スキルブースト デレステ。 スキブ vs アンサンブル vs シンフォニー(デレステ):蒼と黒のモバマスプレイ日記

デレステ オーバーロードの使い方とアイドル一覧

スキルブースト デレステ

編成に必要な特技 ・スキルブースト ・ダメージガード ・PERFECTサポート 判定強化 ・トリコロールシナジー フェス限の「スキルブースト」の効果を応用した編成。 スキルブーストの効果は文字通り それぞれのスキルの効果を強化するもの。 例えばSSRの「PERFECTサポート」の場合 MISSとなったノーツもPERFECT扱いになります。 「ダメージガード」の場合 PERFECT判定になったノーツ1つにつきライフを1回復するようになります。 つまりこれらを組み合わせる事で 現状クリアできる楽曲は限られているものの 楽曲を叩かず放置するだけでクリアできてしまうのが放置編成です。 まず放置編成に組み込むアイドルは 全員特技レベル10が前提。 また、 編成するために必要なアイドルがそもそも限られているため、すぐには組めない人も多いかもしれません。 組みたい場合はスカチケ等の候補に覚えておきましょう。 編成に必要なアイドル 放置編成に必要な特技を持つアイドルは以下の通りです。 これらの中から、 発動タイミング 秒数 が被らないアイドルを組み合わせる必要があります。

次の

【デレステ】スキルブーストの評価と考察

スキルブースト デレステ

先日の シンデレラフェスで初めて トリコロール・シンフォニースキルが初実装されたことで、スキル強化系の特技が3種類になりました。 今回はそれぞれの特技のメリット、デメリットの比較です。 以下、それぞれの特技およびセンター効果を比較した表になります。 登場順では スキルブースト 以下、スキブ が一番先になりますが、ボーナス強化、判定強化、回復量上昇と3点セットまんべんなく揃っています。 特に、 カバー範囲がデレステの全スキルの中でも一番広く、特に"8秒しばらく"は8秒間隔に対して7. 5秒間発動と驚異の93. このカバー範囲の広さで 放置編成は必須であり 8秒しばらく推奨 、他の特技強化スキルに比べて欠点も少ないので、今後も活躍範囲は広いと言えます。 スキルブーストの次に登場したのが アンサンブルスキルであり、こちらはボーナス強化のみですが、ボーナス強化上昇量が スキブの1. 2倍に対して驚異の1. 5倍です。 最後に、一番新しく登場したのが トリコロール・シンフォニーです。 簡単に言うと、発動時間以外はスキブのボーナス強化をユニゾン並みに強化したバージョンです。 ただ、カバー範囲が スキブに比べて狭いため、 放置編成には向きませんし、高難易度曲に対して慣れていない人も スキブの方が範囲が広いため、スキブで慣らしてからシンフォニーに切り替えた方が良いかもしれません。

次の

【デレステ】ユニット編成の目安

スキルブースト デレステ

先日の シンデレラフェスで初めて トリコロール・シンフォニースキルが初実装されたことで、スキル強化系の特技が3種類になりました。 今回はそれぞれの特技のメリット、デメリットの比較です。 以下、それぞれの特技およびセンター効果を比較した表になります。 登場順では スキルブースト 以下、スキブ が一番先になりますが、ボーナス強化、判定強化、回復量上昇と3点セットまんべんなく揃っています。 特に、 カバー範囲がデレステの全スキルの中でも一番広く、特に"8秒しばらく"は8秒間隔に対して7. 5秒間発動と驚異の93. このカバー範囲の広さで 放置編成は必須であり 8秒しばらく推奨 、他の特技強化スキルに比べて欠点も少ないので、今後も活躍範囲は広いと言えます。 スキルブーストの次に登場したのが アンサンブルスキルであり、こちらはボーナス強化のみですが、ボーナス強化上昇量が スキブの1. 2倍に対して驚異の1. 5倍です。 最後に、一番新しく登場したのが トリコロール・シンフォニーです。 簡単に言うと、発動時間以外はスキブのボーナス強化をユニゾン並みに強化したバージョンです。 ただ、カバー範囲が スキブに比べて狭いため、 放置編成には向きませんし、高難易度曲に対して慣れていない人も スキブの方が範囲が広いため、スキブで慣らしてからシンフォニーに切り替えた方が良いかもしれません。

次の