ジム トレーナー 年収。 ジムトレーナーの年収は?売れっ子トレーナーになればなるほど、給与は上がっていく

パーソナルトレーナーって年収1000万稼げるの?【現役トレーナー執筆】|www.digitaleskimo.net

ジム トレーナー 年収

パーソナルトレーナーの年収 3つの働き方別 以前、マツコ会議という番組で「人気パーソナルトレーナーは年収3000万円くらい? 」といった数字が出ていました。 また、クロスフィットトレーナーのAYAさんなどもよくメディアに出ていますが、AYAさんの場合は、パーソナルトレーナー以外にも、「ジム経営、イベント出演、モデル、商品プロデュース、出版」など、複数の仕事を行なっているので、年収でいうと数千万に達していると考えられます。 では、一般のパーソナルトレーナーはどれくらいの年収なのでしょうか? 実はパーソナルトレーナーの働き方は大きく下記の3つに分けられ、それらによって、見込める年収が変わってきます。 社員トレーナー• フリーランストレーナー• 「固定給制」の場合は、月収20〜25万円ですので、年収ベースで250〜300万円くらいになります。 スタートとしては、一般職の年収と同じくらい、上場企業や大手企業の年収よりは低い水準です。 インセンティブとは、セッション数や売上に対して付与されるもので、1セッション800〜2,000円程度まで幅があります。 具体的には、• 固定給:18万円• インセンティブ:1セッション1,500円の付与• セッション数:1日6本• 年収で考えると、およそ年収430万円です。 これで、日本の平均年収と同じくらいか、それ以上となります。 フリーランストレーナーの年収 フリーランスとは、個人事業主として、フィットネスクラブやパーソナルトレーニングジムの場所を借りて活動するパーソナルトレーナーの働き方を指します。 フリーランスなので固定給とかではなく、売上から場所代を支払い、残った分が収益となります。 セッション単価としては、1時間のセッションで、6,000〜15,000円くらいまで幅があります。 具体例には、• 2万円となります。 年収で考えると、およそ年収800万円です。 月間120本をコンスタントにこなすのは、かなり人気パーソナルトレーナーです。 人気パーソナルトレーナーになることができれば、これくらい稼げるという事です。 私が運営している「Shibuya Fitness Sharez」では、過去に年収1,000万を超えるパーソナルトレーナーを数名輩出していました。 具体的には、以下の数値でした。 Aさん:セッション単価8,000円で、月間200本• Bさん:セッション単価13,000円で、月間150本• 私自身:セッション単価7,000〜8,000円で、最高月間250本 その他、新卒パーソナルトレーナーでも、人気のあるパーソナルトレーナーは、セッション単価5,000〜6,000円で、月間100〜120本行っています。 トレーナー兼パーソナルジム経営の年収 パーソナルジム経営者のパターンも、フリーランス同様に、集客次第では、社員より遥かに稼ぐ事ができます。 しかし、固定の場所を持ち、家賃などのランニングコストがかかるので、集客ができなかった場合のダメージはフリーランスよりも大きいです。 いわゆるハイリスクハイリターンの働き方と言えます。 セッション単価は、フリーランスよりも少し上げて、1セッション10,000〜20,000円のケースがよく見られます。 具体例には、• セッション数:月間100本• 年収で考えると、およそ年収1,100万円です。 実際には毎月本数も異なりますし、広告宣伝費などがかかり、ランニングコストが上がってしまっているジムが多いです。 人気パーソナルトレーナー、ジムの共通点 人気パーソナルトレーナー、ジムになれば、年収1,000万も夢じゃない事はお伝えしてきましたが、どうやったら人気パーソナルトレーナー、ジムになれるのでしょうか? 稼いでいるパーソナルトレーナー、売上の高いパーソナルトレーニングジムには、以下の共通点が見られます。 