ペルシアン。 【ポケモンGO】サカキ対策!勝てるポケモン・勝ちパターンを見つける攻略【スイクン登場】|ポケらく

ペルシアン

ペルシアン

ペルシアン シャムネコポケモン ぜんこくNo. 053 アローラNo. USUM 053 アローラNo. SM 046 高さ 1. 1m 重さ• 0kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Persian タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• アローラのすがた• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• ニャース呼出 主な入手方法 USUM• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 威力が60以下の技の威力が1. 5倍になる。 威力の変動する技や、威力が修正された場合は修正後の威力で判定する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 ダブルバトル用。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする Lv. 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 変化技を使えなくする 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 PPが減少するのはこの技のみ。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 通常攻撃。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。

次の

アローラペルシアン (あろーらぺるしあん)とは【ピクシブ百科事典】

ペルシアン

ペルシアン Persian 英語名 Persian 053 137 - - 139 - - - - - - 046 046 - 024 - 053 053 - 024 - 184 - - 分類 シャムネコポケモン 1. 0m 32. 0kg 黄 アローラのすがた 1. 1m 33. 0kg 青 20サイクル• 第二世代: 5120歩• 第三世代: 5376歩• 第四世代: 5355歩• 第四世代以前: 148• 第五・第六世代: 154• 第七世代: 154• ポケモン徹底攻略• ペルシアンとはのNo. 053のポケモンのこと。 初登場は。 概要 カントー・ジョウト地方及びアローラ地方のニャースの進化系。 進化前の2足歩行から、豹やライオンのような4足歩行へと変化している。 カントー・ジョウトの姿 体色はクリーム色で、外側が黒い耳と額の赤い玉状の宝石が特徴。 しなやかで無駄のない筋肉質の体つきと気品のある身のこなし、美しい毛並みから、 富裕層を中心にペットとしての人気が高いポケモンだが、気性が荒く気位も高い為、懐かせるのが難しい。 額の宝石は個体によって大きさに差があり、マニアの中ではその大きさが話題になる。 宝石としての価値もあるため、それを狙うハンターも存在する。 アローラの姿 体色は薄い青紫で、額の青い玉状の宝石と丸みを帯びた顔が特徴。 毛並みは最高級のベルベット以上の滑らかさを持っており、アローラでは人気のポケモン。 アローラにおいては丸みを帯びた顔は富の象徴とされ、ふくよかで大きな顔ほど美しいとされている。 その性格はペルシアン本来の気性の荒さに加えて、その気位の高さで自分以外を見下し、弱い獲物をいたぶる残忍さを持っている。 知能もずる賢く、不意打ちや闇討ちなどの奇襲を好む。 28で• アローラのすがた• 状態 ではな状態 でレベルアップ(ではなつき度によらずLv. 28)で アローラのすがた ポケモンずかんの説明文 、 きしょうが はげしく しっぽを まっすぐ たてたら よう ちゅうい。 とびかかって かみつく まえぶれだ。 、、 けなみが うつくしく ペットに したがる ひとも おおいが すぐ ひっかいたり するので てごわいぞ。 漢字 毛並みが 美しく ペットにしたがる 人も 多いが すぐ ひっかいたり するので 手強いぞ。 ひたいの ほうせきが かがやく! また あるくすがたも しなやかで おうじょのような はなやかさがある。 、 ひたいに ほうせきが かがやく! また あるくすがたも しなやかで おうじょのような はなやかさがある。 漢字 額に 宝石が 輝く! また 歩く姿も しなやかで 王女のような 華やかさがある。 アローラのすがた さいじょうきゅうの けなみを もつ。 たたかいで たかぶると けなみが なみうち それが また うつくしい。 漢字 最上級の 毛並みを 持つ。 戦いで 高ぶると 毛並みが 波うち それが また 美しい。 、 ぜんしんから ただよう きひんに あこがれる ひとも おおいが なにかあると すぐ ひっかいてくる。 、、 しなやかな きんにくの おかげで あしおとひとつ たてずに あるける。 えものを かるときは いっしゅん。 漢字 しなやかな 筋肉の おかげで 足音ひとつ 立てずに 歩ける。 獲物を 狩るときは 一瞬。 しなやかな からだの うちがわに きまぐれに えものを ひきさいて もてあそぶ やばんさを ひめている。 ・、 たくましい 6ぽんの ヒゲは くうきの うごきで まわりの ようすを キャッチする やくわり。 ヒゲを つかまれると おとなしくなって しまう。 漢字 たくましい 6本の ヒゲは 空気の 動きで 周りの 様子を キャッチする 役割。 ヒゲを つかまれると 大人しくなって しまう。 ・、、 きぐらいが たかい ポケモン。 マニアの あいだでは ひたいの ほうせきの サイズが わだいになる。 漢字 気位が 高い ポケモン。 マニアの 間では 額の 宝石の サイズが 話題になる。 きしょうが あらく めが あうだけで とびかかってくる。 するどいツメに やられると ふかい きずを おう。 漢字 気性が 荒く 目が 合うだけで 飛び掛ってくる。 鋭いツメに やられると 深い 傷を 負う。 アローラのすがた まるい かおと さいこうきゅうの ベルベットより なめらかな けなみで アローラで だいにんきの ポケモン。 漢字 丸い 顔と 最高級の ベルベットより 滑らかな 毛並みが アローラで 大人気の ポケモン。 アローラの ペルシアンほどではないが きぐらいの たかい せいしつ。 なつかせるのが かなり むずかしい。 漢字 アローラの ペルシアンほどではないが 気位の 高い 性質。 懐かせるのが かなり 難しい。 アローラのすがた じぶんいがいの すべてを みくだす。 ふいうちや やみうちなど ひれつで ひきょうな せんぽうを このむ。 漢字 自分以外の すべてを 見下す。 不意打ちや 闇討ちなど ひれつで ひきょうな 戦法を 好む。 アローラの ペルシアンとは ひたいの ほうせきのいろが ちがって みえるが せいぶんは あまり かわらないのだ。 漢字 アローラの ペルシアンとは 額の 宝石の色が 違って 見えるが 成分は あまり 変わらないのだ。 アローラのすがた あいらしい かおに にあわず よわった えものを しとめないで いたぶる ざんにんな せいしつ。 漢字 愛らしい 顔に 似合わず 弱った 獲物を 仕留めないで いたぶる 残忍な 性質。 おかねもちに にんきの ポケモン。 ひたいの ほうせきを ねらって ハンターたちに ねらわれることも。 漢字 お金持ちに 人気の ポケモン。 額の 宝石を 狙って ハンターたちに 狙われることも。 アローラのすがた まるいかおは とみの しょうちょう。 より ふくよかで おおきな かおの ペルシアンが うつくしいと される。 漢字 丸い顔は 富の 象徴。 より ふくよかで 大きな 顔の ペルシアンが 美しいと される。 きぐらいが たかく なつかせるのは たいへん。 きにくわない ことが あると すぐに ツメを たててくる。 漢字 気位が 高く なつかせるのは たいへん。 気に食わない ことが あると すぐに ツメを 立ててくる。 アローラのすがた アローラちほうでは まるい かおは とみの しょうちょうと かんがえて ペルシアンを たいせつに あつかう。 漢字 アローラ地方では まるい 顔は 富の 象徴と 考えて ペルシアンを 大切に あつかう。 ゆうがで じょうひんな みのこなし。 やばんな とは そりが あわず おたがいを みくだしている。 漢字 優雅で 上品な 身のこなし。 野蛮な ニャイキングとは そりが あわず お互いを 見下している。 アローラのすがた たかい しんたいのうりょくを もつ うえに ひれつな たたかいかたを するので てに おえない つよさ。 漢字 高い 身体能力を もつ うえに 卑劣な 戦いかたを するので 手に負えない 強さ。 種族値 第1世代 65 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 28 を進化させる。 19 Lv. 28 を進化させる。 クリ Lv. 37,40 Lv. 28 ニャースを進化させる。 47,50 Lv. 28 を進化させる。 28 ニャースを進化させる。 XX SS Lv. 19 Lv. 28 ニャースを進化させる。 28 ニャースを進化させる。 28 ニャースを進化させる。 トレーナーが使用してくるので、勝利後にで交換可能。 主人公が男の子の場合のみを入手可能。 XX アローラのすがた を十分になつかせてレベルアップさせる。 US・UM Lv. 色違い;薄黄色• で特性にが追加された。 第四世代ではペルシアンはをレベルアップで覚えなくなった。 よってペルシアンの状態でネコにこばんを使いたいならのままネコにこばんを覚えるまで進化キャンセルをし、覚えてから進化させるか、でネコにこばんを覚えたニャースまたはペルシアンをパルパークで送る必要がある。 ではで乗ると、と並び高速でフィールドを移動できる。 アローラのすがたのペルシアンには乗れないので注意。 もとのすがたはが32kgと、小学生程度の重さの物体を背中に乗せて高速で走るのは少し無理がある設定という指摘もある。 ウインディと対の関係にしたためと思われる。 アニメにおけるペルシアン• ボス・の手持ちポケモン。 回想で、かつてもいた群れのリーダーとして登場。 では、のポケモンとして登場。 でリージョンフォームが初登場。 マンガにおけるペルシアン ポケモンカードにおけるペルシアン• 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の

