ウイイレアプリ ダブルタッチ。 【ウイイレアプリ2020】おすすめの操作タイプと操作方法まとめ|ゲームエイト

【ウイイレアプリ】バリオスの最新評価とレベマ能力値&確定スカウト | GameNote

ウイイレアプリ ダブルタッチ

ここから記事本編です! 手順 普通にゲーム開始。 この画面で「エクストラ」を選択します。 「エクストラ」を選んでこの画面になったら、右下の「サポート」をタップします。 画面左上の「データ連携」をタップします。 メッセージをよく読んで、「OK」をタップします。 データ連携をする先を選択します。 「Google Play」か「KONAMI ID」でデータ連携をするかを選択します。 KONAMI IDとは何か? KONAMI IDとは、コナミグループが提供するオンラインサービスを利用するための専用IDです。 KONAMI IDへe-AMUSMENT PASSを登録すると、ゲーム機以外でも、コナミの様々なコンテンツサービスを楽しめる様になります。 プレイデータなどの自分専用のデータを見られたりします。 KONAMI IDを作るには必要なものが2つあります。 それは生年月日とメールアドレスです。 登録は、5分程度で済みます。 生年月日は、問い合わせ時の本人確認で使用したりします。 データ連携 KONAMI IDでデータ連携 IDが完成したら、データ連携しましょう。 ゲームを起動したら、次のように進みます。 「エクストラ」、「サポート」、「データ引き継ぎ」です。 ここで「KONAMI IDでデータ連携する」を選択すると「My KONAMI」のページに遷移します。 ここでIDとパスワードを入力してログインすればOKです。 Google Playでデータ連携 Google Playで連携する場合は、面倒な事も無く、すんなりと連携出来ます。 手順も簡単です。 「エクストラ」を選択します。 そして、サポートを選択します。 この画面になったら、「データ連携」を選択します。 ここまでは「KONAMI ID」の時と同じです。 「Google Playでデータ連携をする」を選択します。 これだけでOKです。 連携が成功すると、画面のように緑のチェックがあらわれます。 何のためにデータ連携をするかというと、機種変更などでデータ移行が必要になった時などに、データを引き継ぐために必要になるからです。 そうすると、このような画面が表示されるので、「データ引き継ぎ」をタップします。 「KONAMI IDでデータを引き継ぐ」か、「Google Playでデータを引き継ぐ」のどちらかを選択します。 引き継ぎが成功すると、この画面になります。 引き継ぎ回数には制限が有り、この画面によると、あと9回引き継ぎが出来るようです。 引き継ぎ回数は月1回リセットされます。 つまり、データの引き継ぎは、1ヶ月に10回まで出来るという事です。 引き継ぎが終わったので、「OK」をタップします。 このメッセージが出たら、「OK」をタップすると、引き継ぎ収入です。 ゲームデータを引き継いで、ゲームが再開出来ます。 データ引き継ぎのやり方はわかりましたでしょうか。 スマホやタブレットのアプリは操作がわかりづらい事があります。 きちんとしたマニュアルが無い事もあって、操作に戸惑ってしまいます。 WindowsやMacのアプリケーションと違って、アイコンやメニューの表示が斬新なので、何をどうやれば良いのか、理解できないときがあります。 兎に角触ってみなければわからない時があります。 この記事を書く時も、アプリをさわりまくって書いています。 そうしなければ、なかなか要領がつかめません。 操作のたびに確認してきたり、戻るボタンで戻れるようになっているから、安心して操作ができます。 良くメッセージを読んで、不用意に「OK」をタップしなければ良いだけなのですが、このアプリは、そういった所がよく出来ているように思います。 ですが、タイトル画面のアイコンはわからずに苦労しました。 パソコンと違って画面の狭いスマホなどで操作するように設計された画面なので、スッキリとしたデザインになっているのですが、慣れないと解りづらい事があります。 慣れてしまえば、これほど見やすいデザインはないのですが、慣れるまでに苦労するかもしれません。 フェイントやり方・ダブルタッチのやり方 ダブルタッチについて 「ダブルタッチ」って、ドリブルのフェイントの一種です。 ボールを奪いに飛び込んできた相手を抜き去る際に使用する技です。 実際のサッカーでの「ダブルタッチ」は、インサイドでボールを横にタッチしてスライドさせて、すぐに逆足のインサイドでボールを前に繰り出して相手を抜き去るテクニックです。 両足のインサイドを使って相手を抜くという、テクニックですが、上手に抜き去るには、体重移動や、相手との距離感など、練習が必要です。 このゲームでは、 スキルである「ダブルタッチ」を持つ選手にしか出来ないアクションです。 スキルを持たない選手では出来ないので、事前にスキルを確認しておきましょう。 操作方法 アドバンス 操作方法ですが、 操作タイプがアドバンスの場合は、右画面をタップした後にすぐに左画面をワイプすると、発動します。 素早く入力する必要があります。 クラシックタイプの操作よりも簡単に技を出す事が出来ます。 操作方法 クラシック 操作タイプがクラシックの場合は、ダッシュボタンを押した後すぐに移動カーソルをフリックすると、ダブルタッチが出来ます。 こちらも素早い入力が必要になりますが、操作自体は簡単です。 技を出すタイミング 「ダブルタッチ」は、ボールを奪いに来た相手を抜き去る技なので、相手がボールを奪おうと急接近してきたタイミングで行う事で、ボールを奪われずに、横をすり抜ける事が出来ます。 技を出すタイミングは、かなりの至近距離でないと、ボールを奪われてしまいますから、練習が必要になります。 「ダブルタッチ」はトラップをする際にも有効なテクニックです。 「パス」を「ダブルタッチ」でトラップする事で、素早くその場から移動する事が出来ます。 それと、パスの隙を狙ってボールを奪おうとする相手を躱す事も出来ますから、パスの際に意識してみましょう。 フェイントのやり方 フェイントは、どの選手でも出来ます。 フェイントは、特定操作の他にも、選手の持つスキルでも可能です・ 操作方法 アドバンスの場合 フェイント 躱したい方向に、左側をフリックする。 キックフェイント 右側をタップして、すぐに左側をフリックする。 操作方法 クラシックの場合 フェイント ドリブル中に、スティックを逆方向にフリック。 キックフェイント シュート後に、スティックを逆方向にフリック。 技を練習したい場合は クラブハウスを選択して、「練習」をタップします。 どちらでも良いので、一方をタップします・ 「操作チュートリアル」を選択すると、次の画面になります。 「フリー練習」を選択すると、次の画面になります。 メニューのどれでも良いから選択します。 画面の右上のアイコンをタップします。 そうすると、こんな画面になります。 ここから、「チュートリアルリスト」を選択します。 そうすると、下のリストがあらわれますので、練習したい項目をタップします。 リストをスライドすると、隠れたメニューが表示されます。 手順が複雑な気もしますが、これで様々な練習が出来ます。 グラフックスも素晴らしく、キャラアニメーションも細かいです。 視線の位置や向いている方向や、利き足なども考慮して、パスやシュートをしないと、上手くいかなかったりしてリアルな動きをします。 それだけ造作が複雑で、細かいですが、やり込み要素のあるゲームです。 操作を覚えて上手くなれば、その分充実感があるので、是非練習して上手くなってください。 操作方法のお薦めは、スマートフォンや、タブレット向けに考えられている、「アドバンス」モードをお薦めします。 「クラシック」だとプレイしにくい場面でも、「アドバンス」なら楽が出来ます。 是非試してみてください。

