モノタロ。 間接資材の調達改革 モノタロウ

モノタロウ:採用情報:新卒採用

モノタロ

本社所在地 660-0876 竹谷町2-183 リベル3階 設立 事業内容 事業者向け工業用間接資材の通信販売 代表者 鈴木雅哉(代表執行役社長) 資本金 19億4356万円(12月31日現在) 売上高 1095億53百万円(2018年12月期) 営業利益 320億27百万円(2018年12月期) 純利益 137億67百万円(2018年12月期) 純資産 298億38百万円(2018年12月期) 総資産 507億06百万円(2018年12月期) 決算期 12月31日 主要株主 グレンジャー・インターナショナル 49. MonotaRO」のを運営する。 尼崎ディストリビューションセンター(プロロジスパーク尼崎3) 事務所 [ ] 東京で起業したが資材問屋は大阪に偏在していることから業務効率を勘案して大阪へ移動し、雑居ビルの会議室2部屋程度に5名で創業 し、にへ移転した。 倉庫・物流施設 [ ] 従来のとから尼崎の「プロロジスパーク尼崎3」に集約して約13,000坪の物流センター を稼働した。 5月に、東北地方の配送と()特需に対応するために約2,500坪の物流センター を開設した。 沿革 [ ]• 10月 - と米国グレンジャー・インターナショナル Grainger International, Inc. が出資して「住商グレンジャー株式会社」を大阪市に設立して野田啓一が社長を務め 、事業主向け通販サイト「MonotaRO. com」を開設する。 創業者の一人 で取締役の瀬戸欣哉が代表取締役社長 となる。 本社を大阪市 へ移転する• 11月 - 間接資材調達ウェブサイトを全国で展開して本格的に営業を始める。 3月 - 大阪府東大阪市に物流センターとなる1,320 のディストリビューションセンターを開設する。 7月23日 - 全日本機械工具商連合会(全機工連)を相手に、東京地方裁判所へ不公正な取引方法処分命令を申し立てる。 9月4日 - 全機工連から不公正な取引方法を指示する決議を行わないと確約するを得て申立を取下げる。 6月 - ウェブサイトに登録したユーザーの事業所数が10万件となる。 前年に住友商事を退社した瀬戸欣哉が代表執行役社長 となる。 2月1日 - 会社名を「株式会社MonotaRO」 に変更する。 6月 - 一般消費者向け通信販売ウェブサイト「IHC. MonotaRO」を開業する。 12月 - に上場する。 5月 - 配送費無料小物切削工具専門サイト「刃MonotaRO」を開業する。 7月 - 配送費無料ベアリング専門サイト「ベアリングタロウ」を開業する。 3月27日 - 本社を尼崎市西向島町へ移転してディストリビューションセンターと統合 する。 5月 - 自動車関連業界向け商品販売事業に参入する。 7月 - 事業所向けモバイルサイト「MonotaRO携帯サイト」を開業する。 9月 - 優良顧客向け「間接資材総合カタログ REDBOOK Vol. 4」と「自動車・トラック用品カタログ Vol. 1」を発刊する。 10月 - 未登録・新規顧客向け「間接資材総合カタログREDBOOK Vol. 4 ベストセレクション」カタログを発刊する。 8月6日 - 住友商事が株式の一部をMonotaROへ売却する。 9月14日 - により、グレンジャー・インターナショナルが親会社となる。 10月 - 「工事用品カタログ」を発刊し、取扱商品がおよそ100万となる。 11月 - 「経費節減カタログ」を発刊する。 12月18日 - 株式上場を東証1部へ変更し、住友商事が全株式を放出する。 4月 - 海外輸出事業を始める。 5月 - 「大阪魂」を発売する。 10月 - 「科学研究・開発用品カタログ」を発刊する。 3月 - 「オフィス・店舗用品カタログ」発刊する。 7月 - 建材販売の新会社「K-engine(ケーエンジン)」を設立する。 10月 -「間接資材総合カタログ RED BOOK Vol. 7」7分冊で発刊する。 1月 - プライベートブランド「男前MonotaRO」を発売する。 3月 - 鈴木雅哉が代表執行役社長 となり、在庫商品種類が6万5000となる。 7月 - 「当日出荷カタログVol. 1」発刊。 1月 - 韓国でMRO maintenance, repair and operation 事業を始める。 6月 - 登録ユーザー数が100万件となる。 9月 - 中小企業向け営業支援サービスを始める。 10月1日 - 企業ロゴをローマ字表記からカタカナ表記に変更 し、東南アジア向けサイトを開設する。 1月 - 本社を尼崎市竹谷町へ移転する。 3月26日 - 取締役兼代表執行役会長の瀬戸欣哉が代表執行役を退任し、取締役会長 となる。 5月 - 医療・介護用品販売事業を始める。 5月17日 - 従来はログイン、問い合わせ、注文手続きなど機密性が高いデータを送受信するページに限りを使用していたが、この日からサイト全部を常時化(常時化)した。 7月 - 登録ユーザー数が200万件となる。 9月 - 取扱点数が1000万となる。 10月 - インドネシアでMRO事業を始める。 12月 - 在庫点数が30万になる。 提供番組 [ ]• - で月〜木曜日の9時23分頃。 - TBSラジオで金曜日の9時23分頃。 - で平日7時台日替わりコーナーのスポンサー。 - で月〜木曜日の11時の時報スポンサー。 - 朝日放送ラジオで金曜日の11時の時報スポンサー。 主な事故 [ ] 倉庫火災1件、取引先での爆発事故1件 、内の産業廃棄物処理業者で、モノタロウが持ち込んだスプレー缶約3000本がガス抜き作業中に爆発し、モノタロウの社員1名と、産廃業者社員の息子が死亡し、モノタロウ社員の息子とモノタロウの下請け業者の社員が意識不明の重体となった。 脚注 [ ] []• - 株式会社MonotaRO• 」と記載。 - 株式会社MonotaRO 2015年5月15日• - 株式会社MonotaRO• - RBB TODAY 2015年4月30日• - 株式会社MonotaRO• - 株式会社MonotaRO• - 株式会社MonotaRO• - 株式会社MonotaRO 2007年1月30日• - 株式会社MonotaRO 2008年3月27日• - 株式会社MonotaRO• - 株式会社MonotaRO 2013年10月1日• 日本経済新聞 電子版. 2019年7月14日閲覧。 外部リンク [ ]• - 事業者向け通販サイト MonotaRO. com• - 個人向け通販サイト• monotarosamurai -• IHCMonotaRO -• - チャンネル• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

