コパ アメリカ 速報。 2019コパアメリカ結果速報!予選組み合わせ・決勝トーナメント表まとめ

コパアメリカ2019 結果速報・日程日本代表・DAZN放送

コパ アメリカ 速報

日本、エクアドルとも敗退が決定した 後半1分 日本1-1エクアドル エクアドルのキックオフで試合開始。 日本は選手交代なし 前半47分 日本1-1エクアドル ロスタイム2分を消化し、1-1で前半終了 前半36分 日本1-1エクアドル エクアドルが同点! 右クロスからアルボレダがペナルティーエリア左から右足シュート。 川島が左手ではじいたが、こぼれ球をメナが右足で押し込んだ 前半15分 日本1-0エクアドル 日本が先制! 中島のスルーパスに岡崎がフリーで飛び出したが、相手GKがクリア。 こぼれ球を中島が拾って無人のゴールへ蹴り込んでゴールネットを揺らすも、岡崎がオフサイドの判定でノーゴール。 しかし、VARで判定が覆ってゴールが認められた 前半1分 日本0-0エクアドル 日本のキックオフで試合開始。 エクアドルはセンターバックのDFアチリエール(モレリア)が出場停止。 互いに勝てば1次リーグ突破のガチンコ勝負始まる 『Goal』ではエクアドル代表とのコパ・アメリカ第3戦をLIVEテキスト速報! 日本代表は25日(日本時間)、コパ・アメリカ2019のグループC第3戦でエクアドル代表と対戦する。 グループCに入った日本は、初戦で大会連覇中のチリと対戦。 序盤こそいい形を作り、決定機を迎えたものの、ゴールにはつながらず。 すると前半終了間際、チリに先制点を許すと、後半にも流れを引き寄せられず。 0-4で敗れた。 動画 日本vs エクアドル 1-1 ハイライト 2019 コパ・アメリカグループC スターティングメンバー スタメン 日本代表 GK:川島永嗣 DF:岩田智輝 DF:冨安健洋 DF:杉岡大暉 DF:植田直通 MF:柴崎岳 MF:板倉滉 MF:三好康児 MF:中島翔哉 MF:久保建英 FW:岡崎慎司 エクアドル代表 GK:モイセス・ラミレス DF:ジャクソン・ポロソ DF:ディエゴ・パラシオス DF:ジョン・エスピノサ DF:リカルド・ミナ MF:ジョルディ・アルチバル MF:ホセ・シフエンテス MF:ジョルダン・レサバラ MF:アレクサンデル・アルバラド FW:レオナルド・カンパーナ FW:ゴンサロ・プラタ スタメン予想 【エクアドル戦の予想スタメン】日本代表、決勝T進出を懸けた運命の一戦。 ウルグアイ戦をベースにベストメンバーを構成か スタメンについて森保一監督は「ウルグアイ戦の選手がベースになると思います」と語っており、第1戦のチリ戦も踏まえつつ、現状のベストメンバーを構成しそうだ。 そう考えると、GKはウルグアイ戦で好セーブを見せた川島永嗣の線が強そうだ。 もっとも大迫敬介もアピールを続けており、この19歳を初戦に続いて起用する選択肢もあるだろう。 放送テレビ局 コパ・アメリカ2019は、が放送します。 民放テレビ局 今回のコパ・アメリカ2019は民放の放送はありません。 そのため、コパ・アメリカ2019を見ようと思うとと契約しないと見ることができません。 なお、前回はのウルグアイ戦はヤフーなどのライブ配信がありましたが、今回のエクアドル戦はライブ配信はありません。 代表招集メンバー一覧 日本代表 エクアドル代表 GK:マキシモ・バンゲラ バルセロナSC GK:ペドロ・オルティス デルフィン GK:アレクサンデル・ドミンゲス ベレス・サルスフィエルド DF:アルトゥーロ・ミナ イェニ・マラティヤスポル DF:ロベルト・アルボレダ サンパウロ DF:ペドロ・パブロ・ベラスコ バルセロナSC DF:クリスティアン・ラミレス クラスノダール DF:シャビエル・アレアガ シアトル・サウンダーズ DF:ホセ・キンテーロ LDUキト DF:ベデル・カイセド バルセロナSC DF:ガブリエル・アチリエル モナルカス・モレリア MF:レナト・イバーラ クラブ・アメリカ MF:ロマリオ・イバーラ ミネソタ・U MF:カルロス・グルエソ FCダラス MF:アイルトン・プレシアード サントス・ラグナ MF:ジェフェルソン・イントリアゴ LDUキト MF:アントニオ・バレンシア マンチェスター・U MF:ジェフェルソン・オレフエラ LDUキト MF:アンドレス・チカイサ LDUキト MF:ジェクソン・メンデス オーランド・シティ FW:カルロス・ガルセス デルフィン FW:アンヘル・メナ レオン FW:エネル・バレンシア ティグレス 試合結果 1-1の引き分け 得点者 前半15分(日本)中島 前半35分(エクアドル)メナ 選手採点 【日本1-1エクアドル|採点&寸評】久保が攻撃を引っ張るも、あと1点が遠く…ベスト8進出はならず 日本代表を採点 エクアドル戦 久保建英は神 コパアメリカ敗退 サッカー日本代表がエクアドル代表とコパアメリカ決勝トーナメント進出をかけて試合しましたので採点します。 勝てばグループリーグ突破という分かりやすい条件でしたが結果は1-1の引き分け。 コパアメリカ敗退です。 48』。 2位は攻守でチームに貢献したMF柴崎岳で『6. 39』、3位はハードな守備を見せたDF冨安健洋で『6. 13』だった。 エクアドル戦、悔しさだけが残るゲームに…1-1ドローで敗退、各選手の評価は?【日本代表どこよりも早い採点/コパ・アメリカ】 日本代表は現地時間24日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループリーグC組第3節でエクアドル代表対戦して1-1でドロー決着。 この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。 最新ニュース 日本は8強逃す サッカー南米選手権、エクアドルと引き分け サッカーの南米選手権第11日は24日、ブラジルのベロオリゾンテなどで1次リーグC組第3戦の2試合が行われ、日本はエクアドルと1-1で引き分け、2分け1敗の勝ち点2で同組3位に終わり、初の8強入りを逃した。 勝てば準々決勝進出だった日本は前半15分に中島(アルドハイル)のゴールで先制したが、同35分に失点。 後半にも好機はあったが、勝ち越すことはできなかった。 ウルグアイはチリを1-0で破り、勝ち点7の同組1位、チリは同6の2位で8強入りした。 森保J 1次リーグ突破ならず エクアドルに痛いドロー サッカーの南米選手権は24日(日本時間25日)、1次リーグ・C組がブラジル・ベロオリゾンテで行われ、FIFAランキング28位の日本代表は同60位のエクアドル代表と対戦。 森保ジャパンは決勝トーナメント進出とはならず。 勝ち点2で並んだパラグアイが得失点差で日本を上回り、1次リーグを突破した。 サッカー日本代表は1次L敗退 中島先制VAR弾もドロー/エクアドル戦 南米選手権1次リーグC組(24日、エクアドル-日本、ブラジル・ベロオリゾンテ)日本(FIFAランキング28位)は、第3戦でエクアドル(同60位)と1-1で引き分けて、2分け1敗の勝ち点2で同組3位となり、1次リーグ敗退となった。 前半15分、MF中島翔哉(24)=アルドハイル=のゴールで先制したが、同35分に同点に追い付かれた。 後半終了間際には決定機を迎えたが、勝ち越せなかった。 MF久保建英(18)=レアル・マドリード=は2試合ぶりの先発出場で見せ場を作った。 久保建英、幻ゴールで痛恨ドロー 2分け1敗で敗退 前半15分、MF中島翔哉(24=アルドハイル)のスルーパスにFW岡崎慎司(33=レスター)が抜け出す。 相手GKが飛び出してクリアしたボールを、中島が無人のゴールに蹴り込んだ。 岡崎がオフサイドと判定されてノーゴールとなったが、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)の末に判定が覆り、中島の今大会初得点が認められた。 後半ロスタイムで久保のシュートが決まったかに見えたが、判定はオフサイド。 VAR判定も覆らない。 結局ドローで試合終了の笛が鳴る。 勝てば決勝T サッカー日本代表、エクアドルと対戦へ サッカー南米選手権は24日(日本時間25日)、C組の日本は第3戦でエクアドルと対戦する。 日本は勝てば、決勝トーナメント進出が決まる。 