次の

【ドリブル好き必見!】ネイマール風ダブルタッチ持ち選手37名!スパサブ持ち選手も 【2020】

ウイイレアプリ ダブルタッチ

ネイマールが特殊ダブルタッチができない!? いやーマジびっくりしましたね。 まさかのネイマールが特殊ダブルタッチができなくなったんです! でも、安心してください! ユーチューバーのぼくくんゲームさんが解決してくれています! 方法は簡単です。 「引継ぎ選手のネイマール」では特殊ダブルタッチができないようです! その代わり、 「スタンダード選手のネイマール」は特殊ダブルタッチができます!! スタンダートとは、2020になってからガチャなどでゲットするるか、非搭載交換でゲットしたかの2択です。 そうじゃない人は、 がんばってガチャで当てるか、3人かぶらせてトレードしましょう! <ぼくくんゲームさんの動画はこちら> ウイイレアプリ2020でネイマール特殊ダブルタッチができる選手はこちらです。 <ネイマール特殊ダブルタッチのできる選手(32名)> 選手名 総合値LV1 1 チアゴ・アルカンタラ 88 2 イスコ 86 3 ニコラ・ぺぺ 84 4 タイソン 82 5 エヴェルトン 82 6 サンチョ 82 7 ペレイラ 81 8 ヴィニシウス 81 9 ホアキン 80 10 グラデル 80 11 ボウデボーズ 79 12 スアレス 79 13 ディオゴ・ジョタ 79 14 バルガス 79 15 ボウフェル 78 16 ドミンゲス 78 17 エミュル 78 18 エリア 77 19 ケント 77 20 ミトリータ 76 21 モア 75 22 ゴンサロ・マロニ 74 23 フェアハート 74 24 ウルジ 74 25 マテウス・マルティンス 74 26 アランギエス 70 27 サコ 69 28 マルコス・シプリーノ 69 29 ダラミー 69 30 ディアルバ 68 31 シナー 67 32 ヴィクトール・ルイス 61 僕もこの中で8人の特殊ダブルタッチがいたので、使っていきたいと思います。 個人的には以下の5人はおすすめですね。 チアゴ・アルカンタラ• イスコ• ニコラ・ぺぺ• サンチョ• ヴィニシウス さらに以下の2人もおすすめです。 おそらくいずれビッグになる選手です。 ゴンサロ・マロニ• ライアン・ケント 試しにちゃんとでるか試してみましたが、全員大丈夫でした! その時のチームです。 <特殊ダブルタッチイレブン> CB以外は全員特殊ダブルタッチ持ちです。 みなさんも、ぜひ特殊ダブルタッチを楽しみましょう! ネイマール特殊ダブルタッチは他にも方法が!?.

