郵便局 振り込み 窓口。 急な用事でもまだ間に合う!? 郵便局の振り込み時間って何時まで?

郵便局の営業時間で振込は何時まで?ゆうちょATMでの振込なら何時まで?

郵便局 振り込み 窓口

郵便局って何時まで? 夕方、急ぎの手紙を出したいときに、郵便局が何時まで開いているか気になった人もいると思います。 郵便局のサービス別利用時間は以下のようになっています。 貯金や保険の窓口が 平日9時~16時です。 銀行窓口の多くは平日9時~15時の営業ですから、利用時間が1時間長いのは便利です。 また、郵便物に関しては、「ゆうゆう窓口」が各都道府県で設けられています。 以前は「時間外窓口」という名称でした。 土日祝日、夜間も利用可能で、都市部では24時間開いているところもあります。 郵便に関しては、通常郵便物や速達郵便物・書留郵便物の差し出し、切手の購入、不在留置郵便物の受け取りなどが通常窓口と同様に利用できます。 「当日消印有効」など期日の決まった郵便物を時間外で出すときに利用する人もいるようです。 ただし、ゆうちょ銀行や保険業務の取り扱いはありません。 ATMの営業時間 ATMの営業時間はゆうちょ銀行、郵便局、コンビニや駅の出張所など場所によってやや異なります。 コンビニに設置されたゆうちょ銀行のATMは、 平日だけでなく土日休日も含めて0時5分から23時55分までのほぼ24時間利用可能なところが一般的です。 ほかは基本的に以下のとおりです。 詳しくはにてご確認ください。 日本全国には約2万7200台のATMがあり(2016年1月現在)、ゆうちょカードや通帳で利用する場合、365日いつでも入出金の手数料が無料です。 さらに、ゆうちょ口座同士であれば、ATM送金(電信振替)の手数料がかからず、即時入金が可能です。 全国で利用でき、口座間の振替手数料が0円とあって、仕送りなどで利用する人も多いようです。 それって本当に郵便局でしかできないの? 郵便局でしかできないこともあれば、郵便局へ行かなくてもできることがあります。 あらためて整理してみました。 ゆうちょ銀行と全国の金融機関の振り込み ・ゆうちょ銀行から他の金融機関に振り込む場合 ゆうちょ銀行の口座からATM(およびゆうちょダイレクト)で他の金融機関の口座に振り込む場合は、 ・5万円未満:648円 ・5万円以上:864円 です。 平日15時以降と土日休日に手続きをした場合は、翌営業日の取り扱いとなります。 提携金融機関やコンビニATMでもゆうちょカードの利用は可能です。 この場合、ゆうちょATMが設置されたコンビニでは手数料が無料ですが、それ以外のコンビニでは時間帯によって手数料が 108円から216円かかります。 ・他の金融機関からゆうちょ銀行に振り込む場合 手数料は各金融機関によって異なります。 ゆうちょ銀行の口座は記号と番号で管理されていますので、振り込み時にはこの記号と番号を振り込み用の店名、預金種目、口座番号に変換する必要があります。 郵便局以外でも利用できるサービスは? 