膵臓 に いい 食べ物 ランキング。 腎臓に良い食べ物とは?お茶や野菜、果物などのおすすめをご紹介!

犬の膵炎時に与えていい食事とは?愛犬を元気にするために。

膵臓 に いい 食べ物 ランキング

肝臓にいい食べ物。 科学的根拠のある肝機能を改善する食品まとめ 心臓は「循環器」と呼ばれ、体の中で中心的な存在ですね。 一方、肝臓は「消化器」に分類されます。 心臓は血液自体を循環させる臓器であり、肝臓は血中の栄養を適切な状態で循環させるという大切な役割を担っています。 肝臓は栄養の問題とかかわりが大きいため、「食べ物」によって肝臓自体が元気になったり、肝機能低下が起こったりとすることもあるのです。 「肝臓にいい食べ物」とはどんな人にとって、どんなものが該当する? 食生活が原因で肝機能低下が起こっているなら、食生活を改善しましょうというお話になるわけですが、逆にどういう状態を指して「肝臓に良い つまり、肝臓が良い状態になる 」と考えるのかがまずは問題になります。 たとえば肝機能検査の結果を見て、お医者さんが「肝臓の状態が悪いので注意しましょうね」とアドバイスを与えることはあります。 肝機能低下が起こっていれば、仮にわずかな機能低下であっても同様の指摘があるはずです。 ところが「あなたの肝臓の状態はふつうの肝臓よりもはるかに素晴らしい!」などとほめられることはありません。 仮に健康な人の数値の平均値のど真ん中にあったとしても、お医者さんは「異常ありませんね」とそっけなくスルーです。 つまり何がいいたいのかというと、 「肝臓に良い食べ物」とは「肝機能低下を改善できる食べ物」、「肝機能を低下させない 良好な状態をキープできる 食べ物」を指すのではないか、ということです。 個々の体質 あるいは遺伝 とも関係しますが、暴飲暴食や過度の偏食を避け、睡眠や運動、ストレス解消など常識的な範囲の生活習慣を送れているなら、基本的に「肝機能を低下させる食べ物」はないと考えて問題ありません。 ただ、一度低下した肝機能を食べ物から改善させるのは、そう簡単なことではありません。 もちろん上記に挙げた基本的な生活習慣を大前提とした上で、栄養素まで踏み込む必要があります。 肝臓の状態を改善させる栄養素 少し前置きが長くなってしまいましたが、いきなり肝臓に良い食べ物を考える前に、まずは「肝臓に良い栄養素」を考察してみることにしましょう。 ただしもうひとつ、重要な注意点があります。 確かに肝臓に良いとされる栄養素、食材はたくさんありますが、これはあくまでもをはじめとする「軽度肝機能障害」が前提になります。 肝炎などの重度肝機能障害ではマイナスになることもあります。 ですから、この記事でおすすめする食べ物は 肝機能検査の結果から「ちょっと肝機能が低下していますね」とお医者さんに指摘されたレベルの肝機能障害がみられる人、に推奨したいものとしてお話します。 低下した肝機能を改善する、あるいは肝機能を健全に保つためには、次のポイントが前提になります。 エネルギー不足の回避• たんぱく質の十分な摂取• ビタミンの補給 参考:食事のポイント-肝臓の治療 医療法人社団結仁会浜田内科・消化器科クリニック より ひとことでいえば、「バランスの良い食生活を心がける」ということですね。 「エネルギー」というのは、栄養素に置き換えるなら、• たんぱく質• 炭水化物 糖質 に相当します。 「三大栄養素」という特別扱いを受けることもあるくらい重要な栄養素としてみなさんもご存じかと思います。 そういう重要な栄養素ですから、 肝臓がよかろうと悪かろうと、不足はダメなのです。 特に、脂肪肝によるダイエットが必要であると考える人は要注意です。 どうしても脂質と炭水化物 糖質 をカットしようという意識になってしまうと思いますが、「カット」はNGであると考えてください。 カットではなく、「今まで多すぎた分を減らす」という意識が必要です。 これまで脂質や糖質・炭水化物は過剰に摂取してこなかった人でも肝機能低下は起こり得ます。 そのケースでは、肝機能改善のためにこれらの栄養素を減らすことはデメリットにしかなりません。 