それをここでは紹介していきます。 知識、技術をアップデートしている• 情報発信をしている• コミュニケーションがうまい• 気遣いができる• フットワークが軽い• 魅力的な人間性• マンツーマン指導以外にも事業展開している 知識、技術をアップデートしている 知識、技術のアップデートは最も大切です。 何故なら、お客様はそれぞれ求めるものが異なっているからです。 また、一人のお客様でも時間経つにつれて要望が変化してきます。 パーソナルトレーナーは、それらに対応すべく、知識、技術のアップデートを常に行っていかなければいけません。 常にお客様の要望に応えることができると、長く継続して頂けたり、セッション単価を上げても集客できたり、紹介が生まれたりします。 情報発信をしている 情報発信をする事で、以下が将来のお客様に可視化され、興味を持った方が問い合わせしやすくなります。 どんな人が通っているか? どんなトレーニングを提供しているのか? そのパーソナルトレーナーの指導を受けて、どんな身体の変化が起きているか? どんな考え方を持っているか? コミュニケーションがうまい 様々な年齢、職業、立場の方がパーソナルトレーニングを受けているので、それぞれ求めている指導や会話、コミュニケーションは異なります。 「話が噛み合わない、わかりやすく簡潔に伝えられない、笑顔が少ない」となると、お客様は離れてしまいます。 逆に、「話の引き出しが多かったり、相手の話を聞くのがうまかったり、リアクションが豊かだったり、シーンや相手によって表現を使い分けられる」と、お客様がつきやすいです。 よって、コミュニケーションがうまいパーソナルトレーナーの方が人気を獲得しやすいです。 気遣いができる お客様が快適に通い続けて下さるには、気持ちの良い接客が大切です。 お客様を気遣う接客がトレーニングへの集中を高めますし、「頑張ろう!来週も楽しみ!」と思う気持ちを生みます。 相手の行動を先読みして動ける、やってくれたら嬉しい事、助かる事をイメージできている人の気の利いた行動が、お客様から支持されています。 フットワークが軽い お客様のスケジュールは急に変更になる事もありますし、朝早く、夜遅くに予約を入れたいお客様もいらっしゃいます。 そういった時に臨機応変に対応できるフットワークが大切です。 より多くのお客様を対応でき、より多くのセッションに対応できるので、集客に繋がります。 魅力的な人間性 お客様がトレーニングを継続する、あるいは周りの人に紹介する際に、トレーニング指導だけ良ければ良いのでしょうか? 人間的に魅力的かどうかは大きなファクターです。 知識、技術だけでなく、人間性も磨いているパーソナルトレーナーの方が、会いたいと思ってもらえますし、紹介したいと思えるので、継続も紹介も起こりやすくなります。 マンツーマン指導以外にも事業展開している パーソナルトレーナーというと、マンツーマンでトレーニング指導をする仕事をイメージだと思いますが、メディアに出演したり、本を出版したり、商品をプロデュースしたり、オンラインで商品を販売したり、セミナーを行ったり、派生したビジネスを複数やっている方もいます。 マンツーマン指導だけでは、対応できるお客様の数にも限界があるので、収入的にも上限が決まってしまいます。 新しい事業を立ち上げ、別の収入源を作っていくと、さらに稼げるようになります。 まとめ パーソナルトレーナーの年収 成功事例 と、人気パーソナルトレーナー、ジムの共通点を紹介してきました。 現状成功している方でも、最初から全てがうまくいっていたわけではありません。 地道な努力をし、失敗を乗り越え、コツコツ積み重ね、上記のような共通点、ポイントを抑えてきた結果です。 パーソナルトレーナー自体は、努力次第で誰でもなれますし、誰にでも人気パーソナルトレーナーになって稼ぐチャンスはあります。 「売上アップに関して相談したい」、「トレーナーになることに関してもっと情報がほしい」などのご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

次の

