フレッツ光 開通。 回線工事、フレッツ光は最短何日で開通する?

フレッツ光からNURO光へ乗り換えで、10の注意点と失敗しない手順

フレッツ光 開通

フレッツ光への申し込み方法は電話、もしくはインターネットサイトから申込むことができます。 フレッツ光の開通日から利用を開始するまでの詳しい流れ、またその中で注意するべきことをご説明します。 最初にフレッツ光のサービス対応エリアかどうかの確認を行い、その後どういったサービスプランにするのかなどを決めていきます。 そしてお客様の情報などを入力し、入力内容を確認後、申し込みが完了します。 申込みを行うと、NTT東日本、NTT西日本からサービス設定、開始に伴う必要な書類などが送付されてきます。 サービス開始するために必要な工事、設定作業はお住まいのタイプによりお客様自身に行っていただく場合と、工事担当者が行う場合と2通りあります。 その後、パソコン機器やタブレット、スマホなどへの接続設定を行っていただくと利用いただけるようです。 参考元: なお、光回線の契約をお考えの方には、フレッツ光とエリアや速度は同じ回線である 「光コラボ(光コラボレーション」もオススメです。 光コラボでは、スマホのセット割で毎月のスマホ料金が安くなったり、高額キャッシュバックキャンペーンなどを行っているため、 フレッツ光よりもお得に契約できますよ!• まずはお住まいがNTTの管轄するエリアのサービス対応エリアになっているかどうかを確認していきます。 その後、どういったサービスプランに申し込むのかなどを決めていきます。 決定するプランは、戸建て住宅かマンションタイプの集合住宅かで分けられます。 住所を入力した時点でそのエリアの設備上、サービスプランが限定される場合もあります。 プランが決定すると、お得な割引サービスを任意で選べます。 また完全に新規でお申し込みを行う場合には、インターネット接続を行うためのプロバイダを選ばなくてはいけません。 プロバイダにはフレッツ光でセット申し込みができるお得なプロバイダパックが適用されたものと、それ以外のお客様自身でプロバイダにお申し込みをいただくものがあります。 プロバイダ会社によってはフレッツ光のセットにすることで、お得な割引サービスを設けているところや利用できる有料オプションサービス内容が一部異なるため、インターネットでホームページ開設やドメイン取得、複数メールアドレス取得などをしたい場合には、自分に合ったものを選ぶことが重要です。 その後、さらにフレッツ光を通して利用できるさまざまな有料オプションサービスを任意選択します。 フレッツ光を利用するとインターネット接続だけでなく、ひかり電話や映像サービスのフレッツ・テレビやユーネクスト、ひかりTV、Hulu、オンラインストレージサービスのフレッツ・あずけ~る、ウイルス対策のフレッツ・ウイルスクリアなどを利用できます。 また合わせてフレッツ光の有料サポートサービスなどの利用も任意選択が可能です。 その後、お客様の個人情報や工事希望日などを入力し、入力内容を確認後、申し込みが受付されます。 送付書類と事前準備 お申し込みをいただくと、開通工事が行われる日までにNTTから設定に必要なお客様IDやアクセスキーが記載された書類やフレッツサービスのお申し込み内容のご確認書類、セットアップに関するガイドなどが郵送されてきます。 またプロバイダーにお申し込みをいただいた場合にはプロバイダーからもインターネット接続IDとパスワードが記載された書類や登録完了通知書などが郵送されてきます。 これらの郵送書類と合わせて別途、フレッツ光を利用するためにいくつかの機器をお客様自身に用意します。 用意いただくものは、パソコン機器やタブレット端末などのインターネットを利用する端末です。 Wi-Fiルーターを介してインターネット接続を行う場合には、Wi-Fiが搭載された機器を用意します。 有線でインターネット接続を行う場合には、LANポートのある機器を用意します。 またインターネットを利用したい場所によっては電源がない場合もあるため、延長コードなどを用意いただく場合があります。 またインターネットを利用するためにLANケーブルが必要となる場合があり、こちらもお客様ご自身に用意します。 有線で複数台、インターネットを利用いただく場合にはルーターと機器に接続する数のLANケーブルが必要です。 NTTではそのほかに必要な機器の用意を行います。 機器にはインターネット接続に必要な回線終端装置やホームゲートウェイ、申し込みのコースに付属するルーター、ひかり電話対応機器など有料オプションサービスでお申込みいただいた内容に合わせた必要な機器が含まれます。 機器は工事に合わせて工事担当者が持参もしくは事前に宅配便にてお届けされます。 開通工事・設定作業 インターネットを利用いただくためのインターネット開通工事にはお住まいのタイプに合わせて、NTTより工事担当者を派遣する派遣工事と工事担当者を派遣せずお客様自身に行っていただく無派遣工事の2通りがあります。 派遣工事は工事担当者がお客様のご自宅にお伺いし行うもので、所要時間はおおむね2時間程度が目安です。 