なぜならば、エネルギーが不足すると、肝細胞の回復改善に必要な栄養素をエネルギーとしてつかってしまうからです。 肝機能低下の主な原因は、肝細胞の破壊にあります。 つまり肝機能を改善するためには、肝細胞が回復する必要があるのです。 そのときに必要になるのがエネルギー たんぱく質、脂質、炭水化物 糖質 なんです。 肝細胞を回復させて肝機能を改善しようという段階でエネルギー不足が起こってしまうと、肝細胞回復のために必要となるグリコーゲン、たんぱく質などの栄養素をエネルギーとして代替してしまうのです。 このときに起こっているのは、エネルギーだけはありあまっているのにエネルギーを消費させるための材料がない「空焚き」の状態です。 空焚きが長続きすると、改善どころか深刻な肝機能障害の原因になってしまうのです。 たんぱく質は、肝細胞の原材料なので当然「十分な摂取」が必要になることはいうまでもありません。 ビタミンについても、肝臓の主要機能である「代謝」の際に重要視される栄養素です。 ですからたんぱく質の十分な摂取とビタミンの補給も欠かすべきではありません。 しかし「脂肪肝」に代表される肝機能低下を改善させるときに誤解が生じやすいのが、脂質と糖質 炭水化物 の扱いなのです。 もちろん脂肪肝の悪化や糖尿病などを誘引する過剰摂取は絶対にNGですが、不足するのも肝臓にとってマイナスとなってしまうという事実は正しく理解していただきたいと思います。 要は、「過度なダイエットはだめですよ」という、よく言われる基本的な注意事項の再確認になります。 肝臓にいい食べ物をエネルギー、ビタミンから具体的に紹介 ずいぶん前置きが長くなってしまいましたが、ここから肝心な「肝機能改善、肝機能低下予防のための食べ物」にいよいよ言及します。 しかし食べ物の前提になるのがここまでお話してきた「栄養素」であることは明らかです。 要するに、上記で触れた栄養素を豊富に含む食べ物を積極的に、過不足なく摂取することを目標にしていただきたい、という意図を踏まえて「食べ物」をまとめます。 肝機能改善・低下予防効果がある栄養素と食べ物• たんぱく質・・・肉全般、魚全般、卵、大豆製品など• 脂質・・・植物油、バターなど• 糖質 炭水化物 ・・・ご飯、パン、麺類• ビタミン 特にB群 ・・・豚もも肉、大豆、落花生、ロースハム、鶏レバー、玄米、胚芽米、小麦胚芽など いかがでしょうか?全体的なイメージとしては、「栄養価の高いいろいろな種類の食べ物を好き嫌いなくちゃんと食べましょう」という、昔からよくいわれてきた言い習わし的な食べ物が推奨されます。 ついでにいえば、「よく噛んで食べる」というもうひとつの言い習わしも、肝機能改善には有効ですので、付け加えておきますね。 では、それぞれ詳細に説明してまいります。 エネルギーとなる栄養素からみた、肝臓にいい食べ物 まずは「エネルギー分野」からです。 約2000kcalですね。 ただし、たんぱく質だけ、脂質だけ、炭水化物・糖質だけで2000kcalという栄養摂取の方法は望ましくありません。 まあそのあたりは当然わかっているとは思いますが。 ここまではあくまでも私たちが生活する上で必要になる「エネルギー」に関連する食べ物と栄養素のお話です。 これらが大幅に不足すると肝機能改善は遠のき、むしろ肝機能低下の原因になります。 もちろん大幅な過剰摂取でも、脂肪肝によるさらなる肝機能低下や糖尿病などの生活習慣病の原因になりますので十分注意してください。 ビタミン類からみた、肝臓にいい食べ物 それでは、続いてビタミン類についてもまとめます。 とはいえ、ご存じのとおりビタミンにはたくさんの種類がありますので、これらをまんべんなく摂取するとなると もちろんそれも大事なことです! 、正直なかなかたいへんだったりもします。 そこで、中でも特に肝臓とのかかわりが密接で、肝機能改善の効果があると考えられている「ビタミンB群」に注目してみたいと思います。 まずはビタミンB群に属する栄養素と食べ物をまとめます。 実は、ビタミンB群は肝臓にとって非常に都合の良い栄養素なんです。 