紅生姜 サワー 作り方。 紅生姜の作り方とレシピ

紅生姜の作り方とレシピ

紅生姜 サワー 作り方

作り方 【水洗い】 生姜を水で洗い、皮をむきます。 入り組んだ部分に土をかんでいることがあるので、かたまり毎に切り分けます。 【塩漬けする】 皮を剥いてから生姜の重量を計り、生姜の4%の塩をまぶして一晩置いておきます。 生姜が100gなら塩は4gになるというわけですね。 【天日干し】 生姜をザルに広げて、天日に1日干します。 (塩水は捨てます) 【下漬け】 天日に干した生姜をビン詰めして、ひたひたの赤梅酢に漬けて1週間置いておきます。 【天日干し】 生姜を取り出し、 ザルに広げて半日天日に干します。 (ここで使った梅酢は捨てます) 【本漬け】 天日に干した生姜をビン詰めして、新しい赤梅酢に漬けます。 表面には梅作りでできた紫蘇をかぶせて直接生姜が空気に触れないようにふた状にしてから、ビンのふたをします。 【できあがり】 赤く染まればできあがりです。 本漬けに入る前でも十分に赤く染まっているはずですので、本漬け前に食べても大丈夫です。 (本漬けは保存性を高めるために行っています).

次の

ケンミンショー/紅生姜天ぷらレシピ・作り方紹介【大阪・堺】

紅生姜 サワー 作り方

作り方 【水洗い】 生姜を水で洗い、皮をむきます。 入り組んだ部分に土をかんでいることがあるので、かたまり毎に切り分けます。 【塩漬けする】 皮を剥いてから生姜の重量を計り、生姜の4%の塩をまぶして一晩置いておきます。 生姜が100gなら塩は4gになるというわけですね。 【天日干し】 生姜をザルに広げて、天日に1日干します。 (塩水は捨てます) 【下漬け】 天日に干した生姜をビン詰めして、ひたひたの赤梅酢に漬けて1週間置いておきます。 【天日干し】 生姜を取り出し、 ザルに広げて半日天日に干します。 (ここで使った梅酢は捨てます) 【本漬け】 天日に干した生姜をビン詰めして、新しい赤梅酢に漬けます。 表面には梅作りでできた紫蘇をかぶせて直接生姜が空気に触れないようにふた状にしてから、ビンのふたをします。 【できあがり】 赤く染まればできあがりです。 本漬けに入る前でも十分に赤く染まっているはずですので、本漬け前に食べても大丈夫です。 (本漬けは保存性を高めるために行っています).

次の

簡単!無添加の紅生姜作り方

紅生姜 サワー 作り方

新生姜の下処理 新生姜は傷みやすいので、 先端や表面が乾いていたり、茶色くなっているものを避け、できるだけ新鮮なものを購入します。 まず、切りやすい大きさに折ってからさっと洗い、茶色くなっている皮の部分があればスプーンでこそげとります。 続いて、赤い部分を少し残すようにして先端を切り落とします(赤い部分を少し残すのは、 淡いきれいなピンク色に染めるためなのですが、食べると少し硬めで、先の部分は乾燥していることも多いので、少し切り落とすくらいでいいと思います)。 新生姜の甘酢漬けは軽い食べ口であることが美味しいので 包丁やスライサーなどで、繊維にそって、できるだけ薄く切ります。 新生姜のゆで方と漬け込み方 鍋にたっぷりの湯を沸かし、切った新生姜をさっと 1〜2分ほどゆでます(薄ければ1分、少し厚みがあれば2分が目安)。 ゆで上がれば、できるだけ大きめのざるに上げます。 そのまま冷めるまで待ちます。 新生姜が冷めたら、 しっかりと手で生姜の水気をしぼることが大切です。 しぼった生姜は清潔な保存容器に移します。 にも詳しく書いています。 甘酢を全量加えて、 しぼった時に固まった生姜を箸で軽くほぐします。 冷蔵庫で保存し、半日後から食べることができます。 冷蔵庫で保存すれば2カ月ほど保存可能です。

次の