寝起き腰痛い。 » 朝に腰が痛い!寝起きの腰痛の原因と対策はこれ!!3つのチェックポイント!!

腰痛の危険度セルフチェック。原因や症状、対処法・治療の注意点

寝起き腰痛い

寝起きの腰痛は寝ている時の姿勢が悪い 朝起きたら腰が痛い・・・そんな経験をした事がある方は多いのではないでしょうか? ひょっとしたら原因はマットレスや布団にあるかもしれません。 寝ている間ずっと私たちの身体を支えてくれるマットレス。 素材や構造によって寝る姿勢も当然変わります。 寝起きに腰が痛い原因の多くは腰の部分が沈んでしまっている事が原因です。 おしりの部分は身体の中でも重さがある場所なので質の低いウレタンマットレスや、使い続けてへたってしまったマットレス等の体圧分散ができない寝具を使用していると腰の部分が沈み込んでしまうため結果的に寝ている時の姿勢が悪くなってしまい、腰に負担をかけてしまいます。 ベッドで腰が痛くなる原因は腰が沈む寝姿勢になってしまうからです。 姿勢が崩れる寝具を使用していると無意識のうちに身体に力が入るため寝ていても身体が休まりません。 また血行も悪くなってしまうので毎日の健康のためにも体圧分散に優れたマットレスを選ぶことが重要です。 なるべく硬いマットレスを選ぶべき? それでは硬いマットレスや布団が良いのかというと一概にそうとは言い切れません。 とにかく硬いマットレスを選べば健康的な睡眠が得られるかというとそんな事はないので注意が必要です。 沈み込みの少ない硬めの寝具は確かに部分的な落ち込みはありませんが体重のかかりやすい腰や背中が圧迫されるため、朝起きたときに倦怠感を感じる原因となります。 肩こりや痺れを感じる人はマットレスが硬すぎるのが原因かもしれません。 身体をしっかり支えるのに充分な硬さと体圧を分散してくれる構造 スプリングマットレスには大きく分けて身体を面で支えるボンネルコイルマットレスと身体を点で支えるポケットコイルマットレスがあります。 製品や仕様で変わってくる部分はあるのですがボンネルコイルマットレスは支える面が大きい分身体を支える機能が優れている場合が多く、ポケットコイルマットレスは点で支えるスプリングの構造上体圧分散に優れています。 低反発、高反発タイプのウレタンマットレスを選ぶ場合は沈み込んだ身体を押し戻す力が充分にあるマットレスを選ぶことが重要です。

