インスタ ライブ 保存 アプリ。 意外簡単!インスタライブ動画の録画方法

【Instagram】全OS向きのインスタライブ録画/保存術まとめ!

インスタ ライブ 保存 アプリ

インスタライブ動画とは 「 LIVE」とは、インスタグラムでリアルタイムで動画配信することのできるサービスです。 モバイル端末から配信されたライブ動画は全てのフォロワーのタイムライン上の上部にアイコンバッジが表示されます。 フォロワーは動画に対して、リアルタイムでコメントを残したり、いいねを付けることができ、アイデア次第で様々な活用方法ができる面白いサービスです。 そして、インスタライブに関しては自分のライブに限り、2017年3月頃から保存できるようになりました。 自分のインスタライブ動画の保存方法 まずは、インスタグラム公式アプリで自分が配信したライブ動画の保存方法を紹介します。 最初にインスタグラムタイムライン上で画面を左にスクロールするか、左上のカメラマークをタップして撮影画面を表示させます。 「 ライブ動画を開始」をタップしてライブ配信を開始します。 ライブ動画を配信するには電波状況の良い場所でなければ、フォロワーに届く動画が不安定なものになってしまいますので、電波の良いところで配信するようにしましょう。 ライブ配信を終わらせる時は画面右上の「 終了する」をタップします。 確認のポップアップが表示されますので「 ライブ動画を終了する」をタップしてライブ配信を終了します。 ライブ動画が終了すると画面右上に「保存する」というメニューが表示されますので、カメラロールに動画を保存したい方は「 保存する」をタップします。 これで自分のインスタライブ動画の保存ができました。 最後に「 完了」をタップして通常の画面に戻ります。 他人のインスタライブを保存するには外部アプリを使おう 通常のインスタグラム公式アプリでは、他人が配信しているインスタライブを保存できないです。 ですので、もし誰かの配信を保存したい場合は外部アプリを使って保存するしかありません。 ここでは他人のインスタライブを保存できる外部アプリを幾つか紹介します。 AirShou iPhone単体でライブ動画を録画できるアプリです。 Apple公式アプリではないのでAppStoreでダウンロードするのではなく、開発者のページからダウンロードします。 初期設定を済ませてしまえば、あとはシンプルな操作で録画ができます。 AirShouの使い方に関しては下記記事にて画像つきで解説していますので、気になる方は参考にしてください。 ライブ動画をパソコンの大画面で楽しむことができるのでメリットもありますが、パソコンを持っていない方は利用できないのが残念なところ。 Apowersoft Android画面録画究極 こちらはAndroid端末で動画の保存ができるアプリ。 iPhone版と同じアプリですが、Androidの方が自由度が高いようで、パソコンがない方でもAndroid端末単体でライブ動画を録画することができます。 操作もシンプルで簡単です。 Androidをお使いの方におすすめです。 最後に 以上が、自分のインスタライブを保存する方法と 他人のインスタライブを保存できるアプリの紹介でした。 自分のインスタライブを保存することはあまりないと思いますが、一応公式アプリで保存することができます。 一方で他人のインスタライブに関しては外部アプリを使うしかありませんので、いつかは保存機能が実装されればいいなと願っています。

次の

インスタライブをPCで見る/配信する方法はChromeで!録画保存は?