戸建て住宅の場合には外の電柱より光回線を引き込み後、ホームゲートウェイの設置工事を行っていきます。 屋外からの光ファイバーの引き込みは基本的には電話配管を利用して行われますが、既存設備が利用できない場合にはエアコンダクトを使用したり、壁に穴をあけて光ファイバーを引き込んだりする新たな配管設備等の用意や別途有料での工事を行う場合があります。 その後、部屋に引き込んだ回線終端装置やホームゲートウェイへの接続を行いインターネットができる環境を整えます。 派遣工事の集合住宅での作業は、近くの電柱から集合住宅の共用スペースへの光ファイバーの引きこっみを行った後、集合住宅全体で光ファイバーを分配する作業を行っていきます。 その後、共用スペースから各部屋に分配された光回線を回線終端装置やホームゲートウェイへ接続してインターネットが利用できる環境を整えていきます。 無派遣工事は建物への光回線の引き込み工事が不要な場合に、工事担当者を派遣せずにお客様自身に作業を行ってもらうものです。 この場合、NTTから送られてくるものの中にインターネット利用に必要な機器が同胞されています。 接続は同封されている機器接続手順に従ってばできる簡単なものです。 作業方法はインターネットサイトで動画公開もされています。 NTT東日本サイト NTT西日本サイト まずはホームゲートウェイの設置から行います。 ホームゲートウェイの裏面のカバーを外すと、光配線コードの接続口が現れます。 ここに付属の光配線コードをしっかりと差し込みます。 次に、光配線コードのもう片方を自宅コンセントの「光」と書いてある部分に差し込みます。 ホームゲートウェイに電源を接続すると、ホームゲートウェイのランプがすべて緑色に光ります。 次にホームゲートウェイのLANポートにLANケーブルを接続します。 そしてLANケーブルとパソコンを接続します。 電話を利用する場合にはホームゲートウェイの電話機ポートと電話機を電話線で接続します。 これで接続は完了です。 参考元: 機器へのインターネット接続 最後に宅内機器のインターネット接続設定を行います。 これは派遣工事であっても無派遣工事であってもお客様ご自身で設定いただくものです。 別途セットアップサービスをお申込みいただいている場合は、NTT担当者がすべて設定を行います。 別途用意されているフレッツ光設定ガイドと付属の設定CD-ROMを利用して接続設定を行っていきます。 送付の設定CR-ROMをパソコンのCD-ROM対応ドライブに挿入します。 すると自動的にダウンロード画面が表示されます。 そこで「フレッツ簡単セットアップツール」をクリックし、LANケーブルとパソコンを接続してあるのを確認後、「LANケーブルで接続」をクリックします。 次の画面で「インターネット接続設定」をクリック、NTTから最初に郵送された書類を使い情報を入力していきます。 書面に記載されたお客様のID、アクセスキーの入力を行い、次へをクリック、インターネット接続設定でプロバイダから郵送された書類に記載されているプロバイダ名、接続アカウント、接続パスワードを入力します。 後は表示項目に従い、任意の設定をすれば接続設定は完了です。 参考元: フレッツ光利用開始までの時間算出 フレッツ光の申し込みから利用開始までの期間はおおよそ3週間程度が目安です。 利用開始までの時間算出は、サービス対応エリア内であっても設備状況や工事状況によって必要とする時間が変わります。 またセットアップサービスをお申込みいただいた場合には別途時間が必要です。 フレッツ光への乗り換え申し込みから開通までの流れ 他社でインターネットを利用している場合、新規お申し込みという形でフレッツ光のインターネットへ変更が可能です。 通常の申し込みの流れと同じく、電話またはインターネッサイトからフレッツ光の新規お申し込み手続きを行います。 プラン選択を行い、任意のお得な割引サービスなどを選んだあと、プロバイダ選択を行います。 プロバイダは現在利用いただいているプロバイダを解約して新たに申し込むこともできますが、メールアドレスやドメインなどを変更したくない場合、フレッツ光提携プロバイダーであれば今利用いただいているプロバイダーをそのまま使用することが可能です。 乗り換え継続利用の場合も、プロバイダー会社によってはプロバイダパックに申し込むことができ、プロバイダパック申し込み特典を利用することが可能です。 その後は通常の流れで利用が可能です。 新規申し込みで各種割引キャンペーンを利用する フレッツ光ではお申し込みのタイミングで行われている割引キャンペーンへ同時申込みが可能です。 現在行われている割引サービスは、NTT東西で内容は異なるものの、一定期間利用いただくことを条件に利用できる割引キャンペーンやフレッツ光のコースによって利用できる割引などがあります。 フレッツ光から光コラボレーションへ 光コラボレーションは光コラボレーション事業者がNTTからの光回線を借り受けて提供する独自のサービスモデルです。 通常であれば、NTTとお客さまで直接契約を取り交わしサービスの提供を行いますが、光コラボレーションモデルではNTTと光コラボレーション事業者が契約を結び、お客様と光コラボレーション事業者が契約を結びサービスの提供を行います。 