アメリカ 大統領 選挙。 「勝利は不可能だ」サンダース氏が米大統領選から撤退!バイデン氏とトランプ氏の対決へ 最新情報 これまでのアメリカ大統領選を図解で振り返る

アメリカ大統領選挙の仕組みと「日程はいつ?」

アメリカ 大統領 選挙

20日に公表された選挙モデルがそのような予測を示した。 新型コロナが猛威を振るう米国では失業率が史上最高水準にまで上昇。 個人消費は激減し、国内総生産(GDP)の壊滅的な縮小を引き起こしている。 過去の歴史を振り返ると、経済がこれほど低迷した状態で再選に挑んだ大統領には悲惨な結果が待ち受けているのが常だった。 オックスフォード・エコノミクスがまとめた今回のモデルは失業率、可処分所得、インフレ率をもとに大統領選の結果を予測したもの。 それによるとトランプ氏は惨敗する見通しで、一般投票での得票率はわずか35%にとどまるという。 実現すれば、現職の大統領の得票率としては過去1世紀の間で最悪となる。 新型コロナ危機の前に同様のモデルで行った予測では、トランプ氏は55%の得票率で再選を果たすとみられていた。 オックスフォード・エコノミクスは報告の中で、現行の厳しい経済状況が「トランプ氏にとってほとんど乗り越えられないほどの障壁になる」との見方を示す。 1948年以降、上記のモデルによる予測と異なる投票結果が出た大統領選は1968年と1976年の2回しかない。 2000年のジョージ・W・ブッシュ氏と2016年のトランプ氏は得票率で対立候補を下回りながらも獲得した選挙人の数によって当選を果たした。 モデルは秋を迎えても景気の低迷が続くと予想。 失業率は13%を上回り、1人当たりの実質所得は前年比で6%近く落ち込むとみられる。 短期的なデフレにも見舞われるという。 とはいえ、ウイルスのパンデミック(世界的大流行)の時期に選挙の予測を行った例は過去になく、今回のモデルがそのまま大統領選の結果を言い当てるものになるかどうかは不透明だ。 AGFインベストメンツで米国政策担当チーフストラテジストを務めるグレッグ・バリエール氏は「従来のモデルが機能するのは平時においてだ。 しかし今は平時とは言えない」と指摘する。 同氏は仮に今日選挙が行われるなら野党・民主党 からの指名獲得を確実にしたバイデン前副大統領がおそらく勝つだろうとしながらも、実際の投票日である11月までの期間にトランプ氏は態勢を立て直すと分析。 与えられた時間を使ってバイデン氏との論戦に臨む一方、中国に対してもパンデミックの責任を追及するはずだと述べた。 オックスフォード・エコノミクスも今回のモデルについては、政策や人望といった経済以外の要素を排除しているため「もともと限界がある」ことを認めている。

次の

アメリカ大統領選挙の仕組みとは?分かり易く解説!

