ボイス 2話。 ボイス(ドラマ)2話の見逃し動画を無料視聴!感想やみどころも紹介│ENGEIちゃんぷる〜。

『ボイス 110緊急指令室』2話の見逃し動画の無料配信はこちら!【7月20日放送分】

ボイス 2話

スポンサードリンク 【序盤】 警察によりジェスのアパートの捜索が始まりました。 しかし、ソユルの指が入ったクーラーボックスはどこを探しても見つかりません。 寝室のベッドからは、すでに母親の死体は消えていましたが、その痕跡と異臭から、ガンウはそこに死体が置かれていたことを見抜きました。 その後、地下室でボヤが起こったのですが、火が消し止められた地下室の壁の中から、全身をビニールで包まれたナ係長が発見されたのです! 救急隊によると、ナ係長は直前まで息をしていたとのことで、すぐに蘇生処置が行われました。 幸いなことに、ナ係長は息を吹き返しました。 現場にいるガンウを始め、無線を聞いていたすべての仲間たちが安堵します。 スポンサードリンク 【中盤】 ジェスの生い立ちを調べていたグォンジュは、 3年前にジェスがヒョンジュン刑事を殺した理由を、母親を逮捕した警察に対する復讐だったと推理しました。 自分を虐待をしていた母親が、児童虐待で逮捕されたことを逆恨みしたのです。 しかしいくら調べても、ジェスとガンウはどこにも接点がありません。 「では、なぜジェスはあんなにもガンウに執着するのだろう?」とグォンジュは不思議に思いました。 自首して取り調べを受けていたジェスですが、ガンウやグォンジュの質問にもまともに答えず、反対にジェスに挑発されたガンウが興奮してしまうというような状態でした。 するとそこへ検事がやってきて、ジェスの身柄を引き渡せというのです。 もちろん容易く引き渡すガンウではありませんでしたが、上の方ですでに引き渡すことが決定されていたのです。 ジェスがそうなるように裏で細工していたのは間違いありません。 取調室から車に行く途中、ジェスはトイレに行きたいといいます。 そこにはあらかじめ、ジェスの協力者が凶器を隠しておいていました。 しかも刑事の 1人もジェスの仲間だったのです! トイレで仲間の刑事に手錠を外してもらったジェスは、横にいた付き添いの刑事を刺し殺してしまいました。 そして仲間だった刑事までも躊躇なく殺し、廊下で待機していたヤン刑事やク刑事も刺されてしまいます! ヤン刑事はその後病院に運ばれましたが、喉を切られ予断を許さない状況です。 こうして自ら自首したにもかかわらず、すぐに警察署から脱走してしまったジェス。 警察が全力を挙げて捜索しますが、なかなか行方がわかりません。 しかし捜査を進めて行くと、ジェスの協力者たちは同じ大学の卒業生だということがわかってきました。 その中の 1人はジェスと最もつながりが深く、ジェスが管理していたサーバーの共同運営者だということも判明したのです。 ジェスの仲間と思われる、その人物の車が防犯カメラに映っていたのですが、その車とナンバーを見てガンウは愕然とします。 なんとそれは、ガンウの右腕・ドッキの車だったのです! ドッキは「カマキリ」というハンドルネームで犯行を手伝っていた、ジェスにもっとも近い人物でした。 そのころドッキは、ジェスと一緒に海辺の別荘に来ていました。 ドッキに向かい「車で待ってろ」と指示するジェスは、 1人で別荘の中へ入って行きます。 車の位置を追跡し、ガンウたちも別荘に到着しました。 そこで逮捕されたドッキは、こう言い訳します。 「僕だって心が痛かったんです・・・何度も抜けようと・・・。 でもあの人は僕がいじめられていた時に助けてくれた・・・家族のような人だったんです・・・」 それを聞いたガンウはドッキを力まかせに殴りますが、その顔はとても寂しそうに見えます。 そしてこの状況を離れたところで見ているだろうジェスに、ガンウはこう言いました。 「お前が俺の友達を 3年前に殴って殺したように、俺はお前の母親を天国に送ってやる!」 そういうとガンウは別荘の中へ入り、 2階の部屋に火をつけてしまったのです! その部屋には、ジェスの母親の遺体が安置されていました。 