その場合、得失点差の関係でC組3位となる可能性が高く、次戦はA組1位のブラジルが濃厚だ。 引き分けか敗れれば、1次リーグで敗退する。 サッカー日本代表『コパアメリカ2019』エクアドル戦、アプリやネット中継で見るなら? レアル移籍の久保建英スタメン起用にも注目 ネット・アプリ中継については、DAZNが同大会と独占放送契約を結んでいるため、同アプリで観戦することになるだろう。 DAZNは月額1750円でスポーツを観戦できるアプリだが、未加入のユーザーについては初回加入から1カ月間のみ有効な「無料体験」の期間があるため、この機会に加入し、日本代表の活躍を自宅・通勤中など様々なシチュエーションで楽しもう。 川島 エクアドルのプライドを警戒「難しい試合になる」 「相手はいろんな意味でのプライドもあると思うし、向こうからすればこの大会の意義を見つめ直す意味でも力を見せないといけない試合」。 それだけに「難しい試合になると思う」と予想し、「自分たちもしっかりと準備して臨みたい」と続けた。 久保弾で決勝T決める! 森保監督 勝てば突破の大一番に先発起用示唆 日本代表は24日(日本時間25日午前8時)に決勝トーナメント進出を懸けたエクアドルとの1次リーグ最終戦に挑む。 両者とも勝てば無条件で決勝トーナメント進出が決まる大一番。 公式会見で森保一監督(50)はレアル・マドリードMF久保建英の先発起用を示唆。 森保J、久保で突破!監督がスタメン示唆 25日運命のエクアドル戦/南米選手権 サッカー・日本代表合宿(23日=日本時間24日、ブラジル・ベロオリゾンテ)南米選手権の1次リーグC組で、勝ち点1で3位の日本(FIFAランキング28位)は24日午後8時(日本時間25日午前8時)から当地で、勝ち点0のエクアドル(同60位)との第3戦に臨む。 勝てば8強、引き分けるか負けると敗退となる日本はこの日、最終調整した。 試合前日会見に臨んだ森保一監督(50)は、MF久保建英(18)=レアル・マドリード=を2試合ぶりに先発で起用することを示唆した。 スロー映像で見ると足をかけられているのは明らかだったが、日本にPKは与えられなかった。 これらの判定ついては現地で「日本の勝利が盗まれた」などと伝えられているという。 エクアドル戦を大手ブックメーカーはどう見る? 日本代表は勝てば決勝T進出 気になるオッズだが、6月24日現在『bet365』、『ウィリアム・ヒル』、『skybet』ともに僅差でエクアドルの有利を予想。 エクアドルの勝利に『bet365』が「2. 2倍」、『ウィリアム・ヒル』と『skybet』は「2. 1倍」というオッズを付けている。 一方の日本の勝利は『bet365』が「2. 9倍」、『ウィリアム・ヒル』が「3. 0倍」、『skybet』は「3. 2倍」というオッズを付けている。 僕も楽しくサッカーをして、チームを勝たせられるようなというか、一人でやるわけではないですけど、少しでも可能性を高められるように頑張っていきたいなと思います」 日本代表 対 エクアドル代表の対戦成績と試合結果 サッカー・日本代表がエクアドル代表と過去に対戦した国際Aマッチ全試合の結果と通算対戦成績です。 日本代表はエクアドル代表と過去2回対戦し、2勝0分0敗で4得点し0失点です。 サッカー日本代表が練習、25日にエクアドル戦 南米選手権 サッカーの南米選手権1次リーグC組で、1分け1敗の勝ち点1で3位につける日本は24日午後8時(日本時間25日午前8時)からブラジルのベロオリゾンテで、4位エクアドルとの第3戦を迎える。 22日は現地で練習した。 日本代表、25日エクアドル戦へ練習 サッカー南米選手権 サッカー南米選手権で1次リーグC組の日本代表は、2-2で引き分けたウルグアイ戦から一夜明けた21日、ポルトアレグレからベロオリゾンテに移動して練習した。 1分け1敗の日本は、24日(日本時間25日)の第3戦でエクアドルと対戦する。 最終節で正面対決の日本代表とエクアドル。 両チームの選手が勝利目指して虎視眈々 日本代表は現地時間21日(日本時間22日)の2-2で引き分けたコパ・アメリカ2019・グループC第2節ウルグアイ代表戦翌日のトレーニングを消化。 