光コラボレーションモデルを利用すると、光コラボレーション事業者が独自に展開する付加サービスを利用することが可能です。 また光コラボレーション事業者が取り扱わないNTT独自の付加サービスもお客様が希望されれば利用できます。 光コラボレーションモデルに申し込むには転用手続きを行います。 フレッツ光を利用されているお客様がフレッツ光を解約し、コラボ光を新たに契約される場合に、その契約の切り替えを円滑にるよう新たに工事などを行うことなく光コラボレーション事業者様に変更することを転用と言います。 光コラボレーションへの転用手続き方法 転用を行う上で、お客様自身に簡単な手続きを行っていただく必要があります。 まずNTTで発行される転用手続きをスムーズに行うための転用承諾番号を発行依頼していただき受け取りします。 発行していただくにあたって、ご契約者本人からの申し込みを確認するためにフレッツ光のお客様ID、ひかり電話の電話番号などをご確認します。 これらはフレッツ光にお申込みいただいた時にお送りした書面に記載されています。 他にフレッツ光のご契約者名、フレッツ光の利用住所、現在の支払い方法などが必要です。 現在の支払い方法は、NTTからの請求のみ、おまとめ請求、プロバイダー請求によって細かくわかれています。 またお支払方法が請求書方式、口座振替方式、クレジットカード方式によっても確認方法が異なってきます。 これらの必要な情報をもとに転用承諾番号の発行を行っていきます。 申し込みはインターネットサイト、電話、メールで行うことが可能です。 年末年始は受付していません。 その後、新たに契約を希望される光コラボレーション事業者に転用承諾番号を伝え、転用手続きを行っていきます。 なお、転用承諾番号の有効期間は発行日から15日間です。 15日を超えた場合、転用承諾番号は無効となるため、新たな番号を再発行いただく必要があります。 転用を行う上での注意事項 転用を行い光コラボレーション事業者でコラボ光を利用する場合にはいくつか気を付けておくべきことがあります。 まずコラボレーション事業者により料金は多少異なるものの、初期費用として転用手数料が発生します。 転用手数料は3000円前後ですが、一部コラボ事業者によってはWeb限定、期間限定申し込みなどで手数料無料キャンペーンを行っています。 またフレッツ光を新規で申し込みし、契約期間中に転用で光コラボを利用する場合、通常発生するフレッツ光の解約違約金は発生しません。 しかし、現在利用いただいているプロバイダー以外でコラボ光を行う場合、現在利用いただいているプロバイダーをご契約していただく必要があり、契約内容によってはプロバイダー解約違約金が発生することがあります。 プロバイダーも変更することなく、コラボ光を利用する場合は、プロバイダー解約にならないため違約金は発生しません。 光コラボレーションも一つの手 光コラボレーションのメリットとしては下記があげられます。 フレッツ光よりも月額料金が安い。 プロバイダ料金がかからない。 キャンペーンが充実している。 フレッツ光の回線と品質が変わらない 回線速度、繋がりやすさ その光コラボレーションの代表的な事業者としてソフトバンクが提供するソフトバンク光があります。 ソフトバンク光とフレッツ光の月額料金比較 ソフトバンク光 プロバイダ料金込み フレッツ光 プロバイダ料金別 5,800円 5,200円 フレッツ光に関しては、上記の料金からプロバイダ料金が1,000円前後加算されます。 見ていただいてわかるように、ソフトバンク光は、フレッツ光をプロバイダASAHIネットで利用するよりも月額料金が1,000円も安くなることがわかります。 ソフトバンク光には、販売代理店が存在します。 販売代理店では、キャッシュバックキャンペーンなども行っております。 ここでオススメするソフトバンク光の正規代理店では、最大33,000円ものキャッシュバックがもらえて、とてもお得です。 ドコモやauのスマホをお使いの方は、以下のキャンペーン情報をご確認ください。

次の

フレッツ光 ご利用開始までの流れ:@nifty

フレッツ光 開通

電話窓口 フレッツ光東日本・西日本共通:(受付時間=9時~17時)• インターネット窓口 フレッツ光東日本: フレッツ光西日本: フレッツ光の公式窓口から申し込んだ場合は、以下の公式キャンペーンが受けられます。 フレッツ光東日本 フレッツ光西日本 ・にねん割 ・ギガ推し!キャンペーン ・フレッツ 光ライトもっとライトに!割引 ・単身&かぞく応援割 ・光はじめ割 ・グループ割 ・フレッツ・あっと割引 しかし、フレッツ光の代理店から申し込んだ場合、上記の 公式キャンペーンに加えて、代理店限定のキャンペーンが受けられる場合がありますよ。 2019年6月時点で当社が独自に調べた、フレッツ光の代理店窓口7社のキャンペーンを比較してみましょう。 フレッツ光で高額キャッシュバックが受けられるのは、法人・SOHO・個人事業主の方が法人契約で申し込んだ場合のみです。 