タイタン フォール 2 タイタン。 【プレイ中】タイタンフォール2

SA

タイタン フォール 2 タイタン

リージョンの性能解説 リージョンは最後にアンロックされるタイタンですが、 初心者には扱いやすい性能を持っています。 特長としては攻撃力と防御力が高く、 機動力が低いといった印象です。 初心者の頃は敵の動きを予測したり立ち回りがわからないと思いますが、 攻撃力と防御力を活かしたゴリ押し戦術で立ち回れます。 また、兵装に関してもわかりやすく覚えることが少ないのもメリットです。 メインウェポンのプレデターキャノンはガトリングガンになっており、 多少エイムがズレたとしてもすぐに修正して当てやすく、 単発式のメインウェポンに比べて扱いです。 攻撃アビリティに関しては攻撃力が高い割にクールダウンも早いことから、 主力の攻撃として使えるでしょう。 防御アビリティに関しては他のタイタン同様シールドを展開しますが、 リージョンの場合は 展開しながら戦うことができます。 他のタイタンならシールドと攻撃のタイミングが重要になりますが、 リージョンなら撃たれたらとりあえず展開という感じで大丈夫です。 ユティリティーは近距離モードと遠距離モードの切り替えができ、 敵の距離に合わせて変更するような感じです。 モードの切り替えには時間がかかるので、 事前に切り替えておく必要があります。 必殺技であるスマートコアは他のタイタンに比べると地味ですが、 自動ロックで弾数無限という強力な性能です。 タイタン相手に対しては自動ロックの恩恵をあまり感じませんが、 パイロット相手に関してはエイム力がなくても瞬殺できます。 ただ、発動するとパイロットは隠れて出てこない場合が多いです。 性能の説明に関しては以上です。 次は私がやっていた立ち回り方を紹介したいと思います。 スポンサーリンク 立ち回り方 他のタイタンにも言えることですが、 味方のタイタンやパイロットの近くでタイタンフォールさせるようにしましょう。 間違っても敵のすぐそばなどにはしないように。 (集中砲火を受けてやられてしまいます) それかマップの端っこなどですると良いでしょう。 リージョンに乗り込んだらとりあえず 遠距離モードに切り替えます。 理由としては乗り込んだ瞬間に敵がすぐそばにいることは珍しいですし、 遠距離で敵を見つけてからモード切り替えをすると間に合わないからです。 リージョンは一直線の地形で最も活躍しやすい性質があるため、 私は遠距離モードを多く使っています。 (対パイロットは近距離モードかな) 敵のタイタンを見つけて相手が気づいていないようであれば、 最初に攻撃アビリティのパワーショットを撃ち込みます。 その後にメインウェポンのプレデターキャノンを撃ちまくり、 敵が撃ってきたり撃ってきそうになったらシールドを展開します。 敵のタイタンがシールドを展開したときは遮蔽物に隠れてリロードしておくのも手です。 メインウェポンを使いつつ攻撃アビリティとシールドをこまめに発動させることが大切と言えます。 スマートコアは単純に弾数が無限になるので、 敵タイタンを逃さずに一気に仕留めたいときなどに使えます。 もちろん最初の頃はそのようなことはわからないと思うので、 発動できるときは使っていくといいです。 とりあえずこのローテーションを意識して立ち回ってみると良いでしょう。 ただ、最強というわけではありません。 機動力がないので戦線離脱が難しく、 敵に追撃されやすいというデメリットもあります。 自分なりにいろいろなタイタンや立ち回りを試すことが大切です。 ちなみに、トーンも非常に扱いやすいです。 (ちょっとやること多いですが) ということで今回はここまで、 よければ参考にしてみてください。 スポンサーリンク.