次の

白玉選手がネイマールに変化?固有ダブルタッチが出来る選手紹介【ウイイレアプリ2020】

ウイイレアプリ ダブルタッチ

この記事の目次• ウイイレアプリ2019 『デニウソン《レジェンド》』の最新評価 選手名 評価ランク デニウソン A デニウソンの簡易評価 デニウソンの特徴はズバ抜けたドリブル能力です。 ダブルタッチ 素早いダブルタッチができる。 エラシコ エラシコができる。 ルーレット ボールタッチで特殊なルーレットができる。 シャペウ 三日月ターン・ブーメラントラップができる。 エッジターン 素早いエッジターンができる。 軸裏ターン キックフェイント(軸足裏)ができる。 軸足当て 軸足当てができる。 足裏コントロール トラップやターン時に足裏を使ったボールコントロールが増える。 シュート系スキル スキル名 スキル内容 ヘッダー ヘディングで正確なシュートを打つことができて叩きつけも出やすくなる。 コントロールカーブ ミドルレンジからカーブをかけた正確なシュートを打てる。 コントロールループ 正確なループシュートを打てる。 無回転シュート 無回転シュートが打ちやすくなる。 ドロップシュート ゴールキーパー手前でバウンドするような縦回転の鋭いシュートを打てる。 ライジングシュート 低い弾道から伸びる上がるような鋭いシュートを打てる。 アクロバティックシュート 難しい体勢からでも足を使って正確なシュートを打てる。 ワンタッチシュート ワンタッチで正確なシュートを打てる。 PKキッカー PK時にシュートの精度が高くなる。 パス系スキル スキル名 スキル内容 ワンタッチパス ワンタッチで正確なパスを出せる。 バックスピンロブ 前方へのフライパス・フライスルーパスでバックスピンをかけた正確なパスを出せる。 ピンポイントクロス カーブをかけた正確なクロスをあげることができる。 ノールックパス 視線で相手を惑わせて意表をつくパスを出せる。 低弾道ロブ 状況に応じて弾道の低い正確なフライパスを出せる。 アウトスピンキック 長い距離でもアウトサイドを使ってスピンをかけた正確なシュート・パスができる。 ラボーナ ディフェンスのタイミングを外すようなシュート・パス(ラボーナ)ができる。 ディフェンス系スキル スキル名 スキル内容 マンマーク マーク相手からマークを外されにくくなる。 インターセプト インターセプトをしやすくなる。 チェイシング 前線から相手のボールホルダーに対して積極的にプレッシャーをかける。 アクロバティッククリア 難しい体勢からでも足を使って緊急回避のクリアができる。 ゴールキーパー系スキル スキル名 スキル内容 低弾道パントキック 弾道が低く正確なパントキックができる。 高弾道パントキック 弾道が高く相手陣地深くまで届くパントキックができる。 GKロングスロー ゴールキーパーのスローの飛距離が伸びる。 PKストッパー PK時にセービングの反応が良くなる。 その他スキル スキル名 スキル内容 ロングスロー ロングスローインの飛距離が伸びる。 マリーシア ボールキープ時にファールを貰いやすくなる。 キャプテンシー キャプテンとしてピッチ上にいることでチーム全体の疲労の影響を受けにくくなる。 スーパーサブ 試合終盤で選手起用されると能力が上昇する。 闘争心 周囲のプレッシャーに左右されず安定したプレーができて疲労の影響も受けにくくなる。 ワンタッチパス• エッジターン• 軸裏ターン• アドリアーノ• アルバロ・レコバ• アレッサンドロ・デルピエーロ• イバン・サモラーノ• エステバン・カンビアッソ• カフー• ガブリエル・バティストゥータ• クリスティアン・アッビアーティ• ジーダ• ダニエレ・マッサーロ• デイヴィッド・ベッカム• デヤン・スタンコヴィッチ• 中田英寿• ハビエル・サネッティ• パヴェル・ネドヴェド• パオロ・マルディーニ• パトリック・ヴィエラ• フランコ・バレージ• フランチェスコ・トルド• フランチェスコ・トッティ• マルセロ・サラス• ユーリ・ジョルカエフ• ロナウジーニョ・ガウーショ• ルート・フリット• ワルテル・サムエル.

次の