テニス サーブ 練習。 テニス上達のために家でもできる練習法

テニスのサーブで使うプロネーションの動きの練習方法

テニス サーブ 練習

この記事の目次• 素振りの練習方法3つのポイント 素振りは、時間が取れずコートの確保も難しい人にとっては有効な練習方法です。 けれども、素振りは実際にボールを打っての練習とは違って、どのような当たりや軌道でボールが飛んで行ったのかが分かりません。 正しいフォームで打てているかどうかわからないまま一人で練習を続けてしまい、そのフォームを体にしみこませてしまうことになります。 1人の練習でも正しいフォームで練習をしていきましょう 上達に結びつくような素振りをするためのポイントを3つ紹介します。 スイング軌道を意識する 素振り練習は、ストロークでもボレーでもサーブでも思いのままのショットを練習することが可能です。 どのショットの素振りでも、自分のラケットが通る「 スイング軌道」は必ず意識しながらやるようにしましょう。 ここでは、一番素振りで練習することが多いと思われる 「ストローク」の場合について説明していきます。 スイング軌道を意識しないで素振りをしていていは、いつも同じスイング軌道にはなりません。 「どこを通して、どういう風にラケットが抜けていくか」、できれば「どの高さ、どの距離で打つか」を必ず頭の中でイメージして、そのスイング軌道の通りにしっかり振ることができるようにします。 腕に力が入っていると正確なトレースができません。 肩から先、腕、手首、グリップの 力を抜くことが正確なトレースのコツです。 実際にボールを打つ時も、力が抜けていることが正確なラケットワーク、ボールコントロールの大事なコツです。 頭の中でイメージしたスイング軌道で素振りする イメージ通りのスイング軌道で振るためには、自分がイメージした軌道をラケットがなぞれているか、トレースできる力が必要になります。 イメージ通りの軌道をラケットでなぞる トレースすることができれば、安定したスイングということです。 自分のイメージ通りのスイング軌道をトレース 軌道がぶれてしまっていれば、スイングが安定していないことになります。 その場合、 スイングはゆっくりでいいので、自分の体を回すのと一緒にスイング軌道がズレないように意識しながら練習していきましょう。 ぶれた軌道でスイングをしては安定しない ゆっくりでもいいので、体を回すのと一緒に軌道を意識してスイングする 運動連鎖を意識する 「 運動連鎖」という言葉は、スポーツやリハビリテーションの現場で最近よく使われるようになってきていますが、まだ言葉の意味がよくわからないという人もいると思います。 運動連鎖 キネティックチェーン とは、一つの動きにつられるように周りの関節が動いて、連動する鎖のようにどんどん離れたところに運動が伝わることを言います。 テニスでは、ストロークだけでなく、ボレー、サーブ、スマッシュもすべて運動連鎖を使います。 (ストロークの場合) ラケットを速く振るために必要なのは、 「上から捻ったものを下にためて、下からのひねり戻しを上へ戻したパワーをラケットの先端に伝える」ことです。 体を回してラケットをスイングして、最後は体の回転を止めた反動でラケットヘッドが速く加速するというのがスイングスピードを上げるためには一番必要な動きです。 その「運動連鎖」をしないで、ただ腕だけでラケットを振ってしまうと腕に力が入ったスイングになってしまって、返ってスイングスピードが上がりません。 ためた力を戻すときに、自然と腕が振られるのが運動連鎖による動きです。 運動連鎖とスイング軌道は、セットで意識して練習をすることが必要です。 下からひねって戻した反動で自然に腕がふられていく運動連鎖によるスイングに、イメージした軌道がマッチしてトレースできるようにして練習してください。 