同大会を配信するDAZNでは『デイリーコパ・アメリカ』と題して、本気の南米勢に挑むサッカー日本代表を徹底取材。 22日の配信では、最終節エクアドル代表戦に切り替える選手たちの声を届けている。 日本、エクアドルに2得点以上の勝利で自力突破 C組の日本は第2戦を終わり1分け1敗の勝ち点1(得失点差-4、総得点2)で3位。 2位となるためには24日(日本時間25日)のエクアドル戦に勝ち、ウルグアイがチリに大敗(日本大勝)することが必要となる。 ただ3位チームのうち成績上位の2チームも決勝トーナメントに進出できるため、現時点ではエクアドルから2点以上を奪って勝利して3位となると、A組3位のペルーを上回り、B組の結果に関係なく自力で1次リーグを突破できる。 3位で勝ち上がった場合の準々決勝の相手はブラジルとなる。 2位の時はコロンビア。 久保、1次L突破「現実的」25日エクアドル戦で先発復帰に意欲/南米選手権 サッカー・日本代表合宿(21日、ブラジル・ベロオリゾンテ)南米選手権で1次リーグC組の日本は、2-2で引き分けたウルグアイ戦から一夜明け、ポルトアレグレから当地に移動して練習した。 1分け1敗の日本は24日(日本時間25日)の第3戦でエクアドルに勝つと、決勝トーナメント進出が見えてくる。 MF久保建英(18)=レアル・マドリード=は2試合ぶりの先発に意欲を示した。 安部裕葵が語るエクアドルの印象「日本人からしたらチリ、ウルグアイより嫌なのかな」 日本は優勝候補のウルグアイ代表に引き分けたことで現地での評価が上昇中。 チーム全員の連動した守備も評価されている。 その評価に対してウルグアイ戦で初の代表先発を飾った安部裕葵は「難しいですけどね。 逆に守備でエネルギーを使わなければ、間違いなく攻撃のパフォーマンスは上がるので。 ただ、チームとして日本は『やるぞ』ということ話はまとまっているので、それができない選手はダメなんじゃないですかね」と話した。 森保ジャパン、25日vsエクアドル 日本引き分けたウルグアイに0-4 今大会は16日のウルグアイ戦で0-4と黒星発進。 MFアントニオ・バレンシア(33)=マンチェスター・ユナイテッド=が久しぶりに招集され、右サイドで存在感を出したが不発に終わった。 代表通算21得点のFWエネル・バレンシア(29)=ティグレス=ら前線は迫力がある。 エクアドル、守備の要が一発退場…日本戦は出場停止に/南米選手権 サッカー・南米選手権第8日(21日=日本時間22日、ブラジル・サルバドル)1次リーグ第2戦が行われ、日本が入るC組でチリがエクアドルを2-1で下した。 3連覇を狙うチリは2連勝の勝ち点6で同組2位以内が確定し、準々決勝進出を決めた。 エクアドルは2連敗。 センターバックのDFガブリエル・アチリエル(34)=モナルカス・モレリア=が一発退場になり、24日(日本時間25日)の日本戦は出場停止となった。 <スタメン速報>サッカーエクアドル代表。 最大の強みと1つの不安要素を解説する【コパ・アメリカ主要国分析(5)】 コパ・アメリカ2019(南米選手権)が現地14日に開幕する。 マンチェスター・ユナイテッドに所属するMFアントニオ・バレンシアを中心としたエクアドル代表にはどのような戦力が揃うのか。 今回は、日本代表とグループステージ第3戦で対戦するエクアドルを分析する。

次の

[コパ・アメリカ]日本vsエクアドル テキスト速報

コパ アメリカ 速報

日本、エクアドルとも敗退が決定した 後半1分 日本1-1エクアドル エクアドルのキックオフで試合開始。 日本は選手交代なし 前半47分 日本1-1エクアドル ロスタイム2分を消化し、1-1で前半終了 前半36分 日本1-1エクアドル エクアドルが同点! 右クロスからアルボレダがペナルティーエリア左から右足シュート。 川島が左手ではじいたが、こぼれ球をメナが右足で押し込んだ 前半15分 日本1-0エクアドル 日本が先制! 中島のスルーパスに岡崎がフリーで飛び出したが、相手GKがクリア。 こぼれ球を中島が拾って無人のゴールへ蹴り込んでゴールネットを揺らすも、岡崎がオフサイドの判定でノーゴール。 