あいちトリエンナーレ 慰安婦。 あいちトリエンナーレ

あいちトリエンナーレ 表現の不自由展で慰安婦像など不適切な展示

あいちトリエンナーレ 慰安婦

「表現の不自由展・その後」公式サイトより 津田大介氏が芸術監督を務める「あいちトリエンナーレ2019」が、慰安婦像を展示したなどとして、理不尽なバッシングと圧力を受け、作品の撤去に追い込まれそうになっている。 圧力を受けているのは、同トリエンナーレの企画の一つである「表現の不自由展・その後」。 過去に美術館や展覧会等から撤去されたり、内容の変更を求められた作品を集めた企画で、2015年に東京都のギャラリーで催され盛況を博した「表現の不自由展 消されたものたち」を発展させたものだ。 そのなかで展示されている戦中日本軍による慰安婦問題を象徴する少女像(彫刻家のキム・ソギョン氏とキム・ウンソン氏による「平和の少女像」)や、昭和天皇に見える肖像を燃やしたような作品(嶋田美子氏による「焼かれるべき絵」)などに、ネトウヨたちが炎上攻撃を展開。 案の定、高須クリニックの高須克弥院長が〈この穢らわしい展示物を片付けなかったら名古屋市民やめます。 なう〉とか、ネトウヨタレントのフィフィが〈下品なプロパガンダ〉〈私費であっても非難されるであろう展示に税金が投入されているとは〉などとくってかかり、右派政治評論家の加藤清隆氏が〈こんなものは芸術に名を借りた反日活動に過ぎない。 芸術監督の津田大介と主催の愛知県知事は万死に値する〉などと恫喝している。 まあ、こういう連中の狂乱ぶりは予想の範疇だが、もっととんでもないのが、安倍政権周りの極右政治家たちが露骨に圧力を仕掛けていることだ。 たとえば自民党の和田政宗参院議員は、〈あいちトリエンナーレは文化庁助成事業。 しっかりと情報確認を行い、適切な対応を取る〉などとして、文科省・文化庁に問い合わせを行ったと報告。 〈文化庁の助成については申請をもとに採択されているが、補助金の交付決定はまだしていない。 今回の件は文化庁としてどうするか判断する〉と補助金停止を示唆する投稿をしている。 和田議員は1日、YouTubeでの配信で「表現の不自由展・その後」の展示作品についてこう述べた。 「これが表現の自由だと言う人がいれば、じゃあ、エリザベス女王のお写真がそういうことになる展示があったときに、イギリス国民はどう思うのか。 またそういう展示があったときに、日本国民としてもこういう展示はマズいだろうということを思うわけであって。 皇室・王室に対する敬意というものは、どの国であっても普遍のものであると思っておりますので、特に日本国においてはこのような展示があってはならない。 そこに公的な資金が入ったということ、また公的な博物館を借りての展示ということであるならば、私はこれは許容できないと思っておりますので」 また、日本維新の会代表の松井一郎大阪市長も、一般ユーザーから〈慰安婦像や昭和天皇のお写真を半分焼いたオブジェが並ぶというトンデモイベント〉とのツイートを受けて〈にわかに信じがたい!河村市長に確かめてみよう〉と投稿。 河村たかし名古屋市長といえば、慰安婦問題を否定する言動を繰り返すほか「いわゆる南京事件はなかったのではないか」と発言するなど、バリバリの歴史修正主義者だ。 松井代表から連絡を受けた河村市長は2日、「表現の不自由展・その後」を視察した後、「平和の少女像」の展示を即刻中止するよう大村秀章・愛知県知事に申し入れると記者団に語った。 さらに、菅義偉官房長官も2日の会見で、「補助金交付の決定にあたっては、事実関係を確認、精査して適切に対応したい」と述べて展示物を確認して補助金交付の是非を検討するとし、柴山昌彦文科相も同日、「事業の目的と照らし合わせて確認すべき点が見受けられる」などと牽制した。