次の

イオン

タイタン フォール 2 タイタン

評価 そのスピード感に痺れる撃ち合い 余計な褒め言葉は不要、とにかく爽快。 元々、「コール・オブ・デューティ 以下CoD 」シリーズに携わっていた人たちの一作ということで、今作もスポーツ系FPSライクな内容になっているが、CoDよりも「撃つ」「走る」「避ける」の3点に重きが置かれており、初代『DOOM』にも似たオールドスクールな香りがする。 初代『DOOM』的な古き良きFPS 外骨格スーツによる人間離れしたアクションは、目が回るほどのハイスピードな撃ち合いを可能にし、押し寄せる敵の大群を片っ端から殲滅していくのは実に爽快。 外骨格スーツによる超人的なアクション• ハイスピードな撃ち合い 今作は「撃つ」「走る」「避ける」の3点を突き詰めたオールドスクールなFPSという印象を受ける内容になっており、賞味期限とは無縁の普遍的なゲームプレイを提供してくれる。 力と力が激突するタイタン戦 他の作品ではボス戦に当たる タイタン戦は、前作同様に面白い。 余計な小細工なく、真正面から火力で勝負する内容になっていることに加えて、タイタンの見た目からは想像できないほどスピード感のある戦闘にもなっており、 遊びがいと爽快感を同時に体感できるバランスになっている。 真正面から火力で勝負するタイタン戦 また、FPSパートとタイタンパートの配分が適切なのも大きい。 どちらも「飽きるまで遊ばせない」という意図が感じられ、中だるみすることなく最後まで遊べるのが嬉しい。 ただ、難易度と武器の種類は課題。 難易度はノーマルだとヌルく、かと言ってその一つ上だとシビアすぎる。 なので、その中間の難易度があれば良かった。 また、タイタン戦は中盤以降パターン化しがち。 タイタン用の武器は複数用意されているものの、使い分ける意味が薄く、もっと他の武器を使うべき理由を用意して欲しかった。 多彩な仕掛けが山盛りの各エリア 各ミッションでは、 常識に囚われない多彩なギミックで楽しませてくれる。 例えば、稼働中の組み立てラインを舞台にしたミッション「深淵へ」では、床が壁になり、壁が床になるギミックが用意され、目まぐるしく変化するエリアでの銃撃戦が楽しめる。 開発元の柔軟な発想力には素直に感心する。 各ミッションのギミックは多彩、センス抜群 そして、今作のギミックの使い分けは太っ腹。

次の

【評価・感想】『タイタンフォール 2(キャンペーン/ソロ)』レビュー

タイタン フォール 2 タイタン

タイタンフォール2の30年後を描く 出典: 本作は「タイタンフォール2」の30年後の世界を舞台にしています。 タイタンフォール2では、開拓宙域「フロンティア」を支配する巨大企業IMCと、入植民によるレジスタンス組織・ミリシアの戦いを描きました。 本作はIMCとミリシアの数百年に及ぶ戦争が終結し、両軍が撤退した世界を描いています。 両軍の撤退時に価値のあるものが持ち去られ、混乱に陥るフロンティアから資源と可能性に満ち溢れるアウトランズに集まったレジェンド達による競技、「Apexゲーム」が本作の舞台です。 登場キャラクターのつながりは薄い 出典: 本作でプレイヤーが使用する8人のレジェンド。 その中にはIMCとミリシアの戦争に関わったキャラクターもいます。 例えば「バンガロール」はIMCの軍人であり、アウトランズからIMC本部に戻ることを目標にApexゲームに参加しています。 とは言えシリーズ作のストーリーに深く関わったキャラクターはいないので、必ずしも過去の流れを把握しておく必要はないでしょう。 タイタンは登場しない 出典: 操作性はタイタンフォールシリーズと似ている部分も多いのですが、明確に違う点もあります。 それはタイタンフォールシリーズの特徴とも言える「タイタン」がいないこと。 そのほかウォールラン、ダブルジャンプといったアクションも廃止されています。 タイタンフォールの続編ではない 世界観こそタイタンフォールと共有していますが、本作はその続編ではありません。 位置づけとしてはスピンオフとするのが適切でしょう。 そうなると気になるのは「タイタンフォール3」ですが、によると、「タイタンフォール3は現時点で開発中ではない」とのことです。 本作はある程度長期的なサービス継続が予定されているとのことですので、ひとまずは本作を楽しみつつ、続編を待つのもよいかもしれません。

次の