アメリカ 大統領 選挙

今回は、大統領選挙の仕組みについて見ていこうと思います。 まず、大統領選挙は4年に一度行われ、選挙戦は1年をかけて進められます。 アメリカの大統領の任期は、最大で2期(8年間)まで認められています。 大統領選挙は、予備選挙、そして本選挙と呼ばれる2つの選挙戦が行われます。 予備選挙とは、民主党、共和党の2大政党が、党の代表者を決める選挙です。 予備選挙で勝利するには、各党の過半数を獲得する必要があり、初戦アイオワ州から始まり、続いてニューハンプシャー州と順を追って各州で行われます。 そして、14の州で一斉に投票が行われるスーパーチューズデーが3月に行われます。 このスーパーチューズデーに選挙が最も集中するため、大変注目される日であり、この結果から撤退する候補が多く出てきます。 つまり、ここで事実上の絞り込みが行われるわけです。 そして、7月に全国党大会が行われ、各党の候補者が決定します。 全国党大会とは、共和党全国大会、民主党全国大会と各党で最終候補者を決定することを指します。 そして最後は、11月3日に大統領選の一般投票(本選挙)が行われ、アメリカ全土で選挙人の過半数を獲得した方が勝利します。 順に見ていきましょう。 まず、選挙人とは、大統領を選ぶ権利のある人の事を指し、州ごとに人口に応じて人数が違います。 勝者総取り方式とは、その州で1票でも多く票を得た候補者が、選挙人を全員獲得できるというものです。 つまり、選挙人の数が多い州で多く勝てば、選挙人の少ない州で負け続けたとしても、選挙人の総獲得数で上回ることができ勝利が可能になるということです。 簡潔に言いますと、人口の多い重要な州をより多く獲得した者が有利ということになります。 jp 上の図のように、S州ではA氏が勝利したので、A氏が獲得した選挙人は計7人ということになります。 2016年の大統領選挙の際、一般の総獲得票数では勝っていたヒラリー・クリントン氏は、選挙人が多い州で勝利したトランプ氏(今のトランプ大統領)に、最後、選挙人の総獲得数で負けてしまいました。 さて、話をトランプ大統領に移しますが、過去のデータから大統領選挙戦は現職が非常に有利だと言われています。 まず、一つ目の理由は知名度です。 アメリカの大統領ということで、トランプ大統領は圧倒的に知名度があります。 次に、予備選挙を勝ち抜いてようやく党候補になった候補者と比べて、早い段階から選挙の準備に入ることが可能です。 資金集め、支持固め、戦略と準備を進める期間が早いのは、当然有利です。 過去、再選に臨んだ大統領10人のうち、敗れたのは3人だけです。 つまり、再選確率は70%ということになります。 このうち、敗れた3人には共通点があり、それは景気後退です。 トランプ大統領が躍起になって経済の立て直しを急いでいるのも、このような過去のデータもあるからかもしれません。 現在はバイデン氏が優勢と言われていますが、トランプ大統領は新型コロナウイルスが中国武漢から流出した決定的な証拠を手に入れたと発表しています。 ポンペイオ国務長官もこの問題について「武漢の研究所から新型コロナウイルスが発生したことを示す根拠はいくつかある」と発表しています。 この発表がどう選挙選に影響するのか、何か新しいことを始めるのか、筆者にはわかりませんが、トランプ大統領の必死さは伝わってきます。 この決定的な証拠を得たというアメリカ側の発言に対して、WHO(世界保健機関)は、そんな証拠はどこにもないと反発しています。 中国とWHOとの関係も、何かと噂されていますが本当のところはわかりません。 また、アメリカ側の主張、新型コロナウイルスは中国武漢から流出したという発表に対して、中国政府が強く反発しており、「責任を押し付けるな」「米大統領選挙に干渉する気はない」などと発表し、米中関係は最悪です。 一方、トランプ大統領は「今年末までに、ワクチンが完成すると確信している」と言った、希望のセンテンスを発言しています。 経済の再開についても、早期再開を望んでいると発言しており、学校についても9月には再開させたいとの意向を示しています。 More reading• 免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。 Copyright The Motley Fool Japan 2020.