次の

「あいちトリエンナーレ」“慰安婦像展示”への攻撃・圧力は、表現の自由の侵害であり、作品の本質を歪曲するフェイクだ|LITERA/リテラ

あいちトリエンナーレ 慰安婦

日本国民の税金を使って慰安婦像を設置 8月1日に始まった、文化庁主催のあいちトリエンナーレ2019という芸術イベントに、昭和天皇の御真影を焼く映像や、少女像と称する慰安婦像など、反日の代名詞といえるような作品が様々展示されているという事で、大騒動に発展しています。 あいちトリエンナーレで、何故慰安婦像が展示されているのですが?韓国ではかの国のKBSが取り上げています。 これが、愛知県の芸術ですか? 頭おかしいのでは? — Ikuko SAKAMOTO IkukoSAKAMOTO の悪行のせいで、午後からの予定が全部パァになってしまったではないかぁー 謝罪と賠償を要求する!! — 常成の娘 tunenari316 左翼らしいよな。 表現の不自由さを発表したい!と言って、客には言論の自由とsnsでの 表現の自由を奪うんだもの。 まるで、事前に慰安婦像の出展からKBSでの報道までが仕組まれていたかのような動きですね。 高須クリニックの高須克弥院長や自民党の和田政宗議員などのツイートにより情報は、SNSで拡散されて行きます。 僕の声が届いたのかな? この穢らわしい展示物を片付けなかったら名古屋市民やめます。 — 高須克弥 katsuyatakasu あいちトリエンナーレ。 慰安婦像の展示が行われ、昭和天皇の御真影を焼く映像展示があるとの情報が寄せられた。 御真影を焼く映像展示は明日確認を取る。 事実だとしたらとんでもないこと。 あいちトリエンナーレは文化庁助成事業。 しっかりと情報確認を行い、適切な対応を取る — 和田 政宗 wadamasamune あいちトリエンナーレ2019の芸術監督とは ちなみに、このあいちトリエンナーレ2019というイベントの芸術監督を任せられているのが津田大介という人物との事。 画像出典: 津田大介氏は、1973年11月15日生まれの現在45歳。 東京都の出身で早稲田大学社会学部を卒業し、現在は早稲田大学文学部の学術教授を任期付きで勤められているようですね。 肩書としてはジャーナリストで、反日左翼活動家などとも一部では呼ばれているような人物ですね。 津田大介に芸術監督にする資格はあるのか? 芸大を卒業されたわけでもない自称ジャーナリストの津田大介氏が、なぜ芸術監督に選任されたのでしょか。 ご本人は、 こんな私ですがSNSでごく、ごく小さな拡散力しかない事を経験しておりまして何の役にも立ちませんが、津田大介氏のこうした圧力が大嫌いな人、もちろん私含め、みんな敵に回す発言になりますけど、大丈夫ですか? — がりこ kwixg4ei2s と自慢されておられるようです。 ちなみに津田大介氏が第17回文化庁メディア芸術祭のエンターテイメント部門で新人賞を受賞した作品は、こちらだそうです。 画像出典: インターネット国民投票サイト『ゼゼヒヒ』っていうサービスらしいですが、申し訳ないですけど、勉強不足で全く聞いたことが無いですね。 津田大介氏は、この文化庁メディア芸術祭の新人賞を受賞したので、自分には芸術を語る資格があると思っておられるようですね。 ちなみにこの年のエンターメント部門の審査員は、 会長:近藤 誠一 (元文化庁長官) 画像出典: 主査:岩谷 徹(ゲームクリエイター/東京工芸大学教授) 画像出典: 飯田 和敏(ゲーム作家/デジタルハリウッド大学教授) 画像出典: 宇川 直宏(現在美術家/京都造形芸術大学教授/DOMMUNE主宰) 画像出典: 久保田 晃弘(アーティスト/多摩美術大学教授) 画像出典: 中村 勇吾(インターフェースデザイナー/tha ltd. 代表取締役) 画像出典: との事です。 あいちトリエンナーレ2019の主催者とは あいちトリエンナーレの主催は、あいちトリエンナーレ実行委員会が行っているとの事です。 そして、あいちトリエンナーレ実行委員会の会長は、現在の愛知県の大村秀章知事が務めておられます。 画像出典: 芸術監督の津田大介氏とも嬉しそうに、写真撮影されていますね。 津田大介芸術監督と。 名古屋東急ホテルにて。 