フレッツ光の代理店キャンペーンは、適用条件や申請方法、キャッシュバックの振込時期なども会社によって違います。 お得に申込みたいならキャッシュバック金額だけにとらわれず、受け取りやすい窓口を選ぶのがコツですよ。 フレッツ光の代理店でキャッシュバックのもらいやすさでは、以下の2社がオススメです。 個人契約なら• 法人契約なら 上記2社ともキャッシュバックをもらうための申請手続きは、 フレッツ光申込み時にオペレーターへキャッシュバック振込先の口座番号を伝えるだけで、早くて開通の2か月後に現金が振り込まれます。 多くの代理店窓口ではキャッシュバック申請方法として、必要書類を郵送したり、送られてきたメールに記載のURLにアクセスし、アンケートに回答したりしなければいけません。 高額のキャッシュバックを期待して代理店窓口を選んでも、申請手続きが面倒で忘れてしまっては、キャッシュバックが1円ももらえません。 フレッツ光のキャッシュバックについては、もあわせてご覧ください。 個人でもキャッシュバック!株式会社アウンカンパニー では、2019年6月時点でフレッツ光の新規契約に対し、以下のキャンペーンを実施中です。 個人でアウンカンパニーからフレッツ光を申し込む場合は、キャッシュバック5,000円キャンペーンしか適用されませんが、 個人向けにキャッシュバックを用意している代理店窓口自体が少ないので、貴重だと言えます。 もし、 法人契約で申し込むなら、フレッツ光の新規契約とひかり電話の加入でフレッツ光西日本は45,000円、フレッツ光東日本は40,000円が受け取れます。 個人契約でも法人契約でも、キャッシュの申請方法はアウンカンパニーでフレッツ光を申し込む際に、オペレーターへ電話口で口座番号を伝えるだけなので、ほぼ確実に受け取れるといってもいいでしょう。 ただし、 フレッツ光を開通後8か月以内に解約したり、フレッツ光の申込みから6か月以内に開通しなかったりすると、キャッシュバックの適用外になるのでご注意ください。 また、アウンカンパニーでフレッツ光を契約してキャッシュバックを受け取るなら、 選べるプロバイダはYahoo! BBのみです。 法人契約なら株式会社ラプター 法人契約でフレッツ光を申し込むなら、もオススメです。 2019年6月時点で株式会社ラプターが実施中のキャンペーンは、こちらです。 ラプターのキャッシュバック内容は、アウンカンパニーとまったく同じで 、フレッツ光西日本で最大45,000円、フレッツ光東日本で最大40,000円です。 キャッシュバックの申請方法も申込み時にオペレーターへ口座番号を伝え、開通から最短で2か月後には指定した口座へキャッシュバックが振り込まれます。 ラプターがアウンカンパニーと違うのは、プロバイダが選べるという点です。 ラプターでは以下6社のプロバイダを選べて、プロバイダによってキャッシュバック額が変わります。 さらにお得に光回線を申し込むなら光コラボや他社回線もオススメ! フレッツ光では代理店窓口からの申込みで、公式キャンペーンに加えてキャッシュバックなどが受けられますが、 個人で契約する方にとっては特典が充実している回線とはいえません。 フレッツ光といえば、数年前までは毎日のようにCMをしていたり、家電量販店などでは豪華なキャッシュバックキャンペーンをおこなっていました。 しかし、フレッツ光の回線を他の事業者に貸し出して提供する光コラボレーションがはじまってからは、NTTがフレッツ光の新規契約獲得に力を入れず、キャンペーン内容が少なくなっているのが現状です。 キャンペーンの豊富さを重視して光回線を選ぶなら、 個人契約でも高額キャッシュバックなどがもらえる光コラボや、独立回線がオススメですよ。 また、フレッツ光を契約する際には初期工事費がかかりますが、 光コラボや独立回線では工事費無料キャンペーンを実施している会社もあり、初期費用を抑えてインターネットをはじめられます。 2019年6月時点で当社が独自に調べたフレッツ光と他社光回線のキャンペーンを、チェックしてみましょう。 フレッツ光以外の回線事業者ではキャリアによってセット割が適用されるので、 お使いのキャリアに合わせて選べばインターネット料金だけでなく、通信費全体が節約できますよ。 たとえばドコモユーザーならドコモ光、ソフトバンクユーザーならソフトバンク光やNURO光、auユーザーならauひかりなど選択肢も多いです。 光回線各社のセット割については、でもくわしく紹介しています。 また、 公式キャンペーンや代理店限定キャンペーンでキャッシュバックが受け取れる回線もあります。 たとえばソフトバンク光では初期工事費と同額のキャッシュバック還元に加え、他社回線からの乗りかえで発生した解約違約金や、回線の撤去工事費などを最大100,000円までキャッシュバックしてくれます。 NURO光やビッグローブ光でも公式キャンペーンとして、新規契約でキャッシュバックを行っていますよ。 キャッシュバック重視で光回線を選ぶなら、も参考にしてください。 光回線を契約する際には、自分にとって重視したいポイントはなにかを見極めて選びましょう。 フレッツ光を申込みに必要な費用 それでは、フレッツ光の具体的な申込み手順や費用を紐解いていきましょう。 