中国 産 の マスク 使っ て 大丈夫。 待望のマスクが中国から届いた

気になるツイート : 【怪しいマスク😱】絶対買っちゃいけない。武漢ウイルス禍を機に、中国産マスクがいかに不衛生で得体の知れぬものか懲りたはず。

中国 産 の マスク 使っ て 大丈夫

そのマスクの中には、中国製のものも含まれているようだ。 中国は世界最大のマスクの生産地だが、中国産マスクに不安を抱いている人も少なくないようで、Googleの検索窓に「中国産」と入力すると「中国産のマスク使って大丈夫」「中国産マスク不良品」といったキーワードが予想表示される。 新型コロナウイルスの発生源と目されている中国だが、現地で作られるマスクはそんなにひどいのか。 中国最高人民検察院の4月上旬の発表によれば、2003年に感染が拡大したSARSと比較すると、新型コロナ関連での逮捕者は8倍、犯罪件数は5倍だという。 その中には粗悪品のマスク製造業者(材料の布メーカーから、組み立てを担う企業までが該当する)やマスク転売業者も多く含まれる。 本記事では中国のマスク事情について解説するが、正確に伝えるために、新型コロナの感染者が中国で増えていった時期と、世界各国に広がっていった時期に分けて紹介していきたい。 中国で感染者が増えていった頃、マスクのニーズは中国に集中していた。 需要はあるが供給は足りず、早速ニセモノの存在が発覚したことや、マスクを外国から調達したことが次々に報道された。 さらに、トルコでマスクを調達し、中国を助けようとするのと同時に一獲千金を狙う中国商人「マスクハンター」も現れ、ドキュメンタリー動画まで作られた。 そのため中国庶民からすれば、「何でもいいから入手したい」というわけにはいかない。 とある調査によると、中国でのマスクの購入経路は、友人知人から購入(45. 3%)、提携するマスク供給企業から購入(35. 4%)、地方政府の販売チャンネルから購入(18. 9%)の順に多かった。 中国は人と人とのつながり、つまるところコネが重視されるが、マスク不足でもそれが発揮されたわけだ。

