コロナ イブプロフェン 系。 コロナウイルスにかかったら飲んではいけない!イブプロフェン市販薬一覧|ごぶろぐ

「イブプロフェンで新型コロナが悪化する?」臨床医に聞いて分かった“飲んではいけない薬”の真偽

コロナ イブプロフェン 系

【この記事は3月15日アップのの続編です】 【注!】慢性疾患で、医師の処方でイブプロフェンを服用している人は、勝手に中断せずに、必ず医者に相談してください。 あるいは、具合が悪くなってきているのに自己判断で飲み続けないで、必ず医者に相談して下さい。 なぜこれほど静かなのだろう。 ネット上では、もっと識者や関係者から反論が起こると思っていた。 この奇妙な沈黙は何なのだろうか。 前回の記事には、発表の1日後に追記を書いた。 ツイッターを通じて、沢山の方から意見が出されました。 その中で、複数の方が発言している気になったものがありました。 特に「この記事に書いてあることは、コロナに限らずインフルエンザ全般に言えることである」「飲まないのは当然」という発言は、真偽と理由が知りたいです。 「イブプロフェンは、子供や妊婦には投与されず、アセトアミノフェン(パラセタモール)が使われる」というリツイートも多かったですし、「発熱とは、体が体温を上げることで免疫力をあげて、病気に対抗しようとしている現象である。 むやみに薬で解熱させるのが良いとは限らない」という意見も複数ありました。 これらの理由を、日本の政治家、厚労省、医療団体や関係者に説明してほしいです。 大きな声で、公けに。 個人の努力というより、しかるべき機関として。 季節の変わり目ですし、体調を崩しながらも、できるだけ不要な外出を控えて不安な思いでいる国民に聞こえるように、はっきりと説明してください。 それは政治家や厚労省、医療団体、関係者、そしてメデイアの義務ではないでしょうか。 その答えになっていると思えるフランス発の記事があったので、翻訳して紹介する。 グーグルフランスで上位に来る記事なので、フランス語話者に大変多く読まれている記事だと思う(フランス語情報は、フランス語圏のベルギーやスイス、カナダの一部、ルクセンブルクなどにすぐに伝播する)。 人間は動物なので、人種によって多少なりとも違いはあるかもしれないとは筆者は思っている。 でも、日本のしかるべき機関は、このような具体的なメッセージを、この非常時に国民全員に届くように努力をして発信してくれない。 以下の記事は、少なくとも参考にはなるはずだ(最終的な判断は、読者の信用する医師の判断にゆだねます)。 ものである。 タイトルは 「コロナウイルス:イブプロフェンとその他の非ステロイド系抗炎症薬に対する警告」。 非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)とは、イブプロフェンやアセチルサリチル酸(アスピリン・バファリンは商品名)などが有名である。 他にもロキソプロフェン(ロキソニン)、ケトプロフェン、ジクロフェナクなどがある。 これらの成分は、市販薬に含まれている。 ネットで、これらの成分と「市販薬」という語を一緒に検索すると情報が出てくる(信用できるサイトを見て、薬の箱や説明書で確認してください)。 正直言って、筆者は今大きなショックを受けている。 フランスでは、新型コロナウイルスの問題が起きるずっと前から、国の機関が、非ステロイド系抗炎症薬が感染症を悪化させる役割について調査をしていたのだ。 そして、2019年の4月に調査結果を発表。 同庁は「リスクがある薬を、一般市民が自由に買えないようにするべきである。 薬局でカウンターの後ろにおいて販売するべきだ」と望んでいた。 そして今年の1月から実現している。 日本と何という違いだろう。 読みにくいところがあると思うが、ご容赦頂きたい。 以下、記事翻訳です(見出しは筆者)。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー アセトアミノフェンは1日3グラムを超えてはいけない 噂は、まず医者の間で流れ、次にソーシャルメディアで広まりました。 その後、保健当局(複数)、厚生大臣、保健長官によって警告がなされました。 3月14日土曜日、オリヴィエ・ヴェラン厚生大臣はツイッターで呼びかけました。 「抗炎症薬(イブプロフェン、コルチゾン・・・)の服用は、感染症を悪化させる要因となる可能性がある」「熱があるときにはパラセタモール(別名:アセトアミノフェン)を服用するように」と求めています。 「非ステロイド系抗炎症薬の使用に関連していて、重篤で望ましくない事例が、新型コロナウイルスの可能性がある患者、または確認された患者で報告されています」と、ジェローム・サロモン Jerome Salomon が、Linkedinで追加説明しました。 (訳注:サロモン氏は、フランス厚生省の長官で、伝染病の専門家。 