コンビニ atm 手数料。 コンビニATM|サービス|ファミリーマート

コンビニATMご利用時間と手数料

コンビニ atm 手数料

どうも、リョウサトウ()です!みなさんはコンビニATMを利用する方ですか? コンビニATMって便利なんですが、ボクはめちゃくちゃ手数料を気にする人なので、正直怖くてあまり使えないんですよ。 コンビニATMは銀行ATMより無慈悲に手数料とりますからね。 もちろん銀行によっては回数制限付きで無料利用できる特典がありますが、コンビニATMって引き出す前に現在の利用回数を教えてくれないから怖くて使いにくいのです。 いちいち回数なんて覚えてられないし、ご利用明細で手数料を取られたことを知ったときの悔しさと言ったらないです(泣)。 コンビニATM手数料を気にせず利用できる方法とは? コンビニATMをもっと自由に使えたら、こんなに便利なことはありません。 何かウマイ手がないもんかなぁと日々考えていたのですが、先日ある体験から、汎用性の高い方法を見つけました!!! それは…実は多くの人が避けてるんじゃないかと思われる「キャッシング」の仕組みを利用する方法です。 コンビニATMでの短期少額キャッシングは驚くほど手数料がかからないのです。 ちなみにみなさんはキャッシングって利用していますか? キャッシングは「借金」で、サラ金のようにあまり使うべきではない印象が強く、ボク自身長い間そう信じ込んできました。 しかし先日、海外でどうしても現金が必要となり、生まれて初めて、超おそるおそる初めてのキャッシングをしたんですよ。 クレジットカード経由のキャッシングでした。 で、実はそれが想定外にめちゃめちゃ便利だったのです!金利とか諸手数料とかいろいろ心配してたのがバカらしく思うくらいに。 悪いイメージだったキャッシングが、使い方によってこんなにも変わるんだなと感心しました。 調べるとだいたいこれくらいが相場のようです(実際には利息制限法で借りる金額によって法定金利上限が決まっています)。 実際借りた金額は、本当に大したことがなく2,210円(現地通貨でちょうど1,000ペソ札1枚)。 でもやっぱり早めに返さないと金利が膨れるという不安があり、それを8日後に繰り上げ返済しました。 当初借りたときに三菱UFJニコスからハガキでお知らせが来ました。 このときは次のカード引き落とし日に合わせて利息が61円となっています。 それを電話で繰り上げ返済を依頼し、8日後に返済。 海外のATMで引き出す際「ATM利用手数料を加算するよ!」と言われ、やむなく同意したのですが…実際は無料でした。 後で知ったのですが、三菱UFJニコス系のクレジットカードは海外キャッシングでのATM手数料が無料だったのです。 繰り上げ返済時に電話したとき、質問して知りました。 コンビニATM利用手数料 vs. ローン金利 コンビニATM利用手数料は108円または216円(税込)ですが、キャッシングと比べてどれくらい違うと思います?なんか計算がめんどくさそうですが、実はめちゃくちゃ簡単です。 金利は自分の基準値をもてば恐るるに足らず! 金利を簡単に把握するコツは、リアルな基準値をもつことです。 そうすると異なる借入金額や年利であっても概算金利を算出しやすくなるからです。 金利は大抵「実質年率」、つまり「1年借りたらいくら金利がかかるよ」という表記をしています。 1年の単位で長く借りることってあまり現実的ではないため、これを「1日借りた場合の金利=日利」に変えてわかりやすくします。 あと百分率よりも実際の金額の方がリアルなので、「1万円を1日借りた場合の金額」に換算します。 