次の

朝起きて肩 首が痛いを改善! 寝起き肩こりの原因と治し方まとめ

寝起き腰痛い

寝起きが腰痛を引き起こす原因で最も多いのが何らかの原因で睡眠リズムが崩れたことによる寝返り不足で、血行不良を引き起こし寝起きに痛みや違和感を感じてしまいます。 ストレッチも予防からその場しのぎまで、そもそも腰痛は日本の4人に1人が患っていて、寝起きに腰痛いなんて慢性化されては困るので寝起きの腰痛を整理してお伝えします。 目次はこちら• 寝起きの腰痛は寝返りが原因 私たちの睡眠は一定のリズムで繰り返されています。 浅い眠りのレム睡眠、深い眠りのノンレム睡眠、1セットはざっくり90分前後で、このリズムが快眠のための大切な条件だったりします。 レム睡眠とノンレム睡眠のリズムをコントロール(切り替えのきっかけ)しているのは、寝返りであると近年では考えられていて、寝起きに感じる腰痛と寝返りに深い関係があったのです。 筋肉は動かさなくても硬くなってしまうので、寝返ることで圧迫されている部分の血行も促します。 さらに、ふとんの中の空気を入れ替えて温度と湿度を調整します。 寝返りが不十分だと 寝起きに起きる腰痛の最も多い原因は、何らかの理由で眠りのリズムが崩れてしまうことにより寝返りが不十分だった場合、腰まわりの筋肉が硬くなってしまうことです。 その仕組みは、筋肉が硬くなることで体が緊張してしまい、自律神経も活動方向へ向かってしまいリラックス出来なくなります。 自律神経が崩れてしまうと先ほどお話した睡眠のリズムが更に崩れてしまうので、そのスイッチ役(切り替え役)の寝返りが機能しなくなり筋肉が緊張して硬くなってしまうといった悪循環に陥ってしまいます。 寝起きに腰痛が起きるメカニズム 寝るときの姿勢になると、腰のあたりに内臓が乗った状態になってしまいます。 40代の女性平均体重53kgの場合、23kgが腰に乗った状態になってしまい血管を圧迫してしまいます。 血管が圧迫されると血流が滞って酸素が全身に行き渡らず酸欠になってしまい、血中の酸素が減少するため白血球や筋肉から痛みを引き起こす発痛物質が発生し、寝起きに腰痛を感じてしまいます。 定期的に寝返りをすることができていれば、発痛物質は血液とともに流れ、酸欠状態も改善され、腰に痛みが生じることはありません。 実は腰痛は寝方(仰向け・横向き)にも関係しているので詳しくはこちらの記事をどぞ。 椎間板ヘルニア• 筋・筋膜性腰痛• 椎間板症• すべり症• 腰椎分離症• 脊柱管狭窄症 寝起きに腰痛いからといって、腰だけに原因があるわけではありません。 「腰が痛い」というのは、あくまで結果であり、原因はほかのところにある場合が多いのです。 腰が痛いのは腰が悪いのではなく、ほかの部分が悪いから腰が痛くなった、と言っても過言ではありません。 壁の位置と添い寝が心理的な原因に ベッドは壁から最低でも50cm以上は距離を取りましょう。 添い寝も寝返りを阻害する原因になってしまいます。 寝ていても無意識に壁の圧迫感を感じ寝返りがしにくくなります。 また、人や動物のいる場合でも無意識に寝返りを打たなくなってしまうので、寝起きの腰痛が慢性化している場合は見直しましょう。 パジャマの生地が実は邪魔になる 摩擦の大きい衣類は寝返りしにくいという落とし穴もあります。 摩擦が大きいパジャマ生地として代表的なものを紹介しておきます。 モコモコパジャマ:0. 524• フリース:0. 449• スウェット:0. 447• 綿:0. 380• 麻(リネン):0. 367• シルク:0. 250 (摩擦係数が小さいほど摩擦が小さい) 寝起に腰痛を感じる最も多い原因は枕 枕がやわらかいと頭が沈み、轍(わだち)にはまったタイヤのように抜け出せなくなり、次の寝返りをうちづらくなります。 さらに、硬さだけではなく、枕の高さも重要です。 人によって適した枕の高さは違うので、自分の体格に枕を合わせることで寝起きに腰痛が起きる可能性がグンと下げてくれます。 