2階の窓からもくもくと出る煙を見たジェスは、怒りで体が震えています。 「コウスケ、俺がお前を殺してやる!」 しかしこれは本当に火をつけていたわけではなく、ジェスをけしかける罠だったのです。 その後、ジェスの母親の遺体は防腐加工をされており、死亡してから 5年は経っていたことがわかりました。 ナ係長が入院している病院。 一命をとりとめ、容体も安定したナ係長はガンウに電話をします。 「お前が俺を助けてくれたと聞いた。 ありがとう。 でもアイツには気を付けろ。 アイツの目は人間の目ではなかった。 」 こうガンウに忠告するナ係長からは、今までのガンウに対する疑いや恨みは、もう微塵も感じられませんでした。 スポンサードリンク 【終盤】 同じころ、ゴールデンタイムチームのコールセンターに「考試院(コシウォン)に閉じ込められてしまった」という通報が入ります。 考試院とは、受験生たちが集中して勉強をするために住む狭い住宅のことです。 調べてみるとジェスは 12歳の時、母親と 1年間この考試院に住んだことがあり、その頃から母親の虐待がひどくなっていたことがわかったのです。 ジェスと思われる犯人は、 49人を人質に取り立てこもりました。 考試院の裏側から建物に侵入した警察は、あっという間に犯人を捕まえてしまいます。 しかしそれはジェスではなく、ジェスの協力者でした。 「何かがおかしい。 こんなに簡単に解決する訳がない。 」 ガンウがそう感じていたところ、向かいの建物にジェスがいるのが見えたのです。 急いでその建物に向かったガンウは、駐車場でナイフを持ったジェスと激しいもみあいになります。 その途中、数か所刺されてしまったガンウに、ジェスは馬乗りになりナイフを向けます。 ジェス 「お前は俺と同じなのに、なんでお前は虫けらどもの味方をするんだ!受け入れてしまえば簡単なものを・・・」 そして叫びながらガンウの顔を切りつけるジェス。 「これでもまだ思い出さないのか!」 ガンウ 「だまれ・・・この精神病野郎・・・」 ジェス 「残念だ、お前なら俺を理解してくれると思ったのに・・・。 」 最後の 1撃を加えようとしたとき、ガンウが反撃、今度はガンウがジェスに馬乗りになり銃を突きつけます。 ジェス 「俺を殺さないと、カン・グォンジュが死ぬぞ・・・。 撃て、コウスケ!撃って思い出せ!!」 発砲するガンウ! しかしその銃弾はジェスの頭ではなく、足に命中していました。 足を撃たれ動けなくなったジェスは、こうして逮捕されたのです。 ジェスが言った「カン・グォンジュが死ぬ・・・」という言葉が気になったガンウは、すぐにグォンジュに電話します。 そのころグォンジュは人質が全員救助されたにもかかわらず、建物の奥から小さな女の子の声が聞こえたため、 1人で地下室を捜索していました。 地下室の扉を開けると、そこには少女の姿はなく、声を録音した携帯電話が置かれていたのです。 ちょうどその時、ガンウから電話が入りました 「何も触るな!そこから早く逃げろ!!」 そう叫んだガンウですが、すでにグォンジュが携帯電話を手に取ったことにより、時限爆弾のスイッチが入っていたのです。 その瞬間、大きな音と共に地下室で爆発が起こります。 現場の近くに泊まっていた黒いセダンの中で、この爆発の様子を見ていた人物がいました。 それは、あのバタフライと呼ばれる初老の男性でした。 バタフライは日本語でこう言います。 スポンサードリンク 【ボイス2 12話の感想】 何ですかこれ!全然終わってないじゃないですか!(笑) でもボイス 3があるということは、またガンウたちに会えるということなので、それはそれで楽しみです。 ジェスは捕まってしまったので、今度はバタフライとガンウの戦いになるのでしょうか? それにしても爆発に巻き込まれたグォンジュはどうなってしまったのでしょう? グォンジュに特殊な聴力があるからこそ、このドラマのタイトルが「ボイス」なのですから、このままグォンジュが死んでしまうということはないと思うのですが・・・。