スポーツトレーナーが明かす仕事の本音 ~年収や給料、転職・就職の実態は?~

ジム トレーナー 年収

ライザップをはじめとする高額パーソナルトレーニングジムの世間への認知が高まり、注目されつつある「パーソナルトレーナー」という職種。 世間的には 稼げる職業として注目を浴び始めました。 2020年の東京オリンピック招致も追い風になり、これからますます多くのパーソナルトレーナーが増えることになるでしょう。 その中でも特にこれからパーソナルトレーナーを目指そうとする人が気になるのが年収。 どんなに好きなことを仕事にしたいと思っていても生活ができなければ仕事にならないのが本音。 ここではパーソナルトレーナーの年収について厚生労働省などが発表している数値と実際にトレーナーとして生計を立てている方のモデルケースをもとにパーソナルトレーナーの年収についてリアルにお伝えします。 Contents• 1.やっぱり稼げる?パーソナルトレーナーの一般的な年収 結論から言うとパーソナルトレーナーの平均月収は 約38万円といわれています。 単純計算すると還暦(60歳)まで仕事をしたときの生涯獲得賃金は約1億8千万円になります。 これだけ見るとそこそこ稼げているようにも見えます。 しかし、パーソナルトレーナーの多くは個人事業主なため、ボーナスなどは存在しません。 さらに資格の有無やキャリア・成果などにより収入は大きく変動するため、厚生労働省などの発表をすべて鵜呑みにすることは避けた方がいいでしょう。 筆者の周りで活動していたトレーナーの方は、上は月収150万下は月収5万で活動していたのもまた事実です。 それだけに実力社会の職種であることは間違いないでしょう。 2.契約ごとで年収が変化!知っておきたい4つの契約形態 一般的な大枠の年収が分かったところで、ここからは収入に関わる契約形態をおさえましょう。 大きく分けてトレーナーが収益を上げるために結ぶ契約形態は4つあります。 それぞれの特徴とメリット・デメリットをここではお伝えします。 2-1.正社員としてトレーナーを行う場合 まずはフィットネスクラブやマイクロジムに正社員として入社するタイプです。 扱いは雇用契約になり、一般的には会社員と同じように 1日8時間労働を行いながら、パーソナルトレーニングを行います。 給与は固定の月給制で、賞与や昇給などによりキャリアと共に年収を増やしていけるのがメリットです。 のトレーナーもこの区分に入ります。 しかし、会社やジムによって形態は異なりますがパーソナルトレーニング以外にもスイムやスタジオなどを行う 総合職を募集する場所が多いため、パーソナルトレーニングだけを行いたい方にとってはデメリットが多いかもしれません。 契約には、パーソナルトレーニングによるインセンティブが給与につかない形態もあるので、パーソナルトレーナーとして稼ごうと考えている方には合わない雇用形態です。 おおよそ手取り18~25万円が月収となります。 2-2.フィットネスクラブやマイクロジムと契約をする場合 現在活動しているパーソナルトレーナーの多くはこのタイプです。 個人事業主としてフィットネスクラブやマイクロジムと契約を結び、その施設内でパーソナルトレーニングを行う契約形態です。 メリットとしてはフィットネスクラブに通う運動意識の高いお客様に対して営業をかけることができ、施設も契約しているので準備する必要がありません。 そのため少ない投資でトレーナー活動をすることができます。 (契約金を払って活動するクラブもあります。 ) デメリットは、 クライアント様との契約が取れなければ収益が0円であること。 収益の数十%をクラブなどに納めなければならないこと(契約形態で値段は変わりますが、一般的には売り上げの60~80%がトレーナーの収益になります。 セッション料金が一律で設定できないこと。 営業など契約前の時間給が発生しないことなどがあります。 年収にすると 5,443,200円です。 サラリーマンの平均年収が414万なので、このペースで稼ぐことができればある程度食べて行くのに不安はないでしょう。 2-3.