今回これを基準にして計算すると、1万円を1日借りた場合、1日5円の金利(日利 0. うん、覚えやすい。 5円の金利、と言う具合にすぐに計算できます。 たった一つ覚えればいろんなパターンでも金利を概算で出せるようになるのです。 実はコンビニATM手数料よりずっと安いことがわかります。 金利が1日数円〜十数円くらいなら純粋に「手数料」として払ってもいいかなと思うのです。 賢いキャッシング・カードローンの選び方 キャッシングの中でもより安心して使いやすいのが、銀行系の「カードローン」です。 カードローンもいろいろあり、大事なのは低い金利を提示してくれるカードローンを使うことです(当然ですね)。 そして金利以外に見逃せない、注目すべきポイントは カードローン利用時のATM手数料がかからないかどうかです。 コンビニATM手数料がかからない主な銀行系カードローン(借入&返済) ・ ・(レイクとスマートカードローンプラスの二種類) ・(ただし1回あたり3万円以上に限る) ボクがよく使っている住信SBIネット銀行は、数年前の改悪により銀行口座の無料入出金の回数が制限されてしまいましたが、カードローンは何度使っても無料なんですよね。 入出金の回数を気にしない便利さになら、ちょっとした金利手数料を払っても全然OKだって思っちゃいます。 まとめ 一時的に現金が必要になったとき、近くに銀行ATMがあるとは限りませんし、あったとしても時間外手数料がかかるかもしれません。 一方、コンビニATMなら近くに見つかる可能性がずっと高いし、それがもっと気軽に使えるならば、活用しない手はないですよね。 いざという時、コンビニATMでのカードローンがあなたを救ってくれるかもしれません。 キャッシング・カードローンのおいしい使い方まとめ ・外貨両替はクレジットカードでの海外キャッシングで手数料を抑えられる ・コンビニATMは、ATM手数料がかからないカードローンが超便利 ・1日あたりの金利がわかっていれば、キャッシングは意外と安心して使える ボクは飲みに行って、最後ワリカンでお金を支払うとき、現金が足りなくて焦った経験が何度もありました。 実はボク、財布を電車でスられた経験があり、多額の現金を持ち歩かないようにしてるのですよ。 だからいつでもコンビニATMをわずかな手数料で使えるのはとても助かります。 上記のように1万円ならせいぜい5円〜15円程度の手数料で済みます(1〜3日で返した場合)。 コンビニATM時間外手数料で216円とか取られるより余程良心的だと思いませんか? と言っても、キャッシング(カードローン)はあくまで借金です。 返し忘れるとそれだけ手数料(利息)が増えます。 借りたこと自体忘れないよう、2〜3日で返すのがコツです。 一時的に現金が必要になった時、コンビニATMでのキャッシング・カードローンが意外とオトクですよって話でした。 利用するクレカの海外キャッシングについては事前に確認しておいた方がよいです(楽天系は特に注意)。 ネットで一番評判よかったのは「セディナカード Jiyu! 」でした。 年会費永年無料で海外キャッシング分をPay-easy(ペイジー)で返済することができるので、長い海外滞在でも繰り上げ返済可能&金利を最低限に抑えられます。 キティちゃんデザインのカードもあって人気のようです。 なお国際ブランドにMasterを選択すると為替レートが有利です。 そして大事な点はセディナも海外キャッシングでのATM利用手数料が無料になるところ。 通常手数料がかかる海外ATMでも安心して利用できます。

