ジン 美味しい 飲み 方。 必見!本当に美味しい人気のジンおすすめランキング

美味しいジンの飲み方11選!ストレート/ショット/ホット/ロック

ジン 美味しい 飲み 方

ジンはカクテル等によく使われるお酒で、スピリッツ(蒸留酒)という分類のお酒になります。 大麦やライ麦、ジャガイモ等を原料として作られているお酒で、アルコール度数は40~50度になりますので、ウイスキーやウォッカ、テキーラ等と並び、アルコール度数が強めのお酒に分類されます。 ジンの魅力は何と言ってもアルコール度数からはイメージできない飲みやすさになります。 薬用で活躍した時代の功績はもちろんのこと、飲用になってからも、ショットやホット等といったジンそのものを味わう飲み方でも流通していきました。 寒い地域では一時的に体温を上げて身体を温めるための、暖房代わりにもなったのです。 現在はフレッシュや他のスピリッツ等と合わせて、カクテルで飲まれることが多くなっています。 ジントニックが最も有名ですが、実はジンはジンそのもので飲んでも美味しいお酒だということは、あまり知られていません。 ジンにはジントニック以外にも知られざる楽しみ方がたくさんあるんですよ。 原液を一度気化させてから液化させることでよりアルコール純度の高いお酒が生まれるわけです。 火がつくような強いアルコールで、精神を高ぶらせるためスピリッツと呼ばれるようになった説が有力です。 界4大スピリッツとしてはジンの他にはウォッカ、ラム、テキーラが上げられます。 ウォッカは世界で一番強いお酒として有名、またラムは製菓等にも使われますし、テキーラはショットで飲む習慣が若者たちの中でも最も定着しているお酒になりますので、名前くらいは知っている、という方も多いのではないかと思います。 4大スピリッツについて書きましたが、ジンはその中でもストレートで飲まれる機会が少ないお酒になります。 カクテルという舞台では大活躍しているものの、ストレートで飲むお酒としては、テキーラやウォッカに隠れがち、というのがジンの現状かもしれません。 種類によってアルコール度数が違うので、ウォッカより強いジンもあり、その逆もありますが、世界で一番強いと言われているお酒はウォッカになります。 ちなみに平均的にはジンよりもウォッカの方が3度くらい強いと言われています。 とはいえジンはウォッカと大差ない強さです。 世界で一番強いと言われているお酒はポーランドのウォッカ「スピリタス」になり、これは96度のアルコール度数になります。 いわゆる、ほんとうに液体にライターを近づけたら火が付くお酒です。 強いアルコールで酔っぱらう飲み方ではなく、雰囲気に酔っぱらってしまうような飲み方。 大人の女の飲み方で酔いたいものですよね。 美味しい飲み方が分かった!これで貴女も今日からジンのとりこ ジンはどんな飲み方をしても、そのキャラクターをしっかり味わえる、キングオブ・スピリッツと言えるお酒だと確信しています。 カクテルで飲んでもロックで飲んでも、その違うキャラクターを心底楽しむことができます。 でも、私は是非貴女に「ジンの味わい」だけではなく「ジンの歴史」も噛みしめながら、味わっていただきたいと思っています。 友達とワイワイ飲むジントニック、大好きな彼と乾杯するブルームーン、古き良きイギリスを回顧しながら眺めるピンクレディ。 ジンが貴女をより洗練された女にしてくれるはずです。

