牛久大仏 食事。 牛久のおすすめランチ10選│安くて大満足できるお店ばかり!

【公式】牛久浄苑 » 施設のご案内[十方堂]

牛久大仏 食事

Provided by 日本に初めて本格的なワイン醸造場を開設した神谷傳兵衛は、浅草「神谷バー」の創設者としても知られる実業家です。 1903年(明治36年)、茨城県牛久に誕生した「シャトーカミヤ」。 その建物は、国指定重要文化財にも指定される貴重なワイナリーです。 歴史感じる施設内には、資料館やミュージアムに加え、レストランなども併設されています。 お買い物スポットも充実しており「ワインショップ」や「スーベニアショップ」では、国内外の厳選ワインを購入することが可能。 なかでも一押しの「牛久ワイナリー 葡萄の城」は、白・赤・ロゼの中からお好みのフレーバーを選ぶことができますよ。 またもう1つのおすすめ商品「カミヤ・スペシャルセレクション シャブリ」は、酸味と渋みのバランスがとれた辛口の白ワインです。 ワイン愛好家にはたまらないシャトーカミヤで、お気に入りの1本を探してみてくださいね。 大判焼き(味工房) 牛久大仏を取り囲む敷地内にある「仲見世通り」。 下町情緒あふれる通り沿いには、土産物店やお食事処が軒を連ねています。 散策中のおやつには、手頃な価格で購入できる「味工房」の「大判焼き」が大人気!ベーシックな小倉あん・白あん・クリームに加え、チョコ・ごまあんの中からお好みの味を選ぶことができます。 また甘いものが苦手な方には、ハムマヨ味がおすすめですよ。 縁日気分で大判焼きをほお張りながら、仲見世通りを満喫しちゃいましょう。 価格:150円 お土産屋・取扱い店舗:味工房 住所:茨城県牛久市久野町2083 3. 牛久大仏スティックケーキ 仲見世通り内にある「ひたちの里」では、県内の名産品や特産物など、さまざまな商品を扱っています。

次の

牛久大仏の芝桜の見頃と観光の所要時間は?付近のおすすめスポット!

牛久大仏 食事

スポンサーリンク 牛久大仏の芝桜の見頃はいつ? 120mの日本一の高さである牛久大仏様が見下ろしておられる芝桜、例年の見頃は4月初旬~4月中旬が、最も桜の綺麗な時期です。 この芝桜は、牛久大仏様の敷地内にある浄土庭園の中の「定聚苑(じょうじゅえん)」という庭園で、ここにこの芝桜が広がっています。 さらに、ソメイヨシノの数 120本程! 遠くから見ると、この芝桜のピンクじゅうたんの上に大仏様がたたずんでおられるように見えて、とても美しくインスタ映えしますよ! 120本程立ち並んでいる桜同様、芝桜とのコラボを楽しめますが、芝桜の方が咲いている期間が若干長いので、立ち並んだ桜が散った後でも芝桜で楽しめます! 牛久大仏の観光時間はどれくらい? 牛久大仏様の観光時間は、大仏様一つ見るだけでも時間が掛かりそうですよね? 巨大な大仏様を外部から見るだけでも、桜の時期と重なったりすると周りの桜や芝桜と合わせて見て廻ると2時間くらいは掛かりそうですね。 先の章でもご紹介した大仏様の敷地内に浄土庭園があり、その庭園の広さが約1万㎡あります。 そこにソメイヨシノが120本並び芝桜もあり、その他子供も遊べる動物と触れ合える広場もあります。 そして大仏様の内部にも入れて、何しろ巨大で内部も1階~5階まであるので、もう庭園内にいるだけで1日掛かりになります。 敷地内にはお食事処もあります。 初めて観光した際には大仏様と庭園だけ見るだけでも十分楽しんでいただけます。 牛久大仏様の周辺地図と基本情報はこちら スポンサーリンク 牛久大仏の付近で観光おすすめスポットは? 庭園内は1日掛かりで過ごせる他、その周辺にも観光スポットはたくさんあります。 大仏様だけで満足して帰らないでくださいね。 お花見の時期を過ぎても、是非見に来て欲しいのはアヤメの花です。 【牛久市観光アヤメ園】 ここは有り難い事に市営の公園なので、入園料や入園時間などの制限がありません。 ですから、心行くまでお花を観賞できます。 ここのお花はアヤメの他に、カキツバタがあり、紫や白、黄色など色とりどりの花を堪能できます。 花菖蒲は、例年6月初旬から下旬が見頃となります。 基本情報はから。 【牛久沼かっぱの小径(こみち)】 茨城観光百選に選ばれている牛久沼は、ウォーキングコースがあります。 ウォーキングコースには、アヤメ園の他に雲魚亭、牛久城址などがあり、冬の季節の夕暮れ時では牛久黒富士と呼ばれる富士山が見られます。 【雲魚亭】 ウォーキングコースにあるのが、雲魚亭。 雲魚亭は、小川芋銭という19世紀から20世紀に掛けて活躍した日本画家のアトリエ兼自宅で、ここで晩年を過ごしたと言われ、牛久市の指定文化財になっています。 【ポケットファームどきどき つくば牛久店】 農業の盛んな県としても有名な茨城県。 野菜の収穫量は全国でトップを誇っています。 レンコンや白菜、ピーマンなど、取れたての野菜はこの農業体験型施設であるポケットファームで是非お買い求めください。 他にも茨城県産のコシヒカリの精米所もありますし、お惣菜売り場もあります。 「どきどきレストラン」も併設されてますので、こちらでお食事もしていただけます。 まとめ いかがでしたか? 牛久大仏様や芝桜、菖蒲やカキツバタなどの見どころと、周辺の観光スポットと1日では廻り切れない程あります。 是非心もお腹もいっぱいにして楽しんでいただきたいスポットの一つです。

