アシカ アザラシ オットセイ トド セイウチ の 違い。 トドとセイウチの違いと見分け方は?生息地と食べる餌についても

アザラシとアシカ、オットセイの違いは?トドやセイウチは?

アシカ アザラシ オットセイ トド セイウチ の 違い

アザラシやアシカ、オットセイは水族館でも人気者です。 水族館に行くとアシカやオットセイのショーをやっていて見る機会も多いです。 芸を覚えることももちろんですが、バランス感覚もすごくて、いつも楽しませてもらっています。 また水槽にいるアザラシも優雅に泳いでいます。 しかしアシカショー、オットセイショーといわれなければ、アシカなのかオットセイなのかよくわからなかったりしませんか? トドやセイウチも何となく見てわかるというレベルですが、はっきりと違いが判らない人も多いです。 これらは大まかに言うと鰭脚類(ききゃくるい)といって海生哺乳類のグループになります。 そこで、アザラシやアシカ、オットセイ、とどやセイウチの特徴などを見てみましょう! スポンサーリンク アザラシとアシカ、オットセイどこが違うの? アザラシとアシカ、オットセイの違いについてですが、分類で言うと、アザラシはアザラシ科、アシカとオットセイはアシカ科になります。 よく水族館で見かけるアシカやオットセイのショーですが、どちらもアシカ科だったんですね。 どうりで、なかなか見わけられなかった訳です。 特徴としては、アザラシはイラストにしたら書きやすそうなずんぐりした体型です。 アザラシとアシカは短い剛毛が生えていますが、オットセイは毛深いです。 アザラシには耳がありません。 耳がないというのは、人間で言うと耳たぶなど左右に出っぱっている部分のことで、アザラシには大きな目の後ろに耳の穴だけあります。 アシカ・には小さめの耳が、オットセイには大きめの耳があります。 アザラシは前脚は短く5本指で鉤爪(かぎづめ)があり、アシカは前脚はヒレになっています。 オットセイもヒレですが、アシカより長いヒレです。 アザラシは陸上では上体を起こすことができず、後脚も後ろに向いてしまっています。 短い前脚とお腹を使って腹ばいする状態で、後ろ脚は後方に伸ばしたままイモムシのような動きで前進します。 アシカ・オットセイは上体を起こし、後のヒレを左右に開き前に折り曲げて、前ヒレ、後ヒレを使って歩くことができます。 アザラシは水中に適した体型にになっています。 指の間に水かきがついていて泳ぐのが早いです。 前脚は体にピタッとつけるようにして、後ろ脚は左右に振って魚のように泳ぎます。 左右の脚それぞれが魚の尾ヒレのようでゆったり、優雅に泳ぎます。 アシカ・オットセイは泳ぐのはあまり早くありません。 前ヒレを鳥が羽ばたいて空を飛ぶような動きで泳ぎます。 スポンサーリンク トドやセイウチとの違いは? トドやセイウチについても特徴を見てみましょう。 分類としては、セイウチはセイウチ科で、かなり体が大きいです。 体長は大きいと3. 5メートル、1,200キログラムにもなります。 トドはアシカやオットセイと同じアシカ科です。 アシカやオットセイに比べるとずっと体が大きいです。 こちらも体長3メートル以上、1,000キログラムにもなります。 またセイウチには長いキバがありずっと伸び続けます。 メスは20~40cm、オスになると30~100cmにもなり、オス同士で戦うときなどにもキバを使います。 一方トドにはキバはありません。 まとめ アザラシ、アシカ、オットセイ、そしてトドとセイウチ。 大きく分けると鰭脚類(ききゃくるい)という仲間ですが、その中でもアシカ、オットセイ、トドはアシカ科でさらに同じ仲間だったんですね。 また、アザラシはアザラシ科、セイウチはセイウチ科と3つに分類されていました。 今まで違いがあまりわからず、何となく同じような感じだったこれらの動物たちでも、それぞれの特徴を見ていくとみな個性がありますね。 今度水族館に行ったら、今までと違った目で楽しめそうです!.

次の

アシカとアザラシの違いは?見た目も泳ぎ方も全く違うんです!

