16 時間 断食 デメリット。 16時間のプチ断食(8時間ダイエット)の正しいやり方を栄養士が解説!気になる期間中の食べ物は?

リーンゲインズ(16時間断食)中のコーヒー飲用はメリットだらけ!│ウェルネスダイエットで変わる!人生まるごと哲学!

16 時間 断食 デメリット

プチ断食16時間で体をかえられる その効果は? 今回お伝えするのは、16時間のプチ断食。 ただ、毎日断食をするんじゃないんです。 1週間に1回だけ、16時間の断食をするというもの。 16時間まったく何も食べないというわけじゃないです。 水や紅茶、コーヒーなどの水分は必要です。 でも、砂糖はなしですよ。 まずはこの16時間プチ断食の効果をみていきましょう。 脂肪燃焼の効果 お腹がすいた状態だと内臓脂肪を燃焼しやすくなります。 空腹時は糖質がすくない状態。 糖質がないとエネルギーができません。 だから、体の中にある脂肪を燃焼させます。 さらに燃焼効果をあげるには、運動です。 空腹時の運動は脂肪をさらにもやします。 体をうごかしてもっと脂肪を燃やせるといいですね。 摂取カロリーが減る カロリー計算不要 16時間なにもたべない。 当然ですけど、摂取カロリーはへりますよね。 1日に必要なエネルギー量があります。 男性の場合(運動をしない人)。 18~29歳:2,300kcal• 30~49歳:2,250kcal• 50~69歳:2,050kcal 女性の場合(運動をしない人)。 18~29歳:1,750kcal• 30~49歳:1,700kcal• 50~69歳:1,650kcal これがプチ断食すればこえることは難しくなります。 相当高い食事でなければ。 めんどうなカロリー計算も不要ということです。 病への効果も 腸内改善にもいいよ 体内になにも入れないと、体内エネルギーを燃やします。 すると、タンパク質や細胞が分解されます。 分解されたものがまたつかわれる。 これが断食によって体が飢餓状態になると、 活発化します。 このシステムをオートファジーと呼びます。 これが体の病に大きなかかわりが。 体外からの免疫にも役立っています。 集中力や記憶力アップ 食事のあとってねむくなりますよね? お腹がいっぱいになって満たされると、眠気がきます。 また、糖分をとると急に眠くなることも。 糖質をたくさんとると、血糖値があがります。 すると血糖値をさげようとインスリンが分泌されます。 これで眠くなってしまいます。 断食のようにお腹になにもなければこう言ったことも起きません。 集中力があがるんです。 ただ、断食を長期間するとぎゃくにおなかがすきすぎて、集中できなくなるので注意です。 美容効果がある お腹に何も入っていない状態がつづくと腸内をきれいにします。 胃や腸は食べたものを消化する役目。 でも、何も食べない時間があると腸内はからっぽです。 すると、消化、吸収がとまります。 あとは排出するばかりに。 腸内がキレイになっていきます。 腸内がキレイになると、お肌にもいいんです。 それでは、プチ断食はどのようにすればいいのかをお伝えします。 16時間プチ断食のやり方 16時間プチ断食。 その名の通り、16時間何もたべないようにします。 でも、毎日することはありません。 1週間に1日でもいいとされています。 でも、16時間もなにもたべないってきついですよね。 簡単な方法があります。 それは、夕食のあとに何も食べない方法です。 例えば夕食を18時にとったとします。 そこから、16時間後は次の日の午前10時。 朝ごはんを食べなければいいんだけです。 簡単ですよね。 プチ断食のデメリット プチ断食のメリットばかりお伝えしまいたが、 デメリットも当然あります。 まずどんなダイエットにも言えること。 続けることがむずかしいことです。 晩ごはんをはやめに食べて、朝食をぬくだけ。 かんたんに思えますよね。 でも、つづけることが難しいんです。 ついつい食べちゃいますからね。 1週間のうち1日だけでも実行できるといいですね。 プチ断食の注意点 断食といっても、まったく口にいれないということはないんです。 それだとちょっと危険かも。 水分は必ずとります。 コーヒーとか紅茶でもいいです。 ただし、お砂糖はいれないこと。 糖分をとることになってしまいますからね。 無理な断食はしない ダイエットを絶対成功させたい! そんな人はちょっと無理をしてしまいがち。 まったくごはんをたべないようにしていたり。 無理なダイエットは逆効果。 バランスよく栄養をとったほうがきれいにやせることができます。 人は食べ続けると内臓がつかれてしまう あなたは1日に3食たべますか? ほとんどの方が3食、食べていると思います。 さらに間食もありますよね。 実はこれ内臓に負担をかけているかもしれないんです。 胃や腸などは、何かものをたべると消化してくれます。 でも、この消化は簡単じゃありませんよね。 時間をかけて消化します。 例えば、あさごはんを食べて仕事や学校へ行きます。 10時ぐらいに小腹がすいてちょっと間食。 すぐに昼食。 3時のおやつ。 最後に晩ごはん。 これ内臓は働きっぱなしです。 これだけ1日中働いているとつかれてしまいます。 さらに夜食なんて食べたらもう24時間労働です。 内臓がつかれてしまうと、体調はくずれやすくなります。 やすませる期間が必要ってことですね。 プチ断食はまだ研究途中:まとめ ダイエットだけじゃなく、 体調にもいいとされているプチ断食。 体重がへる• 集中力アップ• 免疫力• 美容 うれしい効果がいっぱい。 でも、継続させることがむずかしいです。 毎日はきついでしょうから、週1くらいから初めてみるといいかも。

