耳 掃除 やり方。 犬の耳掃除の仕方・完全ガイド~耳垢の取り方から耳洗浄・耳毛の抜き方まで

犬の耳掃除が自宅でできる!正しい耳掃除のやり方

耳 掃除 やり方

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。 50人の購読者に加わりましょう メールアドレス 耳垢について 耳垢は、耳の穴から鼓膜までの部分、外耳道に溜まります。 古くなった外耳道の皮膚がはがれてきたものと、脂分や粘液などの外耳皮膚からの分泌物、ほこりなどで出来ています。 日本人の6割は、外耳皮膚からの分泌物が少ない為乾燥した耳垢(乾性)で、30%が柔らかい耳垢(湿性)です。 耳垢には耳の奥に物が入らないようにする役割があります。 ですので、耳垢は耳の手前で作られていて、耳の奥にはありません。 もし耳の奥に耳垢があったら、鼓膜付近に固まったり、外耳道を塞いだりしてうまく振動が伝わらず、聞こえ方が悪くなってしまいます。 綿棒で耳掃除の危険性 綿棒で取れる耳垢はほんの一部にしか過ぎません。 実際には、鼓膜の方に耳垢を押し込んでいるのです。 イギリスで、綿棒を使って耳掃除をしていた31歳の男性が意識不明になり病院に搬送された、というニュースがありました。 5年前から耳掃除に使っていた綿棒の綿が耳の奥につまっていて、そこから細菌が増え脳にまで感染が広がってしまったらしいです。 手術で耳の膿を取り除くと、コットンの塊が出てきました。 この男性は2カ月間抗生物質を服用しなければなりませんでした。 びっくりするような話ですが、一体なぜこのような事が起こったのでしょうか? 耳掃除の最中に綿棒の先端のコットンが外れ、長時間そのままにされていると、水や汗がたまり雑菌が増え悪性外耳道炎を発症し、 その菌が繁殖して脳に感染が広がってしまうのです。 健康な状態ですと意識不明にまではならないでしょうが、免疫が弱まっている状態だと起こり得る事のようです。 一方日本でも耳掃除でトラブルが色々起きているようです。 国民生活センターには、耳掃除中の怪我の報告が5年間で178件あったそうです。 その半分は綿棒が原因でした。 綿棒は、湿っている状態だと先端部分が軸から外れる事があります。 耳の中に残って取り出せなくなってしまった事故は20件以上ありました。 スポンサーリンク 耳掃除は不要 耳垢がたくさん取れるとちょっとした達成感があり、気分も爽快ですよね。 でも、耳鼻科医は綿棒で耳掃除する事に対して、警鐘を鳴らしています。 綿棒で耳垢を奥に押し込んでしまった為に、難聴になってしまった小中学生が増えてきています。 聴覚学者のウイリアム・シャピロ氏によると、耳垢自体は害でも汚いものでもなく、 酸性なので細菌の繁殖を防ぎ、潤滑油としての役割も果たす、私達の体にとって必要なものという事です。 現代人は耳掃除をし過ぎています。 綿棒メーカーは、耳や鼻のお手入れに綿棒を使う事を奨励していますが、本来綿棒で耳掃除をしてはいけないのです。 綿棒に限らず、耳かきを使うのもよくありません。 それでは、耳掃除はどうすれば良いのか、と思いますよね。 耳垢は、租借や会話で使う顎の動きに伴って、自然と外は送り出されるようになっているのです。 全く耳掃除をしなかった為に耳垢が溜まり、聞こえなくなってしまう、という事はまずありません。 耳垢が溜まる事で起こるトラブルはほとんどないのです。 それよりも、綿棒でゴリゴリとこすったりして、炎症を起こす事の方が何十倍も多いです。 つまり、基本的には耳掃除は必要ないのです。 どうしても掃除したい場合は、 綿棒は外耳道に入れず外耳周辺のみ掃除し、耳の奥は触らないようにしましょう。 まとめ よいと思われてきたものが本当は良くないってこと、ありますよね。 耳掃除もそうだったなんて、驚きです。 でも、ここは頭を柔軟にして、新しい考えを取り入れていきましょう。 スポンサーリンク.

