アオアシ 191。 漫画「アオアシ」 191話のネタバレと無料読み放題

「アオアシ」19卷のネタバレと感想!トリポネとサミーを救った監督の言葉が響く!

アオアシ 191

2019年9月30日週刊ビッグコミックスピリッツ44号 発売 191話 アシト自問す アシトが5レーンサッカーを自分のものにしようとしている。 その成果も発揮されて、エスペリオンは後半を1点リードした状態でむかえることになった。 しかし前半終了間際に船橋の超絶カウンターをくらう。 すんでのところで得点されることはふせいだものの、その強烈なイメージは拭い去れないエスペリオン…。 エスペリオンは得点上では有利に立っているが、心情は押されムードであった…。 逆に船橋は負けていても勢いづいているようだ。 この立て直しをハーフタイムにするのが、選手たち、そして監督のつとめだ。 福田監督はアシトに思いのままにさせることを決断した…。 いっぽう、船橋もなにやら秘策をもって後半に挑むという。 観客席でも、花、紀子、杏里が不安そうな面持ちで試合をみていた。 後半開始! 開始早々異変に気づくエスペリオン!なんとフォワードのトリポネと二原のポジションがいれかわっているではないか! トリポネと二原の利き足は逆である。 早く頭を切り替えないとと思うアシト。 混乱のなか、ここでアシトの5レーンサッカーが!適格に阿久津に指示を出して、ボールをカットする! そう、まだアシトの5レーンサッカーで試合の全体像はみえている。 小早川もその流れに身をまかせることにした…。 「アオアシ」 191話の感想 「アオアシ」 191話を読んだ感想(ネタバレ含む)1 近日更新! 漫画「アオアシ」 191話を無料で読む方法 「アオアシ」 191話は漫画雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」に掲載されている作品です。 週刊ビッグコミックスピリッツは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

次の

アオアシ 最新 191話 ネタバレ 感想 船橋戦 後半 二原とトリポネが入替り

アオアシ 191

189話までのあらすじ 5レーンに対抗すべく、守備を5バックに変更してきた船橋。 5バックを攻略すべく、5レーンサッカーに加わることとなったアシト。 持ち前の「視野の広さ」を活かし、チャンスメイクするのですが、船橋の恐ろしいスピードのカウンターを見て衝撃を受け…!? 一方5レーンの完成度の高さに混乱していた船橋は、カウンター攻撃に手応えを感じ自信を取り戻していました。 逆に5レーン攻撃にリスクがあると気づき臆するエスペリオン選手たち。 高杉や桐木は選手たちを鼓舞します。 葦人は栗林からクロスのダメ出しをされ、ハーフタイム中ずっと悩んでいた福田監督。 悩んだ末に葦人にカウンター時の守備ケアを命じます。 監督は本当はサイドバックの役割を果たすため守備よりの意識をするように伝えたかったのですが、リミッターが外れた葦人がどこまで行くのか見てみたくなり指示を控えたのでした。 アオアシ190話のネタバレ! 発想と顔面がアムウェイ ハーフタイムを終えて、グラウンドへ戻る大友。 冨樫に船橋の選手たちが前半終了時に笑っていたことについて話しあいます。 そして自信過剰という笑いではなかったと振り返りあいながら。 一方、船橋のハーフタイム。 船橋の選手たちはエスペリオンのレベルの高さに楽しさを覚えていました。 彼らのプロになるためのサッカーは、「自分たちの」とは異なると実感していたのです。 選手権を控えたこの時期、3年のラストシーズンに今のメンバーで強敵を相手にできることもまた、喜んでいたのです。 通りがかった観客が「サミーとトリポネの姿を見て黒人が混じっている、日本人のチームでない」と大声でヤジります。 今どきそんなこと言う奴いるもんかね。 一瞬空気が固まる船橋。 サミーが顔をしかめるのに気づいたトリポネは4年前のことを忘れたのかと諭します。 二原はおっさんに近寄りネット越しに日本人ですよと一言。 父親が外国人というだけと説明します。 二原はそれよりも自分の名前を覚えてくれと猛烈にアピールします。 後ろから他の選手もやってきて、おっさんにここは見学ゾーンじゃないと続けます。 何を望むのか。 夏目監督は3年にいい顔をしている、エスペリオンは実力を引き出してくれる相手だなと前半を振り返ります。 後半何を望むかと訊かれたトリポネ、エスペリオンにこのメンバーで勝ちたいと答えます。 自分が日本代表にまでなれたのはこのメンバーでサッカー出来たからだと。 夏目監督はトリポネが一番いい顔をしている。 「どうしてそんなに笑っているのか」と問うと……。 トリポネは「今日のエスペリオンが素晴らしすぎて、彼らを打ち破り更にチームが成長できるのが最高に嬉しい」と答えます。 そんなトリポネの答えに夏目監督は満足し、後半に勝つ策をと語り始めました……。

