梅 シロップ 梅 しわしわ。 梅酒の梅の使い道と保存方法!しわしわにならないのはなぜ?

梅シロップの梅は入れっぱなし?取り出す時期や使い道も解説

梅 シロップ 梅 しわしわ

スポンサーリンク 梅シロップの梅の実はいつ取り出す? 梅シロップの作り方を調べると、完成したら梅の実を取り出すと書いてある物が多いです。 でも、レシピごとに記載されている取り出すタイミングが違います。 漬けてから1週間したら取り出すとか、1ヶ月後に取り出すとか色々です。 作り慣れていないと 一体いつ取り出したらいいんじゃい!と迷いますよね。 漬けてからどれくらいで取りだしたらいいのか、その悩みをここでスッキリさせたいと思います。 梅シロップの梅の実を取り出すタイミング 梅の実を取り出す時期は、実がしわしわになった時です。 これは漬け方や保存容器を置いている環境によって梅がしわしわになる時期が違いますので、梅シロップを見て確認してください。 梅の実がしわしわになったのは、梅から十分エキスが出てしぼんでいる状態。 もうこれ以上エキスが出てくる事はありません。 梅酒だと梅が瓶の底に沈んでいますが、梅シロップの場合は沈むまで待たずにしわしわになったら取り出してしまってOKです。 梅の実によってはしわしわにならない事もあります。 しわしわにならない実の多くは漬ける時に竹串などで穴をプツプツ開けていたり切り込みを入れた物です。 また、青梅ではなく黄色く熟してきている梅を使った場合もしわしわになりません。 こういう場合は見極めが難しいですよね。 とりあえずしわしわにならない梅の場合は、梅からエキスが出尽くす目安が2週間~1ヵ月ですので、1ヵ月したら取り出すといいでしょう。 梅を取り出す時はきれいに洗って完全に乾燥させた菜箸やトングを使って下さいね。 菜箸などについた菌が入ると大事な梅シロップが腐敗してしまう事がありますよ。 梅シロップに梅の実を入れっぱなしはダメ? 梅シロップの梅の実、取り出さずにシロップに入れっぱなしじゃダメなんでしょうか? 梅を取り出さないで入れっぱなしでもよさそうですよね。 でも、シロップの場合は取り出した方がいいのです。 その理由をご説明します。 なぜ梅シロップから梅の実を取りだすのか? 実は梅シロップは梅酒と違い、発酵してくることがあります。 発酵するとシロップに炭酸のような泡が発生したり、フタを開けた時にシュッとガスが抜けたりするようになります。 シロップの場合アルコールが入っていないので菌の働きを抑える事ができません。 梅自体の常在菌、酵母によって まずは梅の実から発酵し、そしてシロップ自体も発酵していきます。 ですので、 シロップの発酵を抑えるために梅は取り出しておいた方がいいのです。 また、 梅の実自体にカビが生えてくる事があります。 特に梅が表面に浮いている時が危険です。 気づいたら白い菌糸に覆われていた…という事もありますので、エキスが出た梅の実はシロップから出しましょう。 ちなみに シロップの糖度が高いほど菌の働きは抑えられます。 そして 梅を出してもシロップが発酵する可能性はありますので、不安であればこちらでご案内しているように加熱処理をしておく事をおすすめします。 スポンサーリンク 梅シロップの梅の実は食べられる? 梅シロップから取り出した梅の実、すでにエキスが出てしまいしわしわになっています。 役目を終えた梅の実ですが、捨ててしまうのは何だかもったいないですね。 食べられるのなら食べたいです。 でもこのしわしわの梅…食べられるのでしょうか? 梅シロップの梅は食べる? 梅シロップの梅の実、果肉があれば食べられますが、まずほとんどがこちらの画像のように種と皮だけになったスカスカでガッチガチに収縮してしまっています。 梅酒と違い梅シロップの場合、一見果肉が残っているように見えても皮と種だけになっていて、スカスカで使えない物が多いです。 上の画像の中で丸い梅の実も、一見果肉が残っているように見えますが実際はガスで膨らんでいるだけでスッカスカです。 これはもしかしたら使った砂糖の分量にもよるのかもしれませんが、筆者が梅:砂糖を1:1で作った物は梅の中身が全て吸い出されてシオシオのカチカチのスカスカで全く使えませんでした。 正直食べられたもんじゃないです。 不思議な事に梅酒の梅の実は食べられるんですよね。 梅シロップを作った後の実は本当に梅のカスになっているので、捨ててしまいましょう。 梅シロップの梅の毒は平気なのか? ここまで梅シロップの梅についてご案内してきましたが、聞いたことがありませんか? 青い梅には毒があると。 青酸カリに似た成分が青梅には含まれていると… スカスカになった梅の実なので食べてもおいしくないのですが、興味本位で食べてみたくなったりしませんか? もしくは運よく果肉が残っていた場合、それを食べようと思いますよね。 梅シロップや梅酒の梅のちょっと気になる梅の毒。 これは大丈夫なのでしょうか? 青梅には実際に青酸化合物の毒が含まれている訳ですが、 漬けた後の梅は食べても全然大丈夫です。 梅シロップを漬けた後の梅であれば問題なく食べられます。 梅の毒は梅が熟すと無くなります。 梅シロップは砂糖に漬けて強制的に梅を熟させるような感じです。 そして梅自体に含まれている青酸化合物の量もわずかです。 砂糖に漬けている間にそのわずかな毒は分解されて更に少なくなっています。 更にこの毒は単独で食べると食中毒を起こしますが、梅シロップや梅酒のように糖分やアルコールと一緒にする事で無毒化されます。 ちなみに「固い青梅」を一度に食べた時の致死量は大人の場合300個、子供だと100個位です。 毒と聞いて一瞬不安になりますが、食べ過ぎなければ子供が食べても平気ですよ! 最後に 梅シロップ完成後は、シロップが発酵しないように梅の実は取り出した方がいいのですね。 そして取り出すタイミングは梅からエキスが出てしわしわの状態になってからです。 漬けてから何日後というのはそれぞれですから、毎日梅シロップの瓶をゆする時に観察するといいですね。 出来上がったシロップにはクエン酸などの梅のありがたい栄養が溶け込んでいます。 大事に保存して飲みたいですね。 その他の梅しごとに関する疑問やトラブルに関してはこちらにまとめてあります。 ご覧ください。