次の

カクテルやストレートでも!本当に美味しいジンの飲み方

ジン 美味しい 飲み 方

ジンの特徴 まずはジンの特徴を簡単に押さえておきましょう。 ジンは大麦やライ麦、ジャガイモなどの原料から作られ、 2回蒸留することで製造されます。 蒸留することでアルコール濃度が非常に高いグレーンスピリッツを精製し、そこにジュニパーベリーなどの草根木皮を混ぜ、さらに蒸留することで作られます。 このような作り方で出来るのが、現在主流となっているドライジンです。 ジンには4種類あり、それぞれ 製造方法や香りや風味は違います。 製造方法は詳しく書かれた関連ページがあるので、そちらを見ていただくとして、こちらではそれぞれのジンの名称と香りや風味を簡単にまとめておきましょう。 ドライジン:独特の癖が強い香りと辛口で風味は控えめ• ジュネヴァ:香料が濃厚でハーブの風味が強くコクのあるとろりとした飲み口で甘味がある• シュタインヘーガー:爽やかな香りと控えめな風味と甘味、マイルドでスムースな味わい• オールド・トム・ジン:ドライジンの独特な香りに甘口の風味 この4種類に共通しているのは、ジンの独特の香りです。 この香りが好きという方もみえれば、苦手という方もみえます。 そのため美味しく飲むためには、この 香りが左右すると言うことも合わせて、方法を見ていただくといいでしょう。 それを分けると主に4種類挙がります。 それが以下の方法です。 カクテルにする• ストレートで飲む• 冷凍庫で冷やす• お湯割りにする どれもスタンダードとされる飲み方ですが、それは裏を返せば、美味しく飲めるからこそジンを飲む上で一般的な飲み方となっているという証拠でもあります。 もちろん全ての方法で飲んでみえる方は少ないと思いますが、この中から 自分に合った飲み方を見つけ、美味しくいただいていると言うことです。 香りが好きな方はそれも一緒に楽しめる飲み方を、苦手な方はそれがなるべく気にならない方法で、 それぞれジンを楽しんでいるのです。 それではそれぞれの飲み方の特徴などをもう少し詳しく見ていきましょう。 飲みやすくカクテルにする 一般的にジンはカクテルとの材料として使われ、飲まれることが多いです。 カクテルはバーなどで飲むものだというイメージがありますが、実は家でも飲むことができるのです。 シェイカーがないと作れないのでは?と思われるかもしれませんが、ジンを使ったカクテルの中には シェイカーが無くても作れるものもあるのです。 ジンを使ったカクテルとしては、ジントニックやマティーニ、ギムレット、トムコリンズがあります。 これらは以下の方法や材料を使うことで作ることができます。 トニックウォーターや炭酸水で割る• カクテルライムやカクテルレモンで割る• グレナデンシロップを加える• 市販のジュースで割る もちろん 分量などに気を付けなければいけませんが、そのあたりの詳しい作り方は関連ページを設けていますので、そちらをご覧下さい。 ジンは特徴でもご紹介した通りジュニパーベリーで香り付けをしているので、独特の香りがあるとして苦手な方もいます。 しかし上記のもので割ることで癖のある香りを抑え、 苦手な方でも美味しくいただくことができます。 上述通り香りが苦手な方にとってはストレートでは難しいかもしれませんが、この香りが好きという方にはまさに ジン本来の香りと味を楽しめる飲み方となっています。 初めての方にもおすすめできない飲み方ですが、後述の冷やしたジンを飲んで香りを楽しめるのであれば ストレートも美味しく飲める可能性が高い飲み方になります。 冷凍庫で冷やす 先ほども出てきましたが、ジンは冷やすと飲みやすくなります。 しかも 冷凍庫で冷やすという方法をとるので、凍ってしまうのでは?と思われる方もみえるかもしれませんが、ジンに含まれるアルコール、ひいてはエタノールの融点 固体から液体、液体から固体に状態変化する温度 は、-114. 凍らせることで、 香りが抑えられ、口当たりが滑らかになるので飲みやすくなります。 ジンをお湯割りにする お湯割りにするという方法もあります。 日本ではあまり馴染みがないですが、一般的に飲まれているドライジンの発祥地であるイギリスでは比較的寒い機構のため、 お湯割りで暖めることでジンを飲みやすくしています。 しかし単にお湯で割るだけでは、ジンの味のみとなってしまうため、 角砂糖やレモンなどを入れて飲むことになります。 特にジン特有の香りが強くなるため、レモンなどの柑橘系で香りを紛らわすことで、苦手な方でも多少飲みやすくなります。 寒い時期にストレートやロックで飲むのは控えたい方、珍しい飲み方に興味がある人におすすめの飲み方となります。

