アバロン 宮殿。 [B! Bookmarks] アバロン宮殿

時を経ても色褪せぬ想い

アバロン 宮殿

同じクラスではあるが、性別によって役割が分かれているのが特徴。 男は戦士型だが他の戦士に比べて術威力も高い魔法戦士といった能力で、女は術特化型。 どちらも素早さと器用さは低く、武器と術両方の初期値が高め。 固定装備の盾は装備の邪魔にはなりにくいが、ただでさえ低い素早さを更に低下させてしまう。 最初から鈍足と割り切っておくといい。 龍陣や稲妻の陣形で戦うと鈍足を補いつつ盾を活かすことも可能。 加入条件:サイフリートを倒してカンバーランドを制圧する。 カンバーランド滅亡ルートの場合、男の方はピーターが最初になる 後でゲオルグもちゃんと出てくる。 加入失敗:カンバーランドを滅亡させずにトーマを救出するところまで進め、サイフリートを倒さずに他のエリアに移動し、 「ソーモンかマイルズから船でダグラスに入る」と制圧できなくなり、仲間にもならなくなる。 固定装備:聖騎士の盾• 技能適性:自己申告は剣が得意。 言葉通り全員が剣技能を持ち、聖騎士の盾を活かすためにも剣(片手武器)を使わせるのが基本。 しかし閃き面では剣得意なキャラは少なく、なるべく道場に良い剣技を登録してから起用したいところ。 なぜか半数が斧槍型だが、ポールとウルバンは技能がない。 ゲオルグは斧で戦うのもあり。 槍もいいが盾が使えなくなる点は注意。 腕力とLPがかなり高いほか、理力が最低レベルなので魔力の割に術威力が高い傾向にある。 その恩恵を最も受けているのがベネディクトで、術士として扱っても問題ない術威力を誇る。 そこそこの魔力に剣技能を兼ね備えているので、空圧波や風狼剣等の魔力依存剣技も使いやすい。 最終メンバー候補としても有力なクラスだが、最高腕力の二人より1劣るゲオルグの方が何かと扱いやすくはある。 技能適性:棍棒型・術士型が半々。 技能は合っている。 魔力だけが高くて他は全部低い、と考えて差し支えないクラス。 技能は統一されている。 マチルダを除いた7人が術威力40超えという、非常に高い水準の数値。 腕力は低いが斧技能も高いので、閃き不適でも補助技などに活用すると良い。 最新の10件を表示しています。 最終皇帝で滅亡時に領土化しても男女ともに加入するんじゃないの?男の一人目がピーターになるだけで -- 2017-01-26 木 08:46:27• -- 2017-07-29 土 16:40:43• こいつら名前のモチーフ聖人なのね -- 2018-08-31 金 14:42:17• 男はインペリアルガード加入までの重戦車枠として使える他、回復用としては十分な術威力があり活躍の場は広い。 女はそのまま術師として。 魔力が高いが他が低過ぎて最終盤だと色々問題。 -- 2019-01-06 日 05:47:59• ホーリー男とガード女は腕力と魔力両方あるから両刀できるのと術の回復力が強いから後衛に向く -- 2019-10-13 日 19:59:19• フォーファーとネラックが出てない状態で王様と話して「もう会った」を選択してトーマ以外を選んで話を進めると、フォーファーが出なくなる。 多分ホーリーオーダー女が仲間にならない。 -- 2019-10-31 木 11:29:45• 滅亡してなければカンバーランドイベントクリア後のダグラスで女性NPCの「フォーファーにも港がありますよ」と言う台詞でフォーファーが出せるはずだが。 -- 2019-11-01 金 21:48:58.

