競馬 三連複 ボックス。 三連複馬券の買い方|当たる競馬予想ランキングサイトまとめ

競馬(馬連・三連複・三連単) ボックス点数表

競馬 三連複 ボックス

今日は馬券の一種である 三連複についてご紹介します。 順番に、 1、三連複とはなにか? 2、三連複ボックス買いについて 3、三連複フォーメーション買いについて 説明してきたいと思います。 三連複とは? 着順は関係なく、1着、2着、3着にくる3頭を当てる買い方のことです。 選んだ3頭が3着以内に全部入っていれば的中という馬券です。 当たった時の配当は3連単ほど高くはありませんが、1着、2着が人気馬で決まって馬連の配当が低かったとしても、3着に人気の薄い馬が来ればそれなりの配当が期待できます。 三連複の良い点は、3連単と違って順番は関係ないため自分の選んだ馬が1、2着または2、3着での審議や写真判定になっても、的中していることは確実なので安心して見ていられるというところです。 3連単だったらハラハラして気が気ではないでしょう。 三連複ボックスとは?おすすめの買い方と具体例 選んだ4頭以上の馬のうち3頭が1着、2着、3着に入っていれば的中という買い方です。 点数の例は以下の通りです。 三連複ボックス購入の際は 人気馬と人気薄の馬を両方とも入れましょう。 そうすると穴馬が来た時の配当が期待できます。 1番人気がコケて高配当になりました。 1番人気がコケて投資額分の金額はしっかり回収出来ました。 三連複よりさらにハイリスク、ハイリターンの馬券、三連単ボックスに関してはこちらの記事で詳しく解説しています。 三連複フォーメーションの意味とは?おすすめの買い方と具体例 選んだ複数頭の馬を全て購入する方法のボックス買いに対して、フォーメーションは 1頭目、2頭目、3頭目それぞれで複数頭の馬を選び、それらの組み合わせで購入できる方法です。 それぞれのグループから1頭ずつ3着以内に入っていれば、何着に来てもOKです。 全馬買いのボックスよりも、 軸を絞った、的中率を上げる買い方となります。 ボックスだと全部の馬を買うので、期待値の低い馬券も自動的に買うことになってしまいます。 予想で軸を絞れなかった場合などはボックス買いでも良いですが、このように あまり期待できない馬券を切って、より精度を上げる買い方がフォーメーションなのです。 三連複フォーメーションの例 三連複フォーメーションでよくある買い方を紹介します。 1頭目に人気馬2頭、2頭目に人気薄の馬5頭、3頭目にも2頭目と同じグループを5頭買います。 点数は 20点です。 この買い方は三連複軸2頭流しとも言います 3着以内に来る確率の高い人気馬をまず1グループとして選んで、その他に人気薄を2頭目、3頭目のグループで選びます。 そうすると、馬連ではとれない高配当を狙うことができ、さらに、3連単のように点数を広げずに済み、少ない金額投資でも高配当を期待できます。 この三連複フォーメーションは、数ある馬券の種類の中でも 最も重宝する買い方の一つです。 とはいえ、どの馬をどんな形の馬券で買うかはレースの頭数やオッズなど様々な状況により異なります。 自分の予想と照らし合わせて、何をどの方法で買うのが良いか見極められる経験を積むことが大切です。 三連単のフォーメーション買いに関してはこちらの記事で詳しく解説しています。

