膀胱 留置 用 カテーテル と は。 尿道カテーテル|病気について

Q&A

膀胱 留置 用 カテーテル と は

注意するのは、前立腺肥大や膀胱や尿道の病気の既往がある人は看護師ではなく、医師が挿入することも多いので、事前に既往歴は確認する。 準備、事前確認 カテーテルキットなどはワゴンの上に準備、膿盆やビニール袋はすぐ届くところに準備しておく。 滅菌操作以外のことから準備。 下着を脱いだ後は臀部の下に防水シーツを敷き、膝を立てた体勢をとってもらう。 患者の羞恥心に配慮し、下肢はバスタオルなどで覆う。 ここから滅菌操作! カテーテルキットを開き、滅菌手袋を滅菌操作で装着する。 滅菌水入りのシリンジを固定水注入口から挿入し、バルンが膨らむか確認。 シリンジに滅菌水を引いて戻し、シリンジはそのままにしておく。 消毒 利き手ではない方の手で、陰部を固定し、利き手で攝子を持ちポピドンヨードを浸した綿球で消毒。 この時点で利き手ではない方の手は汚染されたので、滅菌物には触らない。 消毒した綿球は汚染物となるので、膿盆かビニール袋へ入れる。 カテーテルに潤滑剤をつける カテーテル先端から5~6㎝の部分を攝子で持ち、カテーテル先端に潤滑剤をつける。 (現在は滅菌手袋のまま挿入するやり方もある) カテーテル挿入 挿入時の痛みで腹圧がかかると、スムーズに入りにくくなるため、深呼吸を促す。 入りづらくなった時点で少し角度を変えながら行う。 膀胱内にカテーテル先端が入ると、尿の流出がみられる。 ここから3~4㎝奥まで進める。 スポンサーリンク バルンを膨らませる 利き手ではない方の手でカテーテルが動かないように押さえ、滅菌水のシリンジを押して、バルンを膨らませる。 この時点で強い痛みを訴えるようであれば、バルンが尿道内で膨らんでしまった危険があるので、すぐに滅菌水を抜いてバルンを小さくさせる。 バルンを膨らませた後、カテーテルを軽く引っ張っても抜けないか確認。 カテーテルの固定。 カテーテルは少しゆるみをつくって、固定する。 肌が弱い人にはテープだけでなく、フィルムシートを一番下に貼ってから、固定のテープを貼るとかぶれにくくなる。 陰部を清拭する ポピドンヨードや潤滑剤が陰部に付着したままだと皮膚トラブルの原因となるため、綺麗に拭き取る。 尿バックを設置する 尿バックを膀胱よりも低い位置で床につかないよう、ベッドサイドや点滴棒の下に設置する。 羞恥心に配慮し、尿バックにカバーをかぶせる。 注意点を説明する カテーテルを足に引っかけないようにすること、睡眠中の寝返りは注意することを説明。 尿道の違和感はあるが、強い痛みや出血があるようであればすぐに連絡するよう伝える。