ビタミンB群が肝臓にとって都合のよい栄養素である理由は大きく分けて3つあります。 体内の代謝をスムーズにする働き• 糖質や脂質、たんぱく質などをエネルギー源に変換する働き• すべて小腸で吸収されることで肝臓にとって合理的に働く こういった特徴があるからです。 参考:「大鵬薬品工業・肝臓生きいき!!」より 肝機能の改善は、肝細胞の回復に近い意味を持ちます。 ビタミンB群の働き、特徴は、肝細胞の回復を考える上で有効なのです。 これが、「ビタミンB群を豊富に含む食べ物が肝機能を改善する・低下させない理由」であると結論づけられます。 サプリメントによる肝機能改善はあり?なし? 栄養素だけなら、食べ物にこだわらなくたってサプリメントがあるじゃないか・・・という声も当然上がるでしょう。 事実、サプリメントはそのイメージとは異なり、法的には「薬」ではなく「食品」です。 さすがに「食べ物」という感じではありませんが、いちおうサプリメントの是非や効能についても触れておくことにしましょう。 ただし、 サプリメント摂取の際には十分注意が必要です。 特にB型肝炎、C型肝炎をはじめとするでは、サプリメント摂取による症状悪化の危険性も考えなければならないからです。 肝炎以外にも、重大な肝障害によって病院で治療を受けている患者さんは、安易にサプリメントを摂取することをおすすめできません。 担当のお医者さんとよく相談して、許可が出た場合のみOKと考えてください。 さて、サプリメントで肝機能改善を目指すという考え方についてですが、肝臓系サプリメントというと、• オルニチン カキ、シジミ• クルクミン ウコン などがよく知られますよね。 確かにオルニチンにしろクルクミンにしろ、肝機能改善の効果はあります。 しかもカキ・シジミやカレー ウコン など、食べ物だけから必要な量をそう簡単に摂取できるものではありません。 ただオルニチンにしてもクルクミンにしても、イメージ的には「お酒を飲む人に有効」という印象があり、お酒を飲まない人がサプリメントを摂取して肝機能改善を目指すという発想は、正直違和感があります。 たとえばアルコール性脂肪肝性肝障害の人が飲む薬と非アルコール性脂肪肝性肝炎の患者さんが飲む薬とでは、成分が異なります。 これと同様のことがサプリメントにもいえると考えるのが自然でしょう。 ですから、アルコールと無関係に肝機能が低下している人が肝機能を改善するためのサプリメント選びは、お医者さんに相談したりドラッグストアの薬剤師に相談したり、専門家の知恵を借りたりするほうが無難です。 また、妊婦さんにとっては「葉酸 ビタミンB群 」が重要な栄養素であることはよく知られます。 しかし葉酸サプリメントも、特に輸入品は不純物質、危険物質が混入している可能性もありますので、要注意です。 肝臓の健康は食べ物から。 しかし何より基本に忠実なことが重要 肝臓は、私たちが食べる食べ物から運ばれる栄養を一括管理し分配する超重要な臓器です。 ですから肝機能が低下すると、芋づる式にいろいろな問題が全身にあらわれる危険があります。 まさに「肝臓の健康は食べ物から」なのです。 しかし「肝臓に良い食べ物」という発想は正直違和感があります。 上で述べたように、お医者さんは「良いか悪いか」で判断せず、「悪いか悪くないか」で判断します。 これは肝臓に限った話ではありませんが。 ということは、「良い」のではなく、「悪くなった 疲れた、肝機能が低下した 肝臓を改善する」意識が何より大切なのです。 そのためには、昔の人が口をすっぱくして言い続けた、「好き嫌いなく何でもよく噛んで食べること」が大切です。 そして、「腹八分目」が大切です。 そんなの基本ではないか!と思うかもしれませんが、基本に忠実な食生活を送ることが、肝臓にとっての健康でもあり、私たちにとっての健康でもあるのです。 この機会に、昔から言われてきたことを思い出していただくと同時に、食べ物と肝機能改善の関係とをよく照らし合わせていただき、がんばって低下した肝機能を改善していただきたいと思います。 昔の人はエライなぁ・・・.