次の

牛久のおすすめランチ10選│安くて大満足できるお店ばかり!

牛久大仏 食事

Contents• 牛久大仏の観光にかかる時間について JR常盤線「牛久大仏」からバスで30~40分乗車すると、牛久大仏に到着します。 到着して、入り口にある大仏様の顔の模型の大きさを見ると、牛久大仏の立像がどれほど大きいのかということが分かります。 というのも、その入り口の頭の大きさ1000個分が実物大だからです。 まず見えてくるのが「 發遣門」です。 門をくぐる前に手と口を清めましょう。 發遣門の正面は大仏様で、振り返るとお釈迦様がいます。 發遣門をくぐり、真正面に牛久大仏の大きさに圧倒されるでしょう。 大仏へと向かう道を進むにつれて、世界最大の大きさだと実感するでしょう。 いざ、牛久大仏の中へ! 脳内入り口で靴を脱ぎ、いざ中に入ります。 1階は、大仏様の中心を照らされている「 光の世界」と曲線が多く使われている浄土の世界感のある「 観想の間」があります。 2階は写経を行うことができる空間になっていて、20分から1時間かけて完成するものがあります。 初めての方でも安心してください、半紙に薄く書いているのがあるので、なぞるだけで写経を体験できます。 3階は、 「蓮華蔵の世界」で、お寺の本堂になっています。 壁一面に金色の大仏が安置されていて、金色の一面の世界となっています。 4、5階は展望台になっていて、景色を楽しむことができます。 晴れた日には、スカイツリーや富士山が見られることがあるそうですので、晴れた日には景色も楽しみにしておいてくださいね。 4階はお土産コーナーもありますので、記念にお土産を買うのもいいですね。 大仏周辺の散策もおすすめ 大仏周辺は散策も楽しめるようになっています。 春は桜、夏は、あじさい、秋はコスモスと季節で自然を味わうことができるからです。 季節によって、景色が変わるので、何度訪れても変化があるのでいいですよ。 また、 子供でも楽しめるスポットがあるのが、魅力の一つですね。 「小動物公園」では、うさぎ、りす、モルモット、やぎ、羊がいて動物と触れ合うことができます。 エサやりも可能ですので、小さいお子さんがいても楽しめる場所ですね。 さて、このような大仏観光をご紹介しましたが、時間の方は個人差があるかと思いますが、約2時間ぐらいかかると考えていいでしょう。 ゆっくり大仏観光をして、動物と触れ合っていると2時間では足りないかもしれませんね。 牛久大仏周辺のおすすめスポット 牛久大仏を観光するだけじゃなく、周辺を観光したいという方にお勧めスポットをご紹介します。 あみプレミアムアウトレット 買い物好きにはうれしい情報です。 スポーツ系のお店から、アウトレットで必ずあるブランド店で、規模はそれ程大きくありませんが、ちょっと立ち寄るにはちょうどいい大きさかもしれませんね。 牛久シャトー ワインやビールと共にお食事ができる場所です。 ヨーロッパ調の外観で、景色がとてもよく、庭園を見渡しながら、お食事もできますので、とても優雅なひとときが過ごせそうです。 味の老舗 いいじま 牛久の名産といえば、落花生なのですが、その専門店となっています。 オーソドックスの落花生から、ピーナッツの味噌味やチーズをコーティングしたお菓子など、いろいろなバリエーションある落花生のお土産専門店です。 牛久名産の落花生をお土産にいかかでしょう。 牛久市観光アヤメ園 毎年6月初旬から、200品種、2万本のアヤメ、ハナショウブ、カキツバタが開花し、6月下旬まで楽しむことができます。 のんびりと散策するにはちょうどいいですね。 まとめ いかがでしたか 牛久大仏の見どころと、周辺スポットをご紹介しました。 大仏といえば、鎌倉や奈良を想像させますが、意外にも世界規模で大きいのは、牛久大仏なのです。 実際の大仏を見ると、その大きさに圧巻するでしょう。 大仏だけでなく、牛久の名産や観光を楽しみながら、一日観光されるのをお勧めします。

次の