クライアント様と直接契約するフリーの場合 フィットネスクラブなど特定のクラブとは契約せずにクライアント様個人と契約を結び、パーソナルトレーニングを行う契約形態です。 この契約のメリットは クライアント様と直接契約ができるため、セッション料金が 100%入ってくること。 セッション料金を自由に設定できること。 契約クラブの営業時間に左右されず、早朝・深夜に関わらずクライアント様にあわせて仕事を行うことができる。 反対にデメリットとしては、クライアント様との契約が取れなければ収益が0円であること。 営業など契約前の時間給が発生しないこと。 クライアント様によってはセッション場所の提供を行う必要があることです。 年収にすると 11,664,000円-施設使用料となります。 このくらいになってくると年収1千万円プレーヤーの仲間入りです。 2-4.マイクロジムの経営者になる場合 最後はマイクロジムなどを経営してジムのオーナーになる方法です。 こちらは上記の3つの形態とは少し異なります。 メリットは、自身の経営ジムなので、機材から営業時間まで幅広く自分で戦略を立てることができること。 登録トレーナーを募れば、自分がセッションを行っていないときでも施設使用料として収益を得ることができることがあります。 反対にデメリットは、初期投資がかかること。 クライアント様の集客ができなければ継続することが難しいこと。 セッション以外の事務仕事が増えることなどがあげられる。 収益モデルは無限大です。 規模にもよりますが、月に 数百万円ほどの利益が上がることもあるでしょう。 以上がパーソナルトレーナーの年収の大枠です。 今回ご紹介したモデルケースはパーソナルトレーナーとして生計を立てている方のケースを参考数値として出しました。 目標数値として設定するにはリアルで肉体的にも実現不可能な数値ではありません。 ぜひ参考にしてみてください。 ここでは3つの方法についてここではお伝えします。 3-1.無資格で明日からトレーナーとして活動する 現在の日本のトレーナー活動は資格の有無にかかわらず行うことができます。 そのため、 「私はパーソナルトレーナーです。 」と明日から名乗って活動することも不可能ではありません。 しかし、 トレーナーはセッション中のクライアント様のカラダについて責任を持たなければなりません。 無資格で明日からトレーナーとして活動することは可能ではありますが、正しい知識を持ち合わせたうえで活動することが最低条件です。 3-2.現場で活動しながらひとり立ちしていく 先輩トレーナーやチームに帯同してトレーナー活動のキャリアをスタートし、 経験と共に独立していくモデルです。 トレーナーを目指す学生などが、学生トレーナーやインターンとして実業団やクラブチーム、大学の部活に帯同するのが主な活動方法になります。 これは資格の有無にかかわらず行うことができるため、キャリアを上げていく中で自信を高めていきたい。 勉強しながらキャリアを上げていきたい方のはおすすめな方法です。 しかし、チームなどに帯同するための入口は狭く入るためにはそれなりに 人脈が必要となることが多く、その部分が難易度が高いといえるでしょう。 大学や専門学校に入学、もしくはすでに実業団チームとの業務提携を結んでいる会社に就職やインターンとして入っていくことが主流です。 3-3.資格試験に合格してトレーナーとして活動する 現在日本には多くのパーソナルトレーナー認定団体があります。 定期的に認定試験を行っているところや年に数回など開催頻度は団体により異なりますが、その認定試験に合格してパーソナルトレーナーとしてデビューする方法です。 これにより所属団体より仕事の斡旋を受けることができたり、 大手フィットネスクラブとの契約に必要な資格として認定されている団体もあるため、資格を取得してトレーナーとして活動していくことは仕事を獲得を優位に進める一つのツールとなります。 しかし、認定試験や資格の維持などに費用が掛かるため投資費用などを用意する必要があります。 資格の種類や費用面でもう少し詳しく知りたい方は、当ブログをご覧ください。 4.