次の

アオアシ【第191話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

アオアシ 191

アオアシ【第191話】最新話のネタバレ 【ライバル出現】 エスペリオンと船橋の後半戦が始まる中、観客席で見る 葦人の母親と一条花の前に 杏里が現れる。 突然のことに花が動揺すルナか、杏里は何とも言えない顔を浮かべる。 その際、葦人の母親に気付いて声をかける。 友達かと尋ね返された杏里は クラスメートと答えるも、葦人の母親は 面白いモノを見るように笑みを浮かべる。 その後、ピッチで円陣を組む葦人達を見ながら、杏里が花へ 浮かない顔をしている理由を問う。 福田監督の肝煎りな難解サッカーに対応し舟橋の5バックを切り崩した葦人。 絶好調と見て取れるし、 世界レベルに至る可能性も垣間見える。 だからこそ、杏里には理解できず語尾が荒くなってしまい、花は謝るのみだった。 【走る激震と動揺】 ピッチに立つ葦人は脳裏でハーフタイムに栗林と話した内容を思い出す。 前半ラスト、 何故フリーの小早川が見えてなかったのか。 自問自答する中、船橋が 二原とトリポネの位置を逆にして現れる。 エスペリオン、特にマークする選手が 二原からトリポネに変わった葦人は酷く混乱する。 そして、トリポネは混乱から復帰する時間を与えず、細かいパスワークで一気に攻め立てる。 その際、葦人はトリポネ以外の選手の動きを見ておらず、 船橋の選手とぶつかり、トリポネのマークを外してしまう。 阿久津からの叱責が飛ぶ中、 また見えてなかった自分に慌ててるのかと感じてしまう。 【目の使い分け】 不意に立ち止まる葦人は、前を行くトリポネに意識を集中させる。 そうすると、二原の時のように トリポネの一瞬先の未来が薄っすらと見える。 それに従い、トリポネの前に居る阿久津の名を強く叫ぶ。 葦人の声に吊られた阿久津は、前に出てトリポネへのパスをインターセプトし、葦人にボールが渡る。 未来が間違っていないと悟る葦人は、 自分の目が正常だと理解する。 二原の時も 無意識にフィールド全体を見てしまい動揺した。 その時の対処と同じく、 トリポネ一人に絞るという目を使い分けた。 自分の目が正しいと理解した葦人は、惜しくもカウンターを喰らった前半ラストの選択は自分が望んだモノだと感じる。 同時に自分の選択が間違っていないと、 追加点を取ることで証明すると意気込むのだった。 アオアシ最新話を含め週刊ビッグコミックスピリッツをすぐに無料で読む 以上、アオアシ【第191話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。 U-NEXTを使えば週刊ビッグコミックスピリッツ2019年44号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 今回のアオアシの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! アオアシ【第191話】の感想と考察 どちらもハーフタイムでの一件を終えて遂に後半戦。 出てきた船橋はポジションを変えるという秘策を持ち出しましたが、確実に葦人対策に思えます。 知将、夏目監督が何を思って変えたのか気になる所。 そして反撃に出る葦人が点を奪えるのか、次回も楽しみです! 次回のアオアシ【第192話】掲載の週刊ビッグコミックスピリッツ2019年45号発売日は10月7日になります! まとめ 以上、アオアシ【第191話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の