イノセンス ドラマ 感想。 イノセンス~冤罪弁護士~ ドラマの感想(坂口健太郎)

イノセンスドラマ1話の感想は?視聴率は判明してる?

イノセンス ドラマ 感想

最終話あらすじ 黒川拓(坂口健太郎)を庇い男に刺されてしまった和倉楓(川口春奈)。 犯人は神津一成(武田真治)という男で、犯行に使ったナイフを所持して警察の出頭します。 また、有馬聡子(市川実日子)の調べで、前回の被害者・花巻京香と逮捕された富士田、そして11年前に亡くなった秋保彩花と、服役中に自殺した浅間大輔のSNSにコメントしていたKooZという人物に繋がりがあると分かりました。 KooZは神津のアカウントであることを突き止めると、黒川拓は彼が11年前の事件に関係しているかもしれないと接見にいきます。 黒川拓は、神津に「僕を狙ったんですよね」と尋ねると、意外にも神津は3人は自分が殺したをあっさり自供。 花巻京香と山代奈々、そして11年前の秋保彩花。 自供を聞いた黒川拓は、面会アクリル板を叩きつけ怒りをぶつけます。 そこに警察官が慌てて入ってくると、「彼が殺した、今自供した」と警察官に言いますが、神津は「そんなこと言ってないし、証拠もない」と、自供をひっくり返したのです。 どうにかして奴に罪を吐かせたい……。 花巻京香の殺害現場に、タバコの吸い殻が落ちていたものの富士田が喫煙者でないことから、見過ごされていたのです。 黒川は、秋保にたばこの吸い殻に含まれているDNA鑑定を依頼。 ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』最終回の解説 現状証拠に惑わされた冤罪による事件 結局、神津が花巻彩花と八代奈々、そして秋保彩花の3人を殺害した犯人でした。 今回、黒川拓を刺そうとしたのは、彼が冤罪弁護士ということがテレビで放送されたのがきっかけです。 神津は12年前、痴漢の冤罪で50日以上も拘留されており、当時4度目の受験でやっと合格した東央大学の入学を取り消された過去がありました。 自分はやっていないと何度訴えても、警察には信じてもらえず 現状証拠だけで起訴されていたのです。 黒川拓は、神津の過去を調べ12年前に被害にあったという高校生から「示談金欲しさに痴漢だとやられてもいないことを言ってしまった」と、神津が 12年前は無実であったことを話します。 しかし、その冤罪がきっかけで入りたかった大学に入れず、神津の人生は狂ってしまったのです。 そして、犯人役と被害者になるターゲットを見つけ出すと、2人のことを調べ上げていました。 すぐに自分は捕まると思っていたものの、警察は現状証拠だけで犯人を特定して逮捕。 自分の時と同じように、警察は現状証拠だけで犯人を捕まえるとアピール。 たばこの吸い殻がその例であり、犯人につながる証拠をみすみす逃していた警察や検察は無能だと笑ったのです。 警察がもっと事件を追及していれば、秋保彩花も浅間大輔も、花巻京香も死ぬことはなかったかもしれません。 また八代奈々に関しては、花巻京香の殺人現場を見られて脅迫されたから殺したということでした。 たったひとつの冤罪が、たくさんの人の人生を変えてしまうという、考えさせられる展開で幕を下ろします。 盛り上がりのヤマはない? 今回は最終回ということで、盛り上がりを期待していましたが、富士田の冤罪を晴らすというより、11年前の事件の真相を暴くことで、おのずと富士田の冤罪が証明されたという事になります。 またこれにより、警察のずさんな捜査、検察側の調査の甘さも浮き彫りになりました。 大きな盛り上がりはありませんでしたが、11年前の真犯人が分かっただけでもスッキリです。 ただ、これまでその気配さえ見せていなかった犯人と、当時の事件を捜査していた元刑事が、いきなり現れたことに視聴者から驚きの声が上がっているのも事実です。 やはり批判が。 イノセンス、安直すぎるしミステリー仕立てのわりには犯人いきなり最終話に出して来たりで。 未提出の証拠品がゴロゴロ警察の証拠品倉庫に残ってて味方になってくれる退職した刑事が居たとはいえすぐに弁護側が取り出せるのもおかしいし。 役者さんは精一杯がんばってたけど脚本が…。 黒川拓が、11年前の事件の犯人を捜す目的があるのだとしたら、当時捜査していた刑事とかに話を聞くという方法もあったでしょうに……。 実は、認められていなかった証拠品があったとか、10話までのなかで少しずつ解明されていうほうが、視聴者も納得しやすかったのかもしれませんね。 ただ、そういった展開も含めて真相が明らかになったことは良かったのではないかと思います。 ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』最終話の感想 微妙な空気が流れるシーンもありましたが、いきなり武田真治&いきなり佐藤B作の登場は本当に驚きでした。 しかも、神津が黒川拓に11年前の事件を自白したものの、いざとなるとやってないと覆したので、これは認めさせるために、あれこれと手を尽くすのか?と思いきや法廷に引っ張り出すと、あっさり自白。 こんな展開あるんだ?と思うほど、簡単な結末でした。 それでも、知りたかった真相が明らかになったのはそれはそれでスッキリしましたが。 殺人を犯した原因が冤罪だったとは、最後まで冤罪にこだわったテーマを貫いたことには納得でした。 また、現代では「痴漢で疑われたらほぼ無罪にはならない」と言われているだけあって考えさせられる内容でしたね。 ただ、化学の実験で証明したり、黒川拓がポイントに気づいたりという、本作の見どころシーンがほとんどなかったのは残念でしたが、いい最終回を迎えたのではないかと思います。