次の

『ボイス 110緊急指令室』2話の見逃し動画の無料配信はこちら!【7月20日放送分】

ボイス 2話

ここからは2話のネタバレになるのでお気をつけください! 夏美の運命は? ひかりからの情報で、アクアショップへと急ぐ樋口。 犯人が夏美をハンマーで殴ろうとした時、目を覚ました夏美は間一髪で難を逃れる。 だが、犯人は夏美を追い、また殴ろうとしたところ… 樋口がやって来た! 夏美に逃げるように指示する樋口。 ひかりは、捜査員たちに樋口を援護するように指示した。 一方、アクアショップから逃げ出した夏美は、外で警察官に保護される。 そして、石川たちが現場に到着して犯人を逮捕。 その時、「それにしてもどうして室長(=ひかり)は、この場所がわかったんだろう…」捜査員たちは口々にそう言っていた。 警察上層部の動き 署長の田所(小市慢太郎)は、強行犯係の沖原(木村祐一)にひかりについて調べを進めるように指示。 緊急指令室に戻ってきたひかりが自分のチームに樋口を入れようとしている目的はいったい何なのか…。 ひかりに詰め寄る樋口 樋口は、ひかりに「どうしてアクアショップだとわかった?」とストレートに尋ねる。 「聞こえるんです。 私には。 3年前、法廷でも真実を話しました。 」そう答えるひかり。 「その耳で突き止めただと?ふざけやがって。 まだ5歳だった。 うちの息子は5歳で母親を奪われた。 今でも息子は夢でママと呼びかけている。 でも、もう戻ってこない。 新チーム結成なんていきがってないで、二度とその面を見せるな」 そう言って、樋口はその場から去っていった。 入院中の息子 樋口の息子は、病気で入院中だった。 息子に会いに行き、つかの間のひと時を過ごす。 そんな時、石川から連絡が。 なんと、ひかりが樋口と石川をECUに異動させたというのだ。 ひかりの聴力 勝手な異動人事に、苛立つ樋口。 電話から水槽の音が聞こえたというひかりの耳を試すため、樋口は離れた距離からひかりに呼びかける。 すると、ひかりは樋口の声を聞き取ってふり返る。 普通なら絶対に声など届くはずないのに…。 事件当時の真相 樋口に詰め寄られたひかりは、以前、交通事故に合って2年ほど目が見えなくなったときに、人には聞こえない音が聞こえるようになったと話す。 「言ってみろ。 お前が言うあの日の真実を。 お前が俺を引っ張り込む理由を。 」と尋ねる樋口。 ひかりは実はあの日、自分の父親も同じ犯人に殺害されたことを話す。 そして、樋口の妻から通報があった時のことを全て正直に話すひかり。 「お前のミスじゃない…?」樋口は、あの日の真実をようやく知った。 それでも、「自分のせいだ」と謝るひかり。 そして、現場近くへと駆け付けたひかりの父親。 ひかりに連絡を入れたまま、被疑者を発見して追いかける。 すると、被疑者はひかりの父を、樋口の妻と同じように砲丸のようなもので殴り続けた。 父親の電話を拾い、「娘も警察なのか…」とひかりと話す犯人。 犯人が顎をカチカチとならす癖をしっかり聞いていた。 犯人にそれ以上、父親を殴らないように伝えるが、ひかりの願いを無視し、最後のとどめを刺す犯人。 真犯人は誰だ? ひかりの父親の死は事故死として処理され、犯人の証拠である通話記録まで消された。 「警察内部に真犯人の協力者がいる」 そう話すひかり。 それでも、ひかりの話を全て信じられない樋口。 「証拠を持って来い!そしたら信じてやる。 とにかく俺は相良卓也を捕まえる」と話す。 そんな中、自殺者に関する通報があったと、ひかりに連絡が入る。 亡くなったのは、相良卓也。 樋口の妻殺害の罪で一度逮捕された被疑者だった…。 相良は自殺じゃない!? 現場に辿り着いた、樋口とひかり。 遺体を見ると、足にはガラス片が刺さっており、とても自殺には見えなかった。 「真犯人が殺したに違いない」と言うひかり。 樋口はまだ、相良が死んだことに納得がいっていなかった。 上層部が記者会見を開く。 相良の遺体は司法解剖するようにという声もあったが、上層部は解剖もせずに「相良は自殺」だと発表。 ここでも真犯人の力が働いているのか…。 それを聞いていた樋口は、ECUに入ることを決意。 「うちのやつが死んだ真相を知るためだ」と石川に話す。 拉致事件発生! そんな中、ECUへの異動を打診されていた森下栞の妹・葵が拉致される事件が発生。 葵はどこかの地下駐車場にいたところ、赤い紙袋を発見。 中を見てみると、自分の映る動画が流れたスマホと大量に焼かれたDVDが入っていた。 それを見て驚き逃げようとしたところを、拉致されてしまう。 ECUへの入電は、葵と電話中だった姉の栞から。 葵はいったいどうなってしまうのか? 「ボイス」2話を見た視聴者さんの感想をご紹介! いやーボイス面白いっすね。 痛いけどドキドキハラハラするわ。 — ときお。 2話で、ようやく樋口に3年前の事件の真相が伝わりました。 まだ、樋口の中で完全にひかりへの協力体制ができたわけではありませんが、これから少しづつ2人の距離が縮まっていくのだろうと思います。 ラストでは、森下栞の妹・葵が何者かに拉致されてしまいました。 また、警察関係者が被害にあってしまいましたね…。 これをきっかけに、きっと栞はECUの大切さに気付いていくのだろうと思われます。 3話も待ち遠しい!.