次の

膀胱留置カテーテルによる尿道損傷、2013年以降に49件も発生―医療機能評価機構

膀胱 留置 用 カテーテル と は

カテーテルは固定してなく、テープ式おむつの足側から出しています。 バルーンカテーテルとオムツの刺激により水疱や皮膚トラブルを起こしています。 バルーンカテーテルは固定した方が良いでしょうか?予防法はありますか? A バルーンカテーテルの固定をしていないにも関わらず、接触性皮膚炎様のことが起こっているようで、その後の感染等が懸念されます。 まず、現在バルーンカテーテルが入っている理由はなんでしょうか? 寝たきりの高齢者とのことですので、心不全等での尿量モリタリング、あるいは尿閉でのカテーテル留置以外であれば、早急にカテーテル抜去での尿路管理ができないかを検討下さい。 カテーテルが抜ければ現在のトラブルは解決するかと思います。 もし、カテーテルが抜けない状況であれば、カテーテルの材質を検討下さい。 カテーテルには、ラテックス、シリコン(ラテックス+シリコン)、オールシリコンの3種類です。 ラッテクス資材のカテーテルであれば、シリコン製に変更し、患者さんに接する場合もラッテクスフリーの手袋を使用下さい。 これらの対応がすでに済であれば、やはり一度皮膚科受診を検討下さい。 カテーテルの固定については、寝たきりの方ですので、原則固定は不要と思われます。 寝たきりであっても、尿意があるのであれば、尿排出障害が強くなければ(尿閉等でなければ)、尿器使用で尿路管理は可能です。 Q 歩行される方で抜去防止の為に足元からウロバッグを出しています。 一時尿道口より微量の出血がみられ、病院より固定の指示がありました。 固定は下腹部にしていますが、陰茎の重さで下に下がる気がして、余計に引っ張られているのではないか心配です。 歩行時はご自分でウロバッグを持たれるので、ズボンによっても引っ張られています。 このような場合でも下腹部の固定が良いのでしょうか? A 尿道留置カテーテルの固定に関しては、どれがbestかというエビデンスはありません。 長期留置の場合、同じ部位での固定では外尿道口の裂傷、開大・開口が散見されます。 したがって、患者さん個々の状況に合わせて固定位置を変えるなどの対処しかないようです。 男性の尿道カテ留置での外尿道口からの出血とのことですが、おそらくカテーテルにより前立腺部尿道からの出血が考えられます。 カテーテルが閉塞するほどでなければ経過観察かと思います。 Q バルンカテーテル抜去前に膀胱訓練を行った方がいいのでしょうか? 教えて下さい。 感染のリスクが高くなるため行わないのがいいのでしょうか? A 膀胱訓練は、切迫性尿失禁、頻尿などの蓄尿障害に対する治療として行われる行動療法です。 原則、尿意がわかる頻尿、尿失禁患者に行います。 尿意を感じたら、15分程度から排尿を我慢させ、一回排尿量を増やします。 これにより、排尿回数を減じ、切迫性尿失禁を是正することができます。 ご質問にあるカテーテル留置患者でカテーテル抜去前の膀胱訓練については、「抜去前にカテーテルをクランプして膀胱を拡張させ、尿意の有無を確認する」ということが以前行われていました。 しかし、この方法はまったく益するところがないとされています。 (膀胱訓練と誘導排尿:排泄リハビリテーション 中山書店 pp 319, 2009年) したがって、尿意のある方であれば、そのままカテーテルを抜去し、頻尿、尿失禁があるようであれば、尿路感染、残尿がないことを確認し膀胱訓練をすることは問題ないでしょう。 一方、尿意がない方や認知症の方などについては、カテーテル抜去後に、排尿のタイミングがわからず尿閉となる事がありますので、誘導排尿で排尿を促すことで対処されて下さい。 Q 尿バッグを使用している家族の介護をしています。 尿バッグ内の空気が少ないとチューブ内の尿がスムーズに流れない気がします。 チューブに尿が溜まっている状態は、尿路感染のリスクになりますか?また、尿バッグの空気量が少ない状態 特にバックに空気が入っていない密着に近い状態 は、チューブ内での尿の滞留につながり、尿路感染のリスクを高めることになるのでしょうか? A 膀胱にカテーテルを挿入して、いわゆる留置カテーテルによる排尿管理を行っている場合、尿路感染症(膀胱炎)は避けられません。 しかし、細菌尿があっても、高度の尿混濁、カテーテルを閉塞するような血尿、熱発などがなければそのまま経過観察可能です。 チューブ内に尿が停滞していても、膀胱に逆流するような状態でなければ重篤な尿路感染症を引き起こすリスクにはなりません。 尿バッグ内には空気がない状態が正常な状態です。 すなわち、尿バッグ内に尿が溜まっていない時にはバッグが密着した状態になっているのは自然な状態です。 