フレッツ光を申込む際には、初期費用が必要です。 フレッツ光の申込みで必要な料金は、主に以下の2つです。 契約事務手数料• フレッツ光の初期工事費 それぞれの料金をくわしく解説していきましょう。 フレッツ光の契約事務手数料 フレッツ光の契約事務手数料は、NTT東日本・西日本共通で800円です。 他社回線では契約事務手数料が3,000円なので、フレッツ光の初期費用は安いといえます。 フレッツ光の初期工事費 フレッツ光を申込むと、おうちにフレッツ光回線を引き込む開通工事を行わなくてはいけません。 フレッツ光の開通工事の工事費用は、契約者が負担します。 フレッツ光の初期工事費用は、NTT東日本・西日本ともに同額です。 フレッツ光の工事費については、をご覧ください。 フレッツ光を申し込む方法 フレッツ光を申込む方法は、以下のとおりです。 フレッツ光を利用する住所• 料金支払い用の口座番号やクレジットカード情報• あればNTTの固定電話の番号• 【法人契約の場合】3か月以内に発行された登記簿謄本 1. 契約先のエリアを確認する フレッツ光は 日本全国ほとんどのエリアで提供可能な光回線です。 ただし、お住まいの都道府県によって、 フレッツ光の契約先がNTT東日本かNTT西日本、どちらかにわかれます。 フレッツ光東日本とフレッツ光西日本では、同じフレッツ光で基本料金や提供しているサービスが違いますよ。 まずはフレッツ光を契約するエリアがフレッツ光東日本なのか、フレッツ光西日本なのかを確認しましょう。 フレッツ光東日本 フレッツ光西日本 運営会社 NTT東日本 NTT西日本 提供エリア 【北海道】北海道 【東北】青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県 【甲信越】山梨県、長野県、新潟県 【関東】東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県 【北陸】福井県、石川県、富山県 【東海】愛知県、岐阜県、三重県、静岡県 【関西】兵庫県、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県 【中国】島根県、鳥取県、岡山県、山口県、広島県 【四国】愛媛県、香川県、高知県、徳島県 【九州・沖縄】福岡県、大分県、宮崎県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県 ご自分が契約するのがフレッツ光東日本かフレッツ光西日本かわかったら、それぞれの公式サイトからくわしい提供エリアを調べましょう。 フレッツ光はほとんどの地域で契約できますが、一部の対応外の場所や集合住宅などの物件があります。 フレッツ光の申込み前には、必ず契約住所を入力して契約可能なエリアなのか調べることをオススメします。 フレッツ光のエリアについては、もご覧ください。 契約するプランを決める お住まいの住所でフレッツ光が契約できるとわかったら、申込むプランを決めましょう。 フレッツ光東日本とフレッツ光西日本は契約できるプランや月額料金が違います。 エリアごとにフレッツ光の契約プランを確認しましょう。 フレッツ光東日本の契約プランと料金 まずはフレッツ光東日本の戸建てタイプのプランをみてみましょう。 ギガプランについては、もご覧ください。 また、 インターネットをあまり使わない方やひかり電話だけを利用したい方は、2つの「フレッツ光ライト」がオススメです。 フレッツ光ライトは2段階定額制のプランで、インターネットを使った量に応じて金額が変わるので、 基本料金以内でデータ通信を抑えれば月額2,800円~と戸建てタイプ最安値で契約できます。 フレッツ光ライトについては、をご覧ください。 フレッツ光東日本のマンションタイプでは、以下のプランが契約できます。 見込み世帯数は同じ集合住宅で何件の契約数が見込めるかを、NTTが検討し決定します。 また、フレッツ光の契約前には物件の大家さんや管理会社に工事が可能かも確認しておきましょう。 フレッツ光西日本の契約プランと料金 フレッツ光西日本の契約プランと料金を確認しておきましょう。 まずは、戸建て住宅にお住まいの方が契約できるプランです。 フレッツ光西日本のフレッツ光ネクスト戸建てタイプはすべて同じ月額料金ですが、最大通信速度はプランごとに違います。 戸建てタイプにお住まいの方は、ぜひスーパーハイスピードタイプ隼を申込みましょう。 フレッツ光西日本の隼については、もご覧ください。 ちなみに、 フレッツ光西日本の「フレッツ光ライト」は、フレッツ光東日本と違い1種類のみです。 つづいて、フレッツ光西日本で集合住宅にお住まいの方が契約できるプランをみてみましょう。 フレッツ光のプランへ適用される割引サービス フレッツ光東日本・西日本では、申込み時に2年間の契約自動更新で申し込むと、月額料金からの割引きサービスが受けられます。 フレッツ光東日本とフレッツ光西日本で受けられる、長期利用割引をみてみましょう。 たとえば、フレッツ光ネクストギガラインタイプを戸建てタイプで契約した場合、5,400円の月額料金から700円が割り引かれ、4,700円で利用できます。 