WHO/世界保健機関では定期的にフランス代表をつとめる)。 「新型コロナウイルス、またはその他のウイルス性呼吸器感染症について、副作用に耐えうる度合い(忍容性)が低い発熱または痛みの治療には、パラセタモール(アセトアミノフェン)が使われています。 そして「自己判断によるすべての投薬を避けてください」と付け加えた。 (訳注:忍容性に関する説明は、) 慢性疾患の場合は勝手に服用をやめないこと ただし、特定の慢性の病気では、これらの製品の服用を停止するのは注意してください。 服用が必須である可能性があるからです。 もしあなたのかかりつけ医師が、非ステロイド系抗炎症薬、またはコルチゾンを処方している場合は、別の指示が出ない限りは、やめないでください。 「良いメッセージとは、自己判断で服薬するのはやめること、発熱や呼吸器に関する兆候がない限り、これらの慢性病の治療を突然中止しないことです」と、リール大学病院センターの救急緊急部長のパトリック・グロドスタインは、ツイッターで警告しました。 さらに、パラセタモール(アセトアミノフェン)の過剰摂取には注意してください。 処方箋がない場合、推奨される最大の用量は、1日あたり3グラムです(よく信じられがちな4グラムではありません)。 6時間あけて服用してください。 原因の解明の難しさ 情報は現在、集中治療室入院をした患者に対する観察のみに基づいています。 医師達は、そこで「大量の非ステロイド系抗炎症薬の服用」について報告しています。 特に併存疾病のない若者で、重篤な状態になった患者についてです。 しかし、重篤な状態の患者が、他の患者よりも多くの非ステロイド系抗炎症薬を服用したかどうかは、不明です。 これらの製品は、非常に広く自己判断で使用されています。 非ステロイド系抗炎症薬を服用していても、命にかかわらない状態の患者は、おそらく医療関係者のレーダーの下を通りすぎるだけでしょう。 そのため、これらの薬が本当にこういった重篤な状態の原因かどうかを知ることは、現状では困難です。 これらの薬 下記リスト参照 は、発熱や痛みに対してとても効果的であるため、自己判断で頻繁に使用されています(イブプロフェンは、毎年約5千万箱販売されると言われる)。 しかし、感染病では潜在的な危険があることが知られています。 パラセタモール(アセトアミノフェン)よりも効果的ですが、同時にリスクも高くなる可能性があります。 炎症を薬でとめる大きなリスク どういう意味か説明します。 炎症は、感染に対する身体の正常な反応であり、警告のサインです。 したがって、抗炎症薬を服用すると、免疫システムの反応を弱め、病原体の侵入に対する身体の反応が妨害されるだけではなく、何よりもどのくらい深刻かを示すサインが隠されてしまい、診断と治療が遅れてしまいます。 同じプロセスがコルチゾンでも観察されており、副腎皮質ステロイド療法を受けている患者は、感染のリスクが高いことが知られています。 非ステロイド系抗炎症薬の中には、「バクテリア(細菌)の肥料」になる可能性があるものもあります。 このことは最近、弊誌(Le Figaro で、Annie Pierre Jonville Bera博士によって報告されました。 彼女はトゥールの医薬品安全対策地方センターの責任者です。 「動物実験では、抗生物質があっても、イブプロフェンが特定の細菌の増殖を促進することを示しています。 おそらく、接着(adhesion)、ゆえに増殖に関与するタンパク質であるビメンチンを、イブプロフェンが変形させるためと思われます」。 医師には知られている事実 このことは、医師にとって驚くようなことではありません。 自己判断で広く使用されている非ステロイド系抗炎症薬(アスピリン、イブプロフェン、ケトプロフェン、ジクロフェナクなど)は、すでにフランス医薬品・保健製品安全庁(ANSM)からの警告の対象となっています。 昨年2019年4月、同庁は、最も使用されている2つの薬(イブプロフェンとケトプロフェン)の、しました。 結論は「感染症の際、これらの非ステロイド系抗炎症薬が、病状を悪化させる役割を示唆している」。 したがって、同庁は今年1月に、薬局でこれらの薬を自由に買える方式を廃止しました。 今でも鎮痛剤(36のパラセタモール/アセトアミノフェンが主成分の薬と、46の非ステロイド系抗炎症薬が主成分の薬)は処方箋なしで買うことができますが、カウンターの後ろに置いてあり、薬剤師を通して販売されています。 <による非ステロイド系抗炎症薬を含む薬の完全なリスト> ジェネリックに使用される分子の名前、括弧内に商品名が示されています。 このリストには、慢性疾患のために処方される製品が含まれていることに注意してください。 医学的なアドバイスなしに服用を中止してはなりません。 ご了承ください。 分子の名前は英語とそっくりなので、翻訳はしませんでした。 EU機関「欧州医薬品庁」(EMA)の結論(同年5月):.

