彼女 は キレイ だっ た ネタバレ。 彼女は綺麗だった全何話?視聴率・あらすじネタバレも

彼女はキレイだったは全何話?視聴率・あらすじネタバレは?

彼女 は キレイ だっ た ネタバレ

チ・ソンジュン役:パク・ソジュン• キム・ヘジン役:ファン・ジョンウム• キム・シニョク役:チェ・シウォン• ミン・ハリ役:コ・ジュニ• キム・ヘジン少女時代役とキム・ヘリン役:チョン・ダビン• キム・プンホ役:アン・セハ• キム・ジュヌ役:パク・ユファン• ハンソル役:シン・ヘソン• キム・ララ役:ファン・ソクチョン 彼女はキレイだった5話のあらすじ 理由を聞かれ、何とか説明するヘジン。 飛び散った破片を片付け始めるが、「必要ない」とソンジュンに止められる。 帰るように促され急いで出たヘジンは、靴を間違えたことに気付く。 ドアの前でウロウロしていると急にドアが開き、棒にヘジンの靴を引っかけて差し出すソンジュン。 ヘジンは謝罪するがドアを閉められる。 あの量で倒れてしまうことに肝臓の心配するヘジンだが、ドアが開く音で慌ててその場を去る。 靴を買いに来たハリは、気に入ったハイヒールを見つけるが、小さいサイズしかないと言われてしまう。 それでも手に入れる主義のハリは購入する。 ヘジン家に顔を出したハリ。 姉妹喧嘩をする光景や、仲の良い家族の会話に複雑な心境になる。 ヘジンが探し物をしていると、偶然箱を見つけ、開けると昔もらった賞状が入っていた。 昔の夢を思い出しながら、作文に挟まっていたパズルを発見して懐かしむヘジン。 帰宅中、ハンソルに用事を依頼され了承するヘジンに「お人よしすぎる」と怒るハリだが、偶然二人の好きな曲が流れ、ハリを無視し歌うヘジンのペースに巻き込まれ、ハリも歌いだす。 ハリの実母チャ・へジョン(ユン・ユソン)に連絡するヘジン母。 集合写真を添え「また会いたい」とメッセージを送る。 用事を終わらせたヘジンは、ソンジュンのオフィスの電気が付いたままに気付き、消すついでにブラインド機能や小物などで遊んでいた。 マネキンの腕が取れてしまい焦っていると、ソンジュンの声が聞こえ絶体絶命になり、クローゼットの中に隠れることに。 THE MOSTは廃刊させないと話す声に耳を傾けるヘジン。 クローゼットにいるヘジンを見つけ、電話内容を理解しているか確認するソンジュンは、「編集部員に黙っておくように」と念を押す。 理解を示すヘジンは去ろうとするが、ドアに挟まったかばんを無理やり抜いたことで、パズルを床に落としてしまう。 トレーニングが終わってソンジュンと偶然会ったハリは、「今来たところだ」とうそを付く。 疲労困憊のハリだが、ソンジュンを車で送ると提案する。 遠慮するソンジュンにまつげを優しく取り除いてもらい、迷信を話すソンジュンに願い事を聞かれ戸惑うハリ。 ハリの代わりに願い事をし、「叶ったらおごるよ」とおどける。 偶然二人が歩いているのを見かけたジュヌ。 車内でソンジュンの好きな曲が流れるが、歌下手で笑い泣きしてしまうハリ。 帰宅し、会社でソンジュンに会ったと話されても、さっきまで一緒だったことを言い出せない。 シニョクを怪しむハリだが、スタッフ間でも身元不明の男性として知られていた。 ロビーで話しかけ、先日の失態を突っ込むシニョク。 謝罪するハリに、「顔を見たらあいさつしよう」と距離を縮める。 横断歩道で「カショダ」が聞こえ、ヘジンを見かけたソンジュン。 エレベーターで一緒になるが、会話がないまま、ヘジンの指先の絆創膏でガラスの破片を片付けていた日を思い出す。 あの日、血が付いていることに気が付いてドアを開けたのだった。 心配するもなかなか言い出せないまま到着し、言いかけた言葉に勘違いするヘジン。 そして、パズルがないことに気が付き、もしかしてと不安になる。 清掃員に確認するも見つからず、周りの目を気にせず探し始めるヘジン。 やっとのことで見つけるが、運悪くオフィスに入ってしまう。 気付かずパズルを踏みつけたソンジュンを見て、早く取らなければと考え何とかしてオフィスに入るため郵便物を奪い取る。 焦る気持ちとは裏腹に、邪魔が入ってしまい諦めてオフィスを出るが、不安が募るヘジン。 靴裏にくっついていたパズルが取れ、違和感に気付いたソンジュンに「バレてしまう」と目を閉じた時、シニョクはソンジュンとハグをして、バレないようにパズルをそっと手に入れていた。 シニョクの行動に驚くソンジュンと編集部員。 シニョクからパズルをもらい、ヘジンは感謝と同時に疑問に思っていると、清掃員との話を聞いていたと答え、「見られたらバレるのか?」と質問する。 酔って介抱していた時に、秘密を全て喋っていたことを教えられ、隠すものがなくなりほっとするヘジンに、「上司と部下だから言わないでおくのか?」と聞く。 それに対しへジンは、昔と今の自分の姿や状況が全く違うのを隠していると答える。 かわいかったのを自慢するヘジンに「今もだ」と呟くシニョク。 優しさに感謝し、先日のことを謝罪するヘジンは、これからは妹のように接しもらい、兄の様に接することを表明する。 二人が楽しんでいる光景を車で通りがかったソンジュンが目撃していた。 「もしバレたら?」と聞かれ「ありえない」と返すヘジン。 