aichi. m4WA770PEjZc2ed 津田大介を芸術監督に選任した7人と選任した理由 津田大介氏を芸術監督に推薦したのは、あいちトリエンナーレ学術監督選考委員会の以下の7人との事です。 との事です。 あいちトリエンナーレ2019は韓国人向けのイベント? 反日国である韓国が大喜びしそうな、慰安婦像を敢えて展示したり、意味もなく昭和天皇の御真影を焼くような映像を流したり、このイベントって、日本国民向けではなく、韓国国民向けのイベントなんでしょうか? 韓国の公共放送であるKBSも大喜びで放送し、英語に直して、早速世界に向けて拡散するという政治利用にいとまがないようですし。 反日プロパガンダイベントに日本国民の税金をいくらつぎ込んだのか? ウィキペディアによると、トリエンナーレは2009年3月6日、愛知県議会により総事業費を13億8000万円とし、愛知県が8億5000万円、名古屋市が2億8000万円、残りを事業収入で賄うという議案を可決しているといいます。 この議案が現在も有効であるのであれば、トリエンナーレ2019にも、愛知県から8億5000万円、名古屋市から2億8000万円の税金が、投入されている可能性が高いというわけですね。 また、文化庁の補助事業として採択されているとの事ですので、更に税金が使われている可能性が高いわけで、愛知県及び名古屋市、文化庁などは、一体いくらの税金をこのトリエンナーレ2019に投入したのか、国民に対して早急に発表するべきですね。 あいちトリエンナーレ2019を許可した人物とは あいちトリエンナーレ2019を許可しているのは、あいちトリエンナーレ実行委員会の会長である愛知県の大村秀章知事です。 内覧会にも関わらず、多くの来場者で賑わっていました。 会期は10月14日(月)まで。 多くの皆様に、愛知発の先端的な国際芸術祭を楽しんで頂きたいと思います。 愛知県民は、大村秀章知事の見解が発表される事を、心待ちにしている事でしょうね。 あいちトリエンナーレ2019助成団体・協賛企業 あいちトリエンナーレ2019の所税団体は、 あいちトリエンナーレ2019の協賛企業は、 引用: あいちトリエンナーレ2019を助成・協賛いう事は、天皇陛下の御真影を焼く事や、でっち上げの慰安婦像の設置を支持しまた支援している団体であるという事ですね。 あいちトリエンナーレ2019広報担当者の嘘が判明 あいちトリエンナーレ2019に、昭和天皇の御真影を焼く映像や、慰安婦像が展示してある事に関して、あいちトリエンナーレの広報担当者は、 「昭和天皇の写真」と疑われている作品については「ご覧になった方がそのように感じられたのかもしれません」としたうえで、昭和天皇をモチーフやテーマにした作品ではなく、制作過程においても昭和天皇の写真を燃やすなどした事実はないと説明した。 また「慰安婦像」ではないかと指摘されている作品についても、テーマが違うとし、名称も「平和の少女」である。 とし、展示を継続すると発表していました。 ところが、文化庁側の配布資料に「平和の少女像」という名称の作品が、慰安婦像とばっちり記載されている事が発覚。 拾い画ですが。 主催者側の配布資料にガッツリ「慰安婦」と書いてますね。 — のりしお norisalt69 嘘をついてまで、日本国民の税金を使って、反日活動を後押ししたいという事なんでしょうね。 まず、韓国が主張している従軍慰安婦なるものは、朝日新聞の植村隆という工作員や、吉田清治といった売国奴による捏造であったという事が明らかになり、朝日新聞も嘘だった事を認めています。 画像出典: 元々は、2002年に、在韓米軍基地に忍び込んで遊んでいた二人の女子中学生であるシン・ヒョスンさんとシム・ミソンさんが、米軍の装甲車に轢かれて死亡するという痛ましい事故が起こりました。 画像出典: この時、韓国では大規模な反米デモが起こり、 画像出典: その時のモニュメント像として作られたのが、この少女像だという事のようなんですね。 いずれにせよ、日本政府が韓国に謝罪し続けて来た従軍慰安婦は、朝日新聞や吉田清治といった反日売国奴による捏造だったという事ですね。 つまり、『平和の少女像』なるものは、日本と韓国の争いばかりを生んでいる、芸術でもなんでもない、嘘から生まれた『反日の少女像』であり、反日ビジネスで日本にたかり、金を稼ぐ事だけが目的の、単なるガラクタでしかないというわけですね。 