フルムーン 旅行 と は。 【JRグリーン車が乗り放題となるお得なきっぷ】中高年夫婦の旅行「フルムーン旅行」 ~「フルムーン夫婦グリーンパス」でちょっとぜいたくな日本の旅を~ [JR green car ride unlimited and made deals tickets] of the middle

void

フルムーン 旅行 と は

ずっと行きたくて今回巡った温泉• 【北海道】銀婚湯温泉• 【青森】蔦温泉• 【秋田】乳頭温泉• 【山形】銀山温泉 フルムーン夫婦グリーンパス JRのフルムーン夫婦グリーンパスを利用して銀婚湯温泉(北海道)、蔦温泉(青森県)、乳頭温泉(秋田県)、銀山温泉(山形県)を4泊5日の旅に出掛けました。 切符の概要 すでにこのページに辿り着かれているということは、 フルムーン夫婦グリーンパスについてご存知のことでしょう。 まだご存知ではない方のために簡単にご紹介しておきます。 フルムーン夫婦グリーンパス JR線のグリーン車(一部を除く)が5日間、7日間、12日間、自由に乗り降りできる切符 条件 夫婦二人の年齢の合計が88才以上 乗車期間 制限あり 発売期間 制限あり 夫婦2人分の料金 2018年に利用した時の参考価格です。 2018年利用時 一般 シルバー 5日間 82,800円 77,800円 7日間 102,750円 97,750円 12日間 127,950円 122,950円 上記の料金は一人分ではなく、 夫婦二人分の料金です。 今回2018年利用時の「北海道・東北の至極の温泉巡り」と同じルートをグリーン車を利用した場合の通常料金をざっと計算してみました。 夫婦二人の通常料金の合計だと 183,900円です! 一人当たりの通常料金で91,950円です。 つまり一人分の通常料金よりもフルムーン夫婦グリーンパスが安いということです。 フルムーン夫婦グリーンパスの良いところはツアーのように決められたルートで旅をする必要がないところです。 その日の天候や夫婦の希望によって ルートを変更できる点も大きな魅力です。 贅沢でお得な切符 フルムーンなんてまだまだと思ってらっしゃる方々、たとえば同じ年の夫婦であれば44才になれば、44才と44才で88才以上になるので利用できます。 たしかに44才でフルムーンという言葉はピンときませんが、期間中、 全国のJR線(一部除く)の グリーン車が乗り放題となる贅沢でお得な切符を手にすることができます。 さらに夫婦 どちらかが70才以上だと シルバー料金が適用されます。 たとえば70才のおじい様が18才の若い奥様とご結婚されていれば夫婦でシルバー料金で旅することができます。 北海道・東北の至極の温泉巡り このフルムーン夫婦グリーンパスを利用して我々も夫婦で初めて旅をしました。 事前に グリーン席の指定予約も可能なので、まさにゆったりとグリーン車から車窓を楽しめます。 北の名湯を一気に制覇 グリーン車で鉄道に揺られ、途中下車をして街や名物を楽しみながらの贅沢でお得な旅です。 ずっと行きたかった北海道と東北の温泉地に4泊5日で一気に巡りました。 一度の旅で巡ることでそれぞれの温泉の個性がよく理解できました。 ずっと行きたくて今回巡った温泉• 【北海道】銀婚湯温泉• 【青森】蔦温泉• 【秋田】乳頭温泉• 【山形】銀山温泉 夢のような旅程 北海道、青森、秋田、山形の行ってみたかった 至極の温泉を一気に巡り、しかも鉄道の座席はグリーン車。 途中での乗り降りも自由なので、鉄道の運行時間に合わせて当日にアレンジすることもできる自由奔放な贅沢な旅程を組むことができます。 グリーン車ですぞ、グリーン車! こんな贅沢なシートで鉄道たびができるなんて。 途中下車して北海道の大沼国定公園を散策、すごくキレイなところ。 乗り換えの森駅で買ったいかめし、くぅー、旅情感あるぅ。 季節は春、フキノトウを大沼公園で見つけました。 銀婚湯温泉!ものすごく素晴らしい温泉です! 銀婚湯温泉の名物!?の猫もお出迎え。 露天の家族風呂の鍵代わりになる入湯札。 丸太を切り抜いた湯船を川を眺めながら、最高! 朝ごはん、銀婚湯温泉の食事はどれも地元感があって美味しい。 青森県の蔦温泉.