別の人となりすましていることを打ち明ける。 ジムでソンジュンを待つが、来る様子がないため他人を見間違えてしまうハリ。 コンビニエンスストアのレジで値切るシニョクに何も言わずまとめて買うハリは、「これで2体1だ」と話す。 カップ麺を美味しそうに食べるシニョクを見て、金持ちだと思えないハリ。 そこにヘジンからの電話で、「ハニー」と呼ぶハリに対し、「そういう趣味なのか」と誤解し、理解を示すシニョク。 ハリは同居人だと訂正する。 ホテルでシニョクと別れを告げ、ヘジンと合流するが、お互いシニョクの名前は言わずにそれぞれのあだ名で話す。 クリーニングを取りに来たハリは、制服のポケットに入ってあった紙を渡され、そこに書いてある絵を見て笑ってしまう。 男性と遊びに出かけるハリだが、男性の発言に苛立ってラジオを掛けると、ソンジュンが思い出せなかった好きな曲のタイトルが判明し、ちょうど横断歩道を渡るソンジュンが目に入る。 車を飛び出すハリ。 追いかけるが、先日購入したハイヒールの痛みに耐えられず声を掛けるものの、ソンジュンは気付かない。 後日ゴミ捨て場にハリが履いていたハイヒールを見つける清掃員。 ハリはシニョクに会い、「2体1から2対2にしてあげる」と話して、あることを依頼する。 ランチタイムに入り、みんなで食べに行こうとする編集部員。 ヘジンは仕事で会社に残るジュヨンから帰りにパンを買うように頼まれ、オフィスにいるソンジュンを気に掛ける。 しかし編集部員に断られ、お店に向かう一行。 ジュヌの隣で好感度を上げようと頑張るハンソルだが、上手くいかない。 ご飯中もソンジュンのことが気になるヘジン。 ジュヌはソンジュンが彼女と歩いていたことを思い出し話題にするが、無言のヘジンを見てシニョクは「一緒にいるところを見ただけで彼女とは限らない」とフォローする。 ハリから電話が入り、「今夜どうしても空けて欲しい」と頼まれるソンジュン。 仕事で食事会を断っていたものの、ジュヌが参加と聞いて行くと決めたハンソル。 ヘジンに仕事を頼めばいいと考えている話を偶然聞いていたソンジュン。 編集部に戻りハンソルに声を掛けようとするが、オフィスから出てきたヘジンに気付いてオフィスに戻ると、机の上にサンドウィッチが置いてあることに気付く。 ヘジンはソンジュンのため、パンを2つ購入していた。 そんな中、今夜だけ婚約者のフリをしてほしいというハリからの依頼を思い出すシニョク。 ジュヨンがこぼしたコーヒーを拭き取り、ケガの後が沁みて痛そうにしているところを目撃するソンジュン。 挨拶をしたヘジンに「君は雑用係か?」と聞き、「ケガの手当てを先にしろ」と伝えるが、救急箱の場所を知らないヘジンを見かねて場所まで連れていき、絆創膏を渡す。 しかし貼り方を知らないヘジンに呆れて「人の後始末は自分のことをしてからにしろ」と注意する。 散々に言われてしまったヘジンは、お昼の差し入れを後悔する。 雨の中事故の影響で渋滞に巻き込まれるソンジュン。 事故現場が目に入ってしまい、昔の事故を思い出す。 パニックに陥ったソンジュンは車を飛び出し、道路に出てしまうが、そのせいでヘジンが乗っていたバスも立ち往生してしまう。 バスの車内から道路に居る男性がソンジュンだと気付いたヘジン。 その頃ハリは、カフェでソンジュンの到着を辛抱強く待っていた。 誰が来るのか知らないシニョクは座りながら飲み物で遊び時間をつぶす。 ソンジュンに声を掛けても応答しない状況に、昔と重なるヘジン。 雨に濡れないようにして優しく声を掛け続ける。 次第にソンジュンも落ち着きを取り戻し、ヘジンの顔に触れ名前を呟く。 彼女はキレイだった5話の感想 ヘジンとソンジュンの距離が少しずつ近くなっていく第5話。 ソンジュンのことを気にかけながらも、決して自分の正体をばらさないようにするヘジンと、昔の思い出に何かとヘジンが絡み、ヘジンのケガに気付いていながらも、素直に心配していることを伝えられないソンジュンですが、その不器用さも可愛らしく思えます。 また、ヘジンを気に掛けるシニョクの優しさにキュンキュンする人も出てくるのではないでしょうか? パズルを手に入れるため、ソンジュンに抱きつくシーンは意外性かつシニョクの演技に笑わずにはいられません 笑 ハリとシニョクが友達としてつながったことも、今後どのように展開されていくのか楽しみ半分、ヒヤヒヤ半分といったところでしょうか。 終盤ソンジュンが昔の事故を思い出し、ヘジンが助けに行くシーンは、同じ女性としてかっこいいなあと感じました。 ソンジュンが不安になっていることが理解できるからこそ、「何も起きない、大丈夫」という安心できる言葉を掛けられたのかな、と思います。 ソンジュンが今後、ヘジンとどう向き合っていくのか次回もソワソワしてしまいます。 そしてどんどんとソンジュンに対する気持ちが恋心へと変わったことを確信し始めるハリが、本人に真実を伝えることを決意し、どう動いていくのかも注目です。 これまで後回しにしていたことが大きな傷とならないように行動することを選んだ、切ないハリの気持ちが表情やセリフから伝ってくるのではないでしょうか。 どのような展開になっていくのか、次回も注目です。