次の

梅酒の梅の使い道と保存方法!しわしわにならないのはなぜ?

梅 シロップ 梅 しわしわ

スポンサードリンク 梅ジュース残ったしわしわ梅は食べれる?! 青梅には毒がなんて言われますが、お店で売っているくらいの青梅はもう毒性はないって言われてます。 そして梅の実の読破砂糖に漬けたり、煮たり、アルコールに漬けたりすることでなくなるとも言われているので、梅ジュースを作ったあとの梅は食べて大丈夫です。 そのまま食べてもOKなのですが、砂糖に漬け込んでいたのにそんなに甘くないんですよ笑。 そしてシワシワの梅はなにより固い!!! そのためしわしわ梅は食べれるけど、手を加えてアレンジして食べるのがオススメです。 梅ジュース残った梅の使い道 梅ジュースの残りの梅、いろんな使い道があるんですよ。 簡単にアレンジと思えば、 プロセッサーで梅の実を細かくしてジップロックなどに入れて保存しておくだけ。 この一手間だけで、タレやソースなどの隠し味や角煮・魚の煮物などの甘味付にも使えますからね。 意外とあると便利で使いやすいです。 他にも梅を堪能したいと思えば、梅の実をたっぷり入れて、作った梅シロップでゼリーもイイですよ。 もう少し手を加えるなら、 定番の梅ジャムや、梅醤油、梅味噌、練り梅、梅ドレッシングなどの調味料にアレンジしておくのもオススメです。 一度調理料を作っておけば、必要な時にすぐに使えるため、ジャムは朝のヨーグルトやお菓子作りなどにも使えますし、梅醤油や梅味噌も、醤油炒めや味噌炒め・味噌煮の味噌を梅味噌を使うえますからね。 いつもとは違って少しサッパリした味付けになりますし、とくに食欲の落ちやすい夏場にはもってこいですよ。 残り梅 450g程度• 水 200~350cc• 砂糖 100g• レモン汁 大1• ブランデー 少々 砂糖の量が多い?と作るときは思ったのですが、それでもまだ食べるとどちらかというと酸っぱい! 甘いより酸っぱめです。 砂糖の量はホントお好みで味を見ながら調整して好みの味に仕上げたらOKかな?って思います。 梅味噌は、 のレシピを参考にして作りました。 梅の香りがぷ~んと香り、 豚巻きの中に塗ったり、や魚を焼くときに上に塗ったり、焼きおにぎりに塗ったりして使えそう! 梅エキスが出てしわしわになった梅ってホント固いんですよ。 正直ここまで固くなると思ってなかったのでビックリでした。 そのため梅の実を剥がすのに結構時間が掛かりました。 私はペティーナイフを使って梅の実を種と分けていたのですが、 種と実の間に包丁orペティーナイフを入れて実を引っ張りながらペティーナイフを動かすと剥がしやすかったです。 ただ、この方法だとペティーナイフなどがツルッと滑ってしまった時に、手を切ってしまう可能性があるので、十分注意してくださいね。 私実際に手を1箇所軽く切ってしまったので、慣れてきた頃が一番要注意です。 さいごに 梅ジュースの梅の実、捨ててしまうなんてもったいない! だって一手間加えるだけで、食べたり、料理に使えますからね。 そりゃ~ちょっと一手間掛かりますが、それでも一度手を加えておけば普段の料理で役立つので、せっかく梅シロップを作ったのであれば、残りの梅もアレンジして再利用してみてはいかがでしょうか。