寝起きに腰痛を感じたら布団の可能性も 毛布も摩擦が大きいため、最初に布団を掛け、その上に毛布の順で掛けた方が保温性にも優れるため一石二鳥。 また、明らかに布団に重さを感じる場合は、重さによって寝返りを阻害してしまうので、羽毛布団など寝起きの腰痛が木になる場合には出来るだけ軽い布団をおすすめ。 寝起きの腰痛はマットレスから からだ全体にかかる圧力をまんべんなく分散させる体圧分散性は、いまやマットレスの基本性能です。 硬すぎるマットレスでは、からだの一部に圧力が集中し血行不良となって、寝起きの腰痛などを引き起こします。 マットレスがやわらかすぎるとからだが沈み込みすぎ、硬すぎると背骨が反って緊張してしまいます。 背筋が立っている時とほぼ同じまっすぐな状態が自然な寝姿勢です。 今すぐできる寝起きの腰痛予防 今すぐできる寝起きの腰痛予防があります。 まずは腰を温め血行を良くする事、続いて腰への負担を分散させるようマットレスとの隙間を埋めたり、サポートを増やすことが肝心です。 腰を温めて寝る 腰痛は患部を温めることで血行がよくなり、症状がやわらぎます。 掛布団や毛布を重ねてもお尻や腰回りが寒いと感じる人はカイロを貼って寝るとよいでしょう。 身体を動かすと筋肉が体内で熱を作ったり、血行が良くなったりするため身体が温かくなります。 寝る前に軽いストレッチをしてみるとよいでしょう。 38~40度ぐらいのぬるめのお風呂にゆっくり入ることもおすすめです。 身体が温まるだけでなく、副交感神経の動きが活発になることでリラックスした気分になるため良質な睡眠がとれます。 こういう時には、オールシーズンで腹巻が重宝します。 腹巻については、こちらの記事で詳しく説明しています。 バスタオルを縦に2回2つ折りして細長い状態にします• 細長くなったバスタオルを着物の帯を巻く要領でお腹に巻き付けます。 仰向けに寝た状態でほどゆるみがなくまるまでバスタオルをしめます。 ゆるみがなくなったらガムテープでバスタオルを固定します。 背骨とお布団を平行に保つため、硬いお布団でも柔らかいお布団でも寝返りが打ちやすく腰に負担を与えません。 しかし、これはあくまで応急処置です。 長期的な寝起きの腰痛予防を考える場合、マットレスの見直しやトッパーやベッドパッドで代用するなど検討しましょう。 ヒザ下にクッションを置いて寝る 仰向けで寝ると腰がそったままの状態となるため、腰に大きな負担がかかってしまいます。 ヒザ下にクッションを置くだけで腰にかかる負担が足に分散されるのです。 仰向けで寝ることが多い人はぜひためしてみてください。 横向きで寝るクセがある人は両ヒザの間にクッションを挟むとよいでしょう。 そうすることで腰が安定するため、負担が減ります。 寝起きの腰痛防止に効くストレッチ 腰痛改善のための王道4ストレッチ ストレッチで大切なことは無理のない(痛みのない)範囲で行うことで、とにかくリラックスが大事です。 体が力(りき)まないように、深呼吸を続けながら行いましょう。 ストレッチを行う際は、フローリングなどの硬い床は避け、絨毯や布団の上など体を痛めない場所で行うよう配慮することを忘れないようにしましょう。 効果UPのカギは、入浴後や就寝前などの「夜」に行うこと、最低でも1か月の継続がオススメです。 簡単!45秒で出来る寝たまま体操 朝30秒の正座• 背骨のゆがみ• 足の使い方• 血流の悪さ この3つを改善することで、ほとんどの腰の痛みはよくなり、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎから足首までの部分に、バランスよく圧をかけます。 結果、血流が促され、新しい毛細血管を増やすことができます。 硬くなり、血流が悪くなっていた箇所にも十分に血流が行き渡っていきます。 仰向けで寝れない人(反り腰)のストレッチ.