次の

韓国ドラマ 彼女はキレイだった あらすじ 15話~16話(最終回) 放送予定

彼女 は キレイ だっ た ネタバレ

韓国ドラマ-彼女はキレイだった-登場人物-キャスト-相関図 あらすじや相関図など放送予定の韓ドラ情報 キャスト・役名や役柄と登場人物を詳しく紹介! 彼女はキレイだった-概要、あらすじ、相関図、放送予定の情報を登場人物と キャスト、役名、役柄等で紹介しています。 視聴率は18. 現在、友達ハリの家に居候し、コンビニでアルバイトをしている。 この上なく平凡なルックスに冴えない条件。 自慢できることは体力だけのヘジンだが、実は彼女にもいい時代があった。 幼い頃はちびっこ美人大会で大賞を取るほど美しく、お金の心配など知らずに育った金持ちの一人娘だった。 しかし、思春期を過ぎると美貌は跡形もなく消えて普通の女になり、順風満帆だった父親の事業までも傾き、家も落ちぶれて久しい。 ある日、ヘジンは海外移住で離れ離れになった幼い頃の友達であり、初恋の人だったソンジュンから会いたいと連絡を受けるが…。 美人から逆変貌を遂げるヒロインはファン・ジョンウムが、ヒロインの初恋ソンジュンはパク・ソジュンが扮する。 また女優コ・ジュンヒや人気グループ「SUPER JUNIOR」チェ・シウォンが脇を固める。