次の

もう悩む必要なし!何回でもコンビニATM手数料を気にせず利用できる方法

コンビニ atm 手数料

銀行の普通預金口座は、給料の受け取りや現金の引き出し、公共料金やクレジットカードの引き落としなど、生活にかかせないものです。 銀行口座選びは、日常生活の中でいかに便利に使えるかが大切なポイントです。 銀行の手数料の中で、もっとも多く支払う機会が多いのが 「ATMの利用手数料」ではないでしょうか。 メガバンクや地方銀行では、基本的に8:45~18:00の時間外でATMを利用してお金の引き出した場合には利用手数料が発生します。 自分の生活圏内に銀行店舗やATMがない場合は、提携ATMを利用してお金の出し入れをする必要があります。 この場合も利用手数料が発生する場合があります。 一部の銀行やネット銀行の場合、その銀行が提携しているコンビニなどのATMであれば、ATM利用手数料が無料であったり、時間外でも一定回数まで利用手数料が無料になったりするサービスを実施しています。 ATM利用手数料が無料のサービスを実施しているネット銀行を上手に利用する事で、無駄な出費を抑えることができます。 ATMの利用手数料は無駄なコスト 一般的な多くの銀行では、平日8:45~18:00などのATM利用は無料、それ以外の時間帯では110円~220円の手数料が発生します。 例えば、月に3回、ATMを時間外で利用した場合。 これをATM手数料が無料になる銀行を選んでおくだけで余計なコストがかからず、その分を自由に貯金することもできます。 コンビニATMサービス 銀行口座からお金を引き出すには、銀行の窓口に行って手続きをするか、ATM(現金自動預け払い機)を利用します。 コンビニATMは文字通り、コンビニエンスストアに設置されているATMです。 コンビニは基本的に365日24時間営業しているので、早朝や深夜問わずATMを利用することができます。 キャッシュカードを利用しての現金の入金・出金や振り込み。 クレジットカードを利用してのキャッシング。 電子マネーやスマホ決済サービスのチャージなどを行うことができます。 現金の入金や出金はATMによって違いがあり、千円、ニ千円、五千円、一万円の紙幣が使える機械と、100円や500円などの硬貨も利用できる機械があります、 コンビニATMでは基本的に紙幣のみの取り扱いがサービスが多いので、小銭を入出金する際には注意しましょう。 セブン銀行 セブン銀行ATMは、ほぼ全店のセブンイレブンに設置されており、2018年9月末で24,756台が稼働しています。 セブンイレブンやイトーヨーカドーなどに設置されています。 ローソン銀行 ローソン銀行ATMは、日本全国のローソンにおいて2018年3月末で12,813台が可動しています。 ローソンに設置されています。 E-net(イーネット) イーネットは、コンビニATM、都市銀行・地方銀行にATMサービスを提供している企業です。 2019年3月末で12,750台が可動しています。 ファミリーマートをメインに、一部のポプラ、生活彩家、デイリーヤマザキ、コミュティ・ストア、ニューデイズ、アンスリーに設置されています。 イオン銀行 イオン銀行は、イオン店舗の他にもイオングループの店舗にもATMを設置しています。 イオン銀行のATMは2018年3月末で6,181台が可動しています。 イオン以外にも、イオンモール、ミニストップ、マックスバリュ、ザ・ビッグなどに設置されています。 BankTime セイコーマートや一部のドラックストアにATMが設置されています。 タウンネットワークサービス デイリーヤマザキ、西友、ヤオコー、クリエイトSDなどにATMが設置されています。 メガバンクをコンビニATMで利用する場合 三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の預金口座を持っている場合、一般的な普通預金や貯蓄預金を利用している際には、コンビニATMでの入金・出金ともに手数料が発生します。 三菱UFJ銀行のキャッシュカードをコンビニATMで利用する 三菱UFJ銀行の場合、スーパー普通預金(メインバンク プラス)を利用すると、提携先コンビニATMを最大3回まで無料で利用が可能です。 スーパー普通預金(メインバンク プラス)のランクをシルバーステージにする条件は、下記のいずれかをクリアする必要があります。 給与受取または年金の受取 2. クレジットカードの利用代金引き落とし 3. 30万円以上の預かり資産残高 4. Web通帳の契約 5. SMBCデビットの契約 コンビニATMを無料で利用するならネットバンクが便利 メガバンクは優遇サービスを利用すると、月3、4回はコンビニATMから無料でお金を引き出すことができます。 