バトル リーグ マスター リーグ。 【ポケモンGO】トゲキッスのマスターリーグ最適技と対策ポケモン:「あまえる」で無双!|ポケらく

【ポケモンGO】マスターリーグの最強ランキング|ゲームエイト

バトル リーグ マスター リーグ

2020. 24 バトルリーグ pikapika 【マスターリーグ】ゼクロムの活躍は期待できる?みんなの評価 6月24日朝からGOバトルリーグが再開されています。 また、ゼクロムレイドアワーが18時から開催されます。 マスターリーグでゼクロムは活躍できるでしょうか?みんなの評価を紹介します。 再開後の変更点• リーダーズボードを一時停止• ハイパーリーグ延長 7月7日朝5時まで 、及び他のリーグ期間変更• シーズン2終了まで参戦権が5セット 25戦 から 6セット 30戦 に変更• 6月24日朝5時〜7月1日朝5時までリワード増加• ポケモンリワードでツタージャ、ポカブ、ミジュマルが出なくなる• プレミアムリワードの5勝目報酬のふしぎなアメが 4勝目に移動 マスターリーグで注目のゼクロム!.

次の

【ポケモンGO】マスターリーグのおすすめ最強パーティと編成のコツ【GOバトルリーグ】

バトル リーグ マスター リーグ

スーパーリーグのメリット• ポケモン強化をガッツリしなくても良い• ポケモン選出・交代とシールドタイミングなど戦略性が高い• CPが低いのでバトルが速く終わる 「アメ」と「ほしのすな」を節約できる スーパーリーグは参加ポケモンが CP 1,500 以下の制限リーグです。 CP 1,500 以下であれば、 ほとんどのポケモンは強化をガッツリする必要がありません。 「ポケモンのアメ」や「ほしのすな」はジムバトルやレイドバトル用のポケモン、あるいは好きなポケモンの強化にとっておくことができます。 ただし、 セカンドスペシャルアタックの解放をすると「ほしのすな」がガンガン減っていきますのでご注意を。 戦略性が高く楽しめる スーパーリーグは CP 1,500 以下となるため、多くのポケモンが活躍できます。 単純に最大CPが 1,500以上のポケモンを数えると、第4世代まで含めて 319種類が該当します! ハイパーリーグの参加ポケモンを 最大CP 2,500 以上とするとその数は 132 となりますから、スーパーリーグで選択できるポケモンの多さがわかりますね! またこれはスーパーリーグに限ったことではありませんが、ポケモン選出では CP だけではなく、 タイプ相性や、覚えるわざの性能が考慮され、バトルではポケモン交代とシールドの使うタイミングが勝敗を分けます! あれこれ考えながら戦略や計画を練るタイプの方に、スーパーリーグ合っていますね。 バトルが速く終わる これは スーパーリーグの大きなメリットだと思っています。 単純に CP が高いということは、防御やHPの種族値も高いことを示しますから、相手を倒すのにそれなりの時間がかかります。 もちろんお互いの種族値やわざ性能や進め方によりますが、 スーパーリーグは一番CPが低いリーグなので、速く相手が倒れて 速くバトルが終了しやすいです。 自分自身がちょっとした移動時間や休憩時間で速く終わらせたいときもありますし、相手も時間があるかどうかわからない状況では、スーパーリーグがおすすめになりますね。 マスターリーグ:ガッツリ育てたポケモンで戦う楽しみ 他のリーグと比較して、マスターリーグは以下のメリットがあります。 マスターリーグのメリット• ガッツリ育てたポケモンで戦える• 強いポケモン同士の壮絶バトル 育てた好きなポケモンで戦う マスターリーグで活躍できるポケモンを選出するには、 高個体値厳選をして、ポケモンに「アメ」と「ほしのすな」をそれなりに使って育成する必要があります。 ある程度時間をかけて育成すれば、愛着も湧いてくるというもの。 その 愛着の湧いたポケモンをバトルで出すというのはそれだけでうれしいですよね。 「アメ」と「ほしのすな」を使ってガッツリ育てたポケモンをバトルで使うという贅沢な楽しみをマスターリーグでは味わうことができます。 伝説級ポケモン同士の壮絶バトル CP 無制限勝負となると、 準伝説や伝説ポケモンが出てきます。 そのポケモン同士が戦うというだけでもテンションあがります! ミュウツー、ルギア、グラードン、レックウザ… 自分の好きな伝説ポケモンをバトルに出しましょう! もちろん、伝説ポケモンではなくても伝説級に強いポケモン、カイリュー、バンギラス、メタグロスなども活躍します。 自分の好きな伝説級ポケモンをバトルに出して、壮絶な戦いを楽しみましょう〜 マスターリーグのメリット• 伝説級もそうではないポケモンも同じようにバトルできる• それなりのポケモン選出戦略性もあり ハイパーリーグは中途半端?! ハイパーリーグは、スーパーリーグまでの幅広い戦略性はない、そしてマスターリーグのようなダイナミックなバトルもない中途半端さがあるという意見もあります。 しかし、 伝説級と最終進化形ポケモンが参加できる幅広さとダイナミックさを兼ね備えた 良いとこ取りの楽しみを味わえるという見方もできます。 伝説級から進化形ポケモンまで幅広く対等に活躍できる CP の制限があるため、伝説ポケモンが必ず有利ということもありません。 タイプ相性や性能の良いわざを繰り出せば、どのポケモンも活躍できるチャンスがあります。 伝説ポケモンだと、基本的に CP が高いのでスーパーリーグでは出せないということもあります。 (最近は大発見報酬で取れるのでそうでもなくなってきましたが…) その点、ハイパーリーグでは少し CP 調整すれば伝説ポケモンも選出することができます。 また、数多くの最終進化形ポケモンも CP は 2,500 を超えるので、いわゆる 「強くて好きなポケモンたち」の 戦略性とダイナミックさを兼ね備えた良いとこ取りとしてハイパーリーグはおすすめです! 初心者の場合はどのリーグを選択すれば良いか? ここで悩まされるのが、 「ポケモンGOを初めたばかりでポケモンが揃っていない」「タイプ相性やわざ性能がよくわからずついていけない」という初心者の方はどのリーグを選択すれば楽しめるかということです。 おすすめはスーパーリーグ 初心者の方へのおすすめは「スーパーリーグ」です。 まだ「アメ」も「ほしのすな」も少なく色々なポケモンを進化・強化するのは大変なので、 あまり強化しなくてもポケモンを選出できるスーパーリーグがおすすめです。 ベテランフレンドとのポケモン交換を有効に使おう! そして一番のおすすめは、家族や友人など 気の合うポケモンGOのベテランさんとフレンドになり一緒にバトルを楽しむことです! ベテランのフレンドさんと一緒にバトルをすることで、以下のようなメリットがあります。