しかし、VARで判定が覆ってゴールが認められた 前半1分 日本0-0エクアドル 日本のキックオフで試合開始。 エクアドルはセンターバックのDFアチリエール(モレリア)が出場停止。 互いに勝てば1次リーグ突破のガチンコ勝負始まる 『Goal』ではエクアドル代表とのコパ・アメリカ第3戦をLIVEテキスト速報! 日本代表は25日(日本時間)、コパ・アメリカ2019のグループC第3戦でエクアドル代表と対戦する。 グループCに入った日本は、初戦で大会連覇中のチリと対戦。 序盤こそいい形を作り、決定機を迎えたものの、ゴールにはつながらず。 すると前半終了間際、チリに先制点を許すと、後半にも流れを引き寄せられず。 0-4で敗れた。 動画 日本vs エクアドル 1-1 ハイライト 2019 コパ・アメリカグループC スターティングメンバー スタメン 日本代表 GK:川島永嗣 DF:岩田智輝 DF:冨安健洋 DF:杉岡大暉 DF:植田直通 MF:柴崎岳 MF:板倉滉 MF:三好康児 MF:中島翔哉 MF:久保建英 FW:岡崎慎司 エクアドル代表 GK:モイセス・ラミレス DF:ジャクソン・ポロソ DF:ディエゴ・パラシオス DF:ジョン・エスピノサ DF:リカルド・ミナ MF:ジョルディ・アルチバル MF:ホセ・シフエンテス MF:ジョルダン・レサバラ MF:アレクサンデル・アルバラド FW:レオナルド・カンパーナ FW:ゴンサロ・プラタ スタメン予想 【エクアドル戦の予想スタメン】日本代表、決勝T進出を懸けた運命の一戦。 ウルグアイ戦をベースにベストメンバーを構成か スタメンについて森保一監督は「ウルグアイ戦の選手がベースになると思います」と語っており、第1戦のチリ戦も踏まえつつ、現状のベストメンバーを構成しそうだ。 そう考えると、GKはウルグアイ戦で好セーブを見せた川島永嗣の線が強そうだ。 もっとも大迫敬介もアピールを続けており、この19歳を初戦に続いて起用する選択肢もあるだろう。 放送テレビ局 コパ・アメリカ2019は、が放送します。 民放テレビ局 今回のコパ・アメリカ2019は民放の放送はありません。 そのため、コパ・アメリカ2019を見ようと思うとと契約しないと見ることができません。 なお、前回はのウルグアイ戦はヤフーなどのライブ配信がありましたが、今回のエクアドル戦はライブ配信はありません。 代表招集メンバー一覧 日本代表 エクアドル代表 GK:マキシモ・バンゲラ バルセロナSC GK:ペドロ・オルティス デルフィン GK:アレクサンデル・ドミンゲス ベレス・サルスフィエルド DF:アルトゥーロ・ミナ イェニ・マラティヤスポル DF:ロベルト・アルボレダ サンパウロ DF:ペドロ・パブロ・ベラスコ バルセロナSC DF:クリスティアン・ラミレス クラスノダール DF:シャビエル・アレアガ シアトル・サウンダーズ DF:ホセ・キンテーロ LDUキト DF:ベデル・カイセド バルセロナSC DF:ガブリエル・アチリエル モナルカス・モレリア MF:レナト・イバーラ クラブ・アメリカ MF:ロマリオ・イバーラ ミネソタ・U MF:カルロス・グルエソ FCダラス MF:アイルトン・プレシアード サントス・ラグナ MF:ジェフェルソン・イントリアゴ LDUキト MF:アントニオ・バレンシア マンチェスター・U MF:ジェフェルソン・オレフエラ LDUキト MF:アンドレス・チカイサ LDUキト MF:ジェクソン・メンデス オーランド・シティ FW:カルロス・ガルセス デルフィン FW:アンヘル・メナ レオン FW:エネル・バレンシア ティグレス 試合結果 1-1の引き分け 得点者 前半15分(日本)中島 前半35分(エクアドル)メナ 選手採点 【日本1-1エクアドル|採点&寸評】久保が攻撃を引っ張るも、あと1点が遠く…ベスト8進出はならず 日本代表を採点 エクアドル戦 久保建英は神 コパアメリカ敗退 サッカー日本代表がエクアドル代表とコパアメリカ決勝トーナメント進出をかけて試合しましたので採点します。 勝てばグループリーグ突破という分かりやすい条件でしたが結果は1-1の引き分け。 