次の

『イノセンス』10話(最終回)のネタバレ感想!武田真治の怪演が上手すぎと話題に!

イノセンス ドラマ 感想

ドラマ『イノセンス冤罪弁護士』視聴率は? まずはこのドラマ『イノセンス冤罪弁護士』の視聴率をまとめてみたいと思います。 1話 8. 3% 2話 8. 7% 3話 9. 4% 4話 8. 3% 5話 9. 0% 6話 9. 4% 7話 9. 5% 8話 9. 5% 9話 8. 9% 今までコメディっぽいドラマが多かったのこの枠なので、どうなるかな?と思っていましたが、やっぱりちょっと下がってしまいましたね。 ジャニーズ出身の俳優さんもいないので、ちょっと数字が下がってしまうのは仕方の甲斐事かも知れませんね。 過去の同じ枠のドラマの数字を見てみると・・・。 ・『ドロ刑』初回視聴率 11. 8% 平均視聴率8. 83% ・『サバイバルウエディング』初回視聴率10. 4% 平均視聴率8. 87% ・『Missデビル』初回9. 6% 平均8. 24% ・『もみ消して冬』初回13. 3% 平均9. 82% ・『先に生まれただけの僕』初回10. 1% 平均8. 77% ・『ウチの夫は仕事ができない』初回11. 3% 平均8. 7% ・『ボク、運命の人です』初回12. 0% 平均9. 5% 結構ばらつきはありますが、平均して10%以上の視聴率があるので、そこそこ視聴率は取れるドラマ枠だということがわかります。 ただ、この枠のドラマはいつも「ジャニーズ」関連の俳優さんが出演されていて、その影響もあっての高視聴率という側面もあるので、今回のキャスティングだと、視聴率的にはちょっと落ち着いたものになるような気がします。 『サバイバルウエディング』でも、かなり「イケメン」さんが出演していましたが、今回の「イノセンス」は、どちらかとういと重厚なドラマを見せるタイプのドラマになりそうなので、そのあたりかなりチャレンジなんじゃないかと思います。 どんな評価になるんでしょうね。 ドラマ『イノセンス冤罪弁護士』の評価感想まとめ! では、ここからはドラマ『イノセンス冤罪弁護士』の皆さんの評価感想をまとめてみたいと思います。 イノセンスの評価感想:面白いけど・・・・。 このドラマ『イノセンス』ですが、結構「面白い」という評価は多めです。 ただ 「面白いけど・・・」というちょっと歯切れの悪い評価が目立ちました・・・。 「イノセンス普通に面白いんだけど」 「イノセンス、面白いけど、99. 9と、ガリレオを足したような感じ?」 「イノセンス、話面白いけど川口春奈いらなくないすか」 「イノセンスなかなか面白い。 今のところ川口春奈ちゃんがイライラしっぱなしでなんとも言えないけど…」 「イノセンス、99. 9に似てる!ギャグは言わないけど、健太郎くんの役がなんとなく深山先生だよね!でも面白い」 面白いけど、他の何かのドラマに似ていたり、川口春奈さん演じるヒロインがちょっとうるさかったりと、 ちょっとだけ「残念」なところがあるみたいですね。 全体的には面白いと評価されているだけに、これはもったいないですね。 イノセンスの評価感想:坂口健太郎かっこいい! 主演の坂口健太郎さん、やはり「かっこいい!」という評価が高いですね。 