アシカ アザラシ オットセイ トド セイウチ の 違い

アザラシとアシカは良く似ているけど違う種類! アザラシはアシカによく似ています。 ですが、 アザラシとアシカは属している科が違うので似ているけど種類が違います。 なので見た目や特徴などにもちょっとずつ違いがあります。 アザラシの耳は穴だけ。 アシカには外耳がある。 違いの一つ目は耳です。 アザラシは耳の穴だけしかなく、外耳がついていません。 一方、アシカには耳があります。 アザラシは英語でEarless sealと言うので「Earless=耳がない」ということで覚えやすいかと思います! アザラシは歩けない。 アシカは歩ける。 二つ目の違いは歩けるか歩けないかです。 アザラシは歩けないので前足を使って滑るように移動します。 アザラシの前足は小さく、五本指の形をしています。 アシカは前足と後ろ足を器用に使って歩きます。 歩くスピードも結構速くて割と長距離も移動することが可能です。 アシカの前足は長いヒレ状になっています。 アザラシの尾は広がったまま。 アシカは尾をたためる。 三つ目が、 アザラシは尾がたためないことです。 アシカはたたむことが出来ます。 アザラシは後ろ足を器用に動かすことが出来るので、泳ぐのが得意です。 泳ぐ速さに関してはアシカよりも速いと言われています。 アザラシもアシカも頭が良い! アシカとの共通点は賢さだと思います。 アザラシもアシカも芸を覚えることが出来るなど頭が良いです。 芸を覚えると5年経とうがきちんとできるそうです! オットセイとトドはアシカ科 アザラシとアシカは別の種類ということでしたが、オットセイとトドはアシカの仲間、つまり オットセイとトドはアシカ科に属しています。 オットセイの見分け方は鼻先がとがっていて毛が長い オットセイは特にアシカにとても似ています。 オットセイはアシカよりも少し小さいので大きさで分かりますが、やはり同じアシカ科ということで本当に良く似ていて、アシカが子供のうちは特に大きさなども変わらないので見分けるのが難しいです。 見分け方としては顔を見ると少しわかりやすいです。 顔の形、というか鼻なのですが、オットセイは尖っていて、アシカは丸顔です。 また、オットセイは遠くから見ても毛が生えているのが良く分かりますが、アシカはツルツルして見えるのでそこでも見分けられるかと思います。 トドはすごくデカいけど小顔 トドはアシカ科の中で最も大きいです。 体長は約3m、体重は300~1000kgです。 エサはタラやヒラメ、シシャモなどを好んで食べています。 見た目の特徴は、手足は黒いけど背中は淡い黄褐色、お腹は黒褐色になっています。 また、体はとても大きいのに顔は小さいのが特徴です。 セイウチは長い牙が特徴! それでは、セイウチだけ残りましたね! セイウチはセイウチ科に属していて、また別の種類になります。 セイウチの見た目で最も特徴的なものとしては、アザラシやアシカにはなかった大きな牙があります。 なので、牙があればセイウチだとすぐに見分けられるかと思います。 牙の長さですが、メスは20~40cm、オスは30~100cmもあります! 牙が大きかったらあの子は男の子かな~とか考えられるので水族館などでみる機会があれば注目してみて下さい。 また、セイウチの毛は成長するにつれてだんだんなくなっていくそうです。 アザラシ、オットセイ、アシカ、セイウチ、トド達の共通点は「鰭脚類」 これまでそれぞれの違いをご紹介してきましたが、すべてに共通する点がありました! それは「鰭脚類(ききゃくるい)」だということです。 鰭脚類と言われても聞きなれないかと思いますが、「食肉目鰭脚亜目」というものに属する海や川、湖などで暮らす哺乳類のことをまとめて「鰭脚類」と言います。 ほとんどが海にいる動物たちばかりですが水陸両生です。 「鰭脚類」という漢字の通り鰭(ひれ)があるのが特徴です。 水の中で生活しやすいように変化していきました。 また、これらは系統で言うとイヌやクマにとても近いのだそうです。 アザラシ、オットセイ、アシカ、セイウチ、トドの違いまとめ 最後に違いをまとめておさらいしますね。 アザラシとアシカは別の種類• アザラシの耳は穴だけ。 アシカには外耳がある。 アザラシは歩けない。 アシカは歩ける。 アザラシの尾は広がったまま。 アシカは尾をたためる。 オットセイとトドはアシカ科に属するアシカの仲間• オットセイは鼻先がとがっていて毛が長い• トドはすごくデカいけど小顔• セイウチはセイウチ科でアザラシでもアシカでもない• セイウチは長い牙が特徴• アザラシ、オットセイ、アシカ、セイウチ、トド達の共通点は「鰭脚類」 どれも似たような見た目で見分けが付きませんでしたが、実はちゃんと見分けるポイントがあったんですね! この違いを覚えておくと、水族館に行った時なんかに子供にドヤ顔ができますね!.

次の

面白い!「アシカ」「 アザラシ」「 オットセイ」「トド」「セイウチ」の 違い

アシカ アザラシ オットセイ トド セイウチ の 違い

Kingdom: Animalia• Phylum: Chordata• Class: Mammalia• Order: Carnivora• Clade: Pinnipedia• Family: Odobenidae (オドベネ科) 分類についての詳しい説明はこちらをお読みください。 セイウチは Family Odobenidae オドベネ科 と呼ばれるグループに属しています。 オドベネ科では現存する最後の種です。 セイウチには特徴的な大きな牙があるので、分かりやすいですね。 したがって、セイウチは他の動物たちとは分類的に違う生き物なのです! 2.トド Steller Sea Lion.

次の