腕時計 つける 位置。 腕時計の正しい位置とは?おしゃれな付け方やずれの原因も解説

腕時計の付ける正しい位置は?おしゃれでズレにくいおすすめ箇所もご紹介!

腕時計 つける 位置

現在では、女性も利き手の反対の腕に文字盤を外側につけます。 しかし、以前は女性の腕時計の付け方は、文字盤を内側である手のひら側につけるのが一般的でした。 それは衣服の機能やマナーと関係があります。 和服の場合、文字盤が外側だと脇を開くようにして腕時計を見るような格好になります。 脇の部分が開いている着物は、腕時計を見るときに脇の素肌まで見せてしまうことになります。 素肌を見せないために脇を閉めて腕時計を見るために、文字盤を内側につけるのがマナーでした。 見た目的にも脇を開いて腕時計を見るよりも、脇を閉めて、手首を返して腕時計を見る姿勢のほうが、エレガントに見えます。 ジュエリーウオッチなど、繊細で細身の腕時計の場合は、文字盤を内側につけると、女性らしい美しい立ち振る舞いができるでしょう。 腕時計の付け方は、ビジネスシーンにおいても明確な決まりはありません。 しかし、実用面やマナーから考えると腕時計の付け方にはほぼ決まりがあるのです。 やはりビジネスシーンなので、仕事の邪魔にならないことを一番に考えます。 作業をしたり、文字を書いたりを考えると、利き手の反対の腕に腕時計をつけるのが一般的です。 作業をしながらサッと時間を見たりするためには、文字盤は外側がいいということになります、腕時計も重さがあるので、利き腕につけると、重さで疲れやすいということもあります。 スーツの時はジャケットやシャツの袖口から、腕時計が覗くくらいの位置につけるのがおすすめです。 袖をまくることなく文字盤が見えると、サッと時間が確認できますし、動作もスマートに見えます。 冠婚葬祭などで腕時計をつけるときは、文字盤がはっきり見えないようにつけるのがおすすめです、頻繁に時計を見ていなくても、時間を気にしているとされ、弔事や慶事の席ではマナーとして相応しくありません。 袖口から腕時計が顔を出さないように、普段より上部につけるといいでしょう。 腕時計を見るときは、さりげなく袖をあげて見るようにします。 女性で細身のベルトの腕時計なら、文字盤を内側につけるといいでしょう。 女性のフォーマルな衣装で、手首や腕が衣服に隠れない場合は、顔の小さい華奢な時計で、文字盤を内側にしてつけるか、腕時計をあえてつけないようにします。 弔事の席にはふさわしくありませんが、ブレスレットやバングル風の物であれば、慶事の席にはアクセサリーとしてつけるといいでしょう。

次の

腕時計の位置<女性編>かっこいい腕時計の付け方とずれる時の対処方法

腕時計 つける 位置

文字盤の位置も外側と内側、特に決まりはない。 一般的に男性は外側に文字盤を向けてつけている方が多く見られる。 これは文字盤を内側に向けていることにより、時計を見るときに手首を返す動作がひとつ増えてしまうことを避けるためだ。 女性の場合は和装を着用する際、外側に文字盤を向けていると、腕時計を見るときに脇が開き、女性らしさが欠けてだらしなく見えてしまうため内側につける名残がある。 しかし、男性はそういった所作などを気にする必要がないので、すぐに時間を確認できるように文字盤を外側に向けている方が多いのだ。 なお、腕時計をつける位置は、時計がずれないように手首の骨の隆起部分にひっかけてつけるのが一般的だ。 また、ファッションアイテムとして腕時計をつける場合は、洋服の上から腕時計をつけるスタイルもある。 ただし、ビジネスシーンや冠婚葬祭などでそのようなつけ方をするとマナー違反と捉えられてしまうので、無難な位置は覚えておいたほうがいいだろう。 冠婚葬祭の場では文字盤がはっきり見えてしまわないよう、袖で隠れる位置につけるのがマナーである。 文字盤が大きかったり、袖口から見えていたりすると、どうしても時計に目がいってしまうからだ。 時間を気にしていなくても、時計に目がいってしまうと、周囲の関係者からは時間を気にして早く帰りたいように見えてしまい、印象が悪くなってしまう。 とはいえ、近年では腕時計をファッションの一部と捉える方が多くなってきたので、結婚式などのお祝いの場では、腕時計が見えていてもマナー違反と思われることは少ない。 だからといって、派手な腕時計が袖口から丸見えになっているのは格好悪いので、冠婚葬祭につけていくときはやはり控えめにしておくのがベストだ。 時間を確認したい時にさりげなく見られるぐらいの位置につけることを意識しよう。