次の

納豆 刺身は膵臓にいいですか?

膵臓 に いい 食べ物 ランキング

引用元: 慢性膵炎は、進行過程によって「 代償期」、「 移行期」、「 非代償期」の3つの時期に分けられ、治療はそれぞれの時期の症状や、膵臓の機能がどれだけ保たれているかに応じて行います。 代償期に多い痛みに対しては、鎮痛薬(非ステロイド性抗炎症薬や抗コリン薬)や、痛みの原因となる炎症を抑える「蛋白分解酵素阻害薬」をすすめられます。 これは、タンパク質を分解しないようにするためのお薬です。 膵臓から出される消化液が、すい臓そのものを消化してしまい、炎症を起こし、痛みを伴います。 お酒の飲み過ぎからくる場合も、お酒をやめるようにも言われます。 また高脂肪食後に腹痛を伴う場合、食事脂肪制限を行うこともありますが、長期の過剰な脂肪制限は低栄養となるため気をつけなければなりません。 つまり、油もの、ファーストフードの食べ過ぎに注意しましょう。 年齢を重ねると、若い頃のような分解能力が減少してきます。 様々な防衛を考えなければならないんです。 膵臓が弱まる原因と症状 慢性膵炎の治療は、アルコール性か他の原因か、急性膵炎が繰り返し起こっているか、重症度を調べて、それらに応じて生活指導や食事療法、お薬による治療をするのが一般的です。 膵炎の痛みは、みぞおち付近、背中など広範囲に及ぶ場合があります。 胃炎だと思ったら膵炎だった、ということもあるようです。 膵臓は食べ物を消化するための消化酵素を含む膵液を分泌して腸に送るはたらきがありますが、このはたらきがわるくなり、食べ物をうまく消化できず未消化の便や軟便が出たりします。 また栄養素を吸収できないため栄養状態がわるくなります。 これらを防ぐために消化酵素薬を服用します。 慢性膵炎では膵液の中のアルカリ成分も少なくなっているため、胃酸を中和できず腸の中が酸性に偏ります。 この状態では消化酵素がうまくはたらきにくいことから、胃酸の量を少なくするためのお薬も一緒に内服します。 さらに悪化すると、血糖値の調節が不十分となり、糖尿病を発症しやすくなります。 慢性膵炎になると、膵臓から分泌される血糖値を下げるホルモン(インスリン)のはたらきが弱まり血糖値が上昇します。 膵臓に良い食べ物とは 規則正しい食生活と睡眠をとりましょう。 寝不足は大敵です。 また膵炎になると痛くて眠れなくなることもあります。 脂質制限をうけるので、脂肪分が不足して、低栄養状態にならないようにしましょう。 初期の膵炎なら、多少の肉類も大丈夫ですが、お魚、特に小魚、青魚をおすすめします。 イワシ、サバ、サンマ、アジ。 毎日の食卓に、めざし(イワシ)、アジの開きを必ずつけるといいですね。 しかし、素人の家庭療法はキケンだよ!といっても、治療をするほどではない場合、手をこまねいているわけにもいきませんよね。 膵炎に必要な栄養素(サプリメント)があるなら、試してみたいですよね。 膵臓が弱っている時のおすすめのサプリメント 腎臓が弱っている時には、アミノ酸が足りていない、不飽和脂肪酸が足りていない、ミネラルが足りていないといいます。 積極的に、これらを補充しましょう。 アミノ酸が多く入っているサプリメントといえば、「すっぽん」「プラセンタ」「ローヤルゼリー」です。 不飽和脂肪酸は、「DHA」「EPA]。 それと、最近話題の「イヌリン」は水溶性食物繊維で、天然のインシュリンといわれており、食後の血糖値の上昇を抑えるはたらきがあります。 また、腎臓が弱っていると「カフェイン」は制限されます。 そのため、コーヒー・お茶に変わる飲み物としておすすめしたいのが、「ごぼう茶」です。 サビない体を作る「ごぼう茶」 ポリフェノールを含み、抗酸化作用がある食材といえば、日本人が昔から摂っている「ごぼう」です。 ポリフェノールが豊富で、錆びない体を作ってくれる上、「イヌリン」という食物繊維は、善玉菌の棲み家となり、エサとなるので腸内環境が良くなります。 しかし、毎日きんぴらごぼうを食べるのは大変です。 そこでおすすめなのが、ゴボウを丸ごと使ったごぼう茶です。 コーヒーや紅茶、緑茶、ウーロン茶にはカフェインが含まれていますが、ごぼう茶は飲めば飲むほど栄養が摂れます。 ごぼう茶をいつでもどこでも、お茶代わり、水かわりに飲んでください。 自分で作るのが面倒な人は、南雲先生(南雲クリニック総院長)が監修した、「焙煎ごぼう茶」は、手作りに負けない天然緒味がします。 それよりもコスパに優れているのが「女神のごぼう茶」です。 それに産地が九州ということも決め手です。 2019-03-16 11:40 アミノ酸を多くとる必要があるのならプラセンタがおすすめ 膵臓が弱っている場合におすすめなのがアミノ酸です。 人体に必要なアミノ酸は、約20種類ですが、プラセンタにはそのほとんどが含まれています。 エイジングケアとして注目されているプラセンタには、様々な栄養成分が含まれています。 ヒトの場合、胎児を280日足らずの間に成長させる、重要な役割を担っている臓器なので、成長のパワーが秘められていることが期待できます。 プラセンタの主要な成分としてまず挙げられるのがアミノ酸です。 