楽天 ブックス ネットワーク。 大阪屋栗田、楽天ブックスネットワークに社名変更へ

ノート:楽天ブックスネットワーク

楽天 ブックス ネットワーク

楽天ブックスネットワーク株式会社への改名提案 [ ] 社名変更のお知らせがあったことから記事名の変更を提案いたします。 異論など 内容ないようであれば1週間で実施いたします。 なお、ノートのリダイレクトは特別必要な理由がないようであれば削除しようかと考えているのですが、こちらに関しては皆様の合意が必要ですのでご意見を伺えますと幸いです。 よろしくお願いいたします。 --() 2019年11月25日 月 15:32 UTC 誤字修正。 --() 2019年11月25日 月 15:39 UTC 賛成 社名変更によることで公式に発表されているので改名が妥当。 ノートのリダイレクトについては、私は特に削除の必要がないかぎり削除すべきではないと考えます。 --() 2019年11月26日 火 01:24 UTC 賛成 商号変更を確認しました。 改名先はに「楽天ブックスネットワーク株式会社」と記載されていますが、「株式会社」は記事名に含めない()ので「」へ改名していただきますようお願いします。 ノートは特段削除を要するケースではないと思いますがお任せします。 -- 2019年11月26日 火 03:19 UTC ご指摘いただきありがとうございます。 修正いたしました。 --() 2019年11月26日 火 11:20 UTC コメント株式会社を含まないものに賛成と処理ください。 --() 2019年11月28日 木 06:37 UTC 異論なしと判断し移動いたしました。 一週間ほど様子を見ます。 ご協力いただきましてありがとうございます。 --() 2019年12月3日 火 23:38 UTC.

次の

【新型コロナ】楽天ブックスネットワーク 業務を継続、物流センターは通常通り稼働

楽天 ブックス ネットワーク

楽天ブックスネットワーク株式会社への改名提案 [ ] 社名変更のお知らせがあったことから記事名の変更を提案いたします。 異論など 内容ないようであれば1週間で実施いたします。 なお、ノートのリダイレクトは特別必要な理由がないようであれば削除しようかと考えているのですが、こちらに関しては皆様の合意が必要ですのでご意見を伺えますと幸いです。 よろしくお願いいたします。 --() 2019年11月25日 月 15:32 UTC 誤字修正。 --() 2019年11月25日 月 15:39 UTC 賛成 社名変更によることで公式に発表されているので改名が妥当。 ノートのリダイレクトについては、私は特に削除の必要がないかぎり削除すべきではないと考えます。 --() 2019年11月26日 火 01:24 UTC 賛成 商号変更を確認しました。 改名先はに「楽天ブックスネットワーク株式会社」と記載されていますが、「株式会社」は記事名に含めない()ので「」へ改名していただきますようお願いします。 ノートは特段削除を要するケースではないと思いますがお任せします。 -- 2019年11月26日 火 03:19 UTC ご指摘いただきありがとうございます。 修正いたしました。 --() 2019年11月26日 火 11:20 UTC コメント株式会社を含まないものに賛成と処理ください。 --() 2019年11月28日 木 06:37 UTC 異論なしと判断し移動いたしました。 一週間ほど様子を見ます。 ご協力いただきましてありがとうございます。 --() 2019年12月3日 火 23:38 UTC.

次の

【新型コロナ】楽天ブックスネットワーク 業務を継続、物流センターは通常通り稼働

楽天 ブックス ネットワーク

インターネットを通ってサーバーまで行って帰ってくる道筋の途中には、今のネットワークの主要な技術要素が全部あります。 そこでの機器やソフトウエアがどのように動き連携しているのかを探検すればネットワーク全体の動きがわかります。 第2版では、全体の構成を見直し、探検の途中で、今、ネットワークのどの部分にいるのかを明確にしました。 また、各技術の基本的な考え方や成り立ちなど、基礎的な解説を大幅に増やしたほか、個別の補足説明も注釈として多く取り入れています。 大事な点は「要約」としてまとめ、読んで記憶に残るようにしました。 初心者の方も、基本的なところからきちんと理解して読み進めてもらえます。 ネットワーク技術に関する説明内容を全面的に見直し、基礎的な解説を大幅に加筆した改訂版。 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 Webブラウザがメッセージを作るーブラウザ内部を探検/第2章 TCP/IPのデータを電気信号にして送るープロトコル・スタックとLANアダプタを探検/第3章 ケーブルの先はLAN機器だったーハブとスイッチ、ルーターを探検/第4章 アクセス回線を通ってインターネットの内部へーアクセス回線とプロバイダを探検/第5章 サーバー側のLANには何がある/第6章 Webサーバーに到着し、応答データがWebブラウザに戻るーわずか数秒の「長い旅」の終わり 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 戸根勤(トネツトム) ソフトウエア技術者から、ネットワーク業界に転進。 外資系ネットワーク機器メーカーや国内ネットワーク・インテグレータで、製品開発や技術コンサルティングなどを経験。 その間、会社勤務の傍ら講演や執筆活動を行っていたが、1998年に独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の