フレッツ光ネクストのマンションギガラインタイプなら、16契約以上見込める物件で3,050円から100円引きの2,950円です。 また、 フレッツ光西日本では、フレッツ光ネクストの2年契約で光はじめ割が適用されます。 光はじめ割は、1・2年目より3年目以降のほうが割引額は大きくなります。 戸建てタイプのフレッツ光ネクストで、光はじめ割が適用後の料金は以下のとおりです。 マンションタイプのフレッツ光ネクストで、光はじめ割を適用した料金はこちらです。 毎月の料金を抑えて利用したい方は、2年契約でフレッツ光を申込みましょう。 ただし、 にねん割も光はじめ割も、2年以内に解約すると違約金が発生します。 フレッツ光の解約違約金については、をご覧ください。 オプションも同時に申し込もう! フレッツ光ではインターネットを使ったさまざまなオプションサービスも、提供しています。 フレッツ光の新規契約時にオプションを申し込んでおけば、開通工事時にオプション工事も行ってもらえますので、立ち会いの手間が一度で済みます。 フレッツ光でとくにオススメしたいオプションは、以下の3つです。 ひかり電話についてくわしくはを参考にしてください。 また、フレッツ・テレビはフレッツ光の新規契約と同時に申し込めば、 開通後に申し込むよりフレッツ・テレビ伝送サービス工事費が安くなります。 フレッツ光のテレビサービスについてはをご覧ください。 フレッツ・v6プラスオプションは、 フレッツ光の速度を安定し、より快適にインターネットを利用する上でぜひ申し込んでおくべきオプションです。 フレッツ光は光コラボとも同じ回線を共有するので、夜間や週末などインターネット利用者が増える時間帯は回線が混み合い、速度が低下しやすかったりつながりにくかったりします。 フレッツ・v6オプションを申し込んでおけば、契約するプロバイダによってv6プラス接続サービスを利用して、回線の混雑状態を回避し、つながりやすい通信方式を自動的に選んでインターネットをつなげます。 フレッツ・v6オプションについてはを参考にしてください。 プロバイダを決める フレッツ光はNTTへの新規契約以外にも、 フレッツ光対応プロバイダへの申込みをしなければ、インターネットができません。 フレッツ光は無数にあるプロバイダを、自由に選べます。 基本的には契約者自身がフレッツ光への申込みとは別に、プロバイダ会社へ申込みをします。 フレッツ光のオススメプロバイダについてはを参考にしてください。 プロバイダパックを選べば料金が割安に! フレッツ光のプロバイダは契約者が別途申込みをしなくてはいけませんが、フレッツ光ではプロバイダとパックになったプランも用意しています。 フレッツ光東日本・西日本のプロバイダパックを選べば、 フレッツ光とプロバイダの申込みを一度に行えます。 月額料金も本来はフレッツ光の料金はNTTに、プロバイダ料金はプロバイダ会社に支払いますが 、プロバイダパックなら支払いをひとまとめにできますので、便利ですよ。 フレッツ光のプロバイダパックでは、プロバイダ料金の割引サービスなども受けられます。 プロバイダパックに対応したプロバイダ会社と、フレッツ光東日本・西日本ごとのプロバイダ料金は以下のとおりです。 プロバイダ名 プロバイダ料金 (フレッツ光東日本) プロバイダ料金 (フレッツ光西日本) 特典 WAKWAK 戸建て=950円 マンション=800円 ・開通月無料 ・23ヵ月間プロバイダ料金500円 ・長期利用割引 So-net 戸建て=1,000円 マンション=900円 ・開通月無料 ・11ヵ月間300円割引 ・長期利用割引 ・セキュリティソフト12か月間無料 ・サポートサービス12か月間無料 ぷらら 戸建て=1,000円 マンション=800円 ・1ヵ月間無料 ・35ヵ月プロバイダ料金500円 ・セキュリティサービス無料 OCN 戸建て=1,100円 マンション=900円 戸建て=1,100円 マンション=810円 ・開通月無料 ・長期利用割引 ・格安スマホとのセット割 hi-ho 戸建て=1,200円 マンション=890円 ・開通月無料 ・3か月間無料 DTI 戸建て=951円 マンション=680円 ・開通月無料 ・23か月間プロバイダ料金 戸建て=475円 マンション=340円 ・リモートサポート無料 BIGLOBE 戸建て=1,200円 マンション=900円 戸建て=1,000円 マンション=800円 ・開通月無料 ・開通月翌月以降 36ヵ月間プロバイダ料金500円 (戸建てタイプは37か月~ プロバイダ料金1,000円) ・セキュリティソフト3か月間無料 ・リモートサポート2か月間無料 BB. excite 戸建て・マンション=500円 - Asahi. v6プラス対応のプロバイダを選ぼう! フレッツ光のプロバイダ選びは、プロバイダ料金のほかにv6プラス接続サービスが利用できるかもチェックして決めましょう。 フレッツ光の速度を安定させる v6オプションを利用するには、フレッツ光でのオプション申込みのほかに、v6プラス対応プロバイダとの契約やv6プラス対応ルーターの設置が不可欠です。 