次の

【男女別】腕時計をつける位置の決まり・おすすめの場所

腕時計 つける 位置

あなたが腕時計をつけているのはどちらですか? 左手?それとも 右手? それは どうしてですか? ・・・いきなり質問を続けてごめんなさい。 私は左手につけてるんですが、それは右利きだから。 昔から「 腕時計は利き腕とは反対側の腕につけるのが正解」と思ってました。 でも最近はそうとも限らないみたいなんです。 あえてこのセオリーを破り、反対側につける人もいるとか。 ・・・どうして? もしかして、 利き手側にしたほうがオシャレなの? まさか 利き腕と反対側にしていると恥ずかしい? というわけで今回は、• 腕時計は 左右どっちにするのが正解なのか• 腕時計を 左腕にする理由と意味• 腕時計を 右側にする理由と意味 をそれぞれ確認してみました。 また、• 右利きなのに右腕にする理由• 左利きなのに左腕にする理由 などについても書いていきます。 腕時計を 左右どちらにつけるか気になる方、 迷っている方のご参考になれば幸いです。 腕時計は左右どっちにつけるのが正解?間違ってると恥ずかしい? 腕時計をつける腕に正解はない 結論から書きますが、腕時計を巻く腕がどっちかについて、 特に正解はないようです。 ルールはもちろんマナーとしても、特別に確立されたものはない模様。 右でも左でも、どちらでも好きなほうにしていい。 正解はないが「普通」はある ただ、正解はないのですが 一般的なのは断然「左腕」みたい。 マイナビさんが 女性に聞いたアンケートでは、• 左腕が86%• 右腕が14% という結果だったそうです。 左腕が90. 42%• 右腕が9. 14% という数字がありました。 腕時計はどちらに?左に腕時計をする意味 調べてみると、左に腕時計をする理由は、• 右利きなので、左腕につけやすい。 右手でペンを持ったままでも見られるから。 リューズを巻くなど、時計の操作がしやすい。 右手をよく使うので、右手にしているとじゃま・重い。 利き腕とは逆にするものと思っている。 などがありました。 理由としてはどれも合理的。 で、やはり左手派の数が多いのは、右利きの人が多いことが影響しているようです。 腕時計はどちらに?右に腕時計をする意味 逆に、右腕に腕時計をする理由は何でしょうか? こちらは ・左利きなので、逆側の右腕にしている。 のほかに、• 左手につけるとリューズが手の甲にあたって煩わしい。 傷つく。 よく使うのが右手なので、自慢の腕時計が目立つ。 男性は左腕、女性は右腕にするものと親から教わった。 などが目にとまりました。 先ほどの左手派に比べ、理由がいろいろな印象です。 腕時計は利き手と反対に、は古い? こうしてみると、やはり利き腕とは逆側に腕時計をつけている人の数はかなり多そうです。 きちんとしたアンケートが見つからないので私の推測になってしまいますが、上の理由を見てもそんな印象。 右利きの人は自然に左腕にすることになるし、 左利きの人の一部も、右腕にしている。 では視点を変えて、利き手の方に腕時計をしている人は、どんな意味をもってそうしているのでしょうか? 右利きなのに右手首にする意味は、平和の象徴? 有名なところでは、プーチン大統領が右利きなのに右手派だそうです。 ほかには往年の大スター・石原裕次郎さんや、木村拓哉さんが有名。 右利きで腕時計を右手にする人のなかには、先ほど挙げた理由のほか、「 平和の象徴説」というものがあるそうです。 これは腕時計の誕生の逸話と関係している。 もともと携帯用の時計は懐中時計でした。 懐から出すタイプですね。 でも兵士がライフルを構える際には、いちいち時計を取り出しているとたいへん手間。 それで腕時計が発明されたと言うのです。 腕時計は、狙撃兵が使うのに特に都合がよく、銃を構えたままでも時間を確認することができます。 左手で銃身をキープするので、視線をわずかに動かすだけで時間を確認でき、作戦の遂行にたいへん機能的。 こういう血なまぐさい起源をもつ腕時計を、戦闘に都合のよい左とは逆の右手にする。 これによって平和への愛を表そう、という考え方があるようなのです。 この説の出所は木村拓哉さんと言われていますが、出典はよくわかりません。 この話を聞くと「なるほど」と思う気持ちも湧いて来ますが、さらに徹底するなら懐中時計がよさそうです・・・ 左利きなのに左手首にする理由 他方、左利きで腕時計を左手にしている人がどうしてそうしているのか、はっきりした理由を見つけられていません。 推測ですが、• よく使う手なので目立つ・時間を常に意識しやすい。 世の中の大多数が左手にしているから。 リューズの操作がしやすいから。 などが理由かなと思います。 思い当たる方、ご意見を伺えれば助かります。 文字盤は内側?外側? ほかに少し気になる点として、 文字盤を手の甲側にするか、 手のひら側にするかという問題があります。 特に女性で内側にしている方を、時折見かける気がします。 手の甲側にすると、時間を確認する時に肘を張り出す格好になりますよね。 それに対して、文字盤を掌側にしておくと、時間を確認する時に肘を身体につけることになります。 後者のほうが小さな動きで済み、仕草としてもどことなく優しい印象を受けるのは、私だけではないでしょう。 これも好きずきですが、女性に多いのはこんな理由からかも知れません。 腕時計はどっちにつける〜まとめ 以上「腕時計は左右の手、どっちにつける?」についてでした。 軽く振り返ると、• 腕時計をどちらの手につけるか決まりはない。 これを踏まえた上で、多いのは左手につけている人。 その意味で普通なのは左手と言える。 左手に腕時計をしている人の多くは、装着時などの面で合理的だからそうしている(右利きが多い)。 対して右手に腕時計をしている人には、いろいろな理由や意味がある。 基本はどちらの手にしても自由なので、それぞれの考えで堂々としていればよいと思います。 多分それがカッコいいと思う。 私自身は、これからも「利き腕とは反対側の腕に」派でいこうと思います。 最後までご覧くださり、ありがとうございました。

次の