バッグ内に空気がなく、チューブ内に尿が溜まっている状態というのは、膀胱内にも尿が溜まっていない状態ということになります。 在宅で介護されている場合、排尿管理を留置カテーテルで行う時の重要なポイントして、尿バッグは体より低い位置におくことです。 川が上流から下流へ流れるのと同じで、高低差を利用して尿を排出することとなります。 極端な高低差は不要ですが、尿バッグが膀胱の高さより高くならないように管理してください。 また、チューブの捻じれやベッド柵での圧迫閉塞にも十分お気をつけ下さい。 Q カテーテル固定方法について教えてください。 固定が禁忌の症例などありますか? A 尿道カテーテルの固定の目的は、カテーテルの自然抜去・自己抜去を予防すること、屈曲を予防することにあります。 尿道びらん形成の予防や尿路感染予防に有用な固定方法は残念ながら現在のところ一定の見解が得られていません。 カテーテルを固定するうえで注意すべき点は、固定テープによる皮膚トラブルを可能な限り起こさないことです。 長期のカテーテル固定による皮膚障害、尿道粘膜の圧迫部位を一定化させないために、固定部位を適宜変更してください。 その際、カテーテルに過度な緊張がかかると疼痛や不快感につながるため、ゆとりをもって固定するように注意してください。 固定に関する禁忌症例はありませんが、高度の認知症で自己抜去による尿道損傷の可能性が高い患者の場合、カフを膨らませずに体外にテープのみで固定するということをすることがあります。 大腿部での長期固定は、陰茎陰嚢角に圧がかかり、びらんや圧迫による尿道瘻の形成を引き起こす可能性があります。 そのため尿道損傷を予防するためにカテーテルを臍部へ向けて余裕をもたせ下腹部に固定します。 女性の場合は、カテーテルに余裕をもたせ大腿内側に固定します。 男性とは異なり、血行障害による尿道損傷をきたす可能性は低いですが、長期間の固定を続けることで会陰部にびらんなどの皮膚障害が生じることもあるので固定部位は適宜変更する必要があります。 しかし、本当にカテーテル留置での尿路管理が、現在その患者さんに必要なのか、またその他の尿路管理ができないのか等、尿路管理の再考も検討されるといいものと思います。 Q バルンカテーテル留置中の入浴に関する質問です。 鉗子でカテーテルをクランプして機械浴に入浴してもらっている患者さんで、カテーテルを鉗子で破損する事故がありました。 クランプなしで入ることは可能でしょうか?機械浴に入るのは五分間ぐらいです。 A 可能であれば、カテーテルと集尿袋の接続をはずさず一体として入浴されることをお勧めします。 どうしても、接続をはずしての入浴を希望される場合はカテーテルプラグを装着しての入浴がいいでしょう。 取り付けも簡便で安全です。 簡易なものであれば1個100円程度で購入できます。 カテーテルプラグの脱着時は、アルコール面でプラグおよびカテーテル接続部を消毒して下さい。 鉗子でのクランプでは、カテーテル損傷のリスクの他、患者や介護者の怪我にもつながる可能性もありますのでお勧めできません。 また、接続部内腔にはお風呂のお湯が入り込みますので、感染の問題が起こります。 さらに、クランプなしでの入浴は尿の流出による感染拡大を引き起こす他、患者さんの膀胱へ直接お風呂のお湯が入りますので行わないで下さい! クランプ中は膀胱内に尿が貯留するので1時間以上の長時間にならないように気をつけてください。 また、膀胱容量が極端に少ない患者さんや有熱性尿路感染を繰り返している患者さんは、短時間のクランプでも容易に膀胱尿管逆流による腎盂腎炎を起こす可能性がありクランプでの入浴はお勧めできません。 Q 施設でのバルーン留置者の入浴方法についての質問です。 バルーン留置者の入浴中は、「ウロバッグ」と「膀胱」の高さをきちんと見ておかないと逆行性の感染を招いてしまいますが、浴槽の機能的に膀胱とウロバッグの高低を維持するのが難しい場合があります(膀胱よりやや高い位置に設置しなければならない)。 この場合逆行性の感染を招く可能性はどれくらいなのでしょうか? また、接続部のクランプは禁忌事項ですか? 利用者様個々でアセスメントした時にどうしても外したほうが入浴がしやすい場合もあるようです。 入浴に関する事項ですがなにとぞよろしくお願い致します。 A 尿道カテーテル留置中の入浴の方法ですが、原則蓄尿袋は膀胱より低い位置に保たなければ逆流をしてしまいます。 しかし、浴槽の構造上それが難しい場合は一時的に鉗子でクランプする、接続部から蓄尿袋を外してカテーテルプラグを装着して入浴するという方法があります。 長時間の入浴になると膀胱内に尿が貯留するのでお勧めできませんが、短時間の入浴であれば問題ない症例が多いと思います。 しかし、膀胱容量が極端に少ない患者さんや尿路感染を繰り返している患者さんは、短時間のクランプでも容易に膀胱尿管逆流をおこし腎盂腎炎を起こす可能性が高くお勧めできません。 