バナメイエビ レシピ。 『天使』を超えられるのか!?『神の海老』話題になりそうな新品種のエビをレビュー│めだか水産 広報部

ホワイトえび、ブラックタイガーえび、バナメイえび、違いのまとめ。

バナメイエビ レシピ

殻ごと食べられるよ!バナメイエビのピリ辛ガーリック 安いバナメイエビのガーリックシュリンプ。 唐辛子のピリッとした辛さがエビ本来の甘味を存分に引き出し、病みつきになる味です。 エビの殻ごとおいしく食べられます。 バナメイエビとは バナメイエビは他のエビよりもずっと安いです。 近所のスーパーでは1尾10円で売られていることも。 安いからといって、不味いというわけではありません。 同じサイズの芝エビと比べると多少大味にはなりますがエビのうまみは十分に感じられます。 なぜ他のエビと大差のない味なのにこれだけ安いのかというと病気に強く、密度が濃い空間(水中)でも育つから。 丈夫なエビなので大量に養殖が出来るということ。 東南アジアを中心に養殖が盛んだそうですよ。 美味しくて安いバナメイエビはまさしく家庭の救世主ですね! エビを殻ごと食べる バナメイエビなどは殻が剥いてある状態で売られていることもありますが、実はエビの殻は食べられます。 桜海老も殻ごと食べていますよね? ただしエビの殻には汚れが付着しているのでしっかり洗いましょう。 洗い方は、で確認してくださいね。 そもそも剥いてしまえば簡単なのに、わざわざしっかり洗って殻ごと食べるには理由があるのです。 それはエビの殻にはからだに嬉しい3つの栄養素があるから。 カルシウム• キチン質• アスタキサンチン それぞれの栄養素について深掘りしてみましょう。 カルシウム カルシウムは皆さんご存知かと思います。 牛乳にも含まれていて、骨を作るのに必要ですよね。 骨粗しょう症の予防になります。 キチン質 聞いたことはあるけれど、どんなものかわからないのがキチン質。 キチン質はカニやエビの殻に含まれていて、動物性の食物繊維の一種です。 体内で消化吸収されずに、悪玉コレステロールを排出します。 また血圧を下げたり、がんや糖尿病の予防にも効果があるそうです。 アスタキサンチン 最後はアスタキサンチン。 これも何となく聞いたことがあるような。 覚えるのが難しい名前です。 アスタキサンチンはエビの殻やイクラなどにに多く含まれている栄養素。 エビの身を焼くと赤くなりますが、あの成分(色素)がアスタキサンチンです。 アスタキサンチンには抗酸化作用があり、動脈硬化やアンチエイジングの効果があります。 眼精疲労にもいいそうです。 エビの殻の活用法 上述の通り、エビの殻にはからだに嬉しい栄養素があります。 食べなきゃもったいない!のですが、どうしても嫌だという人もいますよね。 そんな時は、エビの殻を砕いてビスクにしたり、だし汁として取る方法もあります。 是非捨てずに最後まで活用してほしいです。 3 エビを焼く フライパンにサラダ油を引き、 2のエビを水気を切って入れる。 中弱火にかけ、時間をかけて両面をカリッと焼いて出来上がり。 焦げ目が出来るくらいが美味しい。 関連タグ.