コパアメリカ敗退です。 48』。 2位は攻守でチームに貢献したMF柴崎岳で『6. 39』、3位はハードな守備を見せたDF冨安健洋で『6. 13』だった。 エクアドル戦、悔しさだけが残るゲームに…1-1ドローで敗退、各選手の評価は?【日本代表どこよりも早い採点/コパ・アメリカ】 日本代表は現地時間24日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループリーグC組第3節でエクアドル代表対戦して1-1でドロー決着。 この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。 最新ニュース 日本は8強逃す サッカー南米選手権、エクアドルと引き分け サッカーの南米選手権第11日は24日、ブラジルのベロオリゾンテなどで1次リーグC組第3戦の2試合が行われ、日本はエクアドルと1-1で引き分け、2分け1敗の勝ち点2で同組3位に終わり、初の8強入りを逃した。 勝てば準々決勝進出だった日本は前半15分に中島(アルドハイル)のゴールで先制したが、同35分に失点。 後半にも好機はあったが、勝ち越すことはできなかった。 ウルグアイはチリを1-0で破り、勝ち点7の同組1位、チリは同6の2位で8強入りした。 森保J 1次リーグ突破ならず エクアドルに痛いドロー サッカーの南米選手権は24日(日本時間25日)、1次リーグ・C組がブラジル・ベロオリゾンテで行われ、FIFAランキング28位の日本代表は同60位のエクアドル代表と対戦。 森保ジャパンは決勝トーナメント進出とはならず。 勝ち点2で並んだパラグアイが得失点差で日本を上回り、1次リーグを突破した。 サッカー日本代表は1次L敗退 中島先制VAR弾もドロー/エクアドル戦 南米選手権1次リーグC組(24日、エクアドル-日本、ブラジル・ベロオリゾンテ)日本(FIFAランキング28位)は、第3戦でエクアドル(同60位)と1-1で引き分けて、2分け1敗の勝ち点2で同組3位となり、1次リーグ敗退となった。 前半15分、MF中島翔哉(24)=アルドハイル=のゴールで先制したが、同35分に同点に追い付かれた。 後半終了間際には決定機を迎えたが、勝ち越せなかった。 MF久保建英(18)=レアル・マドリード=は2試合ぶりの先発出場で見せ場を作った。 久保建英、幻ゴールで痛恨ドロー 2分け1敗で敗退 前半15分、MF中島翔哉(24=アルドハイル)のスルーパスにFW岡崎慎司(33=レスター)が抜け出す。 相手GKが飛び出してクリアしたボールを、中島が無人のゴールに蹴り込んだ。 岡崎がオフサイドと判定されてノーゴールとなったが、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)の末に判定が覆り、中島の今大会初得点が認められた。 後半ロスタイムで久保のシュートが決まったかに見えたが、判定はオフサイド。 VAR判定も覆らない。 結局ドローで試合終了の笛が鳴る。 勝てば決勝T サッカー日本代表、エクアドルと対戦へ サッカー南米選手権は24日(日本時間25日)、C組の日本は第3戦でエクアドルと対戦する。 日本は勝てば、決勝トーナメント進出が決まる。 その場合、得失点差の関係でC組3位となる可能性が高く、次戦はA組1位のブラジルが濃厚だ。 引き分けか敗れれば、1次リーグで敗退する。 サッカー日本代表『コパアメリカ2019』エクアドル戦、アプリやネット中継で見るなら? レアル移籍の久保建英スタメン起用にも注目 ネット・アプリ中継については、DAZNが同大会と独占放送契約を結んでいるため、同アプリで観戦することになるだろう。 DAZNは月額1750円でスポーツを観戦できるアプリだが、未加入のユーザーについては初回加入から1カ月間のみ有効な「無料体験」の期間があるため、この機会に加入し、日本代表の活躍を自宅・通勤中など様々なシチュエーションで楽しもう。 川島 エクアドルのプライドを警戒「難しい試合になる」 「相手はいろんな意味でのプライドもあると思うし、向こうからすればこの大会の意義を見つめ直す意味でも力を見せないといけない試合」。 