横浜 市 青葉 区 粗大 ゴミ。 【高価買取】横浜市青葉区の不用品回収・粗大ゴミ処分はアース

横浜市の粗大ゴミ料金を分かりやすくお教えいたします

横浜 市 青葉 区 粗大 ゴミ

品目 単価 ア アンテナ 200円 ウインドファン 1,000円 映像・音響機器(単体のもの。 アンプ・チューナー・プレーヤー・ビデオデッキ・レーザーカラオケ等。 ただし、スピーカー及びテレビを除く。 ) 200円 オーブンレンジ 500円 カ ガス台 500円 ガステーブル(ガスコンロ) 500円 カラオケ演奏装置(一体型) 1,500円 こたつ(板とセット) 500円 米びつ(単体のもの) 200円 サ 照明器具 200円 除湿機 500円 食器洗い乾燥機 1,000円 食器乾燥機 200円 ステレオセット(最も長い辺が80cm未満) 500円 ステレオセット(最も長い辺が80cm以上) 1,500円 ストーブ類(ヒーターを含む。 ) 200円 スピーカー(2本まで) 500円 扇風機 200円 掃除機 200円 タ 電子レンジ 500円 電子レンジ台(多機能製品を含む) 500円 ナ 流し台(調理台) 1,000円 ハ ファクシミリ 200円 布団乾燥機 200円 プリンター 200円 ポータブル発電機 1,000円 マ マッサージ機 1,000円 ミシン 500円 ヤ 湯沸器 500円 ラ レンジフードファン(換気扇を除く。 ) 500円 ワ ワープロ 200円 品目 単価 ア アコーディオンカーテン 500円 いす(座いすを含む。 ただし応接用いす・ソファーは除く。 ) 200円 応接用いす・ソファー(1人用) 500円 応接用いす・ソファー(2人以上用) 1,000円 オーディオラック 500円 カ カーペット類(ホットカーペットを含む。 ) 500円 カラーボックス 200円 鏡台 500円 げた箱 500円 サ サイドボード 1,500円 書棚(最も長い辺が1m未満) 1,000円 書棚(最も長い辺が1m以上) 1,500円 食器棚(最も長い辺が1m未満) 1,000円 食器棚(最も長い辺が1m以上) 1,500円 スプリングマットレス 2,200円 タ 畳 1,000円 建具 200円 たんす(最も長い辺が1m未満) 1,000円 たんす(最も長い辺が1m以上) 1,500円 机(両袖机) 1,500円 机(両袖机を除く。 ) 1,000円 テーブル(座卓を含む。 最も長い辺が1m未満) 500円 テーブル(座卓を含む。 最も長い辺が1m以上) 1,000円 テレビ台 500円 戸棚(オーディオラック、げた箱、サイドボード、書棚、食器棚を除く。 ) 500円 ハ 布団(マットレス)(2枚まで) 200円 ブラインド 200円 ベッド(枠のみ) 1,000円 ベッドマットレス(スプリング無し) 1,000円 ベビーベッド 500円 ワ ワゴン 200円 同じ品目でも、サイズや材質により手数料が変わるものがあります。 参考例:、「」(横浜市資源循環公社のホームページへ) 品目 単価 ア オルガン(電子オルガンを除く。 ) 1,000円 カ キーボード(楽器) 200円 健康器具 500円 ゴルフ用具(バッグとクラブは別) 200円 サ スキー用具・スノーボード 200円 タ 電子オルガン 1,500円 品目 単価 ア 編み機 500円 衣装箱 200円 一輪車 200円 カ 家庭用焼却炉 1,000円 子供用遊具(自転車を除く。 ) 200円 サ 三輪車 200円 自転車 500円 芝刈機 200円 水槽 500円 スーツケース 200円 洗面化粧台 1,000円 ハ 仏壇 1,000円 ふろがま 500円 ペット小屋 500円 ベビーカー 200円 マ 物置(最も長い辺が1m未満で解体済のもの) 1,000円 物置(最も長い辺が1m以上で解体済のもの) 1,500円 物干竿(2本まで) 200円 物干台(1個) 1,000円 ヤ 浴槽 1,000円 その他のもの (木製品など50cm以上、金属製品30cm以上のものを目安とします) 200円 その他手数料表にない品目については、粗大ごみ受付センターへお問い合わせください。 収集シールに使用期限はないので、不要になったシールは次回ご使用いただけます。 もし、今後使用する見込みがない方はご相談ください。 また、破損・紛失した場合の収集シールの再発行はできませんので、ご注意ください。 郵便局・金融機関で取り扱っている「粗大ごみ納付書」とコンビニで取り扱っている「粗大ごみ処理券」は、様式が若干異なっております。 領収日付印のないものは無効です。 受け取る際にご確認ください。 領収書は必ず、収集が終了するまで保管してください。 エアコン、テレビ、電気冷蔵庫・電機冷凍庫、電気洗濯機、衣類乾燥機は、家電小売店等が回収し、家電メーカー等がリサイクルします。 粗大ごみでは収集しません。 詳細はを参照してください。 パソコンは、各パソコンメーカーが回収・リサイクルを行っています。 横浜市は収集しません。 詳細はを参照してください。 請負工事等で出る粗大ごみ(畳、ブロック、フェンスなど)は、市では収集できませんので、工事を請け負った業者に処理を依頼してください。 本サイト内に掲載しているリンク先サイトの内容は、各々のリンク先サイトに帰属するものであり、横浜市がその内容を保証するものではありません。 本サイト内に掲載しているリンク先サイトのご利用は、リンク先サイトに記載されている利用条件等に従ってご利用ください。 また、リンク先サイトの利用によって発生したあらゆる損害については、横浜市がその責任を負うものではありません。