次の

バナメイエビの柿の種衣焼き 作り方・レシピ

バナメイエビ レシピ

殻ごと食べられるよ!バナメイエビのピリ辛ガーリック 安いバナメイエビのガーリックシュリンプ。 唐辛子のピリッとした辛さがエビ本来の甘味を存分に引き出し、病みつきになる味です。 エビの殻ごとおいしく食べられます。 バナメイエビとは バナメイエビは他のエビよりもずっと安いです。 近所のスーパーでは1尾10円で売られていることも。 安いからといって、不味いというわけではありません。 同じサイズの芝エビと比べると多少大味にはなりますがエビのうまみは十分に感じられます。 なぜ他のエビと大差のない味なのにこれだけ安いのかというと病気に強く、密度が濃い空間(水中)でも育つから。 丈夫なエビなので大量に養殖が出来るということ。 東南アジアを中心に養殖が盛んだそうですよ。 美味しくて安いバナメイエビはまさしく家庭の救世主ですね! エビを殻ごと食べる バナメイエビなどは殻が剥いてある状態で売られていることもありますが、実はエビの殻は食べられます。 桜海老も殻ごと食べていますよね? ただしエビの殻には汚れが付着しているのでしっかり洗いましょう。 洗い方は、で確認してくださいね。 そもそも剥いてしまえば簡単なのに、わざわざしっかり洗って殻ごと食べるには理由があるのです。 それはエビの殻にはからだに嬉しい3つの栄養素があるから。 カルシウム• キチン質• アスタキサンチン それぞれの栄養素について深掘りしてみましょう。 カルシウム カルシウムは皆さんご存知かと思います。 牛乳にも含まれていて、骨を作るのに必要ですよね。 骨粗しょう症の予防になります。 キチン質 聞いたことはあるけれど、どんなものかわからないのがキチン質。 キチン質はカニやエビの殻に含まれていて、動物性の食物繊維の一種です。 体内で消化吸収されずに、悪玉コレステロールを排出します。 また血圧を下げたり、がんや糖尿病の予防にも効果があるそうです。 アスタキサンチン 最後はアスタキサンチン。 これも何となく聞いたことがあるような。 覚えるのが難しい名前です。 アスタキサンチンはエビの殻やイクラなどにに多く含まれている栄養素。 エビの身を焼くと赤くなりますが、あの成分(色素)がアスタキサンチンです。 アスタキサンチンには抗酸化作用があり、動脈硬化やアンチエイジングの効果があります。 眼精疲労にもいいそうです。 エビの殻の活用法 上述の通り、エビの殻にはからだに嬉しい栄養素があります。 食べなきゃもったいない!のですが、どうしても嫌だという人もいますよね。 そんな時は、エビの殻を砕いてビスクにしたり、だし汁として取る方法もあります。 是非捨てずに最後まで活用してほしいです。 3 エビを焼く フライパンにサラダ油を引き、 2のエビを水気を切って入れる。 中弱火にかけ、時間をかけて両面をカリッと焼いて出来上がり。 焦げ目が出来るくらいが美味しい。 関連タグ.

次の

ブラックタイガーとバナメイエビ・2種類を比較してみた!