初期投資はいくら必要? パーソナルトレーナーとして活動していくためにはどのくらいの費用が必要なのでしょうか。 ここではパーソナルトレーナーとして活動のスタートラインに立つために必要な大まかな費用を見ていきます。 4-1.無資格でパーソナルトレーナーになるには 資格を特に取得せずにパーソナルトレーナーとして活動していくための必要最低限な初期投資はおおよそ3~5万円程度です。 内訳としては ・ウエア 1~2万円 ・保険 年間1~2万円 ・解剖学などの学習書 1~2万円です。 トレーナーとして活動していくために必要最低限のものを準備するとなるとこのくらいの費用になります。 活動していくためには必ずウエアは数枚必要ですし、クライアント様に納得して運動してもらうためには基礎知識は最低限必要です。 学習費の投資も最低限行いましょう。 また、これからトレーナーとして活動していく方にとって疑問に思ったり抜けてしまいがちなのが、保険料です。 セッション中トレーナーの過失によりクライアント様にケガをさせてしまったとき、トレーナーはそれに対して責任を追わなければなりません。 正しい知識を持ち、細心の注意を払っていれば事故が起きることはあまりありませんが、もしもの時のために保険に加入しておくことをおすすめします。 筆者は経験がありませんが、トレーナー仲間に保険に加入していたために賠償できたという方がいらっしゃいました。 特にフリーで活動していこうと考えている方にとって保険の加入は必至です。 4-2.資格を取ってトレーナーにためには 資格取得をしてトレーナーとして活動していくための必要最低限な初期投資は15~30万円程度です。 内訳としては ・ウエア 1~2万円 ・保険 年間1~2万円 ・解剖学などの学習書 1~2万円 ・資格取得費 10~20万円です。 資格取得には大きくわけて2つあり、それにより資格取得費に大きな差が出ます。 ひとつは、資格取得に必要なゼミなどの事前講習などを受けて本試験に臨む方法です。 試験費、合格後の協会認定登録費のほかに事前講習費などがかかりますが、講師やほかの受講生と一緒に座学・実技の基本学習をスクール形式に学び、トレーナー活動の基盤を整えた上で試験に挑み、資格を取得していく方法です。 現場での指導経験などがなく、これから新しくトレーナー活動を始めたい方にオススメの資格取得方法です。 もう1つは、一発試験で合格し資格を取得する方法です。 これは試験費用と合格後の協会認定登録費のみで主に現場指導の経験があり、新しく活動範囲を広げていくために資格が必要な方にオススメな資格取得方法です。 資格によっては海外で取得するものもあり、それぞれの特徴をしっかりと調べたうえで資格取得を目指すことが必要です。 4-3.自分のジムを経営するためには 最後に自らジムの経営者になる場合に必要な初期投資は 200万円~2000万円程度です。 こちらに関しては初期投資額は経営する施設の規模により大きく変化していきます。 トレーニングマシンやウエイトラックなど1台数十万円になるだけでなく、重量の大きい資材などを使うため、床などの補修や施設管理費など初期投資のほかにもランニングコストがかかります。 将来自身でマイクロジムなどを経営したいと考えている方は、実際に現在経営者として活動している方にインタビューしてどのくらいの初期投資が必要か相談するとより明確になってくるでしょう。 5.知っておくと便利!手取り給与の見積もり額 パーソナルトレーナーで稼ぐ年収について、おおよその見方が上記でわかりました。 ここでは、実際にこれからパーソナルトレーナーとして活動したい人に向けて、手取り収入事例をご紹介します。 実際に契約しているトレーナーのモデルもありますので、参考にしてください。 そのような方のモデルケースをここではご紹介します。 曜日 業務内容 月 パーソナル5本・レッスン1本 火 パーソナル2本・レッスン3本 水 パーソナル7本 木 パーソナル4本・レッスン2本 金 レッスン5本 土 パーソナル2本 日 休み レッスン料金2500円 パーソナルセッション料金6480円(手取り75%)の場合。 