吉川晃司 ものまね。 吉川晃司のアクションが凄い!シンバルキックだけじゃない!ギターも上手い

吉川晃司とアン・ルイスと共演ステージが衝撃だった!紅白パフォーマンスも奇抜過ぎ!白髪は自前?

吉川晃司 ものまね

Contents• 吉川晃司 近年は 下町ロケットに出演し俳優としてもその認知度を高めている 吉川晃司 ですが、もともと彼は筋金入りのミュージシャン• 1984年にデビューし数々の賞を総ナメ• テレビ番組では突拍子も無い行動で数々の伝説を残し• 布袋寅泰とCOMPLEXを結成し日本のロックシーンにも殴り込み 我々の予想をはるかに超えるミラクルを起こし続ける、まさに日本が誇るスーパーエンターテイナーだと言えるでしょう。 1度でも彼のライブを見たことがある人であれば彼の• ステージ上での華麗な動き• 尋常ではないステップ• マイクさばき 等、ステージ上での特殊とも言える「アクション」に魅せられた方が多いのではないでしょうか? 全てはBE MY BABYに凝縮されている! 吉川晃司のアクション、自分自身の魅せ方という点について 全てが凝縮されている と言っても言い過ぎではないようなミュージックビデオが存在します! ギタリスト 布袋寅泰とのユニットである COMPLEXのデビューシングルである BE MY BABYという曲のミュージックビデオの中には 言葉では説明できない吉川晃司の魅力が存分に詰まっているのです! COMPLEX-BE MY BABY 「何だよ、2人で演奏して踊ってるだけじゃん!」 と、思ったそこのあなた 冷静に考えてみましょう(筆者も冷静ではないかもしれない) 背景も仕掛けも何もない真っ白なセットの中、吉川と布袋の2人の動きと演奏だけで構成されているビデオです。 何もないのにここまで人を惹きつけられますか? まずは冒頭の箇所、BE MY BABYのリフレインから始まるわけですが 吉川晃司の構え・腰の角度を見てください! まず普通の歌手は曲の冒頭であんな構えをしません。 いくらロックバンドのボーカルだってせいぜいが 大股開き、もしくは 直立不動というのがセオリーだと思います。 次は曲中の動きに注目してみましょう!• カメラに映る自分を計算しつくしたかのような動き・表情• 曲の展開やリズム・歌詞に合わせたアクション メチャクチャに踊っているだけのようにも見えますが、曲の展開に合わせて・さらには布袋寅泰とのバランスも意識されている綿密に計算され尽くした徹底したプロの動きだと言えるでしょう。 圧巻なのは1サビ終わり、BE MY BABYのリフレインに戻ったパートなのですが 彼の 伝家の宝刀 「画面消え」 という技が惜しげもなく披露されています。 顔が映ってなんぼのミュージックビデオのはずなのに カメラに寄りまくった上さらにセクシーな動きをしているではありませんか! ローリングストーンズのミックジャガーでもここまではやらないでしょうね。 