次の

「ボイス 110緊急指令室」第2話あらすじ感想|ひかりの父親も犯人に殺されていた

ボイス 2話

2020. 174% 最高視聴率第16回5. 517% あらすじ 普通の人間には聞こえない音を聞き取るボイスプロファイラーのグォンジュ(イ・ハナ)と刑事のガンウ(イ・ジヌク)は猟奇殺人犯のジェス(クォン・ユル)を追っていたが、ジェスの仕掛けた爆弾によりグォンジュは爆発に巻き込まれる。 それから10ヶ月、グォンジュは112通報センターに復帰するがガンウは行方知れずとなっていた。 ガンウを探していたグォンジュは、彼が日本で連続殺人事件の容疑者となったという知らせを受ける。 日本へと向かうグォンジュだが、再会したガンウは人が変わったように冷たい態度をとる。 実は爆発の瞬間、ガンウは眠っていた自らの過去を思い出したのだった…。 幼い頃に日本と深いつながりがあったガンウ。 そんな中新たな事件が発生、グォンジュは通報の声を頼りに捜査を開始するが、 爆発事件の後遺症で絶対聴覚に異変が起きてしまう。 相関図 キャスト イ・ハナ カン・グォンジュ 普通の人には聞こえないボイスプロファイラー。 112通報センターセンター長。 ゴールデンタイムのチーム長 イ・ジヌク ト・ガンウ 112通報センター出動チーム長、一匹狼の刑事 ゴールデンタイムのチーム出動長。 殺害容疑をかけられる。 ダークウェブオークションファーブル パク・ビョンウン カネキ・マサユキ プンサン大学教授、殺害された画家の夫。 生徒からの人望も厚い。 クォン・ユル パン・ジェス 人体の部位を収集する猟奇殺人犯。 闇サイト「ドクターファーブル」を運営していた。 イ・ヨンウ フジヤマ・コウイチ 猟奇殺人犯 ゴールデンタイムチーム ソン・ウンソ パク・ウンス ゴールデンタイムチーム員指令長 5ヵ国語に堪能なエリート警察官 キム・ウソク チン・ソユル 30歳。 ゴールデンタイムチーム員 デジタルフォレンジックの専門家 出動チーム キム・ジュンギ パク・ジュンギ 出動チーム員 ベテラン刑事 ソン・ブゴン ク・グァンス 出動チーム員 寡黙で真面目 キム・ギナム ヤン・チュンビョン ナ係長の部下 ガウンを監視するために行動を共にする。 今作『ボイス3』では、まだまだ謎の残るガンウの過去や、「ドクターファーブル」の背後に潜む黒幕の存在など、前作では隠されていた多くの謎が解き明かされていきます。 『ボイス1』から『ボイス2』と違い、『ボイス3』では主要キャストに変更がなく、カン・グォンジュ イ・ハナ とト・ガンウ イ・ジヌク の二人が最高のケミストリーを見せてくれました。 112通報センターを彩る、パク・ウンス ソン・ウンス やチン・ソユル キム・ウソク といった個性豊かなメンバーたちも、前作に引き続き魅力的なキャストの皆さんが演じています。 『ボイス』といえば、次々に起きる残虐な事件を解決しながら、真相に迫っていくのが特徴的です。 今作でも、視聴者をよりハラハラさせるように、パワーアップを遂げていました。 連続殺人事件の容疑者として、日本で指名手配されてしまうガンウの逃亡劇は序盤から緊張の連続です。 そして、前作の出来事により絶対聴覚に異変が起きているグォンジュの存在が、より不安感を倍増させ視聴者をストーリーに惹きこんでいきます。 ストーリーの後半で、二人を支え続けてくれたナ・ホンス係長 ユ・スンモク が、拉致されてしまうシーンは緊迫した展開の連続なので目が離せません。 今作での、最大の見どころとなっているのが、ト・ガンウ刑事と金木正幸 パク・ヒョンウン との関係性です。 終盤、ついにガンウに執着し続ける金木との関係性が明らかになります。 しかし、これが予想外の事実で2~3とシーズンを通して見てきたファンなら、見逃すことができないものになっています。 さらに、『ボイス3』のラストでも、続編を感じさせる演出があるので、ファンの気持ちを掴むことが上手いですよね。 今作で、絶対聴覚を持つボイスプロファイラーという難しい役に挑戦したグォンジュ役のイ・ハナ。 『ボイス3』では冷静な捜査官を見事に演じ切り、幅広い高い演技力を証明しました。 失われた記憶の先にある真実。 猟奇殺人犯と刑事に隠された関係性。 次々と明らかになる予想外の展開に、夢中になること間違いないサイコスリラードラマ『ボイス3』。 一度見始めたら、最後まで見るの止められない見応え満載の作品となっています。

次の