次の

コロナウイルスにかかったら飲んではいけない薬:【1続報】フランス発の詳細な説明(今井佐緒里)

コロナ イブプロフェン 系

[画像のクリックで拡大表示] 最近、新型コロナウイルス感染症に関する新たな知見が矢継ぎ早に発表されていて、どの鎮痛剤を飲むべきか、自宅で患者を看病する際にはどうすればよいかなどの基本的な点についてさえ混乱が広がっている。 ナショナル ジオグラフィックは今回、米国とカナダの第一線で活躍する医師と研究者に、自宅療養の留意点や病院にかかるタイミングなどについて話を聞いた。 医師はこうした患者には自宅での自主隔離を推奨している。 水分と栄養をしっかりと取り、できる範囲で症状に対処すればよい。 新型コロナ感染症を含め、病気による発熱があったら、まずはアセトアミノフェン(パラセタモール)の服用が推奨されると、カナダ、モントリオールのサント=ジュスティン大学病院センターに務める小児感染症専門医ジュリー・オトミツギン氏は説明する。 それでも熱が続くようなら、イブプロフェンに切り替えることを考える。 アセトアミノフェンを先に試すのは、イブプロフェンをはじめとするNSAID(非ステロイド系消炎鎮痛薬)には一般的に、腎障害、胃潰瘍、消化管出血などさまざまな副作用があるからだ。 なお、これはイブプロフェンなどのNSAIDが新型コロナ感染症を悪化させるという意味ではない。 3月14日にフランスの保健相が「イブプロフェンは新型コロナ感染症を悪化させる恐れがある」とツイッターに投稿して噂が広まったが、そのような事実を示す証拠はない。 「NSAIDが新型を含めコロナウイルスによる感染症を悪化させたという事例は聞いたことがありません」と米アイオワ大学医学部の小児科医でコロナウイルスを専門とする免疫学者のスタンリー・パールマン氏は話す。 なお、アセトアミノフェンにも副作用はあるため、肝障害やこの薬に対するアレルギーがない人しか服用してはならない。 1日総量の上限は3000mgとされていて(編注:日本では4000mg)、それ以上になると肝障害などの悪影響が出る恐れがある。 「米国ではアセトアミノフェンの過剰摂取が、急性肝不全の最も一般的な原因になっています」と米コネチカット大学薬学部の毒性学者ホセ・マナウトウ氏は言う。 アセトアミノフェンを服用するときには、併用する薬にも注意する必要がある。 インフルエンザの諸症状を緩和する薬や睡眠導入剤には、アセトアミノフェンが含まれていることが多いからだ。 アルコールも飲んではいけない。 アルコールもアセトアミノフェンも、肝臓で作られるグルタチオンという物質により体内で無毒化されるが、過剰に摂取すると無毒化が追いつかず、毒が蓄積してしまうのだ。 (参考記事: ).