「坂口健太郎の雰囲気めちゃんこ好き」 「まだ途中だけどイノセンス冤罪弁護士いいなぁ。 坂口健太郎演じる黒川拓弁護士好きだぁ。 」 「坂口健太郎、ただただかわいい」 かっこいいだけではなく、「かわいい!」という評価も多いですね。 変わり者という設定ではありましたが、「変人」というほどではないキャラクターでした。 オタクっぽくはありましたが・・。 それほど「アクの強い」キャラクターという感じでもありませんでしたね。 イノセンスの評価感想:名前がみんな温泉? 何故か、このドラマのキャラクターの名前が温泉の名前だと話題になってました。 「イノセンスの役名なんでみんな温泉地の名前なんだろうか。 」 「今やってるイノセンスってドラマのメインキャストの苗字が各地の温泉名なのは意味があるのかな?」 「イノセンスの登場人物の名前、温泉なんやね。 納得して笑った」 さて、どうして温泉の名前なんでしょうか・・。 何か理由があるんだとしたら、どういう理由なんでしょうね・・。 イノセンスの評価感想:ドラマ『99. 9』ぽい? みなさんの評価感想の中にとにかく多かったのが、松本潤さん主演の日曜劇場の ドラマ『99. 9』にそっくりという声が多数ありました。 「イノセンスって言っちゃあれだけど99. 9だよね」 「イノセンスの設定が99. 9と似てる」 「イノセンス、99. 9とどう差別化してくるのかが、興味津々ですよ。 」 「イノセンス、99. 9みたいにしたいのかな…困難に立ち向かう弁護士事務所、風変わりな弁護士が主演、まともとされてる女性弁護士…」 「設定がもう何番煎じなのかってくらいの。。。 イノセンス冤罪弁護士 イノセンス」 「今回の案件、#99. 9 刑事専門弁護士 最終回と似た案件のような気がするな…」 「冤罪で裁かれそうになっている人を救う」という設定なので、どうしてもドラマ『99. 9』と同じような展開になってしまうのは仕方がないなあと思っていたのですが、 1話の最後で「大掛かりな実験」までしていて、そこもかなり似ていたので、これは「似ている」と言われても仕方ないですね・・。 意識して作っていたりするのか、それともどう頑張っても、こういう展開になってしまい、似て来ててしまうものなんでしょうか・・。 この先どうなるのか、楽しみですが・・・。 イノセンスの評価感想:川口春奈のキャラがうるさい、イライラする。 さて、こういった主人公が「変わり者」のドラマをやろうとすると、どうしても必要になってくるのが「可愛くて、変わり者の主人公に振り回されるヒロイン」ですが、 今回それを演じているのは川口春奈さん。 ただ、 この役柄の評価がすごく悪いです・・。 「川口春奈イライラする。 ドラマとして不要」 「イノセンスの川口春奈の役ずっとイライラしてて、こっちがイライラする」 「イノセンス、ヒロイン? のヒスぎみが限界突破しすぎてて見るの辛い」 「イノセンス見てる。 ヒロイン像古いな」 「イノセンスちょっとみたけど川口春奈がずっとイライラしてるキャラで見てるのキツくなってきた」 「イノセンスの手下の女調査でハイヒールとかやる気無さすぎでは。 文句しか言わないしやる気無さすぎでイライラする1話目から」 主人公のやることなすことすべてに文句をつけているように見えました。 「そんなに突っかかる必要ある?」