昔は郵便局か銀行でしか行えなかった公共料金などの支払いも、今では多くのコンビニでできるようになりました。 公共料金のほかには国民年金などの保険料の支払い、さらに一部コンビニでは電信振替、国際送金、郵便物の受け取りサービスも始まっています。 郵便局でしか利用できない便利なサービスとは? 郵便振替は今も多くの通信販売やカタログ販売会社で利用されています。 支払い方法は、商品と一緒に送られてきた後払い用の郵便振替用紙を持って郵便窓口やATMに行き、支払うというものです。 クレジットカードを持たず、ネットも使わない高齢者には安心、簡単な決済方法として親しまれています。 また、郵便局独自の金融サービスに「電信現金払」があります。 これは、送金人の口座から送金人が指定したゆうちょ銀行、または郵便局の窓口で受取人がお金を受け取る方法です。 オンラインで即時処理される上、受取人がゆうちょ銀行の口座を持っていなくても窓口でお金を受け取れるという便利なサービスです。 振り込み以外で便利な郵便局のサービスは? ゆうパックのオプションサービスは多岐にわたっています。 例えば、空港ゆうパックなら、旅行かばんやゴルフ用具、スキー用具を出発の前日までに空港に届け、搭乗日に空港内の指定カウンターで受け取ることができます。 また、ゆうパックを使って消火器の回収やパソコンのリサイクルも行っています。 ほかにも便利なサービスがあります。 「みまもりサービス」は、離れて暮らす高齢者のために郵便局員が自宅を訪問し、会話を通じて生活の様子を確認、その模様を家族に報告するというものです。 ユニバーサルサービスの郵便局ならではと言えるでしょう。 また、「みまもりでんわ」は、高齢者の自宅に毎日同じ時間帯に電話がかかり、体調を確認する録音メッセージが流れるというものです。 いずれも超高齢化社会でこれからニーズが高まりそうなサービスです。 さまざまなWebサービス お気に入りの写真を持ち込んでオリジナル切手シートを作成するサービスも人気です。 82円切手10枚1シートの製作で1230円と値段も手ごろです。 また、郵便局のネットショップでは、肉や魚、野菜、果物、穀物、菓子類などが注文できますし、ランドセルも販売しています。 さらに、ドラッグストアとの連携で医薬品の通販を行ったり、清掃用品のレンタル会社と連携してハウスクリーニングサービスも手掛けています。 今後はさらなるサービス拡大も 全国津々浦々にまで拠点を持つ巨大組織だけあって、郵便局の潜在能力の高さは他企業と比べてもズバ抜けています。 2015年11月には、日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社が上場しました。 これまでは「民業圧迫」批判もありましたが、今後は3社の強みを融合させつつ、質量ともにさらにサービスが拡大していくでしょう。 郵便物を送るくらいしか郵便局を利用していなかった人は、郵便局のWebサイトを一度のぞいてみると、意外なサービスの充実ぶりに驚くかもしれません。