アミノ酸は、生物の基となる成分です。 プラセンタには、10種類以上のアミノ酸が含まれています。 私たちは通常アミノ酸を食品から摂取します。 アミノ酸は、肉・魚・卵などに多く含まれますが、効率的に摂ろうとした場合工夫が必要です。 一方、プラセンタには、バリン、ロイシン、リジン、スレオニンなど必須アミノ酸と呼ばれる、食品でしか摂取できないアミノ酸が多く含まれており、効率的に摂取することができます。 プラセンタは、馬プラセンタの方が品質がいいといわれていますが、プラセンタの成分自体には大差はなく、むしろ豚プラセンタの方がアミノ酸量が多いこともっわかっています。 プラセンタを続けるのなら、品質が良くて安いのが一番です。 イヌイットはアザラシやクジラ、カレイなどを好んで食べていることが特徴です。 彼らの食生活を研究するうちに、そこに大きなヒントが隠されていることがわかりました。 魚やアザラシに含まれている DHAとEPAが血中の中性脂肪を減らし、コレステロール値を調節し、血液をサラサラにすることで、血栓や動脈硬化を防いでいると考えられています。 不飽和脂肪酸の一種である DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、主に魚の油(青魚に多い)に含まれている成分です。 毎日毎日、2000個もの卵を産む女王バチの驚異の生命力の源です。 ローヤルゼリーには、必須アミノ酸をはじめとするアミノ酸類が豊富に含まれていて、単品で40種類以上の栄養素を持つといわれます。 ビタミンB群をはじめ、パントテン酸、アセチルコリン、イノシトールなど、ミネラルでは銅、リン、亜鉛、鉄、カルシウムなど豊富な栄養素が含まれています。 パントテン酸には善玉コレステロールを増やし、免疫力を向上させる作用が、アセチルコリンには脳の活性化や血圧調整作用があり、イノシトールは脂肪肝や肝硬変などの予防になる栄養素です。 そのほか、ローヤルゼリーにのみ含まれる「特殊栄養素」というものがあります。 そのひとつがデセン酸です。 これは自律神経失調症や更年期障害に有効とされる成分で、皮膚分泌を促進するほか、がん細胞の増殖を抑制する成分としても現在注目されています。 もうひとつは類パロチンで、筋肉や内臓、骨、血管など体の組織の老化を防ぐ優れた働きをもつといわれる成分です。 数あるローヤルゼリーの中でも、コスパに優れ、製法、産地など安全性の高いものの中かから選ばれたのが、「やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800」です ローヤルゼリー粒ゴールド800の特徴とおすすめポイント 自然の優れた総合栄養食として知られる「ローヤルゼリー」には、「ビタミン」「ミネラル」「アミノ酸」、 ローヤルゼリー特有の「デセン酸」など豊富な栄養素がバランス良く含まれています。 ミツバチの巣箱一つからハチミツが10~15kg採れるのに対し、「ローヤルゼリー」はわずか50~75gしか採れない貴重な食べ物。 やわた(八幡物産)の『ローヤルゼリー粒 ゴールド800』は、この「ローヤルゼリー」を ソフトカプセル1粒あたり800mgも配合(生換算)しています。 テレビショッピングでおなじみ健康補助食品販売の【やわた】が自信をもってお勧めする人気商品です。 デセン酸が多いのと安価なので、試しに購入しました。 その為、気持ち塞ぎ気味でしたが、この ロイヤルゼリーを飲みだして 1週間もしておりませんが、とても 体が軽くなり、今までの しんどさは 何だったのか 最近は 趣味のジョギングも 全然 苦にせず、走れる様になり、仕事も バリバリ こなせる 様になりました。 このロイヤルゼリーは 本当に、すごいデス!!!!!! 【第2類医薬品】薬用養命酒 700mL 薬用養命酒は14種類の生薬が溶け込む滋養強壮の薬酒です。 補う、温める、巡らせるといった生薬の作用で、からだが健康を保つために本来的にもっている働きを整え、症状をじっくりと改善します。 服用していくと、疲労を和らげる…胃腸の働きを整える…冷え症を改善するといった効きめをあらわし、からだを健康な状態へと導くのが特徴です。 価格: ¥ 1,672 通常配送無料 最後に すい臓が弱ってくるとどのような症状が出て、どのような栄養素が足りなくなるのか、栄養素を補充するサプリメントの説明をしました。 すい臓の働きは、消化液を分泌して消化を助けることです。 消化液の中には消化酵素が含まれていて、食べ物の消化をサポートしています。 それと、インスリンなどのホルモンを分泌し、血糖値を一定濃度にコントロールする働きがあります。 からだの不調時はお医者様にご相談ください。 医師にご相談のうえ、適切な栄養補給としてサプリメントをご利用ください。 サプリメントに頼るあまり、治療が遅れる場合もありますので、ご注意ください。 サプリメントは未病のためのご利用が理想的です。 【サプリメントの使用上に関する注意】サプリメントは疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