次の

ご家庭での耳垢掃除の方法(やり方・仕方)

耳 掃除 やり方

ピンセットで耳掃除をやっている人はいますか? 耳かきをピンセットでやろうと思ったことも無い人も多いのではないでしょうか。 僕も小さい時に母親にピンセットで耳掃除をされたときに、なんで耳かきじゃなくてピンセットで耳掃除をするんだって思いましたから。 ただ、どうやらピンセットで耳掃除をすることには多くのメリットがあるのだとか。 メリットがあるというのならピンセットで耳掃除をするのも良いかなと思いますよね。 僕も最初はピンセットでの耳掃除に戸惑いのようなものがありました。 しかし今となってはピンセットではなく耳かきを使っての耳掃除の方に違和感を感じるほどに。 今回はそんなピンセットでの耳かきについて調べてみました。 ピンセットで耳掃除をするメリットは?• ピンセットで耳掃除をする方法は?• 耳掃除におすすめのピンセットは? となっています。 それでは発送開始! 広告 ピンセットで耳掃除をするメリットは? ピンセットで耳掃除をするメリットは? まずは、ピンセットで耳掃除をするメリットについて書いていきますね。 僕が通っている耳鼻科でも行くといつもピンセットで耳掃除をしてくれます。 耳鼻科の先生もピンセットを使うほどなので、なんらかのメリットは確かにあるのでしょう。 こういったものを使っている人が多いのではないかと思います。 ではどんなメリットがあるかについてですが、ピンセットで耳掃除をするメリットは耳垢を掴んでしっかりと取れるというところにあるのではないかと考えます。 ピンセットは掴むものなので当然そうだろう、それの何が優れているんだと思った人もいるのではないでしょうか。 なので、これの何が良いかについて説明しますね。 これを説明するに際しては耳かきのデメリットから話すとわかりやすいかと思います。 この耳かきのデメリットというのは耳かきを使った場合には逆に耳垢を耳の奥に押し込んでしまう可能性があるということです。 耳かきでも上手く使えばそのようなことにはならないのですが、耳垢を耳の奥に押し込んでしまっている人が多くいると思います。 そうなると、掃除してるつもりがむしろ取りづらいところに耳垢を押し込んでいるだけになってしまいます。 しかも、耳垢を耳の奥に押し込んでしまうと外耳道に傷をつけてしまうことすらあります。 それに対して、ピンセットを使えば取れないにしても少なくとも耳垢を耳の奥に追いやってしまうことはないです。 また、耳かきのようにこするようなことはしないので耳の中を傷つけにくいです。 更に慣れてくれば耳かきを使うよりもピンセットで取る方が早くなります。 ピンセットなら掴んですぐ取れるのでとてもスムーズに行うことができるのです。 そういった理由で耳鼻科ではピンセットでやることがあるのでしょうね。 広告 ただデメリットもあります。 それは自分一人ですることが難しいことです。 1人暮らしの場合にはこの方法で耳掃除をするのは困難です。 慣れればそんなこともないのですが、一人でやるというよりかは誰かにしてもらった方が効果的ではあります。 しかしそれは通常の耳かきを使った耳掃除でも同じことが言えるので、ピンセットの方が優れている面があるということに変わりはないでしょう。 ピンセットで耳掃除をする方法は? 続いてはピンセットで耳掃除をする方法についてです。 よく耳掃除をするときに寝転がらせてやることがありますがこれはNGです。 これをやることによってピンセットで掴んだ耳垢を誤って落とした時に鼓膜の所で溜まってしまうので。 なのでまず耳掃除をするときにはされる人も座ってやりましょう。 また、よく耳かきをするときに耳の奥までやる人がいますがこれもNGです。 あまり奥にまでピンセットを入れてしまうと、鼓膜を傷つけてしまう可能性があるので。 奥のものまで無理に取る必要はないので、浅いところで取れそうなものだけを取りましょう。 また、どうしても気になる場合には耳鼻科に行けば耳掃除をしてくれるのでお医者さんに頼むのが良いでしょう。 ここまでは注意点でしたが続いてはコツについてです。 上手くやるコツは耳を広げながらやることです。 こうすることによってピンセットが入りやすくなります。 また当たり前のことですが明るいところでやるのも大切です。 ただこれに関してはライト付きのピンセットを使うというのも1つの手です。 それであればしっかりと耳の中を覗くことができるので格段にやりやすくなります。 広告 耳掃除におすすめのピンセットは? 最後は耳掃除におすすめのピンセットについてです。 普通のピンセットを使ってもできることにはできます。 どんなものであれ耳の中に入るくらいの大きさであれば一応耳掃除はできるので。 しかし、やはり専用のものを使った方がやりやすいです。 また、衛生的にも他のものとは区別しておいたほうが良いかと思います。 なのでここではいくつかある中から使いやすそうなものを選んでみました。 これを使えば耳の中が見やすくなるのでピンセットと合わせて使えば便利です。 僕が通っている耳鼻科でもこの2つを使って耳垢を除去していました。 お医者さんが使っているくらいなのでやはりこの2つを使うのが最適なのではないでしょうか。 2つとも値段もそこまで高くはありませんし1度試してみるのも良いでしょう。 まとめ 今回はピンセットでの耳掃除について書いてみました。 耳かきを使うよりも耳へのダメージも小さくできますし、綺麗に取ることが出来るのでお勧めです。 また紹介した正しいやり方についても参考にしてみてください。 特に寝転がって耳掃除をしてはいけないというのは知らなかった人も多いのではないでしょうか。 実際にほとんどの人が寝転がった状態で耳掃除をしてもらっていたでしょうから。 今回はここまで。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の