次の

プチ断食の知られざる効果とは

16 時間 断食 デメリット

8:16時間ダイエットとは?毎日の16時間のプチ断食です。 いきなり何言ってるんだと当たり前のことを言いますけど、1日は24時間ですよね。 このダイエットは起きて最初にカロリーのある食べ物を摂取した時間から8時間後までは好きなものを飲んだり食べたりできます。 なんでも食べていい8時間が終わってからは、16時間後まではカロリーのあるもの飲んだり食べたりしません。 16時間たったら、また 8時間の間は好きなものを飲み食いしていい。 という簡単で無理のないダイエット方法です。 食べられないプチ断食中の16時間の間でも カロリーがほとんどないブラックコーヒーやお茶、お水などは口にできます。 お酒についても、カロリーがあるものは8時間の時間内に飲むようにしましょう! 食べていい8時間のうちは好きなものを食べられるので、その後の16時間も寝る前の6時間ほどを食べないで過ごすだけなので、食事制限が面倒でできない私にはもってこいのダイエット法でした。 プチ断食8:16時間ダイエットは1ヶ月や2週間で効果はある?実際に実践した感想。 元々、第一子を出産後にも同じプチ断食8:16時間ダイエットで体重を落としたので、今回の第二子出産後も、同じ方法でダイエットに成功しました。 始めて1〜2週間で食欲も落ちて楽になってきます。 今回このダイエットを、2018年の8月15日から初めていますが、始めてから1ヶ月というか3週間とほどで効果が出ました。 始めてから3週間後の9月の初め頃に体重計に乗ると、なんと3キロ体重が落ちていました。 (そんなに早く効果が出ないだろうと思ってダイエット開始後初めて測ったのがこの日でした笑) その後も、ダイエットを始めて2回目の計測、開始から1ヶ月後に9月24日に体重計に乗るとさらに2キロ体重が減っていたんです!(驚) 約1ヶ月で合計5キロ減ったということになります。 1ヶ月で5キロと予想外に急に体重が落ちてしまったので、子育てと仕事に支障が出ぬよう現在は食事のバランスを気をつけて摂取栄養量が減らないよう気をつけています。 最初の3週間ほどで3キロ減った理由としては、間食が多かった(要は食べ過ぎで太ってたと思われます)ので、単純に総カロリーが減り、体重がストンと落ちたと思われます。 その後もなんでも食べていい8時間の間に意識的にお菓子やカロリーの高いものを取らないように気をつけていました。 なので順調に体重が減少したものと思われます。 それまでお腹が空いていなくても子供と一緒におやつを食べてしまったり、子供が手をつけずに残したご飯を余分に食べたりしていたので、 このダイエット法が私には合っていたと思います。 体型維持のためにも、子供の食べ残しは食べてはいけません!(これ結構重要です) プチ断食8:16時間ダイエット以外の効果は? ダイエット効果があるということは、先ほどお話しした通り、身を以て実証済みですが、ダイエット以外にも様々な効果があるということがわかってきています。 と言うかそもそも、プチ断食の効果の中にダイエット効果があると言った方が正しいかもしれませんね。 プチ断食をすることでデトックス効果があります。 腸の中の老廃物や毒素などが排出されることで、腸内の環境がよくなります。 さらに、食べない時間がしっかりあることで消化という働きを休ませることができ、消化能力も改善することがわかっています。 プチ断食中の16時間の間に腸のぜん動運動を促す酵素が出るので便秘の改善効果があります。 腸内環境が良くなると、血液がサラサラになり、血行が良くなります。 血液は熱の他に栄養も身体中に送っています。 血行が良くなると、体や肌の隅々まで栄養を届けることができるので、結果、肌も綺麗になるんですよね。 しかも、肌の栄養がきちんと行き渡ることで肌のコラーゲンの量が増えて保湿効果が上がったりとアンチエイジングの効果もあると言われています。 これが睡眠の質が上がる理由と言われています。 また、プチ断食によって消化の時間が短くなるので、消化によるダメージが軽減されて体が良い状態になるという事もあるのかもしれませんね。 確かに、私もこれは感じます。 プチ断食8:16時間ダイエットのメリット・デメリットと注意点は? 私の場合は予想以上に効果が出ましたが、一番のメリットは続けやすいダイエットということでした。 メリットデメリットをまとめてみます。 食事内容にいつもよりも栄養価の高いメニューを選ぶことが必要だと感じました。 特にタンパク質や質のいい油分も積極的に摂ることが必要。 私の場合、食事内容を気にしておらず栄養が偏ったせいか、体重が落ちてきて風邪を続けて引いてしまったので、これはまずいと思い、8時間のうちの食事内容を 栄養価の高いものをとるようにしました。 カロリーが高いのではなく、栄養価が高い食品・食事です。 例えば 卵や鶏肉、納豆やネバネバのオクラや山芋などの食材を使った食事を意識しています。 後は水分をきちんととるということを意識していました。 水分量が足りないと肌にもよくないですし便秘になってしまうと嫌ですよね。 実際に体験してみて、プチ断食8:16時間ダイエットは続けやすいです。 私は慣れてしまったので16時間でもう大丈夫なのですが、女性の場合は食べない時間が16時間ではなく12時間〜14時間がちょうどいいそうです。 男性の場合は16時間でOKとのことで、女性と男性は1日のカロリー消費量や筋肉量も違うので、確かに、女性の場合は12時間〜14時間がちょうどいいというのは、そうだろうな。 と思います。 体重が燦然と同じに戻っても、体型を戻すのにはストレッチやトレーニングが必要だとおもいます。 こちらについては現在取り組み中なので、また別の機会にご報告させていただきますね。 子育てをしながら家で仕事をしている私にとって、このプチ断食8:16時間ダイエットという方法は理にかなっていて、慣れれば無理なく続けることができるので助かってます。 ジムに行く時間を節約し1日2時間ブログ記事を更新するだけで月収10万円以上の広告収入を得ています。 『資産型ブログの構築方法』についての教科書を今だけ無料でお渡ししています。 こんにちは。 mikaです。 大好きなアパレルに就職するも厳しい労働環境に心身共に疲弊。 その後転職した会社では、自分らしさを出せず常にモヤモヤを抱えながら違和感が大きくなっていたところ、妊娠をきっかけに子育て専業主婦に。 この全てを手に入れる決断をする。 コツコツ淡々と行動…今では自分のペースでのびのびと仕事をし会社員時代と同じかそれ以上の月収を得ています。