あいちトリエンナーレ慰安婦像出展に関する政府見解 菅官房長官は、定例記者会見での産経新聞記者の質問に対し、 愛知県で開催されておりますあいちトリエンナーレの企画一つとして、慰安婦を象徴とする少女像などが出品されている事は承知しております。 あいちトリエンナーレは、国が主催、後援しているものではありませんが、文化庁の補助事業として採択されていると報告を受けております。 審査時点では、具体の展示内容についての記載は無かった事から、補助金交付の決定にあたっては、事実関係を確認、精査したうえで、適切に対応して行きたいと、こういう風に思います。 との事です。 名古屋 河村たかし市長「少女像」の展示中止を要請 名古屋 河村たかし市長「少女像」の展示中止を要請 8月2日、愛知県名古屋市の河村たかし市長は、 画像出典: 8月2日あいちトリエンナーレ2019に従軍慰安婦を象徴する『平和の少女像』なるものが展示がされている事を受け、即刻展示中止にするよう大村秀章愛知県知事に申し出ると発表したとの事です。 たった今、名古屋の河村たかし市長と電話が繋がり、例の慰安婦像の件の経緯を伺いました。 市役所に別の用件で来られた市民の方々から痛切な訴えがあったと。 河村市長「自由は無制限ではない。 相互承認あっての自由。 慰安婦像の展示者へ謝罪要求 名古屋市長「やめれば済む問題でない」 「あいちトリエンナーレ2019」での「平和の少女像」などの展示中止を受け、河村たかし市長は展示を決めた関係者に謝罪を要求。 画像出典: また、それに対して、外務省や市民団体などが、抗議活動を行っている実情は、おそらくご存知の事でしょう。 津田大介氏は、自称とはいえ、ジャーナリストを肩書にされておられるような左翼活動家の方なわけですからね。 それを分かったうえで、日本国民の税金を使って、慰安婦像なるものを初めて日本に持ち込もうとしたわけです。 つまり、日本国民の嫌悪感を煽った炎上商法を狙ったわけですね。 SNSなどで賛否を呼び、拡散されるだろうと。 事実、私自身も、あいちトリエンナーレなるイベントがある事は、今回の騒動で初めて知りましたからね。 炎上商法で注目を集めて、来場人数60万人越えを狙ったのでしょう。 反日左翼は60万人くらいいるので、軽く突破するだろう。 — 二宮 BlVhmE47Rmo7IAS そして、反日オブジェである慰安婦像を『平和の少女像』という『作品名』と『芸術』というオブラートで包み、表現の自由で逃げようと考えたわけです。 県や日本政府などから撤去要請が来たら、今度は「検閲だ!」「表現の自由が侵害された!」と批判し、そこから安倍政権の批判にでも繋げられると考えたのかもしれません。 平和ボケの日本なら、『芸術』と謳えば、何をやっても許されるだろうと踏んだわけですね。 ですが、今や日本国民の韓国に対する嫌悪感は、極限にまで高まって来ています。 日本国民や天皇陛下を侮辱し続ける韓国に、まともな日本国民は、ほとほとウンザリしているわけです。 「日本国民の税金を使って反日イベントをやるなんてどこまで日本国民をこけにしたら気が済むんだ!」 「ふざけるな!」 「大村秀章知事 絶対に落としてやるからな!」 となる流れは、目に見えていたと思うのですが… 反日左翼活動家がよく使うダブルスタンダード 反日活動を行う左翼活動家などがよく使う手法として、ダブルスタンダードというものがあります。 天皇陛下を燃やすことはヘイトスピーチと同様に一線を越えた差別表現だと日本国民の大多数は思うだろう。 しかし、津田大介にしてみればヘイトスピーチはダメだが、天皇陛下を燃やすのはOK。 こんなやつに表現や言論の自由を語ってほしくない。 — sea sea78618824 表現の自由は、日本国民全員ではなく、津田大介さんの都合のいい人だけに、認められるものだと思い込みたいのでしょうね。 検閲もなにも、日本国民には、自分達の税金の使われ方に反対する自由すら、与えられていないのでしょうか? 日本国民は、自分達の税金が反日工作に利用されている現実を、喜んで受け入れなければならないのでしょうか? そんなに慰安婦像がお好きなのであれば、ご自分のお金を使って、ご自分のご自宅内の玄関にでも飾っておいてはいかがでしょうか。 その方法であれば、大好きな表現の自由も、行使できると思いますよ。