次の

寝起きに腰が痛い原因はマットレスかも?身体に負担をかけないマットレスを選びましょう!

寝起き腰痛い

」「お腹が減り過ぎて、、、」寝起きに胃痛を感じるケースは、人によって様々です。 知らないと、万が一という場合もありますので、心当たりがあれば要チェックです! 胃痛が慢性化すれば、それが原因で病気になってしまうこともあります。 目次はこちら• 胃痛とは• 胃もたれ• 胸やけ• 吐き気• げっぷ• 空腹時の不快感など お腹の上の方(みぞおち周辺やあばら骨の下あたり)が痛む場合は胃に痛みを発している場合があります。 痛みの種類は、シクシク、ムカムカ、言葉にできないほどつらいものと、病気の種類によって異なります。 寝起きに胃痛が起きるメカニズム 通常であれば、胃酸と胃粘液の量はバランスが保たれていますが、何らかの要因で寝起きに胃酸が出すぎると、胃粘液が防御しきれなくなり、粘液の層が壊れたところから胃粘膜が傷つけられてしまいます。 また、何らかの要因で胃粘液の量が減っても、防御力が弱まって胃の粘膜が荒れてしまいます。 ようは、胃酸と胃粘液のバランスの崩れによって、寝起きに胃痛が起こるのです。 寝起きに胃痛の原因 胃酸の過剰な分泌や細菌などによって胃の粘膜が傷つけられてしまう場合や、胃の機能が低下して不調が起きる場合など、胃痛にも様々な原因があります。 暴飲暴食• 寝不足• アルコールの飲み過ぎ• コーヒー・紅茶・緑茶などのカフェインを含むものの飲み過ぎ• 脂っこいもの、熱いもの、冷たいもの、辛いもの、 塩気の多いもの、甘いもの、硬いものの摂り過ぎ• 不規則な食事時間• 薬の副作用や水なしで薬を服用したとき• ピロリ菌の感染 寝起きの胃痛で最も多い原因はストレス 胃の動きは自律神経によってコントロールされていて、ストレスを脳がキャッチすると自律神経のバランスが崩れ、胃が正常な消化活動を行えなくなります。 慢性的な寝起きの胃痛や胃もたれの多くは、ストレスをきっかけとして、食生活の乱れや喫煙が原因となって起こりやすく、前かがみの姿勢や肥満体型が胃の不調を引き超すこともあります。 寝起きに胃痛を感じたら考えられる病気 胃痛には、• 胃そのものに原因がある• 胃の近くに原因がある という2パターンが考えられます。 それぞれ原因として考えられる病気には、以下のようなものがあります。 胃そのものに原因がある• 胃がん• 急性胃炎• 慢性胃炎• 胃潰瘍• 胃下垂• 消化性潰瘍• 胃酸過多症 胃の近くに原因がある• 十二指腸潰瘍• 虫垂炎• 胆石症• マロリーワイス症候群• 狭心症・心筋梗塞 胃カメラ検査したのに異常がない場合 機能性胃腸障害(Functional dyspepsia)とは、内視鏡などの検査ではっきりと目に見える病気がないのに(胃潰瘍や胃がんなどの器質的病気がないということ)胃の症状が出る病気のことを言います。 機能性胃腸障害の原因には生活上のストレスなどの心理的・社会的要因と関係があると言われています。 精神的ストレスから胃の貯留機能が障害されると、少量の食べ物によって胃の内圧上昇により早期飽満感が引き起こされたり、胃酸に対して過剰に胃痛を感じることがあります。 寝起きの胃痛セルフチェック• 命にかかわることもあるため、必ず病院へ行きましょう。 胆石や細菌によって胆嚢に炎症が起こります。 吐き気や発熱をともなうこともあります。 ピロリ菌という菌をもつ人に多く、ストレスが引き金となり、胃酸が出すぎて胃壁に穴があきます。 ピロリ菌を除去する治療が中心です。 場所は、十二指腸のあるみぞおち周辺です。 治療も胃潰瘍と同じです。 吐いても楽にならず、発熱をともなうこともあります。 胆石症やお酒ののみすぎが原因です。 何らかのウイルスに感染して起こりますが、種類が多いため、特定は難しいことがほとんどです。 冬場に多く、「お腹の風邪」と表現することもあります。 鎮痛剤は、胃を荒らす副作用があり、胃痛の原因になります。 医師や薬剤師に相談することが必要です。 薬での治療だけでなく、休息やストレスを取り除くことも大切です。 十分な睡眠時間と質を確保することは勿論、多少のストレスを受けても影響を受けにくいように、自律神経の状態を整えておくことが大切。 その土台として、規則正しい食事やリフレッシュを兼ねた運動習慣といった生活環境が理想的です。 寝起きの胃痛を感じた時の応急処置 (胃薬や漢方薬は診察後の服用をおすすめ) 寝起きに感じる胃痛の原因に心当たりがない場合、空腹による胃痛も考えられます。 その時には、水や食べ物を摂ることで痛みが和らぐ特徴があります。 また、原因に関わらず、臍下丹田呼吸法が即効性が期待できます。 臍下丹田呼吸法と言うと難しいイメージを持つかもしれませんが、本来は赤ちゃんの呼吸とも呼ばれ誰もが簡単に出来るリラックス法です。 背筋をまっすぐ伸ばして座ります。 正座、あぐら、椅子に座ってでもできます。 仰向けに寝た状態でも可。 両腕は体と平行に伸ばして、手のひらは 下向きに。 まとめ.

次の