次の

彼女は綺麗だった全何話?視聴率・あらすじネタバレも

彼女 は キレイ だっ た ネタバレ

学校に一人くらいはいた。 全校で一番きれいなのに、家も金持ちだし、勉強までできるし、才能はなぜそんなに多いのか、さまざまな大会で賞を総なめするだけでは物足りず、性格までひどく、憎らしく思うことすらできない子。 話すことも息つくほど全てを持っている、そんな子。 へジンがまさにそんな子だ。 いや、そんな子"だった。 売れっ子だった父親の出版社が倒産し、ある瞬間富を失い、アルバイト戦線に飛び込んで上位圏の成績も失った。 其れ丈で終わってもらえたらよかったのに 少しさびしい外貌の持ち主である父から譲り受けた遺伝子がどこかに必ず隠れている。 遅ればせながら発現 思春期の時、逆変を経験して失い、彼女は美貌まで失ってしまった。 今、彼女に残っているのは学資金融資金と気の毒極まりないスペックの就職浪人とはみすぼらしい身分のみ。 燦々と輝いた主人公のようだった彼女の人生は、それほど誰一人見向きもしないエキストラ人生に転落してしまって久しい。 今、最大の夢は堅実な会社できちんと給料をもらう'会社員になること。 ところが、ある日。 明敏極まりない彼女の日常がざわめき始める. 15年前に別れた小学校時代の初恋。 しかし、最も輝いていた頃の彼女だけを覚えているはずの、その先に到底名乗り出る自信のない彼女は、親友であり9頭身の美女ハリに頼む。 "私の代打でソンジュンに会ってくれ。 今日一日。 その子の前で君がキムヘジンになってくれ! " 結局、初恋の前に出られないまま、隠れてしまう彼女。 私は本当だが、徹底的に偽者にならなくてはならない。 男性ファッション誌から飛び出したばかりの現在の姿とは異なり、思春期までは外見も性格も変質そのものだった。 同じ年頃より身長は10センチほど低く、体重は10キロほど高くなり、女の子たちと目も合わせず、授業時間に発表もできないほど性格は小心者の最後を飾った。 隣に住む同じクラスの人気ガール、ヘジンと小心者のソンジュンとの間にしばらく交流がなかったが、ある事件をきっかけに仲良くなって、母親の死という大きな事件を経験しながら、ヘジンは母親の空白を埋める特別な存在になるが…。 ソンジュン君の突然の米国行きで、仕方なく別れてしまう。 移民した時は言葉も通じず、太っている外貌のため笑いも多かった。 友達もいないし、やることもなくて一日中好きな絵だけ描いて、 勉強ばかりした. そのため、いつの間にか全校で一番勉強ができ、絵も一番上手な子になっていた。 すると、彼を無視していた子供たちが一人二人声をかけ始めた。 以後、何でもそのように歯を食いしばって1位になった。 そうすれば誰かが近づいてくれたから。 そうしてこそ友達を作ることができるから。 モストの韓国版発行会社"真性マガジン"の最年少副編集長として破格のスカウト、15年ぶりに韓国の地を踏むことになる。 何でもトップへの強迫観念を持っているため、仕事に関しては徹底したプロであり、自分のこだわりも強く独断的だ。 良く言えば、堂々としてカリスマあふれるスタイル、悪く言えば、サガジをどこに売り飛ばしたように生意気極まりないスタイルだ。 仕事をする時は誰が話しかけても聞けず、目の前の人も見られないほどものすごい集中力を見せ、荒唐無稽な言葉つきのおかげで"ジラルジュン"というニックネームで通じるようになる。 15年ぶりに韓国に帰ることになった時、一番先に思い出したのは母親、次はヘジンだった。 これまで恋愛をしてみなかったわけではないが、心の片隅には常にヘジンに対する好奇心と懐かしさのようなものがあった。 一番幸せで悲しかった時間を共にしながら慰められ、思い出を共有した人生唯一の真の友達であり、大事な初恋。 考えただけでも暖かくて安らぐ彼女をまた探したい彼。 結局、初恋の彼女、ヘジンに会うが… ミン・ハリ コ・ジュンヒ ホテリアー なんであんなにきれいなのかと思うほど、 とてもきれいな超美女。 顔がそんなにかわいいと、 体つきはちょっと控えめに 支えるのが一般的だから。 体つきは顔よりもっと危険。 すがすがしく伸びた手足に大文字Sが完璧に重ねられそうなボリューム感あふれるパーフェクトボディ。 この程度ならどこひとつ手入れしてもよさそうなものだが。 このような利己的な女性を見たのか。 派手な外見ほどファッションも好みも華やかで、涼しく伸びた背丈だけあって性格もさっぱりしている。 感情表現に正直で、人の機嫌を伺わず、よく笑ったり、よく泣いたり、思いついたことはすぐにやってしまえば気が済む即興的な性格に飽きもよくなる。 深刻で複雑なのはまっぴら御免の単純派。 仕草を見ると分別がないように見えるが、その面まで子供のように可愛く愛らしく見える魅力がある。 他人は美しくていいと思っているが、それは知らない話だ。 きれいで悔しいことも多い。 きれいな俳優が演技力がちょっと足りなくても粉になるまで、"何か死に物狂いで"努力して成し遂げても、彼女の本心は許さず、何でも美貌で得たものだとこき下ろし、けなす輩が常にいた。 