次の

【新型コロナウイルス】イブプロフェン系とアセトアミノフェン系 市販薬の一覧

コロナ イブプロフェン 系

イブプロフェンなど非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に関しての情報が錯綜している今、注目されている「アセトアミノフェン」とは? 「急な発熱で、熱さましや風邪薬を飲みたい。 でも、もし新型コロナウイルスに感染していた場合、飲んだら症状が悪化する?」 現在、イブプロフェンなど非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の解熱鎮痛薬の服用について、さまざまな情報が錯綜している。 服用によるコロナウイルス感染症状への影響に関する科学的根拠はまだ明らかにされていないが、研究結果が示されるまでの間に、発熱などで解熱鎮痛薬を服用する状況が生じることがあるかもしれない。 そこで、解熱鎮痛薬「アセトアミノフェン」を安全に服用するための基本的な注意事項を改めて確認しておきたい。 3月14日、フランスのオリビエ・ベラン保健相が自身のツイッターで、新型コロナウイルス感染者がイブプロフェンなどの抗炎症薬を服用すると、感染を悪化させる要因となる可能性があり、熱がある場合はアセトアミノフェンの服用を推奨する、というメッセージを発信した 「アセトアミノフェン」が入った市販薬はおよそ900種類。 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)とは異なり抗炎症作用はほとんどない。 ドラッグストアに並ぶ多くの風邪薬や痛み止めなどに含まれている。 医薬品医療機器総合機構(PMDA)のウェブサイトでアセトアミノフェンを含む市販薬を検索してみるとその数はなんと900にのぼる。 これだけ多くの市販薬に含まれていて、身近なアセトアミノフェンだからこそ服用時に気をつけたいことがある。 それは「うっかり」による飲みすぎだ。 たとえば風邪をひいたときのことを想像して欲しい。 咳と鼻水の症状で総合感冒薬を飲んでいる期間中に熱が出てきてしまったので解熱鎮痛薬を追加で飲むということはないだろうか。 こうした状況などにおいて適正な量以上のアセトアミノフェンを摂ってしまう可能性がある。 では、アセトアミノフェンを摂り過ぎるとどうなるのだろうか。 アセトアミノフェンの摂り過ぎは、肝臓にダメージのおそれあり アセトアミノフェンを服用すると、体内で代謝される過程でN-アセチル-p-ベンゾキノン イミン NAPQI という肝臓に有害な物質が作られる。 そう聞くと驚くかもしれないが、通常はすぐに分解されるので肝臓にダメージが及ぶことはない。 ただし、 アセトアミノフェンを大量に摂った場合は別だ。 NAPQIが蓄積して肝臓がダメージを受けることがある。 また、 アルコールを日常的に大量に飲む習慣がある人も注意が必要だ。 アルコールによって誘導される酵素でNAPQIが増えるためだ。 気になるアルコールの量については添付文書に記載がないが、厚生労働省は節度ある適度な飲酒として「1日平均純アルコールで20g程度」という指標を示している。 これはビール中ビン1本、日本酒1合などに相当する。 毎日の飲酒習慣がある人や、前述のように複数の薬を服用する際にはなるべく自己判断で飲むことをさけ、主治医や薬剤師などに相談することが勧められる。 【解熱鎮痛薬】• タイレノールA(製造販売元:東亜薬品、販売会社:ジョンソン・エンド・ジョンソン、武田コンシューマーヘルスケア)、 バファリンルナJ ライオン)、 ノーシンAc(アラクス)など 上記に挙げた解熱鎮痛薬は、アセトアミノフェン以外の有効成分を含まない。 眠くなる成分などの余分な有効成分を取りたくない人にとって、頭痛や生理痛などの痛みや、急な発熱のときなどの良い選択肢のひとつになるだろう。 【かぜ薬】• 解熱鎮痛成分としてアセトアミノフェン以外の有効成分を含む解熱鎮痛薬とかぜ薬もチェックしておこう。 「アマビエ」の啓発キャラクター起用もいいけど、薬に関する正しい知識や情報も積極的に発信してほしいものだ(厚生労働省HPより) 「アセトアミノフェン」が入った市販薬、同じブランドでも配合されている有効成分が異なるので注意 繰り返しになるが、アセトアミノフェンは多くの市販薬に含まれており、気づかないうちに「うっかり」飲みすぎてしまう可能性がある。 それに 市販の痛み止めや風邪薬にはアセトアミノフェン以外の有効成分も含まれていることがある。 購入した市販薬を安全に活用するためには、どの商品にどんな成分が含まれているのかをある程度知っておくことも必要だろう。 【解熱鎮痛薬】• セデス・ハイ、 新セデス錠 ともにシオノギヘルスケア)、 ノーシンホワイト錠、 ノーシンアイ頭痛薬(ともにアラクス)、 バファリンプレミアム ライオン)など• 【かぜ薬】• ルルアタックFXa、 プレコール持続性カプセル(ともに第一三共ヘルスケア)、 ストナデイタイム 佐藤製薬)、 コンタック総合感冒薬EX(製造販売会社:テイカ製薬、販売会社:グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン)、 ベンザブロックIPプラス(武田コンシューマーヘルスケア)、 新エスタック「W」(エスエス製薬)、 パイロンPL錠(シオノギヘルスケア)など このように見比べてみると、同じブランドの製品でも含まれている成分が異なることが分かる。 ドラッグストアで商品を選ぶ際にブランド名だけを見て判断すると、必要とする成分が含まれていなかったり、不要な成分が含まれていたりする可能性がある。 パッケージをよく確認して製品を選びたい。 もし、服用に際して疑問や不安がある場合や、ほかに薬を飲んでいる場合などには自己判断で飲むのは避けて、遠慮なく薬剤師に相談して欲しい。 取材・文:高垣育 毎週100人ほどの患者と対話する薬剤師とライターのパラレルキャリアを続けている薬剤師ライター。 人だけではなく動物の医療、介護、健康に関わる取材・ライティングも行っている。 写真:アフロ.

次の