それだけに「難しい試合になると思う」と予想し、「自分たちもしっかりと準備して臨みたい」と続けた。 久保弾で決勝T決める! 森保監督 勝てば突破の大一番に先発起用示唆 日本代表は24日(日本時間25日午前8時)に決勝トーナメント進出を懸けたエクアドルとの1次リーグ最終戦に挑む。 両者とも勝てば無条件で決勝トーナメント進出が決まる大一番。 公式会見で森保一監督(50)はレアル・マドリードMF久保建英の先発起用を示唆。 森保J、久保で突破!監督がスタメン示唆 25日運命のエクアドル戦/南米選手権 サッカー・日本代表合宿(23日=日本時間24日、ブラジル・ベロオリゾンテ)南米選手権の1次リーグC組で、勝ち点1で3位の日本(FIFAランキング28位)は24日午後8時(日本時間25日午前8時)から当地で、勝ち点0のエクアドル(同60位)との第3戦に臨む。 勝てば8強、引き分けるか負けると敗退となる日本はこの日、最終調整した。 試合前日会見に臨んだ森保一監督(50)は、MF久保建英(18)=レアル・マドリード=を2試合ぶりに先発で起用することを示唆した。 スロー映像で見ると足をかけられているのは明らかだったが、日本にPKは与えられなかった。 これらの判定ついては現地で「日本の勝利が盗まれた」などと伝えられているという。 エクアドル戦を大手ブックメーカーはどう見る? 日本代表は勝てば決勝T進出 気になるオッズだが、6月24日現在『bet365』、『ウィリアム・ヒル』、『skybet』ともに僅差でエクアドルの有利を予想。 エクアドルの勝利に『bet365』が「2. 2倍」、『ウィリアム・ヒル』と『skybet』は「2. 1倍」というオッズを付けている。 一方の日本の勝利は『bet365』が「2. 9倍」、『ウィリアム・ヒル』が「3. 0倍」、『skybet』は「3. 2倍」というオッズを付けている。 僕も楽しくサッカーをして、チームを勝たせられるようなというか、一人でやるわけではないですけど、少しでも可能性を高められるように頑張っていきたいなと思います」 日本代表 対 エクアドル代表の対戦成績と試合結果 サッカー・日本代表がエクアドル代表と過去に対戦した国際Aマッチ全試合の結果と通算対戦成績です。 日本代表はエクアドル代表と過去2回対戦し、2勝0分0敗で4得点し0失点です。 サッカー日本代表が練習、25日にエクアドル戦 南米選手権 サッカーの南米選手権1次リーグC組で、1分け1敗の勝ち点1で3位につける日本は24日午後8時(日本時間25日午前8時)からブラジルのベロオリゾンテで、4位エクアドルとの第3戦を迎える。 22日は現地で練習した。 日本代表、25日エクアドル戦へ練習 サッカー南米選手権 サッカー南米選手権で1次リーグC組の日本代表は、2-2で引き分けたウルグアイ戦から一夜明けた21日、ポルトアレグレからベロオリゾンテに移動して練習した。 1分け1敗の日本は、24日(日本時間25日)の第3戦でエクアドルと対戦する。 最終節で正面対決の日本代表とエクアドル。 両チームの選手が勝利目指して虎視眈々 日本代表は現地時間21日(日本時間22日)の2-2で引き分けたコパ・アメリカ2019・グループC第2節ウルグアイ代表戦翌日のトレーニングを消化。 同大会を配信するDAZNでは『デイリーコパ・アメリカ』と題して、本気の南米勢に挑むサッカー日本代表を徹底取材。 22日の配信では、最終節エクアドル代表戦に切り替える選手たちの声を届けている。 日本、エクアドルに2得点以上の勝利で自力突破 C組の日本は第2戦を終わり1分け1敗の勝ち点1(得失点差-4、総得点2)で3位。 2位となるためには24日(日本時間25日)のエクアドル戦に勝ち、ウルグアイがチリに大敗(日本大勝)することが必要となる。 ただ3位チームのうち成績上位の2チームも決勝トーナメントに進出できるため、現時点ではエクアドルから2点以上を奪って勝利して3位となると、A組3位のペルーを上回り、B組の結果に関係なく自力で1次リーグを突破できる。 3位で勝ち上がった場合の準々決勝の相手はブラジルとなる。 