単純計算ではこのくらいの値段になります。 さらに源泉徴収税額(10. 21%)を引くと、447,873円が手取り額になります。 この人がセッション数、レッスン数を一年間継続すると、手取り額5,375,676円になります。 拘束時間は1週間で40時間強。 一般のサラリーマンと同じ程度の労働時間での獲得賃金のモデルケースです。 曜日 業務内容 月 パーソナル5本(フィットネスクラブ) 火 パーソナル6本(個人) 水 パーソナル8本(フィットネスクラブ) 木 休み 金 パーソナル3本(個人) 土 パーソナル2本(フィットネスクラブ) 日 パーソナル5本(個人) パーソナルセッション料金6480円(手取り75%) 個人セッション料金9720円の場合。 単純計算ではこのくらいの値段になります。 さらにフィットネスクラブとの契約内業務の源泉徴収税額(10. 21%)を引くと、261,827円+個人分の税金を引いた金額が手取り額になります。 個人でのセッションの金額に関しては年末調整などで、源泉徴収税や所得税などの金額を納める必要があるので、収入に応じてこの数値は変動します。 筆者も収入が安定するまで、アルバイトと兼用している時期がありました。 曜日 業務内容 月 アルバイト8時間 火 アルバイト5時間 パーソナル2本 水 パーソナル5本 木 アルバイト8時間 金 アルバイト5時間 パーソナル3本 土 休み 日 休み パーソナルセッション料金6480円(手取り75%) アルバイト時給1000円の場合。 単純計算ではこのくらいの値段になります。 さらに所得に関わる税金などを収めた金額が手取り額になります。 以上3つのモデルケースをお伝えしました。 収入の参考にぜひご活用ください。 6.まとめ パーソナルトレーナーの一般的な年収は厚生労働省の発表ではほかの職業に比べて少し高い位置づけにされています。 しかし、トレーナーといっても多くの仕事の仕方、契約形態など様々な要因があるため収益の格差はある程度出てしまいます。 今回のモデルケースを参考に自分はどのくらい働いてどのくらいの対価を受け取ることができれば、満足いく年収にたどり着くかシミュレーションしてみましょう。 それをもとにトレーナーとしての事業計画を立てることがトレーナーとして活動していく原点になるでしょう。

次の

スポーツインストラクターの給料・年収

ジム トレーナー 年収

合わせて読みたい• ジムトレーナーの正社員の年収・給料の相場 初任給 新卒でフィットネスクラブに入社する場合、正社員であれば短大や専門卒の初任給で月収18~20万弱程度、大学卒であれば月収21万程度が相場になります。 年収に換算すると、 短大卒で250~260万程度、大学卒だと300万弱といったところです。 例として大手フィットネスクラブの一つである「ティップネス」の新卒採用ページを確認してみます。 経験者の年収相場 次に経験者の年収相場についてです。 ここでは転職ステーションの「ジムトレーナーの給与明細調査」に寄せられた給与明細を見てみましょう。 参考2名の給与明細はこちらをチェック ジムトレーナーとは、スポーツジムに所属しジムを利用するお客様にマシンの使い方やトレーニングの説明・指導をする仕事です。 今回はジムトレーナーのリアルな給与明細をご紹介します。 この2名の年収は、経験者ながら200万円台に留まっていますが、ジムトレーナーは専門知識を有する仕事の為、有資格者には資格手当が付いたり、経験・実績も給料に反映されやすい傾向にあります。 さらにフィットネスクラブの場合は、トレーニング指導だけでなく 役職に就いたり、トレーナーランクが上がってスタッフの新人研修などに携われるようになると、年収はもっと高くなることもあります。 転職ステーションに寄せられた、フィットネスクラブの勤務経験者の口コミを確認すると、 年収300~500万円の投稿も複数見受けられます。 【セントラルスポーツ】 ・経験を積んで、人材育成やアルバイトの面接・採用も担当し、年収400~500万円。 