そのような患者さんは逆流するかもしれませんが、空っぽにした蓄尿袋に接続したままで入浴することをお勧めします。 Q カテーテル留置中の患者さんが入浴するときはどのような状態で入浴するのが良いのか教えて下さい。 A 尿道カテーテル留置中の患者さんの入浴は尿道から菌が入ることを心配される方がおられますが、シャワーを浴びることも浴槽に入ることも可能です。 むしろ陰部を清潔に保っておくことは重要です。 理想的なカテーテルの管理としては以下の通りです。 また、蓄尿袋内の尿が膀胱内へ逆流をします。 Q カテーテル脇からの尿漏れに関する相談です。 92歳女性で16Frシリコンバルーン留置中ですが、度重なる尿路感染症があります。 1年ほど前に入所されました。 入所時からバルーン管理下でした。 はじめ14Frバルーンカテを留置していましたが、カテーテル脇から30g~100gの尿漏れを認めたためカテのサイズを大きくしました。 その後尿漏れはありませんでしたが、最近再び尿漏れが目立つようになりました。 また、バルーン自然抜去があり、その際カフ内の固定水が無くなっていました。 カフの破損等はありませんでした。 カテの交換は4週毎に行ってます。 先日のセミナーで「カフの固定水再充填は行わない」と聞きましたので、その言葉通り再充填行わず管理してきました。 このような症例の場合、再度カテのサイズを大きくすべきでしょうか。 またバルーン抜去し自然排尿を試みようとも思ってますが、できるか思案しているところです。 ご回答よろしくおねがいします。 A 以下にコメントさせていただきます。 まずバルーン留置中の管理において、バルーン周囲からの尿漏れがする場合考えられることは以下のようなことです。 2.対応について 表に記載した内容を参考にしていただければと思います。 一般にカテーテルサイズをかえても尿漏れ対策にはなりません。 カテーテルの自然抜去やカフの減少があります。 カテーテルは固定されているでしょうか?固定されていない場合、体動や収尿袋にたまった尿の重さが、カテーテルを引っ張り、徐々にカフが抜けることがあります。 このような状況はいかがでしょうか?ご確認いただければと思います。 3.カテーテル管理が本当に必要? 尿路感染でカテーテルが留置されたとのことですが、カテーテル留置=尿路感染必発です。 排尿機能を含めた、この患者さんの尿路管理プランの再考をお願いしたいと思います。 この患者さんの背景や、基礎疾患、合併症等がまったくわかりませんのでコメントはしにくいのですが、一度、カテーテルを抜き半日程観察されて下部尿路評価をしてみてはいかがでしょうか? その時のポンイトは、 ・尿意があるのか? ・オムツにも尿失禁として尿排出がないのか? ・尿排出を認めた場合でも、残尿の有無確認を。 (残尿<100ml程度であれば様子見ていいでしょう) ・尿が出にくく、おしっこが近いということも考えられます。 泌尿器科専門医にコンサルトするのも一考です。 Q 夜間頻尿を訴えている方が、じつは極端な多飲が原因と言うことがよくあります。 水をどんどん飲めという風潮が一因であり、機会があれば多飲に梗塞予防のエビデンスはないことを伝えるようにしています。 この点に関して、新たなエビデンスがその後発表されていますか? A 下記の2つの論文が代表的な論文かと思います。 その後は、さほど論文は出ていません。 おそらく、エビデンスレベルでしっかり証明されましたので新たな論文は出にくいものと思います。 感覚的な概念だけで医療を行わないことが普及されたものかと思います。 1)No effect of increased water intake on blood viscosity and cardiovascular risk factors. Br J Nutr. 2006 Dec;96 6 :993-6. 2)Change of blood viscosity and urinary frequency by high water intake Int J Urol. 2007 May;14 5 :470-2. Q)「頻回なカテーテル交換のほうが感染リスクが高まる」といった意見について最近のエビデンスを教えてください。 A 2009年のアメリカCDC発表のガイドラインで、この問題はふれられていますが、その後これ以上の新しいエビデンスに基づくコメント、論文は見当たりません 在宅ケア患者での研究で、カテーテルを月1回以上交換した場合、症候性尿路感染のリスクが増加したとのことです。 本邦での現状は、患者さんの状況、使用しているカテーテルの素材等を考慮し、各施設でガイドラインを念頭に入れ対応しているものと思われます。