2位の時はコロンビア。 久保、1次L突破「現実的」25日エクアドル戦で先発復帰に意欲/南米選手権 サッカー・日本代表合宿(21日、ブラジル・ベロオリゾンテ)南米選手権で1次リーグC組の日本は、2-2で引き分けたウルグアイ戦から一夜明け、ポルトアレグレから当地に移動して練習した。 1分け1敗の日本は24日(日本時間25日)の第3戦でエクアドルに勝つと、決勝トーナメント進出が見えてくる。 MF久保建英(18)=レアル・マドリード=は2試合ぶりの先発に意欲を示した。 安部裕葵が語るエクアドルの印象「日本人からしたらチリ、ウルグアイより嫌なのかな」 日本は優勝候補のウルグアイ代表に引き分けたことで現地での評価が上昇中。 チーム全員の連動した守備も評価されている。 その評価に対してウルグアイ戦で初の代表先発を飾った安部裕葵は「難しいですけどね。 逆に守備でエネルギーを使わなければ、間違いなく攻撃のパフォーマンスは上がるので。 ただ、チームとして日本は『やるぞ』ということ話はまとまっているので、それができない選手はダメなんじゃないですかね」と話した。 森保ジャパン、25日vsエクアドル 日本引き分けたウルグアイに0-4 今大会は16日のウルグアイ戦で0-4と黒星発進。 MFアントニオ・バレンシア(33)=マンチェスター・ユナイテッド=が久しぶりに招集され、右サイドで存在感を出したが不発に終わった。 代表通算21得点のFWエネル・バレンシア(29)=ティグレス=ら前線は迫力がある。 エクアドル、守備の要が一発退場…日本戦は出場停止に/南米選手権 サッカー・南米選手権第8日(21日=日本時間22日、ブラジル・サルバドル)1次リーグ第2戦が行われ、日本が入るC組でチリがエクアドルを2-1で下した。 3連覇を狙うチリは2連勝の勝ち点6で同組2位以内が確定し、準々決勝進出を決めた。 エクアドルは2連敗。 センターバックのDFガブリエル・アチリエル(34)=モナルカス・モレリア=が一発退場になり、24日(日本時間25日)の日本戦は出場停止となった。 <スタメン速報>サッカーエクアドル代表。 最大の強みと1つの不安要素を解説する【コパ・アメリカ主要国分析(5)】 コパ・アメリカ2019(南米選手権)が現地14日に開幕する。 マンチェスター・ユナイテッドに所属するMFアントニオ・バレンシアを中心としたエクアドル代表にはどのような戦力が揃うのか。 今回は、日本代表とグループステージ第3戦で対戦するエクアドルを分析する。

次の

【コパ・アメリカ2019】サッカー日本代表VSエクアドル代表の動画/キックオフ/放送局/メンバー/最新ニュースのまとめ

コパ アメリカ 速報

日程・放送・選手 画像出典: 競技日程・開催地 第46回コパアメリカは2019年6月14日(金)~7月7日(日)まで開催されます。 開催地はブラジル、時差は日本が12時間先行しています。 下記スケジュールは日本時間です。 GK 川島 永嗣 RCストラスブール フランス 小島 亨介 大分トリニータ 大迫 敬介 サンフレッチェ広島• DF 植田 直通 セルクル・ブルージュKSV ベルギー 板倉 滉 FCフローニンゲン(オランダ 岩田 智輝 大分トリニータ 立田 悠悟 清水エスパルス 原 輝綺 サガン鳥栖 杉岡 大暉 湘南ベルマーレ 菅 大輝 北海道コンサドーレ札幌 冨安 健洋 シントトロイデンVV ベルギー• MF 柴崎 岳 ヘタフェCF スペイン 中島 翔哉 アルドゥハイルSC カタール 中山 雄太 PECズヴォレ(オランダ) 三好 康児 横浜F・マリノス 伊藤 達哉 ハンブルガーSV(ドイツ 松本 泰志 サンフレッチェ広島 渡辺 皓太 東京ヴェルディ 安部 裕葵 鹿島アントラーズ 久保 建英 FC東京• FW 岡崎 慎司 レスター・シティー イングランド 前田 大然 松本山雅FC 上田 綺世 法政大 森保 一 監督 近年の歴代優勝チーム 2011年• ウルグアイ• パラグアイ• ペルー• ベネズエラ 2015年• アルゼンチン• ペルー• パラグアイ 2016年• アルゼンチン• コロンビア• お疲れ様でした。

次の