【スポーツクラブNAS】 ・販売のほか、新人研修も担当し、年収300~400万円。 (ジムトレーナーではなくフロントの例) 【THINKフィットネス(ゴールドジム)】 ・高卒入社で4年在籍。 役職が2つ上がり、給料もアップ。 在籍時の年収は200万~400万円で推移。 「個人ポイント」制度 「個人ポイント」という制度を設けている企業があります。 勤務で関わっているスタッフと上司の評価を行うというものです。 一般社員の場合には、一緒に働いているジムトレーナーと上司であるリーダーやマネージャーの評価を各項目ごとに5段階で評価し、フリーコメントとして自由記述を行います。 中間管理職のジムトレーナーの場合は、部下であるジムトレーナーの評価のほかにフロントスタッフの評価も行います。 また、上司であるマネージャーやエリアマネージャー、役員や取締役の評価も行います。 上司であるエリアマネージャーやマネージャーは、店舗に関わる全てのスタッフ及び取締役や役員の評価を行います。 この評価がポイントとしてカウントされ、賞与に影響が出ます。 当然評価ポイントが高ければボーナスも高くなりますし、低ければ下がります。 ただ、ポイントはあくまで評価の一部にすぎませんので、店舗の利益貢献度や勤務態度なども加味して総合的に評価され、賞与という形で支給されます。 福利厚生 福利厚生としてまず挙げられるのは、 勤務先のジムの利用が可能だという事です。 ジムに通うのにもお金はかかりますので、勤務時間外であれば無料で施設を利用できるというのは大きなメリットです。 物販を販売している企業では社割で商品を購入できるところもあります。 企業の中には、お金を払っているお客様と一緒にトレーニングをする事を禁止としている施設もありますが、そのような場合は福利厚生の欄に記載されている事がほとんどです。 ほかには福利厚生企業のアウトソーシング企業と提携しているところが増えてきています。 様々なレジャー施設やスポーツクラブ、スクールやホテルの宿泊、マッサージや整骨院の割引、商品の購入や映画のチケットの割引などのサービスを受けることができます。 補足:契約社員やアルバイトの給料 フィットネスクラブの初任給が比較的高めである一方で、知識や経験のないアルバイトを採用してコストダウンを図っている企業もあります。 施設の規模にもよりますが、正社員は店舗に1人、契約社員が3人~5人、他はアルバイトスタッフとしているところもあります。 この場合、契約社員なら月収20万前後が目安であり、賞与などはない企業が多いため、 年収換算で240万円程度というのが一つの相場になります。 【THINKフィットネス(ゴールドジム)】 ・契約社員で年収200万円台 また、下記は求人サイトに掲載されている契約社員の募集要項の一部ですが、こちらは契約社員ながら賞与があるやや珍しいケースです。 ただし、地域や担当職種(マシントレーニング担当、スイミングコーチなど)によって時給は変わります。 また、レッスン時には基本時給に数百円を加算するという形態もあります。 【コナミスポーツクラブ】 ・スポーツインストラクター・スイミングセクション所属、アルバイトで時給1,000円以上 参考コナミスポーツクラブの企業情報と口コミをチェック!• フィットネスクラブのジムトレーナーの場合、新卒の年収は250万~300万円弱だが、資格手当や役職手当、パーソナルトレーナーとしての報酬など、実績や経験に応じて昇給し、300~400万円程度の年収も見込める。 年2回のボーナスや決算賞与が支給される場合も。 福利厚生面では勤務時間外のジムの無料利用や、物販の社割購入などがある。 対象資格は施設によって異なりますが、 応募したい企業に合った資格を保有していることが高年収につながります。 そのほか、社内制度により社内試験が開催されトレーナーランクがつけられる企業もあります。 そういった場合は、社外の資格よりも 社内の試験で好成績を取得している方が、年収が高くなります。 また、JATI(日本トレーニング指導者協会)認定資格や加圧インストラクターなどの資格取得サポートを積極的に行っており、資格手当が支給される企業もあります。 