次の

リーンゲインズ(16時間断食)中のコーヒー飲用はメリットだらけ!│ウェルネスダイエットで変わる!人生まるごと哲学!

16 時間 断食 デメリット

僕は食べ物に対して我慢することはできず、2年間の間食べるものには気を使わず16時間断食を続けてきました。 それでも十分に痩せることは出来ますし、体重も痩せたままキープできています。 始めたては体重と一緒に筋肉も落ちてしまう 始めて3ヶ月は体重と一緒に筋肉も多少落ちてしまいます。 しかし、大きな心配は無用です。 3ヶ月以上経ったところから筋肉量は減らなくなります。 これは適正体重に戻ったことによる効果のようです。 このことは、にも下記のように書かれています。 半日断食をすると体脂肪も減るが筋肉も減ってしまうのではないか、と思っている人が少なくありません。 また、痩せすぎてしまうのではないかと心配する人がいますが、結論から言うと、こうした心配は無用です。 半日断食を始めて3ヶ月は筋肉も多少減った状態が続きます。 しかし、それ以降は逆に増えて、元に戻ってくるのです。 そこが断食の神秘的なところです。 そして3ヶ月で5キロ程度体重が減ります。 しかも、ある程度まで減ったら、後は全く減りません。 これは適正体重に落ち着いたことを表しています。 一方痩せすぎの人が半日断食を続けていると、逆に理想的なところまで体重が増えてくるのです。 多くの方は心配しなくて良いということですね。 スポーツをやっている、直近に大会が控えている等といった方は注意しましょう。 空腹に耐えられずに食べてしまう 人によってはまたご飯を抜いたことも空腹に耐えられずに続かない人もいます。 これに関しては、 僕の経験からして1週間耐えればその後は比較的楽に続けることができます。 今まで朝ごはんもずっと食べてきた人も1週間で慣れます。 最初は厳しく感じられるかもしれませんが、続けるうちにむしろ快適になってきます。 この事を年とに置いて、「まず1週間」続けてみてください。 どうしても欲望を制御できない人は「」という方法があるのでで良かったらチェックしてください。 成長期の人は成長に影響を及ぼす場合がある 成長期の人は十分な栄養が取れないことが成長の弊害になることもあるので要注意です。 とはいえ、 朝ごはん抜くぐらいなら少しぐらいは実践してみてもいいと思います。 言ってしまえばよくある糖質制限ダイエットなども成長に影響があると思います。 糖質制限ダイエットがOKなら半日断食くらい余裕かなあと思います。 十分な栄養を摂れていれば問題ないので、食事に気を使うなどすれば成長期でもやってもいいのかなと思います。 結論:デメリットを知った上でまずは始めて見ることが先決 本記事ではデメリットを紹介してきましたが、 まず一週間でも良いのでやってみてください。 それで体に合わなければやめれば良いです。 しかし、 16時間断食のデメリットはほとんど気にならないようなレベルであることが分かったと思います。 もしデメリットが気になった方も事前に知っておけばそれに対する対策もうてます。 一度自分でやってみて自分に合わないところを改善してみるという方法がおすすめです。 ポイントは一気に完璧にやらないこと 一つポイントを言うとするならば、マニュアル通りの16時間断食を実施しないことです。 まずは、16時間断食を続けることだけを毎日続けてみてください。

次の