次の

横浜市のごみ持込施設(ごみ持ち込み横浜)

横浜 市 青葉 区 粗大 ゴミ

引越し時や大掃除、結婚や転勤など、一時的に多量のゴミが出る時にゴミ処理施設へ直接ゴミを持ち込みたい(自己搬入したい)と考えた事はありませんか? また、同じ市・区・町村でも居住する地区や、ゴミの種類によっても持ち込みできる施設が異なる場合がありますので、注意が必要です。 事前にご確認ください。 横浜市にお住まいの方は、市内4か所にある施設へ、粗大ごみをご自分で直接持ち込むことができます。 直接持ち込む場合も、事前に粗大ごみ受付センターに電話が必要です。 事前にお申し込みがない場合には、搬入することはできませんので、注意が必要です。 テレビ(薄型含む)・洗濯機・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・衣類乾燥機・パソコンは 粗大ごみとして収集できません。 お住まいの地域を担当するごみ持込施設の電話番号(かけ間違いにご注意) お住まいの地域 担当工場 電話番号 (かけ間違いにご注意) 横浜市 鶴見資源化センター 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 横浜市 港南ストックヤード 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 横浜市 長坂谷ストックヤード 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 横浜市 神明台ストックヤード 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 施設名称|横浜市鶴見資源化センター 所在地 横浜市鶴見区末広町1-15-1 (鶴見工場内) 電話 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 携帯電話からは 045-330-3953 受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00 休日 日曜日、年末年始 施設名称|港南ストックヤード 所在地 港南区日野南3-1-2 (港南資源回収センター内) 電話 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 携帯電話からは 045-330-3953 受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00 休日 施設点検日(1月:第2水曜日、その他の月:第1水曜日)、年末年始 施設名称|長坂谷ストックヤード 所在地 横浜市緑区寺山町745-45 電話 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 携帯電話からは 045-330-3953 受付時間 9:00~12:00、13:00~21:00 休日 日曜日、年末年始 施設名称|神明台ストックヤード 所在地 横浜市泉区池の谷3949-1 (神明台処分地内) 電話 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 携帯電話からは 045-330-3953 受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00 休日 日曜日、年末年始 横浜市のごみ持込施設の周辺地図 鶴見資源化センター 港南ストックヤード 長坂谷ストックヤード 神明台ストックヤード 横浜市と町域について 神奈川県の東部にある県庁所在地。 東京湾に面し、日本最大の貿易港をもち、北東部と南部の臨海地域、また内陸に広がる工業地域は京浜工業地帯の中核をなす。 政令指定都市で、人口は東京都区部に次ぐ日本第二の大都市。 総面積437. 38平方キロメートル、人口357万9628(2005)。 city. yokohama. html 掲載情報について(免責事項) このページに記載させて頂いている情報は、ページ作成時の情報を元に掲載しております。 その後の自治体での分別方法や出し方の変更などにより、必ずしも最新・正確な情報であると保障致しません。 参考程度にお考え下さい。 また、個人の自己責任でご利用頂きます。 正しい最新の情報は横浜市役所ホームページ、及び担当部署にご確認をお願い致します。