健康運動増進施設で勤務する場合には、「健康運動指導士」を取得すると多少の資格手当が支給されることもあります。 更新に必要な単位取得のためのセミナー金額を負担してくれる企業もあり、出費を抑えることができます。 参考ジムトレーナーの転職や昇格と資格の関係についての質問 合わせて読みたい• お客様からの信用や信頼を得られれば、指名されてパーソナルトレーニングを行う事が出来ます。 企業により異なりますが、トレーナーランクが3~5段階ほどに分かれており、ランクごとにかかる費用が異なります。 この割合はトレーナーレベルや各フィットネスクラブの規定によって異なりますが、 プライベートレッスンを行っているジムトレーナーは年収が400万円を超えるケースもあります。 下記の口コミ投稿を見ると、勤務時間内のパーソナルトレーナーの活動によって報酬が得られ、年収は400~500万円であったことが分かります。 【THINKフィットネス(ゴールドジム)】 参考株式会社THINKフィットネス(ゴールドジム)の他の口コミもチェック!... また、ジムトレーナーがプライベートレッスンを受け持って得られる報酬の割合についてですが、正社員ではなく業務委託契約のパーソナルトレーナーによると固定給与がない分もちろんさらに上がります。 「報酬は売上金額の70%~85%」という例を一つ掲載しておきます。 接客をしてお客様にトレーニング指導を行いつつ店舗運営に携わるため、役職手当や業績手当が付きます。 もちろん売り上げが黒字でなければ業績手当は出ませんが、売り上げ目標達成に向けての取り組みやマネージメント能力というものが評価されます。 ジムトレーナーとしてのトレーニングの知識以外にもマネージメント能力も身に付けなければなりませんが、年収アップや将来のビジョンを考え、マネージメントについても学んでおくトレーナーは少なくありません。 転職ステーションの企業の口コミ投稿によると、 「顧客の運動指導、スタッフの育成に従事し、年収は400~500万円」という投稿があります。 「売上」「利益」「社員数」は連結データ。 (参考)2017年3月決算時の単体の社員数:1,019人... 更に、転職ステーションの調査による(決算データを公開している企業のみでランキング算出)を見てみると、1位のセントラルスポーツ、2位のルネサンスともに500万円を超えています。 もちろんジムトレーナーやフィットネスインストラクター以外の全職種の平均年収ではありますが、役職に就き、店舗管理や経営などマネジメント業務に携わることで、このような年収も狙える可能性はあり得ます。 回答としては、やはり昇格して役職に就いたり、資格手当によって昇給するという方法が一般的なようです。 合わせて読みたい• スタジオレッスンを担当する ジムトレーナーの業務の一環としてスタジオ指導を取り入れている施設もあります。 フィットネスジムの社員ではなく、企業と業務委託契約を結んだスタジオインストラクターがスタジオを担当するケースが多いのですが、スタジオレッスンの経験を認められて、ジムトレーナーをしながらスタジオレッスンの担当を任される場合もあります。 また、新卒採用で「専門職:スタジオレッスン(エアロビック・ヨガ・ダンス系)中心の業務」として募集している場合もあります。 レッスンの種類はエアロビクス、ステップ、筋力コンディショニング、フラメンコ、ヨガ、ピラティス、ストレッチ等様々ですが、 特殊なものや集客率が高いレッスンの場合には1レッスンの金額が高くなります。 ただし、経験や集客率によって大幅に変わります。 契約社員など時給計算の場合は、スタジオレッスン以外の時間は通常の時給で働くことなります。 一例として、こちらも正社員ではなく業務委託契約でヨガインストラクターのレッスンを受け持つ場合を見てみると、1レッスン数千円~1万円程度と幅広い単価設定になっています。 正社員でスタジオレッスンも受け持つ場合の目安にはなりそうです。 参考ヨガインストラクターの年収・「1レッスンの単価・時給の相場」もあわせてチェック.

次の