次の

void

フルムーン 旅行 と は

接続エラー IPアドレス検出:95. 102 (アクセスはログに記録) ススメ!夫婦旅 接続要件について 接続要件を満たしていない接続につきましては 接続ができない場合があります。 当サイトは全ページが「常時SSL」になりました。 (TLS 1. 0 TLS 1. 1 での接続はできません) ブラウザや環境について 当サイトは古いブラウザや、一部の環境では正しく表示できません。 過去の古いブラウザや環境に今から対応は無理です。 ごめんなさい! お手数ですが、新しい世代のブラウザ、環境にてPC等で接続してください。 (IEの場合は、IE. 10以上をお使いください) リンクについて 当サイトは利用上の注意事項に明示してありますように 「リンクは承認制」とさせていただいております。 許可を得ていないリンクは接続できない場合があります。

次の

写真と動画と旅行のブログ

フルムーン 旅行 と は

移住先のにはの終着駅『』がある。 この一日一往復しか無いこのに恋におちて すっかりニワカ鉄道ファンになった私達 今までは避けていた電車移動がかなり多くなった。 そして、各駅で見かけるようになった 『フルムーン旅行』のポスター… フルムーン… 遥か昔(おおげさ)テレビCMで見た覚えはある。 とという大俳優の、ロマンチックかつエロ要素もある「大人な」コマーシャルだった。 老齢になったらそんな旅行もあるのだろう、と憧れとして思いきや 気がつけば「夫婦合わせて88歳」という条件は 夫が41歳、今年の誕生日でわたしが47歳 で、あっさりクリア。 そうか、わたしたちも立派な中高年になったのだなぁ。 フルムーンは日本全国乗り放題とな!! ニワカ夫婦、 もう、これは行くしか無いでしょう!! というわけで、わたしの47歳の誕生日に出発することに決めて いつどこにどう行くか ゆだねきる旅とは真逆の分刻みのスケジュールを組むことになった。 目的地があるわけではないので、とにかくいろんな電車汽車に乗ることを目的とした。 「」「寝台車」「観光列車」に乗ってみたい。 所詮はニワカファン、鉄道関連の知識は全くと言って良いほど、無い。 ネットで各地の情報を調べに調べて、 時刻表と路線図とにらめっこして、 気分は時刻表マニアか、家か。。。 それにしても 行きたい乗りたいやりたいが時間も合わせてバッチリ合ったときの快感たら。 これはこれで、鉄道旅行の醍醐味だなぁ。 さんざん調べて悩んで組み直した結果 今回は 札幌ー 特急北斗 ー東京 新幹線 東京ー岡山 岡山ー小倉 新幹線さくら 小倉ー宇佐 特急 宇佐ー博多 特急 博多ー 新幹線さくら ー吉松 特急 吉松ー人吉 特急しんぺい 人吉ー熊本 特急やませみかわせみ 熊本ー博多 新幹線つばめ 帰りは博多から一気に飛行機(なんとで5900円)で北海道へ!! という、今見てもなかなか素晴らしいスケジューリングに決定。 直前に、にある 「ぽっぽや」さんに伺ってやフルムーンのことを話したら、たくさんアドもいただいた。 さすが、全国の鉄道のことをわかってらっしゃるのですね。。。 尊敬〜。 パスケースは悩んだ結果、号に決定。 それにしても ふたりでグリーン乗り放題5日間で82,800円て、どう考えても超お得…!! これを利用しない手はないですよ、中高年の皆様!! ちなみに婚姻関係がなくても良いそうですから 別に中高年カップルとは限らず、66歳と22歳だろーが、合わせて88歳になる相手を見つけて行くのもありじゃないでしょーか(ただし親子は不可) そしていよいよ出発のときが来ました!! 今回は降り立った駅全てで写真を撮ろうと決めたので、地元「」でもまずパチリ。 前日に大きなイベントが終わったばかり かなりなお疲れと、終わった開放感と、飲み過ぎで 顔がむくんでおります!! おなじみの札幌駅でも。 さて、今回のフルムーン旅、いきなりラッキーだったのは 期間限定で初期車が引退前に臨時特急北斗88号として運転される という期間に当たった!!のだ!! (いきなりマニア色が強い) 4月からは特急北斗そのものが無くなり、だけになってしまう。 そしてこのという車両そのものが引退という ダブルラストラン。 ニワカファンなのに初っ端からこんな貴重な機会をいただいて ありがたやありがたや。 さすがに撮りさま達も多ございます。 このあと、各駅でもなまら撮られていた北斗号。 記念のスリーショット。 北斗88号。 数字も縁起良いではないか!! 札幌9:53発。 車内は懐かしい〜かんじ。 車内探検していても楽しい。 ノスタルジックでもあり。 車中では読書など。 で、きゃっきゃ言ってるうちに 「海だー!」 とか言ってるうちに着いたー! ありがとう、さようなら183。 13:42着。 この駅名も決まるまでずいぶんもめましたよね。。。 はこだて、と付いているもののここは。 そしてといえば キモキャラ 公式キャラの『』である。 焦点の合っていないうつろな目、うっすらと笑みを浮かべる薄い口、妖怪のような節っぽい手。 「ホキホキホキー」という鳴き声。 