バナメイエビ レシピ

バナメイエビとブラックタイガー:生態の違い 下の写真左側がバナメイエビ。 英語では、Silver Prawn。 淡水に近い水質でも育つことができ、水中を泳ぐように生息するので、同じ養殖面積でも深さ部分まで使えるため、養殖するのに効率が良いとのこと。 ブラックタイガーは上の写真右側。 その名の通り、ちょっと黒っぽい。 身も全体に、バナメイエビに比べると太めでごつい。 このエビたちは水底を這うように生息するので、水面から水底までのスペースががら空き状態に。 つまり、養殖する際に効率がよろしくない。 だからKameMartさんの販売価格を見ても、500gあたり、 バナメイエビ :100kドン ブラックタイガ:115kドン わずかですが、ブラックタイガーの方がお高め。 ではブラックタイガーの方が良いかというと、そこはそれぞれに特性があるので、作る料理によって使い分けると良いと思います。 バナメイエビとブラックタイガー:色の違い 写真をご覧の通り、生の時点でも赤っぽいのがバナメイエビ。 この色味が調理をしても結構影響するのか、やっぱりバナメイエビの方が真っ赤でした。 食材の特性を見るとき、もちろんその素材に向いた調理法・味付けをするのが大事かと思いますが、エビの場合は「色」も結構大事な場面がありますよね。 おせちの時。 運動会のお弁当の時。 手前がブラックタイガ。 向こうがバナメイ。 違いが見えるように。 そしたら… 下の写真、わかります?一番手前の子、めっちゃ赤いんですよ。 ブラックタイガーぶっちぎって。 バナメイ君、控えめて聞いてたのに、ごっつい前に出てきよる。 私もそんなに広範囲に他の地方のエビとか使い比べたことがないので、すんません、今回のことだけでは「こういう傾向がある」とは言えないんですが、まぁ… 茹でと油系で調理するのとは反応が違うのかもしれません。 もうちょっと何度か使って見て、なんかそれっぽい傾向が見えたらまた追記します。 バナメイエビとブラックタイガー:食感と味の違い これ、あくまで私が今回食べ比べて見て、の話なので、個人的な感覚の話もあるし、その時々のエビのコンディションにもよるので常に絶対、というわけではないのですが… 【バナメイエビ】 味的には甘みがあってエビそのものを楽しむ際に向いているかも。 例えば茹でただけでライム塩で食べるとかチラシ寿司の具材とか。 特に頭に入ってるミソ部分はバナメイエビの方が圧倒的に美味しかった。 例えばエビを丸ごと煮て作るカレーやクリーム系の煮込みなんかにはこっちの方が良いかもしれない。 あと、シンプルなソースをつけて食べる時とか。 茹でたエビに、 バジルソースをつけるだけ、とかも美味しかったですよー。 ただしやはり食感自体はちょっと柔らかめ。 水分が多めなんですって。 ということは、水分を抜いてあげればいいんですね。 アヒージョとか?の調理法も向いてるかも。 実際、バタープロウンにしたやつ、美味しかったです。 いや、ブラックタイガーも美味しかったけども、次回バタープロウンにする際、どっちする?ってなったら、バナメイ君使うかなー。 【ブラックタイガー】 肉厚でプリップリとした食感が特徴なので、その食感を楽しみたい料理をするときに向いているかも。 もちろんどんな料理でも「プリップリしてる方が美味しいやん!」と思われるかもしれませんが(笑)、例えばちらし寿司の具材だとあまり食感が立ってもあかん。 アヒージョなんかも油に味わいを写すのが目的みたいな料理だから食感より味。 ではブラックタイガーがどんな料理に向いてるかな?と思った際には、エビチリとか、海老マヨとか、ちょっと強い味のソースと合わせて(=味を補って)食べる料理に向いてるかも。 今回はバナメイエビと同じ調理法をして比較したので、ブラックタイガー向きと思われる料理には挑戦できてないのですが、 ・身が厚く ・弾力のある噛みごたえがある という特徴は間違いなくあると思います。 自己流ですが、調理の前に どやろか。 もしかしたらプロの方から見たら怒られ案件なのかもしれませんが… 特にブラックタイガーは背ワタが大きい。 でも今回の場合は背ワタと言いながら腹側に筋が通ってたんですよ。 なのでハサミで足を切り取って、そこから爪楊枝を使って腹側にある背ワタをとって使いました。 頭の方に向かって足が伸びてるのですが、それに逆らうように、ハサミを頭側から尾っぽむきに添わせてチャキチャキやると簡単に切れる。 これ、背ワタを取るためにやったのですが、調理してみると、この足を切り取ること=腹側に一本切れ目が入った状態になるため、食べる際に皮が剥きやすい!! 味を殻に閉じ込めたままに、ということなら足をつけて閉じたままにしておくのが良いのでしょうが、そうしても一切、殻と身の間に一切水分が入らないわけじゃないしなー。 美味いもんブログ:月別 美味いもんブログ:月別 人気の記事(過去7日間の集計)• 2020年6月26日• 2020年6月23日• 2020年6月25日• 2020年6月24日• 2020年6月22日• 2020年6月24日• 2020年6月18日• 2020年6月23日• 2020年6月19日• 2020年6月24日 最近のコメント.

次の