次の

留置カテーテル設置の際の特定保健医療材料について

膀胱 留置 用 カテーテル と は

とても初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、留置カテーテル設置の際、プラスチックカニューレ を算定できるのでしょうか。 特定保健医療材料になっていれば、私は算定できると思っているのですが、算定していないのがもったいない、というか、、、(お恥ずかしいです 汗) 質問の仕方も変でしたら、大変申し訳ありません。 どなたか、お教え願えませんでしょうか。 また、留置カテーテル設置は、膀胱留置用ディスポーザブルカテーテルを設置したことでしょうか。 全く関連性のない材料なので、何をどうお答えすればよいのかわかりません。 プラスチックカニューレ型静脈内留置針は、概ね24時間以上静脈に留置して点滴を行った場合に 算定できます。 なお、プラスチックカニューレ型静脈内留置針を、使用目的以外に使用した場合には、当然ですが、 算定できません。 【質問者からのお礼】 すみません、変な質問になってしまいました。 今日、職場にてもう一度確認したところ、私が知りたかったことは、 「留置カテーテル設置」のことでした。 当院では、入院中の患者の処置表に「バルーン留置カテーテル」とあれば、「留置カテーテル設置 40点」を、「バルーン交換」とあれば「留置中のカテーテル交換 40点を算定しています。 その際、特定保健医療材料を算定できるかどうか、が知りたかったのです。 常識的な質問かもしれませんが、詳しい方がいなく、困っています。 どうぞ、よろしくお願いいたします。 包括されていない病棟では、24時間以上留置されれば算定できます。 病床種別ごとに、点数表で包括の有無を確認してください。 「詳しい人がいない・・・」ということですが、記録?のみで算定を判断しているのでしょうか。 バルーンカテーテルは、規格により価格が大きく異なります。 材料価格基準の「039 膀胱留置用ディスポーザブルカテーテル」を確認してください。 れせぷこさんがまず行うことは、直ちに材料購入部署と共同して、材料価格基準に定める材料の どの材料を購入して、どこの部署で使用されているかをトレースして、使用する現場から事務方 へ、どの材料を使用したかわかるように情報の流れを整理する必要があります。 処置伝票なら、現場と事務方がわかるような内容で、電子カルテなどオーダリングシステムの場 合には、現場入力マスタと医事マスタのリンクを見直す必要があります。 ちなみに、プラスチックカニューレ型静脈内留置針は2種類あります。 購入・使用情報が請求部 署と共有されておらず、現場と業者、支払部署だけで情報を共有していませんか。 何か大きなものが請求もれになっているような気がしますよ・・・ 【質問者からのお礼】 ひでき 様 お忙しい中、ご回答頂きまして、ありがとうございます。 早速、明日から職場の人と協力して、材料の規格や価格など調べたりしてみようと思います。 ちなみに、自分自身が「バルーン設置」がどんな行為なのか、不勉強で知らなかったので、友人の看護師にどんなことをしているのか、教えてもらいました。 患者さんに、説明を求められても、「分かりません・・」では恥ずかしいですので(汗 ひとつずつ、知識を増やしていけたらと思います。 本当に、ひできさんのような方がいらっしゃって、助けられています。 多少時間がかかるかもしれませんが、また、こちらでご報告させて頂きたいと、勝手ではありますが思っています。 せれぷこさん、大変だと思いますが、おっしゃっているこ とをぜひ実行に移され、請求誤りやモレが減ることをお祈りいたします。 私は、30年以上、医療事務(介護も)に携わっていますが、経験上、言えることは、 「わからないことは、現場に行けば解決する」「ヒト、モノ、カネの流れを理解する」という ことです、今でも、この2つだけは忘れずに実行しています。 「早速、明日から職場の人と協力して、材料の規格や価格など調べたりしてみようと思います。 まず現場に行ってみて、どんな材料がどこから納品されていて、どこ で使われ、その情報がどこを伝って流れているか・・・ これを知って流れを整理するだけで、かな りの請求モレが防止できると思いますよ。 また、材料の保険請求した数と、卸への支払い額・数量が大きく乖離している場合には、どこか で情報が途切れ、請求モレになっている可能性があります。 また、「友人の看護師にどんなことをしているのか、教えてもらいました。 現場に行くことで、 自院で行っている処置のことがよくわかり、また部署の方たちとコミュニケーションができるの で、いろんなことを教えてくれます。 そういった行動をすることで、現場の方のコスト意識が変 わってきたのを何度も経験します。 事務方の中には、電話一本で現場とやりとりをする人がいま すが、それではチームとして適切ではないと考えます。 現場は患者さんのことで頭がいっぱいで す。 現場の方の苦労に報いるためにも、事務方が陰で支えなければなりません。 これからも、忙しい日が続きますが、何か困ったことがあれば、いつでも書き込んでください。 【質問者からのお礼】 ひでき 様 いつもお世話になります。 そして、温かいお言葉、ありがとうございました。 文字数制限があるので短くなってしまうのですが、(これを書くのは3回目です・・)色々分かってきた事がありまして、プラスチックカニューレの算定もれはなかったこと、膀胱留置カテーテルについては途中から算定が漏れていたこと、胃ろうに関しては他院で設置していること、当院で胃ろうに関して算定を何もしていなかったこと!などです。 他にも様々な問題がある職場ですがひとつずつ問題解決していけたらと思います。 一旦、解決済みにさせて頂きますね!また、どうぞよろしくお願いいたします。

次の