七夕 折り方。 七夕飾り 天の川の作り方。折り紙で子供でも簡単な切り方をご紹介♪

【七夕飾り】折り紙の折り方!織姫と彦星や天の川の簡単な作り方まとめ

七夕 折り方

七夕にまつわる豆知識 ・ 参考リンク集 七夕飾りの作り方・折り方 リンク集 一般的なあみ飾りや吹き流しなどのほか、織り姫と彦星、星飾り、ハートつづりなどの 折り紙で作るかわいい七夕飾りの折り方が、30種類ぐらい紹介されています。 伝統の七つ飾りである、短冊(たんざく)、吹き流し、折り鶴、投網(とあみ)、屑籠(くずかご)、紙衣(かみごろも)、巾着(きんちゃく)と、くす玉(くすだま)の作り方を図解で紹介されているほか、七夕飾りの意味や歴史も紹介されています。 折り紙やペーパークラフトで作る、たくさんのかわいい七夕飾りや短冊の作り方がまとめられています。 とてもきれいな「くす玉」を、折り紙で簡単に作る方法が紹介されています。 たくさんの種類の千代紙をダウンロード・印刷できます。 千代紙を使って七夕飾りを作るのも素敵です。 たなばた飾りの豆知識 七夕飾りの色(5色)の意味は? 七夕に願い事を書く短冊や吹き流しなどの色は、もともとは、 青、赤、黄、白、紫の五色(ごしき)だそうです。 これは、中国の「五行説(ごぎょうせつ)」という思想からきたもので、五行説とは、 「自然界、人間界の現象をつかさどっているのは、「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素だ」という説です。 ベガ(織り姫)、アルタイル(彦星)、夏の大三角が分かりやすく示された、七夕のころの星空の画像と説明、おりひめ、彦星の探し方などが解説されています。 七夕のレシピ リンク集•

