれていますが、フライデーの報道内容を見る限りでは2019年現在ご存命のようです。 いずれにしても進次郎&滝川クリステルの結婚は世間の注目の的なので、今後週刊誌が現在の小泉家の内情をスクープするかもしれません。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 政治家の妻は別に政治家じゃないし、、、 それに、バリバリ出てくることはない、というだけで出て来ないとは宣言してない。 水野真紀さんだってお仕事されてますし、今後も滝川クリステルさんが滝川クリステルさんとしての仕事をして行くのはいいと思う。 滝川さんは、選挙は手伝わないけれど、将来、ファーストレディになったら、前面に出て行くはず。 権威欲は旺盛だから。 進次郎さんのお母さんのことがあるから、滝川さんにまで嫁いびりはできないでしょう。 信子さんもご高齢だし、滝川さんを追い出しても進次郎さんのサポートを続けることは難しいです。 時代が変わったことを受け入れて、仲良くしていくしかないと思います。 クリステルさんは家庭に入るタイプじゃないと思う。 自立した夫婦関係の方が上手くいきそう。 まるで昔の景子さん? うーん、言ってることはよく分かるが、貴乃花と結婚した当時の景子さんと重なる。 女子アナや女優と結婚するって表向きは良いが、進次郎自身にかなりの負荷がかかりそうで心配になってきた。 後藤田だって結婚後、ストレスのやり場がなくて女性問題ばかりで良い話は聞かない。 進次郎もこの選択が政治家としての運命の分かれ道になるだろう。 滝クリのファーストレディになりたいだけの野望に負けず、しっかり自分の脚で日本の大地を踏みしめて欲しい。

次の