犬の耳掃除が自宅でできる!正しい耳掃除のやり方

耳 掃除 やり方

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。 50人の購読者に加わりましょう メールアドレス 耳垢について 耳垢は、耳の穴から鼓膜までの部分、外耳道に溜まります。 古くなった外耳道の皮膚がはがれてきたものと、脂分や粘液などの外耳皮膚からの分泌物、ほこりなどで出来ています。 日本人の6割は、外耳皮膚からの分泌物が少ない為乾燥した耳垢(乾性)で、30%が柔らかい耳垢(湿性)です。 耳垢には耳の奥に物が入らないようにする役割があります。 ですので、耳垢は耳の手前で作られていて、耳の奥にはありません。 もし耳の奥に耳垢があったら、鼓膜付近に固まったり、外耳道を塞いだりしてうまく振動が伝わらず、聞こえ方が悪くなってしまいます。 綿棒で耳掃除の危険性 綿棒で取れる耳垢はほんの一部にしか過ぎません。 実際には、鼓膜の方に耳垢を押し込んでいるのです。 イギリスで、綿棒を使って耳掃除をしていた31歳の男性が意識不明になり病院に搬送された、というニュースがありました。 5年前から耳掃除に使っていた綿棒の綿が耳の奥につまっていて、そこから細菌が増え脳にまで感染が広がってしまったらしいです。 手術で耳の膿を取り除くと、コットンの塊が出てきました。 この男性は2カ月間抗生物質を服用しなければなりませんでした。 びっくりするような話ですが、一体なぜこのような事が起こったのでしょうか? 耳掃除の最中に綿棒の先端のコットンが外れ、長時間そのままにされていると、水や汗がたまり雑菌が増え悪性外耳道炎を発症し、 その菌が繁殖して脳に感染が広がってしまうのです。 健康な状態ですと意識不明にまではならないでしょうが、免疫が弱まっている状態だと起こり得る事のようです。 一方日本でも耳掃除でトラブルが色々起きているようです。 国民生活センターには、耳掃除中の怪我の報告が5年間で178件あったそうです。 その半分は綿棒が原因でした。 綿棒は、湿っている状態だと先端部分が軸から外れる事があります。 耳の中に残って取り出せなくなってしまった事故は20件以上ありました。 スポンサーリンク 耳掃除は不要 耳垢がたくさん取れるとちょっとした達成感があり、気分も爽快ですよね。 でも、耳鼻科医は綿棒で耳掃除する事に対して、警鐘を鳴らしています。 綿棒で耳垢を奥に押し込んでしまった為に、難聴になってしまった小中学生が増えてきています。 聴覚学者のウイリアム・シャピロ氏によると、耳垢自体は害でも汚いものでもなく、 酸性なので細菌の繁殖を防ぎ、潤滑油としての役割も果たす、私達の体にとって必要なものという事です。 現代人は耳掃除をし過ぎています。 綿棒メーカーは、耳や鼻のお手入れに綿棒を使う事を奨励していますが、本来綿棒で耳掃除をしてはいけないのです。 綿棒に限らず、耳かきを使うのもよくありません。 それでは、耳掃除はどうすれば良いのか、と思いますよね。 耳垢は、租借や会話で使う顎の動きに伴って、自然と外は送り出されるようになっているのです。 全く耳掃除をしなかった為に耳垢が溜まり、聞こえなくなってしまう、という事はまずありません。 耳垢が溜まる事で起こるトラブルはほとんどないのです。 それよりも、綿棒でゴリゴリとこすったりして、炎症を起こす事の方が何十倍も多いです。 つまり、基本的には耳掃除は必要ないのです。 どうしても掃除したい場合は、 綿棒は外耳道に入れず外耳周辺のみ掃除し、耳の奥は触らないようにしましょう。 まとめ よいと思われてきたものが本当は良くないってこと、ありますよね。 耳掃除もそうだったなんて、驚きです。 でも、ここは頭を柔軟にして、新しい考えを取り入れていきましょう。 スポンサーリンク.

次の