圧倒的な人気を誇るを代表として、愛嬌や可愛さをウリにするが多い中、異色を放つ妖怪のような風貌と「ホキホキホキー」と鳴くは、「目から狂気を感じる」「色々とヤバイ」などとネット上で話題になり、「動かしてみた」とファンが動画を作ったり、非公式ののが現れるといった事態になっている。 『The 』より まじでキモい。 無理無理。 しかし、キモチワルイ、けど気になる!という まんまと思惑にひっかかって郵便ポストに会いに行く。 お、いたいた。 雪に埋まってるがなwww せっかくなんで全貌を明らかに… ギャー!!!!! やっぱりキモい! ダメだ、逃げようwwwww の皆様スイマセン 愛情の裏返しです さて、北斗といえば『』(?)。 よりも立派なのが。 「明日への秘孔」って…www 黒王号を呼ぶ会って…wwwww のみなさん、センスが無いのか良すぎるのか… ビシッッッッ!!!! の真似をする夫。 華麗にスルーして駅弁を買いましょう。 ケーキのショーケースか?と思うほどのおしゃれな駅弁屋さん。 並んでいる中身をチョイスしてオリジナル駅弁が作れるのでした!! ! そして!! じゃじゃーーーーん 号でござるー!! 「なんて意味ねーよなー」とかほざいていた割に テンションダダ上がり。 そんなもんよw そもそも道産子にとって新幹線は遥かに遠い存在だ。 わたしも仙台ー東京を二回乗ったことがあるだけ。 新幹線どころかが出来たのもびっくり その昔はで本州へ渡っていたのだから。 HAYABUSAー!! さきほどの北斗号と比べると当たり前だが近代的である。 どちらが好きかというのはまた別として。 14:44発。 札幌からまで約4時間。 から東京まで約4時間半。 いかに新幹線が早いか、また北海道がデカいか思い知らされる。 さあさ、先程の駅弁と、しばしお別れのクラシックと共にいただきましょう。 右下のはコロッケ、だったと思う。。。。 これがセレクト弁当だー! なんともオシャンティー! おぼろげな記憶によると左から 鮭との親子寿司 ウニとの寿司 生ハムのサラダ 三種で2,000円弱だった氣が… もぐもぐ、ウマウマ。 幸せそうな表情ですなぁw 実は、せっかくに乗るのならにランクアップしようかなとも思ったのですが、差額料金がびっくりするくらいの値段だったので諦めました。 しかし、充分過ぎるくらいに快適。 脚を伸ばしてくつろげる。 いや〜快適であっというまの4時間半。 19:04東京着。 22時発のに乗るのに、どこでどう時間を使うか これもけっこう悩んだ。 途中下車して岩手や仙台の友達と会うことも考えたのだけど これからの旅についていろいろ教えをいただきたかった、 皇居で知り合ったまゆなさんと夕食を共にすることに。 東京駅まで来てくださった まゆなさんおすすめのおでんやさんへ。 まゆなさんは日本史や神社に精通した編集・ライターさんで 日本の神様の本や神社、古墳の本も出しておられます。 今回はこのフルムーン旅〜続くゆだねきる旅2での 地方の神社や神話などを聞いておきたく。。。 しかしまだ終わらず。 わたしたちは高松にも出雲にも行かないので、岡山まで。 わーーーー 二段になってるよー!! 足下に寝台があるーーーーーー! いまだ灯りが消えないビルとそこで働く人々 これから移動をする列車とそこで眠りにつく人々 東京ならではの景色かもしれない。 今回選んだのは個室A寝台。 調べたときは「初めてなので、一番いい部屋を!!」と意気込んだのは良いが この号には個室は(瀬戸、出雲合わせて)12部屋しか無く、かなりの争奪戦。 それを知ったのはチケット発売の直前でなまら焦った!! 「 電車の切符を買うのに並ぶ」なんて行為は、したこともなければ理解も出来なかったそれまでの自分… に電話をし、どうすれば良いか尋ねる。 「切符の発売は10時からだが、じたいは朝5時から開いているので、その時点で予約をして10時に発券するのが一番確実」とのこと。 計画時は21日にに乗る予定だったので、1月21日の朝5時に琴似のに行き予約完了。 あとは10時の発券まで待てば… という朝に、計画の変更が。 九州に居る従兄弟との会う予定が変わってしまい、に乗るのは20日じゃないと合わなくなってしまった。 うへー! 後倒しならまだしも前日にって、、、、 まぁ、10時に窓口で20日のが取れなければ、予定どおり21日に乗る計画で従兄弟と会うのは諦めよう。 東京近郊はまだまだ帰宅するサラリーマンでごった返していて 電車の中でこんな格好で寛いでいるのが不思議になってくる。 さよなら、東京 さぁ、車内探検しよー! シャワールームも完備(入りませんけどね!) …… あれ、、、、、 浮かれて(酔っ払ってたし)写真を全然撮ってないし〜!!!! というわけで、について詳しくはこちらを参照のこと〜(爆 さて いろいろ探検したあと ミニラウンジにて持ち込んだ「瑞穂のしずく」をいただく。 多分、この時点で小田原あたり。 完全に浮かれてますwww ミニラウンジには ずーーーーーっと時刻表を眺めているひとや 渋くひとり車窓を眺めているひと 浮かれているのは我らだけ…か…? というわけで、 いい加減酔っ払ったのでおやすみなさーーーい! フルムーン一日目おしまい つづく yukikoashiato.

次の