悔しさもあり、本気で傷つくが、ハリはそのたびに思い出す。 12年前、両親の突然の離婚後、継母のいる家が不便になり、一生の友人ヘジンと一緒に暮らすという条件で、20歳の時、独立を許された。 その後、時には長く生きた夫婦のように。 時には母親と娘のように。 時には実の姉妹のように。 時には義理で団結した兄弟のように、時にはあの年あの年あの年あの年、助け合って喧嘩もし、ヘジンと10年間同居している。 しかし、インスタント式恋愛だけに慣れた、本当の愛や切実なロマンスなど要らないという考えだった彼女が生まれ、初めて真心を尽くして愛したい男性に出会う。 ところで、よりによってあいつが、すべてをあげても惜しくない生涯の友達。 愛する友達との友情 そして生まれて初めて恋をする男との恋の間に混乱に陥るハリ。 彼女がこの世で最も大切な2人のために、彼女は単純にしきりに複雑になる。 私は偽者なのに、しきりに本物になりたくなる。 ずうずうしい 大概の事には緊張しない、のんびりした性格で人の顔色をうかがわずに言うタイプ。 皆、機嫌をうかがっている上司のソンジュンにも、笑顔で話すべきこと、言いたいこと、さらには話してはいけないことまでする。 一言で強者に強く弱者に弱いスタイル。 冗談を飛ばす気のない奴のように見えるが、それとなく気が重くて全く考えない奴のようではない。 性格もファッションも自由奔放で、ジャージにスリッパを引きずりながら堂々と出勤することが多い。 そんな時は、間違いなく"町内失業者"のように見えるが、スーツを着こなす日は、なかなか一人物が出る。 虚々実々本気なのか冗談なのか分からない特有の言葉遣いもそうだし、個人的な質問にはいたずらにこっそり抜け出すのもそうだし…。 皆と仲良く過ごす無難な性格のようだが、いざ自分の心の中はよく現わさないため、何を考えているのか分からない"曖昧な"人物。 ポジションはピッチャーエディターだが、映画、写真、ファッション、文、絵など多方面に才能のあるマルチプレーヤーで、気の利いた記事のおかげで固定ファンもかなりおり、同種業界でかなり欲しい人物でもある。 しかし、シンヒョクは誰にいい印象を与えたり、早く昇進するために働かない。 もっと面白いことが生じれば、未練なく去る考えのある自由な魂だ。 視聴率 15. このドラマをおすすめしたい理由の一つは たぶん"自尊感"を扱ったドラマだからです。 ドラマの女主人公のヘジンと男の主人公のソンジュンは 幼い頃隣に住んでいた友達でした。 小さくてふっくらしていた男の主人公は、 きれいな外見、そしてそれよりもっと美しい 内面を持って堂々としたヒロインに魅せられます。 そして遠い時間が流れて 女の主人公は家の遺伝子の そばかすと悪性のくせ毛が徐々に現れ、 幼い頃の堂々とした姿は消え、 低いプライドを持った人になっていました。 男の主人公は長い間女主人公を 訪れて来たが探せなかった刹那 'ヘジン'は勇気を出して'ソンジュン'に会うことを決心し、 その二人は大人になって会います。 しかし変わった"ヘジン"の姿に"ソンジュン"は見分けられず過ぎてしまいます 'ヘジン'はその道で自分が幼い時その女の子だということを隠したまま生きて行くようになります。 もちろん縁なのか、悪縁なのか よりによって新しく赴任した副編集長がまさにその"ソンジュン"でした。 他の絵探し、穴があいた靴下のように 男の主人公の前で限りなく小さくなり萎縮する女。 ソンジュンは確かに自分が探していたその"ヘジン"ではないと思いますが、彼女の本心が現われるたびにふと映る美しい内面を持った女主人公の姿に自分も知らずに惚れてしまいます。 まるで初めて女主人公に恋に落ちた時のように! 結局真実が明かされ、 美しいエンディングでドラマが終ります。 このエンディングで、私がおすすめしたい その理由が登場します。 それは、もはや自分を嫌ったり、隠したりしないということ。 女性はこれ以上自分の姿を隠したり、隠したりすることにエネルギーを注ぎません。 本人のありのままを愛してくれる男に出会って私自身も自分をそのまま受け入れることができるようになったんですよ。 自尊心が高まり、本人が本当にしたかった童話を作り始め、人生を楽しみながら幸せに生きていくことになります。 私はこの姿がとても感動的でした。 私自身をありのまま愛することができるということが本当に格好よかったんです。 自尊心というのは、自分が大丈夫だと感じることができ、自分は何でもできることと感じることができることと学びました。 このドラマを見ながら私も自分自身を切実に愛したかったです。 すべての発展は、自分自身を最もよく知り、理解してこそ進むことができるのではないでしょうか? 彼女を美しかったを見て私はどれほど自分をありのまま愛しているかを考えてみる機会になったらと思います! そういう意味でとてもおすすめするドラマです。

次の