「ネット通販」勝ち組の研究【2】モノタロウ

モノタロ

モノタロウの鈴木雅哉社長/1975年生まれ。 98年立教大学社会学部卒業後、住友商事入社。 2000年モノタロウに出向。 06年楽天をへて、07年に再入社。 12年より現職。 桃太郎ではなく「MonotaRO(モノタロウ)」。 その奇妙な社名の、強調された大文字には意味があった。 「MRO」とはメンテナンス、リペアー&オペレーションの略で、製品の原材料にあたる直接資材に対し、備品や消耗品などの間接資材を表す。 間接資材は直接資材より経費としての金額は少ない割に品目数が多く、商品分類ごとに仕入れ先も異なるため、購入には手間がかかる。 また、大量にまとめ買いをする大企業には安く、小口購入の中小企業には相対的に高く売られてきた。 モノタロウはここに目をつけた。 価格は発注規模に関係なくワンプライス。 ネットやファクスで簡単に注文ができ、ねじ1本からいち早く届ける。 サイトのトップページには、「ねじ・ボルト・釘・ビス」「梱包・テープ・物流・清掃用品」「科学研究・開発用品」などのカテゴリが並び、1個3円のばね座金から、800万円を超える磁場発生装置までが並ぶ。 取扱点数は約700万点。 このうち約12万点が「当日出荷」に対応する在庫商品だ。 製造業を中心に顧客の登録口座数は120万件を数え、2013年の売上高は345億円(連結)。 今期は426億円とする計画だ。 人はモノタロウをこう呼ぶ。 「間接資材のアマゾン」。 世界最大手のアマゾンと同じく、大型化・効率化で躍進してきたからだ。 兵庫県尼崎市。 巨大な物流センターを隣に構える本社で、鈴木雅哉社長は「最初からこのビジネスモデルを目指していたわけではない」と振り返った。 「創業時の計画は大企業向けの購買システムでした。 発注のデジタル化さえすればいいと考えていた。 でも事業を始めてみると、我々の商品は競合に対して、価格は高く、発注から納品までの『リードタイム』も長い。 試行錯誤のなかで、大企業よりも中小企業に通販のニーズがあることがわかってきました。 軍手や電球といった定番商品でも、『安く早く届ける』を徹底できれば、大きなニーズがあった」.

次の

‎「事業者向け通販【モノタロウ】」をApp Storeで

モノタロ

【領収書について】 クレジットカードをご利用の場合のみ発行させていただいております。 領収書発行をご希望の際は、下記の問い合わせフォームにて「お問い合わせ内容」欄にご注文番号・宛名・送付先住所をご記入の上、ご連絡ください。 [ ] その他のお支払方法によるご注文ついては下記の通りです。 ・商品代引:配達時にドライバーより手渡される、代引金領収書が公的領収証となります。 ・NP後払い:(株)ネットプロテクションズより送付されます請求書に貼付の「払込受領書」をもって公的領収証とさせて頂いております。 ご利用者が未成年の場合、法定代理人の利用同意を得てご利用ください。 【配送料】 3,850円(税込)以上のご注文で配送料無料です。 3,850円(税込)未満の場合は配送料550円をご請求いたします。 何卒ご了承下さいますようお願いいたします。 【ご注文の変更・キャンセルについて】 ・ ご注文は速やかに受注・出荷処理致しますので、原則、変更・追加・キャンセルはお受けできません。 ・出荷作業に入りましたご注文に対する変更・キャンセルは、返品扱いとなり費用をご負担いただくこととなります。 ・また追加のご注文は新規ご注文としてお受けすることとなり、注文後に同梱手配をご依頼頂いてもシステム上お受けできかねます。 送料等追加費用が発生いたしますので、ご注文確定前に内容を十分ご確認ください。 【お届けについて】 各商品ページにて、発送日数をご確認ください ・出荷目安が、翌営業日以内出荷〜6営業日以内出荷の商品につきましては、全て揃い次第出荷致します。 日数を要する商品や、出荷元が異なる商品に関しましては分納させて頂く場合がございます。 ・商品をお受け取りになれない場合は、配送業者からの不在連絡にてご対応お願い致します。 ・配達日時指定、配達店止め、宅配BOX指定のご要望は当ストアではお受け致しておりません。

次の