次の

論争呼ぶあいちトリエンナーレ 焦点の「表現の不自由展・その後」には何が展示されているのか: J

あいちトリエンナーレ 慰安婦

名古屋市の愛知県美術館に展示されている「平和の少女像」。 来場者が像の前に足を止めてたたずむ姿が見られた。 8月1日。 (撮影/臺宏士) 愛知県で開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、「慰安婦」を表現した「平和の少女像」が展示されたことに対し、河村たかし名古屋市長は1日、「行政がお金を出したイベントに展示するのは、おかしい」と取材に答えた。 2日、河村市長は少女像が展示されている愛知県美術館(名古屋市)を視察し、対応を検討する考えだ。 「平和の少女像」は、韓国人の彫刻家夫妻が制作した作品で、正式な名称は「平和の碑」。 主催者側の説明によると、「慰安婦」被害者の人権と名誉を回復するためソウルの日本大使館前で20年続いた水曜デモ1000回を記念して制作された。 戦時性暴力を記憶する象徴として、韓国国内や米国に設置が広がっている。 少女像は2012年、東京都美術館でミニチュアが展示されたが、撤去された経緯がある。 今回のあいちトリエンナーレの企画のひとつ「表現の不自由展・その後」では、このミニチュアと合わせて2作品が展示されている。 表現の不自由展は、過去の展覧会で撤去されるなどした作品を集めた企画だ。 河村市長は「少女像が展示されることは昨日(7月31日)、初めて知った。 『慰安婦(制度)』は悲しい歴史ではある。 しかし、私も米紙に名前を連ねて出した意見広告にあったように日本軍が主導して作った制度である証拠はない。 行政がお金を出したイベントで展示することは、見解が別れる問題に対して市長が一方の立場を容認したと受け取られかねない。 ただ、実際に見ないと何も言えないので、2日に視察したあと対応を考えたい」と明かした。 あいちトリエンナーレは、愛知県や名古屋市などでつくる実行委員会が主催し、ジャーナリストの津田大介氏が芸術監督を務めている。 (臺宏士・ライター、井澤宏明・ジャーナリスト) 【タグ】||||.

次の