吉川晃司が編み出した世界で唯一の技術かもしれません。 布袋寅泰というスーパーギタリストが横でギターという武器を携えているにも関わらず、彼は手ぶらでそれに対抗していかなければならないのです。 そんな2人のバトルとも言えるこのミュージックビデオ、後々まで語り継いでいくべき日本音楽シーンの金字塔とも言える作品だと筆者は思っています。 スポンサードリンク シンバルキック そして忘れてはならないのが、彼の代表技とも言える 「シンバルキック」 です。 「一体その動作に何の意味があるんだ!!」と 見るたびにツッコミたくなる気持ちを抑えきれなくなるのですが 彼曰く 「そこにシンバルがあるからだ!でも自分でセッティングするんだけれどね」という常人には理解できないようなコメントを残しています 本物のアーティストは他人に理解できないような感覚を持ち合わせていることが多いと思います。 彼も何らかの衝動を抑えきれずシンバルを蹴り始めたのでしょう。 シンバルを蹴り続けているうちに今やその行動自体が彼の存在感を示すためのアイデンティティーにまで昇華されたのかもしれませんね 自分を表現するため、とことん自分と向き合った結果生み出された技だと言えるでしょう! ギタリスト吉川晃司 ボーカリスト・エンターテイナーとしての吉川晃司の魅力はここでは語り尽くせないくらいあるのですが ギタリストとしても一流の腕前を持っているミュージシャンなのです。 2011年震災復興のためCOMPLEXが再結成し東京ドームで公演を行ったのは記憶に新しいですが、そのステージでも惜しげもなくギタープレイを披露していました。 布袋寅泰というスーパーギタリストと共にツインリードでソロを弾いてみたり、さらにはソロ合戦とも言えるギターの掛け合いなど布袋に一歩も引けを取らない腕前を見せつけてくれたのです。 一般的にボーカリストがギターを弾く場合、隣にリードギタリストがいる場合はコードでのバッキングに徹して歌唱に集中するということが大半なのですが 彼は布袋にギターソロを任せるどころか自分でソロパートまで弾いてしまうんですからやはり只者ではありません。 普通の人なら布袋さんほどの大物が隣にいれば多少遠慮したりして 「あ、ソロはもちろん布袋さんにお任せしますし…」 と、なりそうなものですが やはり吉川晃司は一筋縄ではいかないということでしょうね! まとめ 彼の一連のステージ上でのアクションを書き起こしてみると• 歌を歌いまくる• ギターは弾きまくる• ステージ上で踊りまくる• 突拍子も無い行動をする• 要所でシンバルを蹴る 一見すると、一体何がしたい人なのか分からなくなってしまいそうですが 彼ほど貪欲に自分を表現しようとしている人を筆者は知りません。 昨今の俳優業でも評価がとても高い理由が分かるような気がします! これからもきっと ありとあらゆる表現で見ている人たちを楽しませてくれることは間違いないでしょう!楽しみですね!.