次の

三連単ボックス5頭VS三連複ボックス5頭【馬券の本質の確認】

競馬 三連複 ボックス

平成11年より発売を開始されていますが、全体の馬券売り上げに対する購入比率は高くありません。 その最大の理由は、 配当の低さにあります。 1,2番人気の組合せのワイド馬券だと100円台の配当もあり得るからです。 ワイドの有効な買い方 では、ワイド馬券では競馬は楽しめないのでしょうか? じつは有効に使う方法があります。 それは、 人気のない馬を軸にして買うときに、ワイド馬券を購入しておくのです。 そうすると思わぬ 高額配当に出くわす事があります。 これはワイド馬券が複勝馬券と同じように、 3着までに入線する馬の人気によって、配当額が変動するからです。 3着までに入線した馬が1~3番人気だった場合は配当もかなり安いものになってしまいますが、それが人気のない馬であれば配当は高くなります。 「人気薄の馬を入れてワイドを買えばいいのは分かったけど、具体的にどういう買い方をすればいいの?」 という方のために、ワイドのおすすめの買い方3つをご紹介します。 点数を絞ったワイドのボックス買い 3着までに入りそうな馬からの 流し馬券も有効ですが、この場合 相手は最大でも3点ぐらいまでに絞り込まないと取って損 トリガミ になる場合が多くあります。 そんな時は、 ボックス馬券を使ってみるのも一つの手段です。 買う馬を3頭に絞ってボックス買いします。 この場合、うまくいけば 3点全てが的中ということがありえます。 点数を絞って買うなら、ワイドは結構有効な手段と言えるでしょう。 三連複の代わりとしてワイドを買う もう1つ、ワイドの有効な使い方としては 三連複の代わりに使うという方法です。 ご存じだとは思いますが、3連複は 1着~3着までに入線する馬を順不同で的中させる馬券の事です。 軸馬を1頭だけ決めて買う場合には使えませんが、 軸を2頭にする場合は使えます。 例えば軸2頭総流しするなら、 軸馬2頭のワイド馬券を買うのと実質上は同じ事なのです。 軸2頭総流しでも、的中は1点だけしかないのですから、 総流しで使う金額全てをワイド1点に賭ければ良いわけです。 例えば、10頭立てのレースで軸2頭総流しを買うと8点の購入となり、 三連複で最低でも800円の払い戻しがないと、取って損になります。 ワイドなら、的中すれば必ずプラス収支になりますから、オッズを気にせず購入することができます。 馬連とワイドの合わせ買いもおすすめ また、 馬連中心に馬券を購入されてる方にもワイド馬券はお奨めです。 馬連で流し馬券の場合、軸馬が人気馬であっても 相手が人気薄の時は馬連でもオッズが100倍を超える、いわゆる 万馬券になることがあります。 こういう時は、馬連と同時にワイドも少しだけでも購入すると、 2着までに軸馬と人気薄の馬が入線すれば、ダブルで的中です。 もしも、人気薄の馬が3着までに入線してくれれば、馬連が外れてもワイドが的中ということもありえます。 馬連のオッズが100倍超なら、ワイドは 30~40倍程度であることが多いので、そんな時は馬連のハズレをワイドが穴埋めしてくれる場合があるからです。 このように、一つの馬券にこだわらず、馬連とワイド、ワイドと三連複など、上手に馬券を組み合わせて購入すれば、思わぬ高額配当を手にすることができるかも知れませんよ。

次の

三連複おすすめの買い方。三連複の軸馬の決め方は?勝つための馬券構成・流し方

競馬 三連複 ボックス

そこで本日は、三連複をメイン馬券として使っている、私ブエナがおすすめの買い方を挙げてみたいと思います。 ・三連複4頭ボックス馬券(4点) ・三連複6頭ボックス馬券(20点) ・三連複1頭軸。 相手8頭(28点) ・三連複2頭軸。 相手8頭(8点) はい。 私が、三連複でおすすめするのは、このような買い方です。 三連複で4点買いというのは、かなり少ない買い目点数になります。 その分、合成オッズが上がり、的中時の回収率が飛躍的にアップします。 注意点としては、的中率が低いので、連敗に対応しておくことですね。 人気馬を1~2頭入れて、あとは中穴馬~大穴馬で構成するのが基本です。 比較的簡単に万馬券が引っかかります。 相手8頭」 これはオーソドックスな三連複流し馬券ですね。 相手8頭は多いと感じるかもしれませんが、三連複の合成オッズを考慮すると、特に多いということはないです。 相手8頭」 当ブログでもよく登場する、2頭軸ですね。 ヒモ馬を広く購入できると同時に、買い目点数も絞り込むことができる買い方です。 少点数で高配当が狙えるので、回収率も上げやすいですね。 三連複で馬券構成する場合のポイントとして、「買い目点数は多めでOK」というものがあります。 私の考えですが。 三連複は、馬連と違い、3着まで完璧に拾う必要があります。 そう考えると、馬連の倍くらいのヒモ馬の数にしても問題ないかと。 ただ、1発の破壊力が増す代わりに、的中率が大きく下がってしまうんですね。 的中率を馬連のように維持しつつ、三連複でしっかり回収していくためには、相手ヒモ馬の頭数は非常に重要なポイントになります。 これも上述したような理由によるところであり、もっとヒモ馬を絞り込もうと思えばできますが、あえて8頭にしました。 相手8頭」 この買い方だと、最低でも9番人気まで拾える。 軸馬の期待値さえ高ければ、コンスタントに万馬券が的中する買い方になります。 三連複で万馬券が取りたい人には、おすすめの買い方です。 この形で狙う場合は、1番人気の期待値がかなり高いことが必須になります。 人気が下がれば下がるほど、回収率は上がりやすくなります。 1番人気より、3番人気の方がオッズの歪みが大きくなるので、期待値判断さえ適切なら、3番人気の軸馬は利益を出しやすい馬券構成と言えます。 ただ、これはあまりオススメしません。 なぜかというと、的中率があまりにも下がりすぎてしまうからです。 たぶんこれは間違いないです。 しかしながら、競馬の難しいところは、回収率だけを求めても、うまく行きにくいという部分です。 これなら、長期回収率200%くらいも狙えるかもしれません。 しかし、このような大振りは、あまりにも的中率が低い。 万馬券1点勝負ですから、平均的中率は1%前後。 的中率1%だと、連敗期間がかなり長くなってしまいます。 競馬は確率のゲームなので、母数の数字が大きくなると、誤差や偏りも大きくなってしまうんですね。 私のおすすめの三連複の買い方は、オッズ50~300倍の間で狙う手法。 これくらいのオッズ範囲であれば、極端に大きなハマリ期間もなく、比較的スムーズに資金が増えていくと思います。

次の