次の

トランプ大統領が再選できる可能性は?アメリカ大統領選挙の行方

アメリカ 大統領 選挙

アメリカ合衆国大統領 [ ] 所属政党: 代 氏名 所属政党 期 在任期間 副大統領 1 George Washington - ジョン・アダムズ John Adams - 2 John Adams - トーマス・ジェファーソン Thomas Jefferson 3 Thomas Jefferson - Aaron Burr - George Clinton 4 James Madison 民主共和党 - ジョージ・クリントン George Clinton 不在 (1812年4月以降) - Elbridge Gerry 不在 (1814年11月以降) 5 James Monroe 民主共和党 - Daniel Tompkins - 6 John Quincy Adams 民主共和党 - John Calhoun 7 Andrew Jackson - ジョン・カルフーン John Calhoun 不在 (1832年12月以降) - マーティン・ヴァン・ビューレン Martin Van Buren 8 Martin Van Buren 民主党 - Richard Mentor Johnson 9 William Henry Harrison - ジョン・タイラー John Tyler 10 John Tyler ホイッグ党 - 不在 - 11 James Knox Polk 民主党 - George M. Dallas 12 Zachary Taylor ホイッグ党 - ミラード・フィルモア Millard Fillmore 13 Millard Fillmore ホイッグ党 - 不在 14 Franklin Pierce 民主党 - William R. King 不在 (1853年4月以降) 15 James Buchanan 民主党 - John C. Breckinridge 16 Abraham Lincoln - Hannibal Hamlin - アンドリュー・ジョンソン Andrew Johnson 17 Andrew Johnson 民主党 - 不在 18 Ulysses Simpson Grant 共和党 - Schuyler Colfax - Henry Wilson 不在 (1875年11月以降) 19 Rutherford Birchard Hayes 共和党 - William A. Wheeler 20 James Abram Garfield 共和党 - チェスター・A・アーサー Chester Alan Arthur 21 Chester Alan Arthur 共和党 - 不在 22 Stephen Grover Cleveland 民主党 - Thomas A. Hendricks 不在 (1885年11月以降) 23 Benjamin Harrison 共和党 - Levi P. Morton 24 グロバー・クリーブランド Stephen Grover Cleveland 民主党 - Adlai E. Stevenson 25 William McKinley 共和党 - Garret Hobart 不在 (1899年11月以降) - セオドア・ルーズベルト Theodore Roosevelt 26 Theodore Roosevelt 共和党 - 不在 - Charles W. Fairbanks 27 William Howard Taft 共和党 - James S. Sherman 不在 (1912年10月以降) 28 Thomas Woodrow Wilson 民主党 - Thomas R. Marshall - 29 Warren Gamaliel Harding 共和党 - カルビン・クーリッジ John Calvin Coolidge Jr. 30 John Calvin Coolidge Jr. 共和党 - 不在 - Charles G. Dawes 31 Herbert Clark Hoover 共和党 - Charles Curtis 32 Franklin Delano Roosevelt 民主党 - John Nance Garner - - Henry A. Wallace - ハリー・S・トルーマン Harry S. Truman 33 Harry S. Truman 民主党 - 不在 - Alben Barkley 34 Dwight David Eisenhower 共和党 - リチャード・ニクソン Richard Milhouse Nixon - 35 John Fitzgerald Kennedy 民主党 - リンドン・ジョンソン Lyndon Baines Johnson 36 Lyndon Baines Johnson 民主党 - 不在 - Hubert Humphrey 37 Richard Milhouse Nixon 共和党 - Spiro Agnew - 不在 (1973年10月 - 12月) ジェラルド・R・フォード Gerald Rudolph Ford Jr. 38 Gerald Rudolph Ford Jr. 共和党 - 不在 (1974年12月まで) Nelson Rockefeller 39 James Earl Carter 民主党 - Walter Mondale 40 Ronald Wilson Reagan 共和党 - ジョージ・H・W・ブッシュ George Herbert Walker Bush - 41 George Herbert Walker Bush 共和党 - Dan Quayle 42 William Jefferson Clinton 民主党 - Al Gore - 43 George Walker Bush 共和党 - Dick Cheney - 44 Barack Hussein Obama II 民主党 - Joe Biden - 45 Donald John Trump 共和党 - 現職 Mike Pence 脚注 [ ] []• 連続ではない2期を務めたグロバー・クリーブランドを第22・24代大統領として2回数えるので、人数が代数より1人少なくなる。 連邦党とされることもある。 路線対立でホイッグ党から追放された。 参考資料 [ ]• Frank Freidel and Hugh S. Sidey,. Robert S. Summers,. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - ホワイトハウス• - 1789-1797 2. - 1797-1801 3. - 1801-1809 4. - 1809-1817 5. - 1817-1825 6. - 1825-1829 7. - 1829-1837 8. - 1837-1841 9. - 1841 10. - 1841-1845 11. - 1845-1849 12. - 1849-1850 13. - 1850-1853 14. - 1853-1857 15. - 1857-1861 16. - 1861-1865 17. - 1865-1869 18. - 1869-1877 19. - 1877-1881 20. - 1881 21. - 1881-1885 22. - 1885-1889 23. - 1889-1893 24. - 1893-1897 25. - 1897-1901 26. - 1901-1909 27. - 1909-1913 28. - 1913-1921 29. - 1921-1923 30. - 1923-1929 31. - 1929-1933 32. - 1933-1945 33. - 1945-1953 34. - 1953-1961 35. - 1961-1963 36. - 1963-1969 37. - 1969-1974 38. - 1974-1977 39. - 1977-1981 40. - 1981-1989 41. - 1989-1993 42. - 1993-2001 43. - 2001-2009 44. - 2009-2017 45. - 2017-現職.

次の