次の

吉川晃司

吉川晃司 ものまね

背景 [ ] 吉川晃司のデビュー曲であり、代表曲のひとつである。 1984年度年間22位。 売上枚数は33. 9万枚。 リリース [ ] 1984年2月に(現・)よりでリリースされた。 カップリングの「真夜中のストレンジャー」は主演映画『すかんぴんウォーク』の挿入歌として使用され、2008年12月に行なわれたライブ「25 Years Eve」に向けて公式ファンクラブ内の携帯サイトで行われた「ライブで演奏して欲しい曲 リクエスト大作戦」にて第7位(「モニカ」は、第3位)となるなど高い人気があるが、入手が難しい状態が続いた。 この曲のオリジナルバージョンは、アナログディスクのシングル盤以外ではソロ活動休止前の1988年12月にCDで再発売されたシングル盤、及び2004年にで行なわれたデビュー20周年記念ライブにて、来場者に無料配布された8cmCDの復刻版(の「 青春のメロディチョコレート 第2弾」で発売された「モニカ」との連動企画)のみでしか聞くことが出来なかった。 その後、ベスト・アルバム『』()に収録されたことで容易に入手可能になったが、同アルバムでは「ボーナス・トラック」扱いであり、他の楽曲と比べて音質は劣っている。 なお、後に発売されたアルバム『』に収録された際はリマスタリングがされ、音質がかなり向上して収録された。 プロモーション [ ] この曲で当時の歌番組に多数出演し、曲中にや足を垂直に上げる動作などのを行っていた。 音楽番組『』( - 、)でこの曲が初めてランクインし、母校ののプールサイドで歌った際は、楽曲終了後にバック転でプールに飛び込んだ。 吉川はこれに関して 「水の中に入ろうってのは俺が考えたことじゃない。 スタッフが 中継前に 『吉川さん、今日はプールがありますけど、どうします? 』って、要は『飛び込め』ってことでしょ? 」とテレビ出演の際に語っていた。 ライブ・パフォーマンス [ ] ライブではよく歌われる曲で、サビの部分の「モーニカ」と歌った後にファンが「モーニカ」と掛け合いするのが定着している。 2004年にはデビュー20周年企画の一環として、音楽番組『ザ・ベストテン2004』(2004年、TBS系列)で、吉川()、()、()のラインナップで演奏された。 メディアでの使用 [ ] 吉川自身の初主演映画である『』(1984年)の主題歌に起用された。 主演映画の役柄「民川裕司」としては、劇中で「THANKS」という曲名で歌っている。 お笑い芸人であるのネタ「カーナビ」では、この曲のサビの「サンクス」の部分をという意味で使用した。 その他、、など多数の芸人からモノマネされた。 カバー [ ]• (広東語、1984年)• - シングル(2005年)• 陳慧琳(ケリー・チャン) - DVD『不如跳舞演唱会』(2006年)• - アルバム『』(2008年) シングル収録曲 [ ] 全編曲:。 タイトル 作詞 作曲 時間 1. 「 モニカ」 3:39 2. 「 真夜中のストレンジャー」 4:18 リリース履歴 [ ] No. 日付 規格 最高順位 備考 1 SM07-240 4位 2 SMSレコード MD10-1 - 3 SMSレコード 8センチCD AR-W204 - 「青春のメロディー」連動企画盤 20周年記念LIVE来場者のみ配布 「真夜中のストレンジャー」1曲のみ収録・ライナーノート記載アリ 4 SMSレコード 8センチCD AR-G204 - 「青春のメロディー」第2弾付録 「モニカ」1曲のみ収録・ライナーノート記載アリ ライブ版 [ ]• モニカ• ライブ音源• (1988年)• (1993年)• (1996年)• ライブ映像• KIKKAWA KOJI '84 FLYING PARACHUTE TOUR(1984年)• '85 吉川晃司 LIVE for Rockfeeling Kids in BUDOKAN(1985年)• (1988年)• Lunatic LUNACY(1991年)• SHYNESS OVERDRIVE 1992(1993年)• LIVE GOLDEN YEARS EXPANDED 0015 GIGANTIC 2 DAYS LIVE Vol. 2(1998年)• LIVE archives 25(2009年)• 25th ANNIVERSARY LIVE GOLDEN YEARS TOUR FINAL at 日本武道館(2010年)• KIKKAWA KOJI LIVE 2018 "Live is Life"(2018年)• KIKKAWA KOJI 35th Anniversary Live TOUR(2020年)• LIVE archives 35(2020年)• テレビ出演• 音楽番組『』(1968年 - 1985年、) - 1984年2月13日、3月26日、4月30日放送。 真夜中のストレンジャー• ライブ音源• (2004年) - 初回限定盤のみ• (2005年)• ライブ映像• KIKKAWA KOJI '84 FLYING PARACHUTE TOUR(1984年)• LIVE GOLDEN YEARS Thanks0201 at BUDOKAN(2005年) 収録アルバム [ ]• モニカ• (1984年)• (1985年、シングル) - リミックスバージョンで収録• (1988年)• (1998年)• (2004年) - リメイクバージョンで収録• (2005年)• (2007年) - リミックスバージョンで収録• 真夜中のストレンジャー• (2011年)• (2014年) 脚注 [ ].

次の

八洲寿 (アクセル こうじ)