というようなことにまで食って掛かっていたので、 「この人いつもイライラしている性格なのかな?」と、単純にヒロインの性格を疑ってしまいそうでした。 ドラマに必要な役柄とはいえ、もうちょっと「可愛げ」がないと、見ていてしんどいですよね。 イノセンスの評価感想:赤楚くんが出ている! 地味に多かったのが「赤楚君が出てる!」というコメント。 「赤楚くん赤楚くんと盛り上がってるから誰?と思ってたら仮面ライダーの子だった。 ビルドにもジオウにも出てたのかー見てないから分からんな」 「赤楚くん出るの知らなかったから驚いた イノセンス 」 「赤楚くん出るからイノセンス見てみたら泣けた。 」 赤楚さんが出るから見る!という人は少なくなかったみたいですが、かなり評判がいいですね。 イノセンスの評価感想:全体的な評価をまとめてみると・・・。 今回のドラマ『イノセンス冤罪弁護士』の評価感想をまとめてみると、「面白い!」「普通に面白い!」という評価は多いのですが、「99. 9に似てる」「ヒロインがうるさい」などなど、いろいろと「もったいない」ところが多いというのが印象です。 最近弁護士モノのドラマが多くなっていますが、新しい設定や描き方の種類がなくなってきているのか、どうしても「似ている」「どこかで見た」という雰囲気になっているとみられているみたいです。 主演の坂口健太郎さんは、他のドラマの弁護士よりも真面目で真剣に見えるので、そこはかなり評価が高いです。 真摯に事件や巻き込まれた人たちに向き合っている、人柄のいいキャラクターでした。 あとはとにかく「ヒロインがうるさい!」というものが多かった。 恐らく、物語が進んでいくにつれてだんだんとマイルドになっていくと思うのですが、なんでそんなにイライラしているんかと、疑問に思えてくるくらいうるさかったという評価が多かったです。 ともかく、結構「面白い」という評価も多かったので、視聴率も枠ルなさそうな雰囲気ですが、これからどんなふうにほかの弁護士ドラマと差別化を図ってくるのか、そのあたりが楽しみですね。 イノセンスの評価感想:筆者も実際に見てみました! 筆者もドラマ『イノセンス冤罪弁護士』を見てみました! 筆者もみなさんと同じよ言うに「99. 9にちょっと似てるかも」とは思いましたが、まあ、これだけ弁護士ドラマが会ったら、ちょっとくらい似ていても仕方がないだろうと思って、気にはなりませんでした。 ただ、川口春奈さん演じるヒロインが、とにかくうるさいのだけはすごく気になりました。 確かに変人で、人に迷惑をかけている主人公ではあるのですが、どうして新人の癖に、目上の人間にそこまで厳しくいろいろなことが言えるのか、すごく気になりました。 「どうしてもこういった、変な主人公に振り回されるキャラ」というものが必要なんだろうなと納得しようとするのですが、それにしたってうるさい・・。 そもそも、今回の『イノセンス』の主人公、そんなにいろいろ言われるほどひどいことをしていないように見えるので、なおさらヒロインの「ヒステリーぶり」が際立ってしまっているように見えました。 ドラマとしては面白かったですし、主人公が真面目なので、そこはすごくよかったです。 真剣に冤罪事件をどうにかしようという熱い気持ちが伝わってくるので、そこはよかったですね。