次の

カクテルやストレートでも!本当に美味しいジンの飲み方

ジン 美味しい 飲み 方

今ジンが世界的なブームとなり、日本でも流行し始めているのはご存じでしょうか? ここ最近ではテレビなど一般メディアでも、取り上げられるようになり、ウイスキーのように今後さらなるブームが期待されます。 そのジンといえば「 ジントニック」や「 マティーニ」といった超有名カクテルに使用されていることから、「 カクテルのお酒」とみなされることもしばしば。 そのため、カクテル以外でのジンの飲み方についてはあまり知られていません。 今のジンブームの中で、家でも気軽にジンを味わいたいという人も増えていることでしょう。 そこで本記事ではカクテルを除く、ジンの美味しい飲み方をご紹介していきます。 【トップ画像撮影店舗:カクテルワークス神保町店】 ジンは「カクテルのお酒」のイメージが強いが…他の飲み方とは 冒頭で述べたようにジンは「カクテルのお酒」とイメージしている人は多いと思います。 カクテルの帝王と呼ばれる「マティーニ」や、誰もが一度は味わったことがある「ジントニック」それにギムレットや気軽なものだとジンライムなど、 ジンを使用したカクテルは数え切れないほどあります。 例えばカクテルのレシピ本でも、一番ページ数が多いのがジンという状態です。 そのためカクテル用のイメージが強く、他の飲み方があまり知られていないのです。 カクテル用として汎用性が高いのはバーテンダーとしてはありがたいかもしれませんが、そうでない一般の人からするとカクテルは気軽に作れるものではありませんし、家でカクテルとなると少々ハードルが高く感じてしまいます。 しかし実は、 ジンはもっと気軽に味わえます。 例えばウイスキーと同じように、実はジンもロックやストレートなど、 そのまま味わっても美味しいお酒なのです。 実はジンもそのまま飲んでも美味しいお酒。 @good meals shop渋谷店 ジンがロックやストレートなどそのまま飲んでも美味しい理由 ジンをロックやストレートといったようにそのままで味わうと言われても、あまりピンとこないかもしれません。 「それ本当に美味しいの?」と思う人も少なくないかもしれません。 しかし、筆者が思うにジンはむしろウイスキーや焼酎などよりジンの方がそのまま飲んで美味しいお酒だと感じています。 その理由は「 ジンの香り高さ」にあります。 ジンについては、そもそもどういったお酒なのかすらあまり知られていないのですが、ジンはあらゆるお酒の中で最も香り高いお酒と言えるでしょう。 ジンはベースとなるスピリッツに、ハーブや果皮、スパイスなどの「」をいくつか加え風味づけされたお酒。 使用されるボタニカルは、例えば香水に使用されたり、ハーブティーやアロマオイルに使用されたり、はたまた料理の香味づけに使用されたりと、香りの良さで有名なものばかりです。 上から時計回りに、カルダモン、コリアンダーシード、ジュニパーベリー、アンジェリカルート。 これらはジンによく使用される。 このことからジンは「 飲む香水」とも言われており、とりわけ香り高いお酒なのです。 香りをかんじる 嗅覚は第二の味覚とも言われており、香り=味ともされています。 鼻をつまむと味を感じないのはこれが理由 要するに香りが良いジンは、そもそも味もよく、ロックやストレートといったようにそのまま飲んで美味しくないわけがないのです。 冷やすとより飲みやすくなる 筆者イチオシの飲み方は常温のストレートですが、氷を入れたロックやキンキンに冷えたストレートなどの方が 味が締まり、アルコールの刺激も感じにくくなるため飲みやすくなります。 キンキンに冷やす場合、家の 冷蔵庫ではなく 冷凍庫で冷やすのがおすすめ。 冷凍庫に入れてもジンのアルコール度数の関係で凍ることがなく、トロリとした状態のジンになります。 これをそのまま飲むのも中々美味しいです。 トニック割りやソーダ割り、トワイスアップなどの飲み方もおすすめ ここまでロックやストレートといったジンを割らずに味わう飲み方をおすすめしましたが、ジンはアルコール度数が40度以上と高いお酒です。 さすがにそのままではきついと感じる人も多いでしょう。

次の