しかし、優遇条件が一定額以上の資産運用や給与の受け取りなど、基準が高いケースがあります。 ネット銀行は基本的に店舗がなく、提携ATMを利用する必要があるため、提携先が多いのが特徴です。 コンビニATMとの提携してるネット銀行の場合、あらかじめ無料回数が設定されているケースもあります。 コンビニでよくお金をおろす事が多い方は、ネット銀行を活用するとコストを抑えることができます。 ATM手数料が無料のネット銀行を選ぶポイント 1. 提携しているATMの種類や数 手数料が無料でATMが使えると行っても、自分の活動の範囲内に利用できるATMがないと活用できません。 もっとも効果的に利用できる可能性があるのが、 コンビニエンスストアとゆうちょ銀行のATMです。 コンビニは日本全国各地に多数あります。 ゆうちょ銀行は「全国で公平に便利に利用できる」ユニバーサルサービスを提供する責務があり、日本の全ての都道府県にゆうちょ銀行があります。 この コンビニとゆうちょ銀行との提携が、ATM手数料を抑えるポイントの一つになります。 ATM設置台数 ゆうちょ銀行 セブンイレブン セブン銀行 ローソン ファミリーマート E-net ミニストップ イオン銀行 約28,000台 約25,000台 約13,000台 約14,000台 約8,000台 2020年6月1日 時点) 銀行ATM数(提携含まず) 三菱UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 約8,000台 約500台 (本店・支店数) 約1,900台 (2019年5月4日現在) 2. 資金の移動しやすさ ATM利用手数料を無料で利用しようと考えた場合、ネット銀行が選択肢の一つになります。 しかし、ネット銀行は給与振込などを行うメインバンクとしては、勤め先の会社での取扱がない場合もあります。 ですので、給与口座がメガバンクなどの場合、ネット銀行に資金を移動する必要があります。 その際、同じ口座名義であれば、無料で資金の移動が可能。 また、毎月、自動で資金を移動してくれるサービスがあると、自分で操作をする手間もはぶけるのでとても便利になります。 コンビニATM手数料無料 おすすめ銀行ランキング 1. (税抜 2019年5月4日現在) イオン銀行とコンビニATM イオン銀行ユーザーは、イオン銀行ATMの利用が24時間365日手数料完全無料で時間外手数料はありません。 いつでも無料でお金を出し入れできるので、時間を気にすることなく、ムダな手数料を払わなくてすみます。 入金は何度でも無料です。 イオン以外にも、イオンモール、ミニストップ、マックスバリューなど、全国6,000台以上のATMも同様に無料で利用が可能です。 セブン銀行のATMが利用できませんので注意しましょう。 ファミリーマートとローソンは、 イオン銀行Myステージのランクによって無料回数が変更します。 ステージ ブロンズ ステージ シルバー ステージ ゴールド ステージ プラチナ ステージ ATM入出金 利用手数料無料回数 月1回 月2回 月3回 月5回 その他、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行も8:45~18:00の時間帯は入出金が何度でも無料となっています。 イオン銀行 おすすめポイント 買い物をイオンですることが多いという方は、イオン銀行とイオンカードセレクトを活用することで、さまざまなメリットがあります。 イオン銀行ATMが無料なのをはじめ、平日の日中であればゆうちょ銀行などのATMも無料で利用ができます。 イオンの店舗は年中無休で夜9時まで営業しているので、仕事帰りに手続きや相談も可能。 クレジット機能付きキャッシュカードの「イオンカードセレクト」を持っていると、イオン銀行を利用するたびにWAONポイントが貯まり、ポイントは電子マネーとしてイオンで使用することができます。 毎月20,30日はお客様感謝デーで買い物が5%オフになるのも魅力です。 さらにイオンセレクトカード特典として、普通預金の金利が最大年0. 15%というメガバンクの100倍以上の高い金利になっています。 (税抜 2019年10月9日現在) 住信SBIネット銀行とコンビニATM 住信SBIネット銀行は スマートプログラムのランクに応じて、ATMの無料使用回数が変わります。 新規口座開設から6ヶ月間はランク2になるので、月5回まで利用手数料が無料でコンビニATMを利用することができます。 入金は何度でも無料です。 (税抜 2019年5月4日現在) ソニー銀行とコンビニATM ソニー銀行は、提携ATMをすべてあわせて月4回までは引き出し手数料が無料で、月5回目以降は1回110円となっています。 