次の

ぽっこり下腹ダイエットに効果的な食べ物6選! [食事ダイエット] All About

膵臓 に いい 食べ物 ランキング

膵炎は大きく分けて「急性膵炎」と「慢性膵炎」があります。 膵炎になる原因としてアルコール多飲、胆石症、突発的に生じることなどが挙げられます。 今回は膵炎になってしまったときの食事についてお話します。 膵臓は「リパーゼ」という脂質を消化する消化酵素を分泌します。 そのため、脂肪分が多い食事を摂ると膵臓が頑張って消化酵素を分泌しなくてはいけません。 慢性膵炎では脂肪便(便器に油が浮くような便)がみられることがあります。 これは消化酵素の分泌能が低下し、脂質の消化不良により現れる症状です。 これらのことからも分かるように膵炎になってしまったら、膵臓を休めるために、脂肪分が多い食事や消化液が多く分泌される食品を控えることが大切です。 膵炎の食事療法の原則として6つの原則が挙げられます。 1、脂質を控える 揚げ物やお肉でも脂身など脂肪分を多く含む部位は控えましょう。 脂質を制限するため、糖質やタンパク質で主にエネルギーを摂っていく必要があります。 2、消化の良い食品を選ぶ 不溶性食物繊維が多い野菜(例えばごぼうやれんこんなど)は消化に負担がかかるため、よく噛む・小さく切る・控えるようにしましょう。 3、刺激物を控える 香辛料やカフェインなどは胃に刺激を与え膵臓にも負担をかけます。 また、塩分が多い食事なども負担になります。 4、脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)を摂る 脂質を制限すると脂溶性ビタミンが不足してしまうため、脂溶性ビタミンを多く含む緑黄色野菜を積極的に摂取しましょう。 5、煮る、蒸す、茹でる調理方法を 揚げる、炒めるなどの調理法では油を使うため、油を使わない調理法を選びましょう。 また、茹でることで少々脂質を減らすことができます。 6、3食規則正しく食べる 消化液を分泌するタイミングがバラバラ、分泌量が多かったり少なかったりすると負担がかかります。 理想は3食同じ量、同じ間隔で食べることです。 <膵炎に適した食品・適さない食品> 分類 適している食品 気をつける食品 主食 お粥、軟飯、煮込みうどん 玄米、そば 魚介類 白身魚、鮭、はんぺん 脂肪の多い魚、いか、たこ、貝類、刺身 肉類 鶏肉(ささみなど)、ヒレ肉 バラ肉、皮つき肉、ハム、ウインナー 卵 卵 乳製品 低脂肪乳 牛乳 大豆製品 豆腐 油揚げ 野菜 ほうれん草、にんじん、かぼちゃ、大根、じゃがいもなど… ごぼう、たけのこ、れんこん、海藻、きのこ、アボカドなど… 果物 果物缶 ドライフルーツ 菓子類 蒸しパン、カステラ、飴、和菓子 脂質が比較的少ない 洋菓子 飲み物 アルコール、炭酸飲料、コーヒー その他 ジャム、はちみつ、果汁 カップラーメン、カレー 病態や医師の指示にもよりますが、病期が安定期に入っており、「気をつける食品」でどうしても食べたいものがあれば、体調をみながら少量ずつ試してみましょう。 心配な場合は主治医に確認をとりましょう。 どうだったでしょうか。 詳しくは個々の病態によって異なるため、主治医の指示に従いましょう。 膵炎は再燃しやすいため、長期的に食事に気を付けていきましょう。 管理栄養士.

次の