次の

【梅シロップ】青梅を冷凍して作る方法│初心者におすすめ|なばなブログ

梅 シロップ 梅 しわしわ

見出し• 梅酒の梅のおすすめの使い道 漬けた後の梅でも色んな使い道があるんですよ~^^ お好みの方法で再利用してみましょう。 梅をそのまま再利用したレシピ まずは梅酒から出した梅をそのまま使う方法から。 梅酒も混ぜて焼けば大人味のパウンドケーキになります。 また豚バラなどのかたまり肉や手羽先などと一緒に煮ると脂っこさがなくなるので食欲が減退する夏にピッタリです。 スライスしてかき氷にのせて梅酒をちょっとかければ大人カキ氷に。 またそうめんなどの麺つゆにすりおろして頂くのもおすすめ。 おすすめ梅酒をロックで飲むときに入れると梅酒が薄まらずに冷え冷えで頂けます。 ひと手間加えた梅レシピ そのままではなく加熱すればお料理のバリエーションがぐっと広がります。 アルコール分をしっかり飛ばせば子供でもOKです。 おすすめそのままゼラチンや寒天に入れた梅ゼリーもGOOD。 おすすめ豚しゃぶのタレやゆで野菜など淡白な料理によく合います。 梅酒の梅はエキスが抽出されるまでに必要な 3カ月以降であればいつ取りだしても良いので、梅酒を飲み切った時でも1年後でもいいんです。 ちなみに梅は1年くらい漬けた方が美味しいと言われているので我が家では梅酒を漬ける時期になったら前の年の梅酒と梅は取り出して別々の保存瓶に移したら 瓶を洗わず、そのまま新たな梅酒を漬けこむんです! そうすると最適な時期に梅を出せるだけじゃなく大きくて場所を取る瓶の数も最小限にできるし、 瓶の消毒も省けちゃうのでとっても楽チンです。 その頃だと湿気も多く段々と気温が上がる時期なので常温での保存だとカビてしまう場合があるので、 梅酒から引き上げた梅は冷蔵庫で保存しましょう。 ちなみに梅酒から取りだした梅は冷蔵だと約1カ月で消費するといいと言われていますが、 2-3カ月経っても美味しく頂くことができました。 ただ梅酒から出すとどうしても傷んでしまうので、たくさんあってなかなか食べきれない場合は多少風味は落ちますが冷凍しておくといいですよ。 氷砂糖の量が多い(砂糖なしだとシワにならないんですよ!)• 溶けやすい砂糖を使った(梅が糖濃度を一定にしようと急激な変化が起こるため)• 梅自体の熟度が低いもの(残念ながら表面を見ただけではわかりません) そう、あの シワはほぼ糖度の問題だったんです! しかも市販されている梅入りの梅酒ってシワのない梅が入ってますよね? だからシワシワはできない方が糖の浸透が一定だったということでむしろ大成功なんですって! ちなみに甘さ控えめの梅酒が好きな管理人は梅500gに対して250gと350gの氷砂糖を入れた梅酒を作ったんですが、1年後の梅がこちら! 【氷砂糖250gの梅】 シワのある梅は少しだけ。 【氷砂糖350gの梅】 4~5割の梅がシワシワになっていました。 確かに 氷砂糖が多い(=糖度が高い)方がシワシワ梅が多いですね~。 そこでこの結果を母にこれを伝えると「確かに味見した梅酒辛かったもん。 私はもっと甘いのが好き」とのこと。 だからやっぱり実家で見た シワシワの梅は砂糖が多かったからということですね。 ちなみに我が家では母が「やっぱりそのままが一番ね!」と嬉しそうに食べていたのでほとんどリメイクせずになくなりました 笑.

次の