入金は何度でも無料です。 優遇プログラム Club Sを利用することで、ATM利用手数料無料回数を増やすことが可能です。 (税抜 2019年5月4日現在) 楽天銀行とコンビニATM 楽天銀行は提携先が豊富なメリットがあり、全国約90,000台のATMでキャッシュカードの利用が可能です。 ビューアルッテは、出金と残高照会の取り扱いのみで、入金はできません。 新規に口座開設をした方は、口座開設月とその翌月から6ヶ月間、毎月5回のATM利用手数料が無料になります。 3万円未満の入金の際に手数料が発生してしまうのがデメリットです。 ハッピープログラムで無料でも利用が可能ですが、無料回数がない場合は220円~275円の手数料がかかります。 優遇プログラムのハッピープログラムを利用することでATM無料利用回数を増やす事が可能です。 ステージ ベーシック アドバンスド プレミアム VIP スーパーVIP ATM出金 利用手数料無料回数 — 月1回 月2回 月5回 月7回 楽天銀行 おすすめポイント ・「auのプライムバンク」などauユーザーへの特典が豊富。 (税抜 2019年5月4日現在) じぶん銀行とコンビニATM じぶん銀行は三菱UFJ銀行の資本が入っていますが、提携コンビニATMと同様の手数料体系となっています。 基本プランの場合、入金出金ともに1回110円の手数料が発生します。 じぶんプラスという優遇プランのランクを上げることで、ATM利用の無料回数を増やすことができます。 JAPANとの連携でTポイントが貯まる ・トークン型の本人認証で最先端のセキュリティ体制 ・JNBスタープログラムでポイントや金利がアップ 提携ATM 出金手数料 セブンイレブン (セブン銀行) 毎月最初の1回は無料(入金・出金それぞれ1回) ・3万円未満 2回目以降は162円 ・ 3万円以上 24時間365日 手数料無料 ローソン ファミリーマート (E-net) ミニストップ (イオン銀行) — ゆうちょ銀行 毎月最初の1回は無料(入金・出金それぞれ1回) ・3万円未満 2回目以降は324円 ・ 3万円以上 24時間365日 手数料無料 (税抜 2019年5月4日現在) ジャパンネット銀行とコンビニATM ジャパンネット銀行は、毎月最初の一回は入金も出金も無料でATMを利用することができます。 2回目以降も3万円以上の入出金であれば、いつでも何回でも手数料が無料なので、まとめて現金を出し入れするようにすると手数料を抑えることができます。 ジャパンネット銀行 おすすめポイント ・全国のセブンイレブンのATMが利用できる ・利用サービスに応じてnanacoポイントが貯まる ・デビットサービスで利用代金が即時払い 提携ATM 出金手数料 セブンイレブン (セブン銀行) 7:00~19:00まで、何回でも無料 以外の時間は110円 ローソン — ファミリーマート (E-net) — ミニストップ (イオン銀行) — ゆうちょ銀行 — (税抜 2019年5月4日現在) セブン銀行とコンビニATM セブン銀行は、平日の7:00~19:00までの出金が無料ですが、それ以外は110円のATM利用手数料がかかります。 他のネット銀行で設けられている様な、無料サービスは実施していません。 入金は日時に関係なく無料になっています。 (税抜 2019年5月4日現在) 新生銀行とコンビニATM 新生銀行は実店舗も全国に展開していますが、提携先も豊富です。 ビューアルッテは、出金と残高照会の取り扱いのみで、入金はできません。 新生ステップアッププログラムを利用することで、ATM利用手数料無料回数を増やすことが可能です。 ステージ 新生スタンダード 新生ゴールド 新生プラチナ ATM出金 利用手数料無料回数 110円 何回でも無料 何回でも無料 新生銀行 おすすめポイント 最低預入金額が50万円以上であれば、2週間で満期がくる2週間満期預金の自動継続をしておくと金利分が元本に組み込まれて複利の効果を得ることができます。 コンビニATM 手数料無料ランキング まとめ 通勤や通学、日常の行動範囲の中にコンビニやゆうちょ銀行の提携ATMがあれば、ATMの時間外手数料という無駄な出費を抑えることができます。 まずは、自分の生活圏で最寄りのコンビニやゆうちょ銀行があるか確認してみましょう。 それぞれのネット銀行によって、ATM手数料が無料となる回数や提携金融機関に違いがありますので、自分に有利な銀行を選んで活用してください。 クレジットカードやスマホペイサービスなど、キャッシュレスを利用している方が増えてきているので、現金を引き出す回数が減っているかもしれません。 月に2、3回無料でATMが利用できると便利でしょう。 カードの利用代金が 最大20%ポイント還元!.