ボレーの場合 ボレーの運動連鎖の場合は、ひねってためを作ったものを前へ蹴り出して、自分の体をしっかり下半身から前へ持っていく運動連鎖をしっかりできるようにします。 ラケットが運動連鎖の結果として振られて、その動きが自分が理想としているスイング軌道に乗っているかどうかを意識してください。 インパクト面を意識する 一番スイングが大切だと言っても、インパクトの面が安定していなければ安定したショットにはなりません。 そのためにはボールに当たるときに、ラケットの面がどういう方向に向いていればどういう球が飛ぶのかを把握する必要があります。 (ストロークの場合) ストロークでは、インパクトのときラケット面はフラット(地面と垂直)になりますので、スイング中にわざと一回止めて面の確認をしてそこからまた振り抜くというような練習方法もあります。 インパクトで止めてみる 必ず、インパクトで止めてチェックをしてみて、振り出す。 そこが確実にできるようになったら、止めずに振り抜いていって、インパクト面が同じ面で振り抜けていけるように練習します。 ボレーの場合 ボレーの場合はまずはインパクト面を作ってみて、そこから体をひねって、その位置から押し出して同じところでインパクトをするようにしてみます。 慣れてきたら少し負荷をかけてラケットを重くしたり、ラケットカバーをつけたまま振って練習してみましょう。 負荷をかけることでラケット面がぶれやすくなりますが、そうなってもゆっくりスイングして、安定して同じような素振りとなるように意識します。 実際にボールを打つときに、ボールに合わせに行くのではなくて「 スイング軌道の中にボールが入ってくる」というイメージで打ちましょう。 素振りが実際のボールを打つ時に生きるというのは、こうした感覚をつかめた時です。 ここで、負荷をかけての素振りの練習に役立つ製品をいくつかご紹介します。 「テニスの学校」おススメな素振り用のラケットです。 ラケットに取り付けて、部分的に重くする従来のものとは違って、実際のテニスラケットとほとんど同じラケットバランスで、素振りが練習でき、オンコートでも実際にボールを打つこともできるトアルソンのラケットです。 400gと500gの製品があります。 「手打ち」のスイングとなっている方は、このラケットでストロークの素振りをしてみることで、体の回転でラケットを振る感覚がつかみやすくなると思います。 (初級者や力のない人は)ゆっくりラケットを振って、パワースイングラケットの重さを感じて、きれいなスイングフォームを作ることを目指しましょう。 上級者は よりパワーのあるショットの練習に使えます。 こちらは、ラケット面の取り付ける位置によって、スイング時の負荷が変わり、どの位置にも付けることができます。 ストロークの場合は、トップスピン、アンダースピンのスイングに役立ちます。 サーブの場合は、プロネーションを使ったスイングに役立ちます。 値段も安く バッグに入れて起きやすいサイズなので、練習や試合前のウォーミングアップに使うのも良いでしょう。 初心者から上級者まで、男女問わず使えます。 ボールを前足の前にワンバウンドさせて、ボールを打つ直前に目をつぶって振ってみます。 しっかりボールが飛ぶことができるか、練習してみましょう。 目をつぶってもボールが打てるはず 自分が打つところがしっかりと決まっていて、 ボールの打点が決まっていれば素振りをしているのと同じスイング軌道の中にボールが入っている状態ですから、目を閉じていても当たるはずです。 当たらないということは、まだスイング軌道が安定していないということになります。 素振りの練習方法について、こちらの動画をご覧ください。 下の動画内では、河合幸治校長がデモンストレーションしています。