次の

七夕飾り折り紙で簡単!おしゃれで可愛い作り方【16選】

七夕 折り方

四つ折りなどにして重ねて一度に切ると、より効率的に作業を進められます。 四つ折りなどにして重ねて一度に切ると、より効率的に作業を進められます。 あらかじめ裏に両面テープを貼っておくとシールのように仕上げることができ、あとの工程が楽になります。 織姫と彦星の顔を組み立てる 織姫・彦星の顔を組み立てておきます。 0歳児クラスでも月齢が高い子の場合には、保育士さんが補助しながら、顔パーツを自分で貼るようにしてもよいでしょう。 絵の具をパレットや紙皿に用意する 絵の具をパレットや紙皿の上に数色出し、指先で色をつけやすいように筆などで少しのばしておきます。 絵の具がそのままでは固い場合には、少量の水で溶いておきましょう。 織姫と彦星の服に指スタンプをする 新聞紙等を敷いたうえに織姫と彦星の服を置き、子ども達に指スタンプを押してもらいます。 できたら絵の具をよく乾かしましょう。 手のひらサイズに収まるくらいの枚数(5枚程度)が目安です。 ビニールが大きすぎる場合には、あらかじめカットして小さくしておくか、折ってテープでとめるようにしましょう。 衣装のパーツを貼る 先に作っておいた3本のテープのうち2本を、袋をくるっと巻くように十字状に巻いて、両面テープでとめます。 帯を貼る 残ったテープの1本を横にくるりと巻いて貼り、着物の帯にします。 顔を貼って完成! あらかじめ作っておいた顔のパーツを両面テープで貼りつければ完成です! 【2~3歳向け】模様が浮き上がる!はじき絵の天の川 画用紙にクレヨンで絵を描いて青い絵の具を重ねて塗れば……きれいな天の川があらわれます!できあがりだけでなく製作途中の変化も楽しめる製作レシピです。 お花紙は薄く芯が透けて見えてしまうため、この工程を2回くらい繰り返すのがオススメです。 巻き終わりの部分はのりで軽くとめておきましょう。 キラキラ折り紙をテープ状に細くカットする 加工が施された折り紙を約1. 5cm程度の幅にカットし、細いテープを2本作ります。 折り紙を芯に巻き付けて貼る 切り出した折り紙を、のりや両面テープでトイレットペーパーの芯の体に巻き付けるようにして貼ります。 顔を貼りつけて完成 あらかじめ作っておいた織姫と彦星の顔を貼ったら完成です! 【4~5歳向け】スパッタリングの天の川 絵の具をつけた歯ブラシを網にこすりつけたり、指ではじいて描画する 「スパッタリング」を活かせば、美しい天の川を簡単に描くことができます。 子ども達一人ひとりの製作としてだけでなく、クラス全体としてダイナミックに楽しむのもよいでしょう。 【材料】 ・色画用紙 ・ホログラムやオーロラなどの加工折り紙 ・トイレットペーパーの芯 ・タコ糸 ・セロハンテープ ・のり ・両面テープ ・はさみ 【1】トイレットペーパーの芯に、ホログラムなどの加工が施された折り紙を貼りつけます。 上下の余った部分ははさみでカットしておきましょう。 【2】色画用紙を、横=トイレットペーパーの芯の直径(約12cm)、縦=14cmの長方形にカットします。 【3】縦半分で山折りにし、山になっている側に切り込みを入れます。 【4】トイレットペーパーの高さにあわせて両面テープで貼りつけます。 【4】トイレットペーパーの高さにあわせて両面テープで貼りつけます。 【7】タコ糸をトイレットペーパーの芯の内側に貼りつければ完成です! 組み合わせたときに破れないように、上部2cmくらいは残して切れ目をいれるといいホィ! 【3】折り紙で作ったテープを2回ひねり、両端を貼り合わせます。 【4】中央に画用紙で作った星を貼ります。 【5】できたリング同士を、ホログラム折り紙でつなぎます。 写真のようにそれぞれのリングに通して、両端を貼り合わせましょう。 【6】【5】の工程を繰り返して飾りを長くつなげ、タコ糸をつければ完成です! 七夕にちなんだおりがみ遊び 最後に、製作のワンポイントとしても、笹飾りのひとつとしても楽しめる折り紙の折り方を3つ紹介します。 さらに半分に折ります。 袋のように開いてつぶし、四角形を作ります。 裏返して反対側もおなじように開いてつぶします。 半分に折り、折り目が中央になるように星の形を鉛筆などで描いておきます。 星の形にはさみでカットします。 カットした星もあとで使うから、捨てずにとっておくホィ! 折り目を立てて、上から見て十字になるよう、形を整えます。 カットした星をのりで貼ってつなげ、本体に貼りつけます。 5cm幅に折ります。 さらに2回折り、広げます。 折り目に沿ってテープ状にカットしておきます。 できあがった3本の色のついていない面をセロハンテープで貼りあわせ、長い一本のテープを作ります。 テープの端を結んで五角形を作ります。 結んだ両端のテープのうち短い方を点線の部分で手前に折り、折り目に差し込みます。 長い方のテープを点線で奥に向かって山折りにします。 裏返し、また点線の部分を手前に折ります。 テープの残り部分がなくなるまでこの工程を繰り返し、端の部分を折り目に差し込んで隠します。 五角形のそれぞれの辺の中央を指で中央に向かって押しこみます。 点線の部分を山折りにします。 裏返します。 縦中央より少し下のところで手前側に折りあげます。 点線の部分を手前に折ります。 裏返して体のパーツは完成です! 顏のパーツの折り方(彦星) 十字に折り目をつけて戻します。 折り目にあわせ、上部を中央に向かって折り、三角形にします。 裏返して点線の部分を手前に折ります。 左右を中央に向けて谷折りにします。 上部の三角形の部分を手前に折ります。 折った部分の手前3分の1程度を上に折り返します。 裏返し、中央の部分ををそれぞれ内側に折り込みます。 四隅を後ろ側に折り、丸みを持った形に整えます。 てっぺんの三角形の部分をほんの少し後ろに折り返します。 顔を描いて完成です! 顏のパーツの折り方(織姫) 基本的な折り方は彦星と同じですが、髪型を作るときに一工夫! 髪型を作るときには、 彦星より少し大き目に折り返すようにしましょう。 アレンジ例 色画用紙で作った着物の飾りを貼ったり、織姫・彦星のいずれかを子どもの顔写真で作ったりすると、個性的な作品に仕上がります。 編集者より 初夏を彩る年中行事である七夕。 織姫と彦星の物語や、星に願いをかけるという慣わしは、どこまでも続く星空の世界へと子ども達の心をいざなってくれることでしょう。 今回はそんな七夕をより楽しめる製作遊びのレシピを紹介してきました。 子ども達と作ってみたい製作アイデアは見つかったでしょうか? 梅雨時期とも重なることから、室内で過ごすことも多くなる七夕シーズンですが、ぜひ美しく輝く天の川や、願いごとに思いを馳せながら、製作遊びを楽しんでみてくださいね! 参考文献・サイト• PriPri(プリプリ)2018年6月号『決定版七夕特集』世界文化社• 柳沢裕子編(2017)『必ず役立つ!保育の年中行事まるごとアイデア』ナツメ社•

次の

七夕飾り折り紙の簡単でおしゃれでかわいい作り方。幼児でも作れます。

七夕 折り方

短冊は、青、赤、黄、白、黒の5色です。 これは、中国の陰陽五行説 いんようごぎょうしそう に基づいたものと言われていています。 青は木、赤は火、黄は土、白は金、黒は水を表しています。 これには、この世のすべてのものの根源であるという意味があります。 この5色は、日本でもいろいろな行事で使われることが多いんです。 短冊の作り方ですが、いたって簡単です。 5色の画用紙を長方形に切り、上の部分に穴あけパンチで穴をあけます。 そこにタコ糸などを通して結べは完成です。 さすがに千羽作るのは大変でしょうから、何羽か折って吊るすのがよさそうですね。 屑籠と作り方は同じですが、最後の仕上げで全然違うものが出来るので面白いですね。 七夕だけではなく、クリスマスツリーや誕生日の飾りなどいろいろなシーンで使える星は、覚えておくと便利です。 お顔も書いてオリジナルの織姫と彦星を一番目立つところに飾ってみてはいかがですか。 まとめ いかがでしたか? どれもハサミとのりさえあれば、思ったより簡単に作れそうなものばかりですよね。 100円均一にも、色とりどりの折り紙が売られていますので、お気に入りの折り紙で楽しく作成してみてください。

次の