次の

コンビニATMご利用時間と手数料

コンビニ atm 手数料

2,000円預け入れて、108円の手数料…。 汗 先日、セブンイレブンのATMで、三菱UFJ銀行に 「預け入れ」したんです。 普段はほとんど、三菱UFJ銀行を使っていないんですけど、どうしても必要となり…。 そうしたら、手数料がかかってびっくり! 引き出す方なら分かる気もするんですけど、 預け入れる方にも手数料がかかるとは! 三菱UFJ銀行は2013年末からコンビニATM手数料が有料化 三菱UFJ銀行は、2013年12月20日から、コンビニATM手数料を、平日昼間無料から100円 税抜 に引き上げています。 メガバンクのなかでも、手数料見直しの先行事例となっています。 もちろん預金残高によっては優遇が受けられますが…。 残高照会以外の全てのATM操作、つまり 預け入れについても手数料がかかるということは覚えておくと良いです! メガバンク各行のコンビニATM手数料 三菱UFJ銀行 コンビニATM3回まで無料 みずほ銀行 コンビニATM4回まで無料 三井住友銀行 コンビニATM3回まで無料 (各行とも無料回数の上限を記載) 三菱UFJ銀行だけでなく、メガバンク各行の状況も見てみましょう。 メガバンク各行は、基本的にコンビニATM手数料は有料で、預金残高などに応じて優遇措置をとっていますが、 手数料無料で利用できる回数は、最大で3~4回です。 通勤途中に銀行の支店が無いなど、 コンビニATMを利用せざるを得ない状況では、メガバンク各行は、だいぶ使い勝手が悪くなることが分かります。 新生銀行、ソニー銀行も見直しで原則ATM手数料を有料化 新生銀行 2018年10月7日より原則有料化 ソニー銀行 2019年1月より原則有料化 新生銀行と ソニー銀行は、コンビニATMの手数料がかからない銀行として重宝されてきましたが、相次いで 手数料見直しの動きを進めています。 新生銀行は、主要コンビニ各社(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)で、24時間回数無制限で引き出し手数料が無料でしたが、 2018年10月7日より手数料が原則有料化。 ソニー銀行は、セブンイレブン(セブン銀行)、ミニストップ(イオン銀行)のATM手数料が無料でしたが、 2019年1月より手数料が原則有料化。 コンビニATMの手数料をめぐる動きは、一段と厳しくなってきています…。 (画像出典:イーネット『』) ゆうちょ銀行の場合は、ファミリーマートのATMを利用するのが便利です。 ファミリーマートに設置してあるATMは、基本的にイーネットのATMですが、ゆうちょ銀行は、 平日8時45分~18時00分・土曜9時00分~14時00分は無料で入出金できます。 また、ファミリーマートでは徐々にゆうちょ銀行の専用ATMを併設する店舗が増えてきています。 専用ATMを利用すると、ATM手数料が全時間帯で入出金無料となります。 さらに、ゆうちょ銀行の場合は、郵便局のATMでも手数料は無料です。 ファミリーマートのATM台数12,706台と、ゆうちょ銀行のATM台数約28,800台を合わせると、 対象時間帯で無料で利用できるATMの台数は4万台を超えます。 自宅から通勤先・通学先までの、自分の生活圏内に、郵便局・ファミリーマートが多いなら、非常に便利に活用できます! (画像出典:セブン銀行『』) スルガ銀行は、セブンイレブン(セブン銀行)とファミリーマート(イーネット)、さらにミニストップ(イオン銀行)で、 平日7時~18時・土曜9時~14時は無料で出金できます。 入金は全ての時間帯で無料です。 スルガ銀行は静岡県沼津市に本店を置く地方銀行ですが、 「ANA支店」というインターネット支店があり、日本全国から口座開設することができます。 日本全国各地の人がスルガ銀行のATMを使うのは難しいと思いますが、 セブン銀行のATMは約25,000台、コンビニATMのネットワーク単体としては最大です。 ミニストップの店舗数約2,200店舗を加えると、 対象時間帯で無料で利用できるATMの台数は約2万7千台となります。 ANA支店は、その名の通り、ANAのマイレージプログラムと連携していて、給与振り込みなどでANAマイルが貯まるのも魅力です!• 東京スターダイレクト(インターネットバンキング)に登録• 「スターワン口座取引明細書」の郵送設定を「郵送しない」に設定 どちらもごく簡単な手続きなので、とくに障害になることは無いように思います。 【注意点】東京スター銀行は『E-net端末』には未対応 東京スター銀行にスターワン口座を開設すると、 一定の条件を満たしたATMの利用手数料が、月8回まで実質無料となります。 一定の条件って何?ということなのですが、 東京スター銀行は『E-net イーネット 端末』には対応していません。 例えばファミリーマートでは、店内ATMがイーネット端末だけの状態から、ゆうちょ銀行の専用ATMを併設する店舗が増えてきているのですが、イーネット端末だけの場合には、東京スター銀行にスターワン口座は利用できないということになります。 イーネット端末しかないコンビニをメインで利用している人は注意しましょう! 東京スター銀行は総合的なメリットが大きい 今回紹介したこと• コンビニATMの手数料については、多くの銀行で有料化が進んでいます。 コンビニATM手数料無料で知られていた、新生銀行とソニー銀行も相次いで手数料徴取の方向に舵を切っています。 全てのコンビニのATM手数料を無料とできる金融機関は存在しないので、自分が良く利用するコンビニとの組み合わせを考えることが重要です。 金融機関を軸に考えるなら、ゆうちょ銀行か、スルガ銀行ANA支店に口座を開設しておくことがおすすめ!• 東京スター銀行のスターワン口座を開設することも、総合的にはかなりメリットが大きいのでおすすめです! お金を節約するためには、銀行口座から必要な分だけ、少しづつ引き出したいですよねー 平日の日中と、土曜日の一部の時間帯でコンビニATM手数料が無料になるのは、次の3つの組み合わせということを覚えておくと良いです!.

次の