次の

テニスのサーブで使うプロネーションの動きの練習方法

テニス サーブ 練習

テニススクールなどで週に1回レッスンを受けている一般のプレーヤーは、サーブの練習時間が少ない人が多いです。 そのため試合で有効なサーブを習得し、レベルアップしようとするならば、目的を明確にして計画的に練習することをおすすめします。 サーブと言ってもフラットサーブ、スライスサーブ、スピンサーブなどのように、代表的な球種だけでもいくつかありますし、それらのサーブにおいてもバリエーションがあります。 さらに「自分のサーブ」として試合に使っていくためには、コースや深さなども重要です。 ロジャー・フェデラーは、単純な球種による分類だけでなく、回転量、スピード、コース・深さなどを組み合わせて、試合の中で様々なサーブを打ちます。 「同じサーブを2回打たない」とまで言う人もいますが、それは相手のリターンのタイミングをずらし、予測を外して少しでもリターンの難易度を上げ、有効なサーブとするための戦術です。 このように広い意味での「サーブの種類」というものを考えた時に、中級者が試合で使えるサーブとしてはどのような種類のサーブから練習すればよいのか、以下に紹介していきます。 テニスのサーブの種類は?どの球種から練習する? テニスの初級者は、まずはサーブを入れるために山なりのフラットサーブから練習することが多いです。 そして中級者になるとスライスサーブあるいはスピンサーブのいずれかを使い始めているでしょう。 中級レベルならば、基本的にはフラットサーブは使わなくて大丈夫です。 限られた練習時間でスライスサーブあるいはスピンサーブを磨き上げましょう。 トッププロを見ても、ほとんど回転がかかっていないフラットサーブはほとんど使われていないようです。 フラットサーブに見えてもかなり縦回転あるいは横回転がかかっていることが多いです。 つまり、無回転のフラットサーブは確率が上がらず、フォルトになる可能性が高いので、一般の中級者ならばスライスサーブやスピンサーブのスピードを上げることにより、バリエーション的にはカバーできるはずだからです。 スライスサーブとスピンサーブのどちらから練習すべきでしょうか?基本的には自分にとって打ちやすい方から重点的に練習し、試合で自信を持って使えるレベルまで磨きをかけた方が良いです。 スライスサーブの方がスピンサーブよりもスイングがスマッシュに近いためか、スライスサーブの方が打ちやすいと感じる人が多いようです。 また多くのテニススクールでもスライスサーブから教えるところが多いです。 しかし、中長期ではスライスサーブとスピンサーブの両方を打てた方が有利ですので、どちらか一方を重点的に練習したとしても、もう一方もまったく練習しないのではなく、「センスを磨く」という意味で少しずつ練習する方が望ましいでしょう。 これはあらゆるテニスのショットに言えることですが、少しずつでも練習してみないとセンスが磨かれません。 例えば、ロブボレーのようなショットは、あまり練習する機会が無いのですが、まったく練習しないといつまで経ってもセンスが磨かれませんが、多少なりとも練習してみると、例え上手く打てなかったとしても、そこを出発点として修正し、少しずつ経験蓄積し、センスが磨かれます。 このようなことがサーブでも言えるからです。 スライスサーブとスピンサーブの回転量を増やすには? スライスサーブとスピンサーブは、いわゆる回転系のサーブです。 練習し始めると、とにかく回転量を増やそうと頑張って、かすれた当たりになり、コントロールできなくなることがあります。 特にスピンサーブは、後ろに反るような無理な態勢にで打とうとする人が多く、身体に負担がかかりやすいので、とにかく怪我をしないように注意しましょう。 実際、一人でサーブ練習をしていて、バランスを崩して転倒し、コートに激しく身体を打ちつけた人を観たことがあります。 試合になれば、自分のサービスゲームでは必ずサーブを打つので、1試合の中でかなり多くの本数のサーブを打ちます。 すべて全力でスイングしていたら、とても体力が持たないわけです。 さらにテニス大会などで1日に数試合行うような状況まで考えれば、身体に負担をかけすぎず、スムーズに打つことを心がけるべきでしょう。 それは怪我を防止することにもつながります。 そのために最初にやるべきことは、手本とすべき選手(ロジャー・フェデラーや鈴木貴男選手など)のフォームを動画で繰り返し見て、その動きを頭にインプットし、力まないで「身体をスムーズに動かして腕を振り切る」ことに集中しましょう。 どこかに力が入り過ぎていたり、姿勢に無理があるとスムーズに腕を振れません。 ゆっくり、軽く振って、無理なく腕を振れるスイング・フォームを探しましょう。 このようにして自分のフォームを作り、軽く腕が振れるようになったら、そのスイング軌道上の打点にボールを置くようなイメージでトスを上げましょう。 そうすることにより、無理なく腕を振り切り、回転量を高めることができます。 インパクトでは、あまり薄い当たりにならないように、しっかりインパクトするようにしましょう。 それにより軌道も安定し、質の良いボールになります。 スポンサーリンク サーブのコースと深さは? スライスサーブとスピンサーブの軌道が安定するようになって、初めてコースを狙うことが可能になります。 最初はサービスボックスを左右半分に分けて、コースを狙って左右を打ち分けられるようになりましょう。 スライスサーブあるいはスピンサーブのいずれかで打ち分けられれば良いですが、コースによって球種を決めても良いです。 私も、それなりにスライスサーブとスピンサーブが打てるようになってからは、サービスボックスの向かって左側を狙う時はスライスサーブ、右側を狙う時はスピンサーブを使うようにしました。 もちろんすべてのコースで両方の球種を使えた方がより望ましいです。 これができるようになったら、次はサービスボックスを3分割し、相手正面の「ボディ」のコースも加えましょう。 さらにサービスボックスの縦方向も分割し、まずはすべて深く入れるようにしましょう。 縦方向も最初は2分割程度から始め、できるようになったらさらに細かく分割して、すべて深く入れましょう。 したがって、まず目指すべきは、「攻め込まれないようなサーブを打つこと」です。 前述のように左右方向のコースを打ち分けられるのであれば、相手の苦手なコース(多くの人はバックの方が苦手)に狙って打つ方法もあります。 しかし、攻め込まれないということを重視するのであれば、「サーブの深さ」を重視した方が良い可能性もあります。 コンスタントに深いサーブが打てれば、たとえサービスエースにならなくても、攻め込まれるようなリターンは打ち難いからです。 場合によっては、左右のコースの打ち分けよりも、深く入れることから取り組んでも良いぐらい、深く入れることは有効です。 一般的には安定してスピンサーブが打てるならば、縦回転がかかっているので長すぎてフォルトになることは少なくなると言われています。 しかし、それは安定して打てることが条件で、トスが前後方向に乱れると、スピンサーブは長さのコントロールが難しくなります。 特に浅く入ってしまうとチャンスボールになることがありますので注意が必要です。 まとめ サーブの種類を中心にその練習する優先順位などについて紹介しました。 このようにサーブ力強化の計画を立てて練習していけば、着実に試合で有効なサーブを習得できるでしょう。