次の

【ポケモンGO】トゲキッスのマスターリーグ最適技と対策ポケモン:「あまえる」で無双!|ポケらく

バトル リーグ マスター リーグ

GOバトルリーグシーズン1 マスターリーグで対戦したポケモン一覧 — ポケモン 選出数 初手選出数 初手選出率 1 ディアルガ 105 27 25. スーパーリーグが95種類、ハイパーリーグが60種類だったのに対して驚異的な少なさです。 マスターリーグはCP上限の制限がないため基本的には最大CP3500を超えるような強力な伝説ポケモンが主力となっています。 ステータスが満たないポケモンは、相手に対して優れたタイプ相性や技で対面してはじめて勝負になるレベルです。 ほしのすなと不思議な飴両方とも、育成コストが非常に高いリーグとなっており、ポケモンGOというゲーム自体を相当やりこんでいないと土俵にすら上がることができないという、少々敷居の高いリーグといえます。 逆に言えば以前からポケモンGOをプレイし続けていてレイドで高個体の伝説ポケモンを持っているプレーヤーにとってはスーパー、ハイパーリーグより有利な場合もあるでしょう。 勝率向上のためにはトップ3の育成は必須 マスターリーグで対面した数少ないポケモンの中でも ディアルガ、ギラティナ(オリジンフォルム)、メルメタルの3匹でほぼ半数を占めています。 ここまでくると相手の残り1匹が誰なのか読めることもしばしばなのですが、それでも勝てないくらい強い。 マスターリーグはこの3匹をそろえることがある意味前提になっています。 マスターリーグはトップの3体か、または1体を他の上位10位のポケモン中から選んだパーティーで構築されていることがほとんどで、私自身もトップ2+1の構築で戦っていました。 ディアルガ 選出数でダントツトップだったのがディアルガです。 ドラゴンに鋼タイプを併せ持つことで「ドラゴンに強いドラゴン」として一方的に有利な状況から「りゅうのいぶき」を打てるため、カイリューやレックウザなど、他のドラゴンポケモンが環境から消えています。 カイリキーやドサイドン、トゲキッスあたりで対抗することはできますが、こちらもシールドを消費するなど無傷では突破させてもらえません。 マスターリーグはディアルガを中心に環境が回っているといっても過言ではありません。 ギラティナ(オリジンフォルム) ギラティナ(オリジンフォルム)はディアルガには不利ですが、その他のポケモンほぼ全てに対して有利に立てるという点が強みです。 ディアルガの存在によりその他のドラゴンポケモンがほぼいない。 バンギラスなど悪タイプのポケモンもほぼ環境にいないことが追い風になっています。 メルメタル メルメタルはディアルガにも有利に立つことができ、鋼タイプによる優秀な耐性と技1のでんきショックによる高速のゲージ溜めからのばかぢから連発が強力。 ばかぢからは技を放つと攻撃と防御を1段階下がってしまうデメリットがありますが、交代することでデバフ効果をリセットすることが可能です。 これによりメルメタル側が出し負けたとしてもとりあえずばかぢからを打って交代という行動をとることができ、これがとんでもなく強いです。 今後の環境変化は?グラードンに期待! 正直今のままは不動のトップ3のままで、ディアルガやギラティナ(オリジン)のレイドの予定もなく、Switchのピカブイを持っていないプレーヤーが勝ち上がっていくのは難しいです。 私もメルメタルを持っていないため徐々に勝率を下げていき、今はマスターリーグから遠ざかっています。 しかし、5月の技のアップデートにより グラードンに特別技として「ほのおのパンチ」が実装されるようです。 グラードンは現状、重い技2しか持っておらず軽いゲージ技の実装が待たれていました。 グラードンがほのおのパンチを覚えることにより、 メルメタルに対して圧倒的に有利、ディアルガに対しても有利に立つことができます。 シーズン2からはグラードンが台頭してくるでしょう。 グラードン台頭により、メルメタルとディアルガは不利に、グラードンの対抗馬としてカイオーガ、カイリューあたりが浮上してくることが予想されます。 3強時代が終わり多様なポケモンでリーグを戦える環境になることを期待したいです。 伝説なし!「プレミアカップ」実装も また、シーズン2では(今後もずっとかは不明)、 伝説・幻ポケモンの使用禁止かつCP上限なしの「プレミアカップ」がマスターリーグと同時開催されるとのこと。 伝説ポケモンがいなくなることでCP3000前後のポケモンが主戦場になりそうで、こちらも面白そうです。

次の