次の

郵便局もキャッシュレス決済対応に!クレジットカードを活用する方法|クレジットカードの三井住友VISAカード

郵便局 振り込み 窓口

キャッシュレス決済ができる商品やサービスについて 郵便局におけるキャッシュレス決済の利用対象について確認しておきましょう。 郵便局では、窓口で取り扱っている以下の商品やサービスの支払い時に、キャッシュレス決済を利用することができます。 郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃の支払い• 切手、はがき、レターパックなどの郵便関連販売品の支払い• カタログ、店頭商品などの物販商品の支払い ただし、印紙、宝くじ、代金引換郵便物などの引換金、税付郵便物の関税などでは利用できませんのでご注意ください。 また、郵便局のキャッシュレス決済は、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、電子マネー、スマホ決済が対象となります。 Visa、Mastercardを含むクレジットカード6ブランドのほか、電子マネー4ブランド、スマホ決済11ブランドに対応と、多様なキャッシュレス決済が利用できるようになっています。 郵便局でクレジットカード決済ができる場面 実際に、郵便局のサービスでクレジットカード決済を利用するシチュエーションを確認してみましょう。 郵便窓口で取り扱う商品やサービスの支払いで活用する 郵便窓口で購入する商品やサービス利用時の支払いに、クレジットカード決済ができます。 通常はがきや往復はがき、年賀はがき、切手などを大量に購入したり、国際郵便、ゆうパック、ゆうメールなどをまとめて送付したりすると、かなり料金がかさみます。 現金の持ち合わせがない場合はもちろん、クレジットカードをメインの決済手段にしていてポイントを効率良く貯めたいという人にも利便性があるでしょう。 「Webゆうびん」で利用する 自宅、職場、外出先などから、インターネットで慶弔メッセージや請求書配送などが注文できる「Webゆうびん」で、クレジットカード決済か料金後納を選択できます。 具体的なサービス内容としては、お祝いやお悔やみのメッセージを送る「Webレタックス」、パソコンで作成したデータをアップロードするだけで内容を印刷し封筒詰めしたうえで発送までを代行してくれる郵便発送サービス「Webレター」、WordやPDFのファイルを郵便物として速達で送付できる「Web速達」などがあります。 請求書など、一度に大量の郵便物を送りたい場合や、急ぎの文書を当日中に顧客に届けたい場合などに活用できるでしょう。 別ウィンドウで日本郵便株式会社のウェブサイトへリンクします。 郵便局のネットショップで商品を購入する さまざまな商品を販売する「郵便局のネットショップ」でも、クレジットカード決済ができます。 切手やはがきなど、郵便局ならではの商品のほか、産地直送の品、日用品、お中元・お歳暮、贈り物に最適なギフトなどを販売しています。 別ウィンドウで日本郵便株式会社のウェブサイトへリンクします。 ただし、買物の総額が5,000円(税込)未満の場合、送料がかかってしまいますので、郵便局で直接購入するよりも高くなります。 クレジットカード払いで還元されるポイントより送料が高くなってしまいますので、切手やはがきをまとめ買いするときや、季節の贈り物を多数送るときなどに、郵便局のネットショップを使うことをおすすめします。 新規入会限定キャンペーン実施中! 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。 キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。 1 2020年5月1日時点で対象カードをお持ちの方、または(2020年5月1日時点で対象カード(注)をお持ちでない場合であっても)2019年3月1日以降に対象カード(注)に新規で発行した履歴があり、その後退会あるいは会員資格が停止されている方は対象となりません。 (注)エブリプラスを含む 2 カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、ご利用を毎月集計し、20%を乗じた金額をご利用月の2ヵ月後末までにプレゼントします。 今回の記事のまとめ 郵便局でもキャッシュレス決済が可能に• 2020年2月から順次、郵便局でもキャッシュレス決済が可能• これまでは郵便局のほとんどのサービスが現金決済のみ キャッシュレス決済の利用対象• 郵便料金または荷物運賃の支払い• 切手、はがき、レターパックなどの郵便関連販売品の支払い• カタログ、店頭商品などの物販商品の支払い 利用可能なキャッシュレス決済の種類とブランド• クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード• 電子マネー• スマホ決済• クレジットカードは6ブランド、電子マネーは4ブランド、スマホ決済は11ブランドに対応 キャッシュレス決済に対応している郵便局• 5月から全国的にキャッシュレス決済を導入する郵便局が増加する予定• キャッシュレス決済を導入する郵便局については、日本郵便のウェブサイトで確認できる 郵便局のサービスでクレジットカード決済ができる場面• 郵便窓口で取り扱う商品やサービスの購入• Webゆうびんサービスの利用• 郵便局のネットショップでの商品の購入.

次の

土曜日や日曜祝日でも郵便局の窓口から振り込みできる?入金はいつ反映?

郵便局 振り込み 窓口

>1.振込依頼書が3枚あります。 > 窓口でまとめて振り込めばよいのですか。 > それともATMの方がよいですか。 どちらでも良いです。 手間がかからないのが窓口 時間がかからないのがATMですね。 いままで郵便局で振り込みの手続きをされたことがなければ窓口の方が良いです。 ATMでは一件ごとに、いろいろ入力したりボタンを押したりで面倒ですよ。 >2.どちらでも手数料はかからないのでしょうか 振込用紙が赤で印字されている場合は、振込料金は受取人払いですので無料です。 紺色で印字されている場合は、振込料金は振り込み人払いですので有料です。 これは、窓口であろうとATMであろうとかわりません。 振込料金が有料の場合は、ATMの方が安くなります。

次の