次の

横浜市で粗大ごみの出し方を調べてみました。

横浜 市 青葉 区 粗大 ゴミ

横浜市青葉区に粗大ゴミの処分を依頼する場合 横浜市青葉区では、「家庭から出される物の内、一番長い辺が、金属製品で30cm以上のもの、それ以外(プラスチック製品、木製品など)で50cm以上のもの」は粗大ゴミとなります。 市に処理を依頼するには、事前申し込みと品目に応じた金額の収集シールが必要です。 ナビダイヤルにつながらない場合は、045-330-3953の番号又はインターネットでお申込みください。 ナビダイヤルの通話料金は、一般の固定電話にかけたときにかかる通話料金と同額です。 (発信者のご負担となります。 )なお、携帯電話やIP電話からナビダイヤルにかけた場合、各電話会社の設定する無料通話などの通話料割引サービスの対象外となり、通話料金が発生しますのでご注意ください。 ナビダイヤルは、はじめに案内メッセージが流れますが、オペレーターにつながるまでは通話料金は発生しません。 粗大ごみ収集のインターネット受付の締切日は、収集日の7日前(例:収集日が火曜の場合、前週月曜まで)です。 ご注意ください。 インターネットからの申込みの場合は、最大で2カ月先までの収集、搬入の申込みができます。 インターネット受付では、数量は9個まで受け付けます。 インターネットで、粗大ごみ収集の手数料を減免する制度を利用される方は、「収集減免申請を申し込む」からお申し込みください。 粗大ゴミの出し方• 横浜市青葉区の「収集シール」を貼ってお出しください。 シールは、横浜市青葉区内の「収集シール取扱店」は、コミュニティストア、サークルKサンクス、スリーエフ、生活彩家、セブンイレブン、デイリーヤマザキ、スリーエイト、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソンです。 受付から収集までには、2週間程度かかります。 粗大ごみに貼るシールに氏名を書きたくない場合は、記号やイニシャルに代えることができます。 お申込みの際にご相談ください。 お申込みの時に確認した手数料を市内の本市指定の金融機関、郵便局、コンビニで納めてください。 領収書・収集シールを受け取ります。 領収書は必ず、収集が終了するまで保管してください。 収集シールに使用期限はないので、不要になったシールは次回ご使用いただけます。 もし、今後使用する見込みがない方はご相談ください。 また、破損・紛失した場合の収集シールの再発行はできませんので、ご注意ください。 粗大ごみは可燃物、資源物、不燃物に分けて収集・処分しています。 1回のお申込みでも品物の素材によって別の時間帯に収集する場合があります。 収集日の午前8時までに出す必要があります。 雨の日でも収集します。 粗大ゴミとして出せないもの• 家電リサイクル法の対象品目• 電気カーペット• 電池、バッテリー(充電式電池)• 家電リサイクル法対象品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機)• CD、DVD等のディスク類• 紙製品、布製品、木製品、その他小型家電でない異物及びごみ等• パソコンリサイクルの対象となる品目• デスクトップパソコン本体• ノートブックパソコン• CRTディスプレイ• 液晶ディスプレイ• CRTディスプレイ一体型パソコン• 液晶ディスプレイ一体型パソコン• 収集及び処理施設での受け入れをしない品目• 有害性・危険性のあるもの• 著しく悪臭を発するもの• その他特殊なもの(ガスボンベ、石油類(ガソリン・軽油・灯油・シンナー・塗料など)、工業製品、花火、マッチ、バッテリー、タイヤ、ピアノ、耐火金庫、土・砂など)• 自動車、オートバイ(二輪車)• 消火器 粗大ゴミの持ち込みについて• 持込みの場合も粗大ごみ受付センターにお申込みが必要です。 なお、日曜日は電話での受付、及びインターネットでの当日受付はできません• お申込み時に、搬入日時をお申出ください。 搬入場所、手数料(市が収集する額と同額)をお知らせします。 自己搬入施設では手数料シールを取り扱っていません。 手数料は事前に金融機関、郵便局、コンビニで納め、シールを品物に貼付して持ち込んでください。 粗大ごみ受付センターへの申込みのないものは持ち込めません。 インターネットからの申込みの場合は、最大で2カ月先までの収集、搬入の申込みができます。 事前に下記申し込み先に、電話またはインターネットで申し込んでから持ち込んでください。 粗大ごみ受付センター 電話:0570-200-530 または 045-330-3953 粗大ごみ自己搬入のインターネット受付の締切は、搬入日当日の15時です。 ただし、港南ストックヤードへの日曜日の搬入の受付締め切りは、前日の16時です。 手数料 通常の収集料金の半額 持ち込み方法 事前に粗大ごみ受付センターに電話またはインターネットで申し込む 粗大ごみ・臨時ごみ処理手数料等の減免• 生活保護受給者の方• 特定中国残留邦人世帯• 身体障害1級または2級・精神障害1級・知的障害A1またはA2・重複障害(身体障害3級かつ知的障害B1)の認定を受けている方が属する世帯• 福祉医療証の交付を受けているひとり親世帯• 介護保険要介護4または5の認定を受けている高齢者(65歳以上)が属する世帯• 粗大ごみを直接搬入することが困難な70歳以上のひとり暮らしの高齢者で福祉保健センター長が認めた方• 粗大ごみ処理手数料が免除となる個数は、全対象者、一世帯あたり年間4個(4月1日~翌年3月31日)までとなります。 減免の申込方法 該当される方は粗大ゴミ受付センターまでお問い合わせください。 お申込みの際に減免の対象であることを申し出てください。 手続きのため通常の受付から収集までの期間よりもお時間を要する場合がありますのでご了承ください。 当店の安心パックには上記の料金が全て含まれております。 お見積もり後の追加費用がかからないので安心してご利用いただけます。 お気軽にお問い合わせください 3DK以上のお部屋や遺品整理・ゴミ屋敷の片付けなど、大量の粗大ゴミの回収を定額で承ります。 ご予算にあったプランを提案いたします。 *定額パックには特殊回収料金は含まれていません。

次の