吉川晃司 ものまね

Contents• 吉川晃司 近年は 下町ロケットに出演し俳優としてもその認知度を高めている 吉川晃司 ですが、もともと彼は筋金入りのミュージシャン• 1984年にデビューし数々の賞を総ナメ• テレビ番組では突拍子も無い行動で数々の伝説を残し• 布袋寅泰とCOMPLEXを結成し日本のロックシーンにも殴り込み 我々の予想をはるかに超えるミラクルを起こし続ける、まさに日本が誇るスーパーエンターテイナーだと言えるでしょう。 1度でも彼のライブを見たことがある人であれば彼の• ステージ上での華麗な動き• 尋常ではないステップ• マイクさばき 等、ステージ上での特殊とも言える「アクション」に魅せられた方が多いのではないでしょうか? 全てはBE MY BABYに凝縮されている! 吉川晃司のアクション、自分自身の魅せ方という点について 全てが凝縮されている と言っても言い過ぎではないようなミュージックビデオが存在します! ギタリスト 布袋寅泰とのユニットである COMPLEXのデビューシングルである BE MY BABYという曲のミュージックビデオの中には 言葉では説明できない吉川晃司の魅力が存分に詰まっているのです! COMPLEX-BE MY BABY 「何だよ、2人で演奏して踊ってるだけじゃん!」 と、思ったそこのあなた 冷静に考えてみましょう(筆者も冷静ではないかもしれない) 背景も仕掛けも何もない真っ白なセットの中、吉川と布袋の2人の動きと演奏だけで構成されているビデオです。 何もないのにここまで人を惹きつけられますか? まずは冒頭の箇所、BE MY BABYのリフレインから始まるわけですが 吉川晃司の構え・腰の角度を見てください! まず普通の歌手は曲の冒頭であんな構えをしません。 いくらロックバンドのボーカルだってせいぜいが 大股開き、もしくは 直立不動というのがセオリーだと思います。 次は曲中の動きに注目してみましょう!• カメラに映る自分を計算しつくしたかのような動き・表情• 曲の展開やリズム・歌詞に合わせたアクション メチャクチャに踊っているだけのようにも見えますが、曲の展開に合わせて・さらには布袋寅泰とのバランスも意識されている綿密に計算され尽くした徹底したプロの動きだと言えるでしょう。 圧巻なのは1サビ終わり、BE MY BABYのリフレインに戻ったパートなのですが 彼の 伝家の宝刀 「画面消え」 という技が惜しげもなく披露されています。 顔が映ってなんぼのミュージックビデオのはずなのに カメラに寄りまくった上さらにセクシーな動きをしているではありませんか! ローリングストーンズのミックジャガーでもここまではやらないでしょうね。 吉川晃司が編み出した世界で唯一の技術かもしれません。 布袋寅泰というスーパーギタリストが横でギターという武器を携えているにも関わらず、彼は手ぶらでそれに対抗していかなければならないのです。 そんな2人のバトルとも言えるこのミュージックビデオ、後々まで語り継いでいくべき日本音楽シーンの金字塔とも言える作品だと筆者は思っています。 スポンサードリンク シンバルキック そして忘れてはならないのが、彼の代表技とも言える 「シンバルキック」 です。 「一体その動作に何の意味があるんだ!!」と 見るたびにツッコミたくなる気持ちを抑えきれなくなるのですが 彼曰く 「そこにシンバルがあるからだ!でも自分でセッティングするんだけれどね」という常人には理解できないようなコメントを残しています 本物のアーティストは他人に理解できないような感覚を持ち合わせていることが多いと思います。 彼も何らかの衝動を抑えきれずシンバルを蹴り始めたのでしょう。 シンバルを蹴り続けているうちに今やその行動自体が彼の存在感を示すためのアイデンティティーにまで昇華されたのかもしれませんね 自分を表現するため、とことん自分と向き合った結果生み出された技だと言えるでしょう! ギタリスト吉川晃司 ボーカリスト・エンターテイナーとしての吉川晃司の魅力はここでは語り尽くせないくらいあるのですが ギタリストとしても一流の腕前を持っているミュージシャンなのです。 2011年震災復興のためCOMPLEXが再結成し東京ドームで公演を行ったのは記憶に新しいですが、そのステージでも惜しげもなくギタープレイを披露していました。 布袋寅泰というスーパーギタリストと共にツインリードでソロを弾いてみたり、さらにはソロ合戦とも言えるギターの掛け合いなど布袋に一歩も引けを取らない腕前を見せつけてくれたのです。 一般的にボーカリストがギターを弾く場合、隣にリードギタリストがいる場合はコードでのバッキングに徹して歌唱に集中するということが大半なのですが 彼は布袋にギターソロを任せるどころか自分でソロパートまで弾いてしまうんですからやはり只者ではありません。 普通の人なら布袋さんほどの大物が隣にいれば多少遠慮したりして 「あ、ソロはもちろん布袋さんにお任せしますし…」 と、なりそうなものですが やはり吉川晃司は一筋縄ではいかないということでしょうね! まとめ 彼の一連のステージ上でのアクションを書き起こしてみると• 歌を歌いまくる• ギターは弾きまくる• ステージ上で踊りまくる• 突拍子も無い行動をする• 要所でシンバルを蹴る 一見すると、一体何がしたい人なのか分からなくなってしまいそうですが 彼ほど貪欲に自分を表現しようとしている人を筆者は知りません。 昨今の俳優業でも評価がとても高い理由が分かるような気がします! これからもきっと ありとあらゆる表現で見ている人たちを楽しませてくれることは間違いないでしょう!楽しみですね!.

次の