スポーツ ドリンク の 作り方。 自宅で簡単 おいしいスポーツドリンクの作り方 熱中症対策

水と混ぜるだけ!白砂糖不使用。簡単で体にいい「手作りスポーツドリンクの作り方」5選

スポーツ ドリンク の 作り方

ボトルに入れた氷が解けて薄まっている• 体内の水分バランスが崩れている• ボトル・缶・粉末では若干成分が違う よくありがちなのが「氷が解けて味が薄くなる」パターンです。 これはなんとなくわかりますよね。 また、今まで知らなかったのですが、ポカリってボトルと缶、粉末とでは微量ですが成分の含有量が違ったんです。 それによって液体の物と多少味が変わってくるのは仕方のない事なのかもですね。 また、「体内の水分バランスが崩れている」という事も大きな要因なんだとか。 市販のポカリやスポーツドリンクを飲んだ時にも、飲んだタイミングによって味が濃く感じたり、薄く感じる事がありますよね? 喉が渇いている時に飲むとものすごく甘く感じるのに、普通に飲むと酸っぱく感じたり。 このように、体調の変化や体内の水分や塩分のバランスによっても味覚は変化しますので、味を薄く感じるのは一概にポカリの作り方や粉の濃度だけによるものではないんですね。 ポカリの粉の薄さと量は「何のために飲む」のかによっても濃度を変えた方がいい! また、どんな時にポカリスエットを飲むのかによっても薄さを変えた方がいいようです。 ポカリスエットは「水分とイオン(電解質)のスムーズな吸収」を求めて、糖分などの成分が「ちょうどいいバランス」で配合されているそう。 粉末ポカリの基本の薄め方はこの通りなんですが… ポカリスエットの 粉1袋に対して、水1リットルというのが基準になっています。 つまりはこれが、「体が水分をスムーズに吸収できるちょうどいい配合」なんですね。 ですが、ポカリスエットには水分を効果的に体に取り込むためにかなりの「糖分」が使用されています。 成分表を見てみると、1リットル用のポカリには74gの炭水化物が含まれているんです! ごくごくと大量の水分補給をするにはちょっと甘すぎますし、糖質を多く含んだ甘い飲み物を飲む事で血糖値が上昇しまた喉が渇きます。 そうしてさらに糖分の多いスポーツドリンクを飲んで…とかなりの量のスポーツドリンクを飲んで、結果大量の糖分を取る事になってしまうんです。 これが繰り返されると、ひどい場合には… 吐き気 体のだるさ 腹痛 このような症状を引き起こす「ペットボトル症候群」というものに陥ってしまうんだそうです。 スポーツ後や大量に汗をかいたときは1リットルなんてあっという間に飲み干してしまいますよね! そんな理由から、大量に水分を補給する為のポカリスエットは、薄めに作るのが実はちょうどいいと言われているんです。 学校の部活やスポーツをしている人は、1リットルの粉を1. 5倍~2倍に薄めて飲む人が多いようですが、確かに! 実際に汗をかいたときに飲んでみるとわかるのですが、ちょっと薄めなくらいがごくごく飲んでも「さっぱり」するんですよね。 (美味しくはないですが 笑 )• ポカリが大好きで普段から飲みたい• ごくごくは飲まないけど、ちょっとした水分補給にポカリの粉末のジュースを飲みたい こんな場合には濃い目に作ってもいいのかもしれませんが、大量に摂取する場合には味よりも「濃度」を考えた方がいいのかもしれません。 スポンサードリンク ポカリスエットの粉末での美味しい作り方 薄め方と分量は? と、調べていたら粉のポカリは薄いくらいでちょうどいいんじゃない?なんて気もしてきましたが。 笑 それでもやっぱり私は物足りないんです! 自分好みの濃さの味が作れたり、状況に応じて濃度を自由に替えられるのが粉末のスポーツドリンクのメリット! 薄めるのは後からいくらでも出来るので、まずは「これだ!」という美味しいポカリを作ってみました。 粉ポカリの美味しい作り方 味が薄いんですから、基本的には「濃い目に作る」必要があります。 いろいろと試した結果… 粉1袋(74g)に対し、水760ml これが私の中での黄金比ポカリでした! 粉の溶かし方でもちょっと味が変わる気がして…• まず、ボトルに粉を全部入れて、40mlのお湯で粉をきれいに溶かす。 私はいつも水の中に粉をそのまま投入していたんですけど、こうやってあらかじめお湯でしっかりと溶かしておくことで、粉っぽさと味のムラが無くなった気がします。 そこに720mlの水道水を加えて軽くかき混ぜまぜる お湯で溶かしているので、軽くかき混ぜるだけで粉っぽさは全くありません! 水の分量はちょっと細かいですけど… 笑 数パターンのポカリを作った結果、この 「トータル760ml」の水の分量が「しっかりと甘い」と感じる量だったんです。 これが800mlだとちょっと酸味の方が勝って自分には飲みにくい薄さだったのですが…ここはもう好みだと思います。 一度間違えて10リットル用の粉末ポカリを買ってしまったのですが、一人ではなかなか使いきれずに困りました。 笑 私は袋を輪ゴムでとめて冷凍庫で保存していたのですが、どうしても使うたびに湿気で開封口がベタベタしてしまっていたんです。 」との事ですが… 私は冷蔵庫で保存して、3週間かけてようやく10リットル用の粉を使いきりましたが、美味しく頂けました! また、なるべく粉を早く使おうとポカリスエットを多めに作って製氷皿に入れ、冷凍庫でポカリスエットの氷を作るようにもしています。 暑い日にはやっぱり冷たいものが飲みたいんですけど、スクイズボトルは保冷機能が無いので冷やすのに氷を入れてたんですけど、薄くなるのがまた嫌で…。 こちらはもともとサイクリング用に作られた保冷ボトルなのですが、その保冷性とデザインから普段使いから、最近はいろんなスポーツの場でも見かけるようになりました。 ポカリの粉の値段はまとめ買いならやっぱりネットがお得かなと! ポカリに限らず、いろんな味のスポーツドリンクを試すのが夏の楽しみになってます。