フレッツ・v6オプションを申し込んでいても、プロバイダがv6プラスに対応していなければ意味がありませんよ。 v6プラスに対応した主要プロバイダと、オプション料金やルーターレンタル料をまとめましたので参考にしてください。 プロバイダ名 オプション料金 ルーターレンタル料 So-net 0円 400円 (12か月間無料) ぷらら 0円 0円 OCN 500円 (v6プラス対応ルーターレンタル代込み) DTI 0円 500円、 (12か月間無料) BIGLOBE 0円 500円、 (12か月間無料) @nifty 0円 レンタルなし Yahoo! BB 0円 467円 GMOとくとくBB プロバイダ料金込み991円 (v6プラス対応ルーターレンタル代込み) フレッツ光の速度にこだわるなら、GMOとくとくBBがオススメですよ。 GMOとくとくBBではプロバイダ料金にv6プラスオプションの利用料や、v6プラス対応のルーターレンタル料が含まれており、混雑を回避して通信できます。 フレッツ光の速度についてはもご覧ください。 フレッツ光を申し込む お住まいの住所がフレッツ光の提供エリア内で、契約したいプランやプロバイダが決まったら、フレッツ光を申込みましょう。 フレッツ光の申込窓口は、NTT東日本ならびにNTT西日本以外を含め、いくつかあります。 申込窓口によって受けられるキャンペーン内容が変わる場合もあるので、お得に契約できる申込先を検討しましょう。 申込窓口 具体的な申込先 主なキャンペーン 公式窓口• 電話での申込み フレッツ光東日本・西日本共通:(受付時間=9時~17時)• インターネットでの申込み フレッツ光東日本: フレッツ光西日本: 月額料金割引 代理店サイト• 個人契約なら• 法人契約なら 公式キャンペーン +キャッシュバック、パソコンやタブレット・ゲーム機プレゼントなど 店頭窓口 家電量販店など 公式キャンペーン +店舗限定ポイントの進呈、商品代金からの割引き 公式窓口では公式キャンペーンだけ受けられますが、代理店窓口から申し込めば、公式キャンペーンとあわせて代理店窓口限定のキャンペーンも受けられます。 フレッツ光の申込み時はキャンペーン内容を比較して、契約先を決めてください。 フレッツ光の開通工事 フレッツ光を申込むと、開通工事日の打ち合わせの連絡が工事業者から入ります。 フレッツ光の新規契約には、基本的に業者が自宅へ訪問して行う派遣工事が必要ですので、立ち会いができる日でセッティングしましょう。 フレッツ光の開通工事に必要な時間は、1~2時間程度です。 ただし、 フレッツ光導入済みの集合住宅などは、無派遣での開通工事が可能な場合がありますので、申込み時に確認しましょう。 また、光回線の工事は壁に穴をあけることもあるので、集合住宅や賃貸物件の場合、フレッツ光の申込み前に管理会社や大家へ工事を行ってもいいか確認しておかなくてはいけません。 フレッツ光の工事内容については、もご覧ください。 フレッツ光の接続・設定 フレッツ光の開通工事が完了したら、 契約者自身がONUやホームゲートウェイを無線LANルーターやパソコンに接続し、設定をしなくてはいけません。 フレッツ光の基本工事に含まれているのは、おうちの壁に光コンセントを取り付け、NTTの機器を設置するまでです。 フレッツ光でインターネットがはじめられるように設定するのは契約者で、接続・設定の手順は事前にNTTから送られてくる「開通のお知らせ」などにわかりやすく記載されていますよ。 フレッツ光の接続・設定の主な手順をご紹介しますので、参考にしてください。 NTTの機器にLANケーブルでパソコンか無線LANルーターを接続する• パソコンやスマホからフレッツ光の設定画面へアクセス• プロバイダのIDやパスワードを入力• フレッツ光の設定完了 くわしい接続・設定の方法は、で確認してくださいね。 また、 接続・設定に自信がない、自分でするのは面倒という方は、フレッツ光のセットアップサービス(3,000円~)を新規契約と同時に申し込んでおきましょう。 セットアップサービスを利用すれば、初期工事の際にそのまま、フレッツ光の接続設定も業者が行ってくれます。 工事後はすぐにフレッツ光でインターネットができるよう整えてくれるので、メリットを感じる方は活用しましょう。 契約するプロバイダによっては、 初回のみ無料で訪問サポートを実施している会社もありますよ。 フレッツ光の申込みに関する問い合わせ先 フレッツ光の申込みに関する問い合わせは、フレッツ光東日本・西日本共通で以下の電話番号に連絡しましょう。 フレッツ光東日本・西日本共通: フレッツ光の導入や現在の光回線からの乗りかえなどで不安や疑問がある方は、申込みの前に問い合わせて解消しておきましょう。 フレッツ光の申込みをキャンセルする方法 フレッツ光を申込み後に契約をキャンセルしたくなった場合は、すぐにフレッツ光へ連絡をしましょう。 インターネット契約には 「初期契約解除制度」があり、申込みをした日、もしくは契約書類が届いた日の遅い方から8日以内であれば、フレッツ光の解約金なしで解約ができます。 ただし、8日間を過ぎてしまうと通常通りの解約となり、解約金などが発生してしまうので、キャンセルを決めたらすぐに問い合わせましょう。 また、初期契約解除制度の期限内でもフレッツ光の開通工事が完了していたときは、工事費用の支払い義務があることも覚えておいてください。 まとめ フレッツ光では代理店窓口からの申込みで、個人契約・法人契約ともにキャッシュバックが受け取れます。 フレッツ光の個人契約・法人契約でそれぞれのオススメ代理店窓口は、以下の2社です。