次の

[B! ロマサガ2] アバロン宮殿

アバロン 宮殿

ひらめき調査 各キャラクターごとに、どの技をひらめくことが可能であるかを調査します。 調査の方法はアバロン宮殿の参謀本部およびゾロさんのひらめき調査を参考にしています。 調査に使ったデータはスタート直後から一度も武器を使わずにすすめたものです。 技道場には最初からある技といくつかの見切り技以外登録されていません。 調査の目的は、全キャラ全武器系統を網羅することによって、 何が得意なのかわからない 笑 軽装歩兵の本当に得意な技や、 ハクゲン 軍師 やサファイア 宮廷魔術士 等の「ズレた」技ひらめきを持つキャラを 見つけ出すことです。 調査は、魔女のほこらのカイザーアントを相手に、ミサイルガードとソードバリアで 安全を確保してから各系統の最も弱い武器 長剣、大剣、戦斧、メイス、ロングスピア、 フルーレ、長弓 で素振り 技を使わない通常攻撃 を規定回数行いました。 体術に関しては、パンチの他、キックからの派生も同様に調べました。 素振りの回数は一回あたり20回とし、一回の調査が終わればリセットしてから 再び調査を再開します。 1キャラ1系統あたり3回調査を行いましたので、 合計で60回の素振りをしたことになります。 素振りからひらめくことが難しいと言われる技については十分な調査結果は得られませんが、 これらの技の調査は他の方が完遂されるであろうと期待して、今の段階では本調査では 追求しません。 ひらめいたことは表記しますが、解析時にはこれらの技を考慮から外すことになります。 ひらめき高難度の技は現在のところ、不動剣、活人剣、ヨーヨー、スカイドライブ、イヅナ、活殺破邪法が当てはまります。 調査をすすめていくうちに増える可能性もあります。 その場合は、リセットせずに 技を覚えたままで 次のカイザーアントと接敵し、 不足の素振り回数を埋めます。 戦闘は2回分ですが、合計で1セットとみなします。 乱数の種の変化など気になる点はありますが、 考察の際は覚えた確率よりも覚えたか否かのみを扱っているので、 大勢に影響はないと判断します。 回数以外の条件は同じにし、覚えることだけを確認します。 クラス別ひらめき調査結果 20回素振り3セット中に各技を何回ひらめいたかを表にしてあります。 星の数は技の閃き易さに関係があるかもしれませんが、 この精度では閃くか否かの判断くらいしかできないでしょう。