次の

オリジナルスポーツドリンクの作り方

スポーツ ドリンク の 作り方

スポーツドリンクにはちみつレモンがおすすめのわけ はちみつにミネラルが多く含まれている事はこのHPでも何度か触れてますが、汗をかくと水分と一緒に体からミネラルが出て行ってしまい、不足してきます。 この時ミネラルも水分と一緒に補充できないと、うまく 水分不足を補う事ができません。 俗にいう「染み込まない」って感じです。 なのでミネラルの補充はとても大切なのです。 はちみつなら良質なエネルギーもミネラルと一緒に補充できるのでおすすめなのです。 しかも市販のスポーツドリンクと比べてもはちみつは果糖が多いので、体へ余計な負担が少なく、 吸収も早く行われます。 市販のスポーツドリンクは甘さを出すために 多くの砂糖が使われているんって知ってました? いわゆる砂糖っていうのは急激に体内の血糖値を高めるので良くないと言われています。 常に飲む習慣があると糖分過多になって糖尿病への入り口に立たされてしまうわけです。 だから甘い飲料水は極力天然の甘さで取ることが望ましいんです。 天然の甘さなら人口の甘さよりはるかにいいですからね。 スポンサーリンク はちみつレモンドリンクの作り方 実ははちみつは万能フードですが1つだけ不足がちなものがあります。 それが ビタミンC(まあ不足っていう程不足しているわけではないけど) でもそこはレモンで補充できるから全然問題ありません。 はちみつ+レモンって相性がすごくいいんです。 レシピをチェックして下さい。 水 500ml• 天然はちみつ 大さじ2杯(約42g)• 5~2g)• Amazonで普通に売られているアスコルビン酸っていうのがビタミンCで管理熊もよく使ってます。 基本的には果糖が多い アカシアがおすすめ。 水にも溶けやすいし、味もなじみ深いので飲みやすいでしょう。 逆に接触やジャンプなどが多い競技は鉄分が失われやすいので鉄分が多い、栗など、色が濃いものがおすすめ。 もし興味があるならそれぞれのページをチェックして下さい。

次の

スポーツドリンクの粉大さじ1は何グラム?500ml分を計量スプーンで量るなら

スポーツ ドリンク の 作り方

スポーツドリンクの作り方 下記の写真のようなアクエリアスやポカリスエットの粉末を水で溶かして作るのも簡単ですが、手に入らない場合は自宅にあるもので簡単に作ることができます。 粉を溶かすタイプは1袋100円で売っています。 自作する場合は 1リットル 約15円くらいで作ることができます。 お子さんが多い家庭やスポーツドリンクが売っていない場合は試してみてください。 それでは作り方の紹介です。 用意するもの• 砂糖 大さじ3• レモン果汁 小さじ3(大さじ1)• ガムシロップ 2個(ない場合は砂糖を大さじ1杯追加してください)• 水 1リットル 用意するものはこれだけでオッケーなのです。 とっても簡単ですよね。 お好みで蜂蜜も入れてみても良いかもしれません。 ガムシロップを入れる理由はガムシロップの成分であるブドウ糖が飲み物に含まれていると、 水分の吸収が早くなるので入れています。 なければ砂糖でも大丈夫です。 作り方手順 用意した水が 水道水の場合はそのまま使うと塩素の匂いが残ってしまうので一度煮沸させます。 ある程度グツグツしたら塩、砂糖、ガムシロップを加えます。 よく混ざったら火を止めて粗熱をとります。 天然水やウォーターサーバーがある方は煮沸しないでそのまま使って大丈夫です。 レモン果汁は粗熱を取る前に入れてしまうと香りが飛んでしまうので注意です。 粗熱がとり終わったらピッチャーなどに移します。 そしてレモン果汁を加えます。 この際、一度にすべて加えるのではなく、 小さじ1杯ずつ加えて味見をしてください。 ゆりの場合は小さじ3(大さじ1)くらいがちょうどよいのですが、お友達に飲んでもらったら少し酸っぱいと言われました。 このへんは好みなのでご家族にあったテイストを探してみてはいかがでしょうか。 この時点で味はほとんどポカリスエットのようだと思います。 ここに蜂蜜を大さじ1杯加えるとアクエリアスのような味に変わります。 ここで注意点があります。 蜂蜜に似たものでケーキシロップやメープルシロップなどがありますが、これらのシロップに含まれている香りがやや強いのでスポーツドリンクに混ぜてしまうとごくごく飲むにはクドくなってしまうので注意です。 おすすめは蜂蜜です。 更にここにアミノ酸の粉末(アミノバイタル)を加えると成分的にもほとんどペットボトルのアミノバイタルになりますが、アミノ酸の粉末がやや高価なので、それであればアミノバイタルを買ったほうが少し高いですが、手間がないと思います。 ポカリスエットは汗に似た成分ということで開発された商品です。 こんなにも簡単に自宅で作ることができれば、夏にたくさんのんで熱中症対策になりますね。 みなさんも 夏の熱中症対策にご家族の分をつくってみてはいかがでしょうか。 これに各種のジュース 100ccくらい を入れると更に味が変わるので毎日飽きることがありません。 ぜひ試して見てください。

次の