次の

イノセンス 冤罪弁護士

イノセンス ドラマ 感想

親子の対立も単なる「検察対弁護士」だから親子にする必要ないし。 親と子を対立させるなら回想とかでしっかりした要因を描いて欲しかった… 王道と言えば良い感じに聞こえるけど、 演出?脚本?は古今東西のありがちネタを掻き集めて詰め込んだって感じで場面展開が忙しかった印象がある。 役者がどれだけ演技力あっても棒演技にならざるをえないような超ありがち台詞ばっかりだった。 最終回あたりには演出も上手くなっていくのかなとか期待してたけど全然だった 長文失礼しました 最終回だけ良かった。 この回を膨らませた2時間ドラマで見たかったように思う。 真犯人は警察への恨みを晴らしたかったんだよね。 確か『緊急取調室』にもこんな犯人いなかったっけ。 あれは自らわざと捕まって警察の怠慢をあざ笑う感じだったかな? 高嶋弟だったか。 真犯人が終盤でいきなり登場ではなくてもっと本編に絡んで行くと充実してた気がする。 武田真治ならなおさらもっと彼自身のドラマが見たかった。 親子の確執的なものが浅かった。 それぞれのキャラクターのバックボーンの演出もあっさりだったからどの人物にもあんまり感情移入できなかった。 子どものことで犯罪に手を染めた夫婦は熱演だったし感情が動いた。 最終回になってやっと主人公の感情に心動いた。 最終回。 録画してあったのをやっと見られました。 でも、ちょっと出来すぎかな… 坂口健太郎が主役なのに、最後まで美味しいところは藤木直人が持っていった気がします。 そのくらい、藤木直人を堪能できたドラマでした。 どこまで行っても藤木直人だが、役者としてこのドラマでは一番輝いていたと思います。 坂口、川口がちょっと物足りなかったけど、被告や犯人役に上手い役者を充てて、毎回楽しめた。 特に、今回の武田真治は、一癖ある役作りで見応えがあった。 楽しませていただいてありがとうございました。 日テレは幼児受けでしか視聴率がとれないからな、今までのヒット ドラマは幼稚園児受けばかり 綾瀬 北川 松嶋 菅田と子供受け するからヒットしただけのこと。 視聴率はどんなに当てにならないか、いまいろんな角度から調査 テレ朝 朝ドラ視聴者の質の悪さ薄さが指摘されてきている。 15%の相棒の低レベル視聴者とTBSドラマの高レベル視聴者、 調査の結果はっきりと出て10代~59歳まで男女と新たに若年層 取り込んだグッドワイフ はじこいファミリーコア層強化明言で成功 カルテット 逃げ恥じはドクターX超え じっくり見たい録画率 満足度 集中度とトップだったのがグッドワイフ 日曜劇場グッドワイフの貫録実力と。 坂口さんは俳優なんだからここを目指せばいいよ アイドルやテレ朝は視聴率でしか価値がない。 演技力作品評価で爪痕残すのか重要。 テレ朝は高齢者しか需要ない 視聴者層の低レベルがハッキリ調査で出てる 広告CMガ届かない 視聴率にも濃い薄いが有ります。 テレビは一家に何台もある時代 高視聴率=つまらない 薄い 軽いとなる アイドルじゃないんだから視聴率より出来と演技で評価 見ればわかる高視聴率で仕事が減り選べなくなったテレ朝俳優 総じてイライラさせられるドラマだった。 まず、配役が何だかチグハグ。 特にヒロインの川口については、残念ながら、コレじゃない感が最後まであった。 新米弁護士という設定なのに、全く知性が感じられず、パラリーガル役の趣里より愚かしく見えた。 シナリオ的に1番イライラさせられたのは、ヒロインとか・事務所の所長とか・父親とか、とりあえず主人公と対立構造を作っておいて、最終的に主人公側に協力させて盛り上げるみたいな制作者の意図が、始終見え透いていたこと。 少年漫画じゃあるまいし、対立から協力への流れを作っておきさえすれば何でも盛り上がる、というものではあるまい。 例えば、主人公と所長の対立関係とか、あんな大げさに描く意味はあるのか? 制作者はバカなのか? 特に最終回近くで、東央大学の秋保准教授が「お前は死体の冷たさを知らない」とかポエミーなこと言い出して、主人公と対立してきたときは、さすがにウンザリした。 どうせ最終的には協力するのに決まっているのに。 最終回のまとめ方もメロドラマ過ぎた。 扱っているテーマがすごくいいだけに、演出的な面での残念感が強い。

次の