インスタ ライブ 保存 アプリ

スポンサードリンク Instagramでも最近話題になっているライブ配信機能 「インスタライブ」 その人の 日常風景を追体験できたり、 フォロワーとの交流の場として使われたりと、様々なシーンで活用されて人気を博しています。 そんな話題の 「インスタライブ」ですが、お気に入りの配信者や、有名人などのライブ配信なんかだと、 動画として保存しておいて後でゆっくり見返したり、何度も繰り返し楽しみたいって方も多いかと思います。 普通のInstagramに投稿された画像や動画であれば簡単に保存することが可能ですが、 「インスタライブ」のようなリアルタイムで配信されるタイプの投稿についてはどうでしょうか。 今回はこの 「インスタライブ」を保存する方法について詳しくまとめていきたいと思います。 保存したい「インスタライブ」の配信画面を開く。 「インスタライブ」の配信終了まで待つ。 画面右上の 「ダウンロード」ボタンをタップする。 これだけでOKです。 あとは写真閲覧用のアプリの中に自動的に保存されているはずですので確認してみましょう。 以前は保存機能がなかった「インスタライブ」 「インスタライブ」の保存方法についてご紹介しましたが、この保存機能って実は 最近になって実装された機能なんです。 実は 少し前までは、Instagramの公式アプリ内にはそういった保存機能は付いていなかったため、わざわざ 外部の保存用アプリなどを使って保存するしかありませんでした。 ですが最近になって、Instagramアプリに 公式の機能としてインスタライブの配信内容を動画として保存する機能が追加されたんです。 もしまだ以前の方法を使っているって方や、アプリ内に保存の表示がないって方は、 一度Instagramアプリをアップデートしてから確認してみてください。 めちゃくちゃ簡単に保存できちゃうので便利ですよ! 自分のライブ配信を保存したい場合は? もちろん人の配信だけでなく、 自分がインスタライブで配信した内容に関してもきちんと保存しておくことが可能ですよ。 こちらも上で紹介した方法と同様、 ライブ配信終了後に右上の「保存」ボタンを押すだけで簡単に保存できるので試してみてください。 まとめ 今回は、 インスタライブの保存方法について詳しくご紹介してみました。 以前よりもかなりお手軽に保存できるようになったので、今までそんなに手間がかかるなら…って諦めてた方も、一度試してみてください。

次の

【Instagram】全OS向きのインスタライブ録画/保存術まとめ!

インスタ ライブ 保存 アプリ

ライブ配信の時代が到来しました。 Facebook、Snapchatなどのソーシャルメディアは次々とライブ配信機能を発表しました。 今年1月下旬、ついにInstagramも「ストーリー」でライブ配信がリリーズされました。 インスタライブとも呼ばれています。 投稿されている内容はおしゃれなものが多いので、Instagramは特に日本の若年層の女性に人気を呼びんでいます。 しかし、これらの女性たちが不便だと思ったのは、Instagramのライブ動画は配信終了後は見れなくなることです。 つまり、自分の好きなライブ内容を一回しか見えないことになります。 ライブ動画が残っていないので、ダウンロードもできません。 そうすると、一番役に立つ方法は録画アプリを使ってライブ動画を録画することです。 ここでおすすめの録画アプリを二つ紹介します。 Instagramからライブ動画を保存する方法 これはコンピュータにリアルタイムに出力し録画するアプリです。 使うときの手順は以下のとおりです。 下のリンクにクリックして、このアプリをダウンロードしてから起動します。 iOS端末を同じネットワークに接続します。 そして、Appleデバイスの画面を下から上にスワイプして、「AirPlay Mirroring」ボタンをタップします。 お使いのコンピューターを選択して接続させる。 コンピューターに表示されたスマートフォン画面の上部にある赤ボタンを押して、録画を始めます。 同じボタンを押せば、録画を完了させます。 ヒント:Instagramのライブ配信を録画するだけでなく、ほかのソーシャルメディアのライブ配信を録画する場合、同じ手順で操作すればいいです。 また、製品プレゼンテーション、教学デモやゲームの共有にも役に立ちます。 Apowersoft Android画面録画究極 Apple設備に比べて、Android端末を使って録画する方法は非常に簡単です。 PCに接続せず、スマートフォン単体で操作できます。 Google Play StoreからApowersoft Android画面録画究極をダウンロードしてインストールします。 アプリを起動してから、ビデオアイコンをクリックしてライブ画面を録画し始めます。 「 stop」ボタンを押すと、録画を停止します。 そして、録画された内容が設備に保存されます。 ヒント:オーバーレイアイコンをオンにすれば、便利に録画停止を選択することができます。 また、デスクトップ版をダウンロードすれば、Androidスマートフォン画面をコンピューターにミラーリングすることもできます。 Instagramライブ配信について Instagramライブを使うときのポイントを少し説明します。 配信者がライブ動画をカメラロールに保存しないかぎり、ライブ動画は配信終了後にアプリから削除され、見られなくなりなす。 視聴者はリアルタイムだけにライブ動画を視聴することができます。 視聴者はライブ動画を見る間、リアルタイムにコメントすると「いいね!」ボタンを押すことができます。 ライブ動画に関するお知らせが一部のフォロワーに表示されます。 一回だけ見れば、すぐに忘れられてしまうから、録画された場合、好きなら何回も繰り返してみることができます。 動画をYouTubeなどにアップロードし共有したり、友達と一緒に見たりすることもできます。 いつでも「ライブ」、いつでも「録画」しましょう!.

次の