次の

中国産マスク「基準満たしていない」「使用する意味がない」と返品相次ぐ。検査キッドの精度30%以下

中国 産 の マスク 使っ て 大丈夫

この記事の目次• マスクの手持ちが少なくなってきた!! マスクが市場から姿を消して早数ヶ月。 重度の花粉症の私は1月に購入したマスクが50枚ほど手元にあったので、何とか洗濯したり、UV滅菌したりしながら使っていました。 それでも、2月以降ドラッグストアやホームセンターに足を運んでも一切マスクを購入することが出来なかったので、手持ちのマスクも残り数枚となってしまいました。 流石にコロナが大流行しているので、感染予防・拡大予防の為にもマスクを入手しなくてはならない状況になってきました。 会社からもマスク必須の指令がでましたが、会社からのマスク支給は一切なしと言う状況です。 流石に転売価格のマスクを購入するつもりは毛頭ありませんが、それでもマスクを手にしなければ仕事にも行くことができなくなるので、楽天市場でマスクを物色してみると、中国産のマスクですが結構販売されていることがわかりました。 価格は以前の50枚1,000円以下と言うわけにはいかないですが、1枚60円程度になっていたので思い切って購入することにしました。 しかし、価格の変動が激しいの購入するときは価格に注意する必要があります。 また、中国産(以前も中国産でしたが)なので、当たりハズレが激しいようなので、運も必要な可能性もあります。 私が購入したのは上のマスクですが、販売会社(輸入会社)が異なる場合がありますので注意が必要かも・・・。 中国からマスクが届いた パッケージから中国から配送されてきたのかと思いましたが、配送は日本国内からでした。 製造は中国ですが、日本の会社が一括で輸入してから個別に配送しているんですね。 少しだけ安心。 早速中身を確認してみました。 1袋に50枚一括梱包でした。 いつもは個包装のマスクなので少し違和感を感じてしまいましたが、箱入りマスクだと思えば問題なしですね。 一応、中国で検品して「合格証」が入っていました。 念の為、袋の外から検品してみると「アベノマスク」のようにカビが生えていることも虫が混入している様子もなかったので一安心です。 マスクのトリセツが一緒に入っていました。 メッセージで「新型コロナウイルスが世界的に大流行となる中、一日も早くこの事態が終息し、平穏な生活を取り戻せるようスタッフ一同心から願っております。 どなた様も、時節柄どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。 」と書かれていました。 本当に早くこの事態が終息して、平穏な暮らしが取り戻せることを願います。 普通に暮らすって慣れてしまうと何も感じませんが、普通って奇跡なんだなと感じてしまいました。 中身の確認はジップロックを買ってきて、小分けにするときに確認することにしますが、思っていたよりまともなマスクが届いて安心しました。 マスクサイズは9. 5なので平均的なサイズですね。 早くコロナよ終息してくれ! このままいくと、今年1年は自粛が続くのではないかと思っています。 夏になれば勢いは少し衰えるとは思いますが、それでも、ウイルスはいなくならないでしょうし、グローバルな時代なので秋になれば海外から持ち込まれるでしょうね。 まだわからないことが多すぎる未知のウイルスなので、抗体を取得することができるのか?有効な治療法が確立するのか?不安しかありませんが、不安がると免疫が低くなってしまうので、なるべくストレスを溜めない工夫が必要になると思います。 幸い、田舎暮らしなので敷地が豊富にあり、子供達は都会の子供達に比べるとストレスは溜まっていないように感じますが、少なからずストレスを感じているでしょうから、大人が少しでもストレスを緩和できるように工夫する必要はあるのかなって感じています。 ゴールデンウィークの自粛でしょうから、庭キャンをもう1度しようと考えていますが、早く、1日でも早くコロナが終息していつもの日常を送れる日が来ることを願っています。 無事に終息した暁には、家族で北海道や沖縄に旅行に行きたいと思っています。 皆さんもストレスを溜めず、この困難を乗り切りましょう!!.

次の

【中国製マスク】不衛生な工場で生産。素手!?ほこりまみれ!?

中国 産 の マスク 使っ て 大丈夫

でも正規のマスクなら良いんですが、偽ブランドマスクの大量生産も行われてたり。。 最近のニュースでも深センに近い街の东莞で10,000個近くの偽造疑惑マスクを押収したとありました。 ちょっと前の1月30日には佛山(これも広東省)で、偽ブランドのマスク175,000以上および80以上の生産材料のケースを押収し、現場で6人の容疑者が逮捕されました。 そして、偽物はまだわかるのですが、酷いのは使用済のマスクを売っていた人たちもいたこと。 2020年1月26日に、深センの薬局で「使用済みマスクを購入した」と警察に通報がありました。 売り手は出所不明のマスクをWeChatを使って購入し販売していました。 とまあこういったニュースがたくさんあります。 これは日本のメディアの方も報道してるのかな、もっとエグいのを見たい人はそちらを御覧ください。 文句を言ってもしょうがない、僕らにできることは偽物マスクを買わないようにすることです。 一番人気の3Mマスクについて、偽物か本物かの見分け方が特集されてましたので紹介します。 においに注意する 3Mマスクには臭いがない。 ゴムの匂いなどが無いかチェックすること。 2、印刷部分を確認する 3Mマスクはレーザーで印刷され、印刷マークは斜め45度。 偽物はインクで印刷され、インクマークが不均一になっているケースが多い。 具体的には、偽のマスクにはドットが印刷されている。 包装のラベルも微妙に違ってる 本物マスクと偽物マスクの最も明らかな違いは包装にあるテキストの色だそう。 偽物のマスクのはより暗く、透明度が低い。 マスクに書いてあるの数字番号表記 マスクの下の数字は本物マスクではとてもはっきり書いてある、でも偽のマスクの書き込みはぼやけているとのこと。 これは一目瞭然ですね。 マスクの金属部分 実際のマスクの表面は滑らかではありませんが、偽のマスクの表面は非常に滑らか。 (ここまで技術あるなら、本物作れよと思いますが... ) 日本でも取り上げられてると思いますが、マスクには予防する効果があるという確固たるエビデンスは無いのが事実のようです。 しないよりした方が良い程度。

次の