ペルシアン (ぺるしあん)とは【ピクシブ百科事典】

ペルシアン

図鑑説明 、 きしょうが しく を たてたら よう ちゅうい。 とびかかって かみつく まえぶれだ。 、 、 けなみが うく ぺットに したがる ひとも おおいが すぐ ひっかいたり するので てごわいぞ。 ひたいの ほうせきが かがやく! また あるくすがたも しなやかで おうじょのような はなやかさがある。 ぜんしんから ただよう きひんに あこがれる ひとも おおいが なにかあると すぐ ひっかいてくる。 、 しなやかな の おかげで あしおとひとつ たてずに あるける。 えものを かるときは いっ。 しなやかな からだの うちがわに きまぐれに えものを ひきさいて もてあそぶ やばんさを ている。 、 たくましい 6の は くうきの うごきで まわりの ようすを キャッチする やくわり。 を つかまれると くなって しまう。 ・ 、 きぐらいが たかい。 の あいだでは ひたいの ほうせきの が わだいになる。 通常 きしょうが あらく めが あうだけで とびかかってくる。 するどいに やられると ふかい きずを おう。 まるい かおと さいこうきゅうの より なめらかな けなみで で だいにんきの。 通常 の ペルシアンほどではないが きぐらいの たかい せいしつ。 せるのが かなり むずかしい。 じぶんいがいの すべてを みくだす。 や やみうちなど ひれつで ひきょうな せんぽうを このむ。 通常 の ペルシアンとは ひたいの ほうせきのいろが ちがって みえるが せいぶんは あまり かわらないのだ。 あいらしい かおに にあわず よわった えものを しとめないで いたぶる ざん せいしつ。 通常 おかちに にんきの。 ひたいの ほうせきを ねらって たちに ねらわれることも。 まるいかおは とみの しょうちょう。 より ふくよかで おおきな かおの ペルシアンが ういと される。 がにしました。 額の小判もに(?)している。 ではの。 ではの手持ちになっていた。 ニンテンドウ99では出場可中の素さと強なきりさくなどをに大活躍した。 やに並ぶ素さ。 攻撃面はさほど強くないが、「」で元々威までの技を1. 5倍に強化して多少できる。 がえりで苦手な相手からは一撃食らわせてることも出来るため、ペルシアンの素さはかなり利点となる。 第4世代ではペルシアンにすると、にんを覚えなくなる。 代わりにを覚えるが、2倍弱点相手に打つには威がちょっと不足気味。 むしろなら補正を受けられただけに惜しいところか。 さいみんじゅつ(遺伝)や、すりかえなど、面い補助技を覚える。 補助技を絡めて、ちょっとひねった戦い方が楽しめる。 第5世代でのはきんちょうかん(相手にを使わせない)。 アタッの場合のほうが有利なため採用されることは少ないかもしれない。 を使わない場合には、じゅうなんよりも動的に使え、のみを使わせずさいみんじゅつを当てられるきんちょうかんにも利点が出てくる。 リージョンフォーム.

次の