次の

「帰ろうか、アバロンへ」ロマサガ2攻略リンク

アバロン 宮殿

本文に入る前にまず、理解する上で欠かせないいくつかの用語を解説しておきます。 「年代ジャンプ」 字幕チェックポイント(以下CP、後述) ただし浮上島の字幕を除く。 以下も同様 を通過したとき、 「〜年後」と表示されて、皇帝の継承が行われることがあります。 これが年代ジャンプです。 また、 字幕無しにジャンプすることはあり得ません。 年代ジャンプによる影響の説明は省きます。 「イベントポイント」 簡単に言えばイベントをランク付けしたものです。 『ジャンプする可能性があるか』の判定はこのポイントの合計によって決まります。 ついでに述べておくと、イベントのクリア手順や組み合わせなどはジャンプの判定には 関与しません。 あくまで、その年代でのポイントの合計です。 「戦闘回数」 以下の文章で「戦闘回数」と言う語は 「今の年代での戦闘回数」を指すこととします。 プレイ開始時からの戦闘回数は「累積戦闘回数」「総戦闘回数」等の呼び方が適当かと思います。 「年代」とはジャンプしてから次にジャンプするまでの間を指します。 つまりジャンプをするとまた0回からの数え直しとなります。 ただし、戦闘回数が10回未満の時に非字幕CP ポイント表参照 でポイントが加算された場合戦闘回数が 10回に補正されます。 1ポイント加算 次の戦闘は11回目の戦闘ということになります。 また、ジャンプの年数は戦闘回数によって決定されます。 戦闘回数による判定の説明に移る前に 「イベントポイントが加算される時点の種類」について解説しておきましょう。 イベントポイントが加算される時点は、その特性により「字幕」と「それ以外」の2種類に分けることが出来ます。 年代ジャンプは、字幕CPを通過した時点で一定の条件を満たせば起こります。 その条件には次のようなものが考えられます。 七英雄を(クジンシータイプ1を含めて)5人以上倒していること• その世代でのポイントの合計が15ポイント以上であること 以上の二つは戦闘回数が何回であろうとジャンプを起こします。 条件1はポイントの合計にも関係なくジャンプします。 その後、最終皇帝が登場します。 その年代でのポイントの合計が8〜14ポイントであること この条件3の場合、必ずジャンプすると言うわけではありません。 「する可能性がある」だけです。 戦闘回数によって、「するか・しないか」の判定が行われます。 判定の方法については、後段で詳しく書きます。 注:条件2・3の「ポイントの合計」にはその字幕CPによるポイントも含まれます。 よって、七英雄を5人以上倒しておらず、ポイントの合計が7ポイント以下の場合は ジャンプは起こらないと言うことになります。 この項では条件3 その年代でのポイントの合計が8〜14ポイント での 戦闘回数による判定について解説していきます。 条件3の場合、戦闘回数が240回に達するまでは 「戦闘回数を16で割った余り」が 「字幕が出る前のポイントの合計 以下」ならば「ジャンプする」、 「字幕が出る前のポイントの合計 より多い」ならば「ジャンプしない」 と判定されます。 また、戦闘回数が240回に達した後は全て「ジャンプする」と判定されます。 注: 「余り」=「字幕が出る前のポイントの合計」の場合も 「ジャンプする」と判定されます。 ジャンプ年数は その年代の 戦闘回数によって決定されます。 注:戦闘回数が補正された場合、ジャンプ年数の決定にも補正されたものが使われます。 戦闘回数についての詳しい説明は「用語解説」の頁を参照して下さい。 「戦闘回数」とジャンプ年数の関係 「戦闘回数」とジャンプ年数の関係は次のようになっています。 1年ジャンプ クジンシータイプ1を倒した時(ジェラールが皇帝の時のみ) レオンブリッジ命名時 術法研究所発注時 帝国大学発注時 アバロン新市街発注時 コムルーン火山大噴火時 コッペリア即位時 ノエル打倒時(ラストダンジョン除く) ダンターグ撃破時(ラストダンジョン除く) スービエ撃破時(沈没船でのみ) 字幕CPを通過したが年代ジャンプしなかった時(最終皇帝以外の時) 2年ジャンプ 字幕CPを通過したが年代ジャンプしなかった時(最終皇帝の時) ちなみに、1年ジャンプのノエル打倒、ダンターグ撃破、スービエ(沈没船)撃破は、七英雄を倒した時(直後)に字幕がでない場合(ラストダンジョン除く)とも考える事が出来ます。 溶岩を固めたときに字幕を出すと噴火を阻止したときには字幕は出せません。 注2 これらのイベントは字幕CPが消えてしまう可能性があります。 注3 最終皇帝までに沈没船イベントが発生せず、直接氷海でスービエを倒した場合は、 スービエ(氷海)が南ロンギットの字幕CPの出現条件となります。 注4 このイベントは最終皇帝専用です。 そのため、イベントポイントの値は不明です。 注5 実際には封印の地〜クジンシー(タイプ1)までの間に5ポイント加算されている事と 封印の地からマップに出たとき(からウオッチマンの巣に行くまで)にポイントが入っている ことが分かるのみです。 この表でのポイントの振り分けは予想です。 注6 これらナゼールの3ダンジョンのポイントは倒したボスの種類とは無関係です。 たとえそれがダンターグであってもです。 注7 この場合はすでにギャロン亡霊を倒しているので、 スービエ(沈没船)を倒した時点で沈没船でのポイントは合計12ポイントとなります。 イベントポイントの入らないイベント 術法研究所等の施設建設 インペリアルガード結成 コッペリア即位 レオンブリッジ建設・崩壊 魔石事件 メッシナ鉱山 子供と子ムー救出(ダンターグを他のダンジョンで倒した場合) 人魚薬作成関連 海の主打倒or和解 デューンウォーム スプリガン コムルーン海峡突破 テレルテバの塔2・3 コムルーン火山噴火 浮上島(魔道士を倒す倒さないに関わらず。 また、字幕も0) 魔道士の砦 守護者 アマゾネス救出 エイルネップ神殿奥のロックブーケ配下(蛇系) 詩人の楽器集め チョントウ城 ハクロ城 以下省略.

次の