次の

インターネット開通前のお客さま向け開通工事・設定ガイド|NTT西日本

フレッツ光 開通

対応している地域は全国ほとんどのエリアで、人口カバー率も99%と言われています。 さらに今ではかなり多くのキャリアからサービスの提供がされています。 電力会社系、特に地方の電力系回線はエリアと料金で多くのユーザーが注目している 光回線となっています。 ただし全国的に見るとNTTのフレッツ光がかなり広くのエリアをカバーしていて 使いやすいインターネット回線となっています。 地方電力の場合は対応しているエリアがその電力会社の営業エリアだけしかなく さらに山間部などにエリア拡大しているのはやはりNTT回線です。 最近では割引キャンペーンもかなり大きく展開しているので加入もしやすくなりました。 一時期はかなり高額でコストがかかり過ぎるネット回線でしたが、それも解消しつつあり ユーザーもさらに増えています。 その一方で回線開通までの時間はかなり掛かることでも有名です。 申し込みをしてから実際にインターネットができるようになるまで、場合によっては 数ヶ月かかったという方もいます。 このフレッツ光の回線工事を最短でする方法はないのでしょうか? 契約してから数ヶ月も時間がかかってはとても待てるものではありません。 フレッツ光の工事期間を短縮する方法を調べてみました。 なるべく早く固定回線が利用できるようになる方法をチェックしてみます。 まずは申し込みですが、申込用紙と一緒に必要書類の提出が必要です。 本人確認書類や口座振替ができるプロバイダの場合はその書類などが必要です。 これに不備があると受付ができないので、提出書類のチェックはきちんとしましょう。 処理が確認されるとNTTから工事の予定が連絡されます。 工事が可能な日時を選んで申し込み、その日が開通予定日になります。 工事予約をした日に実際に工事を行い、回線の開通確認ができればフレッツ光の利用が 出来るようになります。 ここまでの工程は最短8日間でできるそうです。 つまり直接NTTに申し込みをすると工事予定日の確認が早く、開通までの時間も 短縮させることが出来ます。 ただしこの場合にはプロバイダや代理店で行っているキャンペーンの利用が出来ません。 キャッシュバックなどを行っている代理店やプレゼント特典が利用できるプロバイダも 多くあります。 これらのキャンペーンが利用できませんが、NTTと直接交渉するために開通までの時間は 短縮させることが出来ます。 プロバイダや代理店を通すことでNTTへの連絡が直接ではなくなります。 その為に工事までの期間が余計に時間がかかることもあります。 NTTが行っているキャンペーンの利用はできますので、キャッシュバックなどの特典を 利用することと時間を短縮することを比べて考えることをおすすめします。 ほとんどの方は開通までに1ヶ月程度の時間が必要になります。 その原因は工事予定日の予約が取れないことです。 基本的に立ち会いが必要な工事なので、多くの申し込みが土日に集中します。 当然土日に工事を希望すればその分工事予定が先に延ばされて最短で開通させるのは 難しくなってしまいます。 さらに戸建の場合は近くまでフレッツ光の回線が来ているか、という問題もあります。 専用回線を自宅まで引き入れるために回線が近くにない場合は、そのエリアまで 回線を引いてくる工事も必要になります。 さらに電柱を利用して引き込みをする為に電柱の利用許可を取る場合もあります。 この許可を取るために時間がかかる可能性もあります。 最近では対応エリアが広くなり、多くのユーザーが利用しているので自宅のすぐ近くに 回線がある状況は多いと思います。 その状況で平日に回線工事が出来るなら工事予約も取りやすくなり、フレッツ光の開通が 最短でできるようになる可能性も高くなります。 またこれらの連絡はやはりNTTと直接するほうが時間的には素早くなります。 プロバイダや代理店を通すと、担当者にもよりますがとても時間がかかる場合も多く それがトラブルになることもあります。 マンションタイプの場合もフレッツ光の引き込みは必要になる可能性もあります。 当然工事の予約をとる必要はあります。 最も時間がかかるのはこの工事の予約をとることです。 開通までの時間を短縮するためにはなるべく早く工事ができる用に予約の調整を することが必要となります。 オプションなしでキャッシュバックが最大のところから 申し込むべきです。 例えば下記の代理店ですが オプションありで6万円キャシュバックよりもよほど良心的です。 オプション外しは電話したり確認の手続きがあったりと かなり手間がかかるので注意が必要です。

次の