次の

テニスの練習メニューが楽しいと上達に繋がる!初心者でもできる│ふじや流プラス

テニス サーブ 練習

サーブのフォーム改善で、肘と腕の使い方をガラっと変えたこの 1 年。 当時は腕を伸ばしたままボールに当てにいっていたので、強いサーブを打とうと練習しているうちに肩を痛めてしまいました。 野球のボールを投げる時もそうですが、学生の頃からずっと肘を曲げて腕を振るということを知らないまま育ってきていたようです。 肩の怪我についてはまた別の機会に書きたいと思いますが、テニスも意外に怪我の多いスポーツなので注意が必要です。 実際に、私の周りでも手首や肘などを痛めた人はたくさんいます。 さて、そんな再始動中のサーブですが、正しい打ち方ができるようになってきたのか半信半疑だったところ、テニスブログで有名な「ジロギン。 さん」がサーブについての記事を書かれていました。 折りたたんだ状態だと、本と並べてもすごくコンパクトなのがわかりますよね。 黒い方の部分をグリップ、赤色の面をラケットに見立てて使います。 このオモチャみたいなグッズで何ができるかというと、サーブの一連の動作において肩や腕の正しい使い方が習得できるものになります。 実際にサーブアップを持ってサーブのスイングをしたときに、最後のフォロースルーまでスティックが折れなければ正しいスイングとなります。 逆に途中で折れてしまった場合は、その時点の動きや力の入り具合に問題があるということが判明します。 サーブアップの使い方 サーブアップでサーブを打つ練習をする場合、4 秒くらいで 1 スイングが目安ということですが、最初は以下のようなポイントでスティックの状態を確認していくといいと思います。 トスからテイクバック ラケットダウン インパクト 実際には、テイクバックからインパクトまでは一連の動作になりますが、まずはこのアイテムに慣れるためにも、動きを止めながらチェックすることをオススメします。 しかし、購入前にいくつかの口コミを見ていて不安だったのが、使い方がピンとこないという点です。 マニュアルは丁寧に A4 サイズの裏表のカラー印字となっていて、確かに理論的にはサーブアップでフォーム改善ができそうな印象を受けます。 ただ、理想通りにサーブアップが振り切れても、実際にラケットを振ったらサーブが上手くなっているのか、トリセツ 取扱説明書 を読んでいるだけでは半信半疑な部分もあります。 っと最初にマニュアルを読んでしまったのであれこれ余計なことを考えてしまいましたが、ぶっちゃけ実際にサーブアップを使ってみた方が早いです 笑 動画もアップされているので、イメージがわかない方は確認してみてください。 グリップサイズがラケットと異なる ラケットに比べると軽すぎる 上達の実感がわかない グリップ部分も工夫して作られていますが、どうせなら本物のラケットのグリップサイズ 2くらい に合わせて欲しかったという思いがあります。 同時にフレームも重量感を上げれば、コンパクトなままもっとラケットに近い感覚が得られる気がします。 ただ、フレーム部分を重くしてしまうと、スティックが折れた時に手の甲に当たるので激痛を伴うかもしれませんが・・・。 最大の問題は、折れずにスイングができるようになっても、本当にサーブが上手くなったのかその場では実感が得られない点です。 次にテニスをするのが数日後だった場合、きっと感覚を忘れてしまっているでしょう。 よって、一番効率がいいのはテニスの練習中か練習前に使ってみることです。 プライベートなテニスならともかく、スクールレッスンなどでそれが難しい場合は、前日にサーブアップを体に叩き込むしかないです。 サーブアップの口コミ サーブアップを使っている他のテニスプレイヤーの感想はどうなのか、本来なら購入前にもっと詳しく見ておくべきでしたが、今更ながらレビュー調査してみました。 折れないことばかり気にして不自然な振り方になってしまったが、いつの間にかちゃんと折れずに振れるようになっていました。 まとめ サーブアップを使った感想を書いてみました。 個人的な意見になってしまいましたが、口コミを見ても手軽さの点では皆さん好感が持てるようです。 そして成功への秘訣は、やはり継続ということですね。 繰り返しサーブアップで練習することで、フォームが良くなり、実際のサーブの当たりも改善してくるようです。 たかが数回の練習でピンとこないと言っているようではダメですね 笑 寝る前に少しでも振ることを心掛けたいと思います。 ただし、サーブアップを折らないことが目標ではなくサーブの改善が目的なので、そこを忘れないようにサーブの時はしっかりとラケットを振り切っていきましょう。

次の